モンハン ワールド アイス ボーン 導き の 地。 【アイスボーン】導きの地睡眠装備のおすすめ武器と使い道【モンハンワールド(MHW)】

【MHWI】導きの地に特化した太刀装備を紹介!睡眠太刀で落し物回収【アイスボーン】

モンハン ワールド アイス ボーン 導き の 地

モンスターを狩猟することも、レベル上げの有効な手段。 効率では罠戦法に劣るが、MR上げや素材集めを並行できる。 歴戦個体と古龍はポイントが多いので優先的に狩ろう。 それぞれレベル4、5から出現する。 不屈を発動して火力アップ! スキル「不屈」は力尽きると攻撃力が上がる効果。 導きの地は何度でも力尽きることができるので相性抜群。 ただし火力アップ効果は2回目以降は加算されないので注意。 【レベル6-】地帯レベルが低い部屋で狩る 自分より地帯レベルが低い部屋で狩ると、ポイントを多くもらえる。 ただし ホストが指定した地帯以外での狩りは迷惑行為なので、ホストの意思を尊重すること。 汎用素材集めにも便利 氷雪地帯には、 歴戦イヴェルカーナと歴戦ネルギガンテが出現する。 この2体の素材はマカ錬金で他のモンスター素材と交換できるため、非常に有用。 大霊脈玉も落とすので、汎用素材集めにも便利な地帯となっている。 導きの地でできること 初めて来たらまずキャンプ設営! 導きの地はできることが多いが、同時に移動も大変。 エリア3ではキャンプを設営可能で、 広大な導きの地の移動が楽になる。 初めて散策に出たらまずはキャンプ設営から始めよう。 導きの地でできることまとめ 氷雪地帯 - もちろんモンスターは他にもいるが、希少性や素材の使用頻度を考えるとこれらのモンスターが挙げられる。 ただしガルルガは素材の使い道が少ないので、金冠集め以外でお世話になることはあまり無い。 地帯レベルが上がるとモンスターも増える 導きの地に行くと、各地帯にレベルがあることを確認できる。 これは「地帯レベル」といい、 モンスターを倒したり痕跡を集めると上げられる。 地帯レベルが上がるとその地帯のモンスターが増え、歴戦個体にも遭遇できる。 【重要】上がる地帯はマップで確認! 導きの地でマップを開くと、左下に出現中のモンスターと地帯のアイコンが表示される。 モンスターを倒すと、 この時表示されている地帯のレベルが上がる。 複数の所属地帯を持つモンスターもいるので、必ず狩りの前に確認しよう。 レベルが上がると他のレベルが下がる 地帯レベルは 他の地帯レベルが上がると下がる。 そのため特定の地帯レベルを上げたい場合は、その地帯に所属しているモンスターを狩り続けよう。 下げたくない場合はレベルを固定 導きの地に出発する前に、地帯レベルを固定するか否かを設定できる。 固定すると地帯レベルが変動しなくなるため、 お気に入りの地帯レベルを守ることができる。 好きなレベルまで下げることもできる 地帯レベルは、自分の好きなように下げることも可能。 クエストボードで導きの地を選択すると、「環境の調節」で下降可能だ。 ただしレベルを固定していると実行できず、 同機能で上げることはできないため注意。 どのモンスターが出るかはランダム 導きの地で出現するモンスターは1度に3体までで、どのモンスターが出現するかはランダム。 モンスターを倒すか立ち去るのを待つか、退散玉をぶつけることで別のモンスターと入れ替わる。 特殊痕跡でモンスターを呼ぼう! モンスターのストックとして使える! 導きの地には特殊痕跡というものが存在しており、集めることで「解析済みの特殊痕跡」が得られる。 この「解析済みの特殊痕跡」を使うことで、 好きなモンスターをいつでも呼び出せるぞ! 受付嬢に話しかけて使用する キャンプにいる受付嬢から「モンスターをおびき出す」を選択して、呼び出したいモンスターの特殊痕跡を使おう。 出現エリアも選択できるので、地帯レベル上げや素材集めに活用すると良い。 特殊痕跡は狩猟で集めよう 特殊痕跡の集め方はいくつかあるが、楽なのは狩猟すること。 1個体につき1個しか出ないが、地帯レベル上げをしていれば自然と集まる。 集める際はマルチが効率的 第2弾アプデから、マルチで特殊痕跡を入手すると他のプレイヤーにも共有されるようになった。 人数が多いほど効率的なので、可能な限り4人の部屋で集めよう。 導きの地素材の種類と入手方法 導きの地素材の種類まとめ 素材 入手方法 モンスター素材 モンスターを狩猟し、剥ぎ取りや報酬で獲得 採取素材 各地帯の採掘ポイントや骨塚で入手 霊脈玉 通常素材の天鱗などにあたる。 モンスターから稀に入手 通常の素材とは完全に区別される 導きの地で入手できる素材は、通常素材とは全く別物。 説明文に「導きの地で〜」といった記載があるのが特徴で、 調査クエストなどでは手に入らない。 モンスター素材は狩猟で入手 導きの地のモンスター素材は、狩猟の中での剥ぎ取りや捕獲で入手できる。 通常個体と歴戦個体で素材が異なり、用途も変化する。 ぶっ飛ばしで集めよう モンスター素材は落とし物から入手できる。 ぶっ飛ばしでぶつければ落とし物を落とすので、素材を持っていないモンスターを見かけたら ぶっ飛ばしで素材だけ回収しよう。 採取素材は採掘などで獲得 導きの地には骨塚と鉱脈が点在しており、鉱石や骨系の素材を入手できる。 場所は固定だがマップに映らず、出現はランダムだ。 場所を覚えて、探索のたびにこまめに採取しよう。 霊脈玉はレアなモンスター素材.

次の

【アイスボーン】導きの地睡眠装備のおすすめ武器と使い道【モンハンワールド(MHW)】

モンハン ワールド アイス ボーン 導き の 地

地帯レベル上限を上げるには、大量のモンスターを狩らないといけないため 高火力の散弾ヘビィ3人と拘束役のサポート サポガン 1人でハメるのが主流です。 2頭倒した後は別の地帯に2頭呼び出して、50分間の「」が切れるまで周回します。 その為、1回の散弾ハメ 不屈50分 で30頭以上のモンスター討伐ができ、ランクを20前後上げられます。 拘束に必要な睡眠・麻痺・KOを高めており、広域化と早食いで味方の火力を素早く上げられます。 また、耳栓や納刀で立ち回りやすくしています。 散弾ヘビィは「弾丸節約型」と「機関竜弾型」があり、機関竜弾型はパーツ強化と特殊射撃強化でダメージを上昇させられます。 機関竜弾は50発の内の初撃が弱いため、途中で連射を止めてしまうと火力が下がる点に注意しましょう。 6 3〜5を不屈が切れるまで繰り返す。 サポの拘束や散弾ヘビィの火力次第では、上記の手順で余裕があったり火力が足りない時がある為、様々なパターンを想定しておきましょう。 ヘビィボウガンの立ち回り 火力は適性距離で撃つのが重要 導きの地の散弾ハメでは、火力役のヘビィがどれだけ適性距離で撃てるかが重要です。 また「」ではゼロ距離撃ちの指定がよくある為、 スコープを弄らずに近付いて撃っているだけだと火力不足になるので注意しましょう。 しかし、適性距離を保つために離れすぎると接射している 味方に弾が吸われて、全弾ヒットしない事があるので注意しましょう。 ホストとサポガン以外が初期罠をする ホストはカード モンスター呼び出し の消費、サポガンは状態異常弾や罠などの消費が多いため、火力役で撃っているだけのヘビィボウガンが率先して初期罠を設置しましょう。 サポガンの立ち回り 自分のやりやすいハメ手順を伝える 散弾ハメでは、最初に壁当てや罠設置、睡眠を無視して撃ち続けるなど様々なやり方がある為、火力担当の人にどのような手順で拘束するのか大まかにでも伝えておくと、スムーズにハメが行いやすくなります。 サポガンは異常値管理とディレイが重要 導きの地の散弾ハメは、サポガンがモンスターを動かさずに拘束出来るかが重要なため、このモンスターは 何発で状態異常になるかを覚えておく必要があります。 また、麻痺にかけた後すぐにスタンや睡眠にさせると、火力を十分に与えられていない状態で拘束が終わるため、1秒でも長く拘束出来るように モンスターが動き出すタイミングを見定めて次の拘束をしましょう。 サポガンが傷付けをしよう 上記のおすすめ装備で紹介したサポート装備は、傷付けが速い狙撃竜弾タイプですぐ傷を付けられます。 ハメは火力役にどれだけ体力を削って貰うようにするかです。 ですがライトボウガンでサポートをする時は、1回で傷を付けられるヘビィに傷付けをしてもらうのがおすすめです。 導きの地の散弾ハメで、4頭呼び出しにおすすめな体力が低いモンスターと異常付与に必要な弾数です。 状態異常の蓄積は時間経過によって減少するため、 ハメのやり方によっては上記の弾数で足りない場合があるので注意しましょう。 効率的なカードの集め方 歴戦個体の弱いモンスターを狩る カード モンスター呼び出し は「特殊痕跡」の解析によって入手出来ます。 歴戦個体を討伐すると1人1つ確実に入手でき、通常個体だとゲージ1つ分しか入手出来ない為、歴戦個体の討伐で集めるのが効率良いです。 人数が多い程入手しやすい 特殊痕跡の解析によって出たカードは、 他のプレイヤーが出したカードも追加で入手出来ます。 その為、導きの地を大人数でプレイした方が効率良く集められます。 歴戦モンスターの尻尾から入手可能 カードは歴戦モンスターの尻尾からも入手出来ます。 その為、モンスターの尻尾を切断して討伐すると4人いた場合、8枚のカードが確定で入手可能です。 弾丸節約型と機関竜弾型のDPS 2頭 4頭 討伐は弾丸節約型がおすすめ 導きの地の散弾ハメでは1頭を約30秒〜60秒程で倒せ、2頭目に向かう時間やミスした時などを踏まえて90〜120秒程かかります。 トレーニングエリアで90秒間撃ちっぱなしで検証した結果、 スキルの発動にもよりますが弾丸節約型のダメージが若干高く出ていました。 1頭目 トレーニングエリア45秒時点 は機関竜弾型のDPSが高いですが、機関竜弾は2頭目までに回復せず使えないため、時間が立つほどダメージ量で弾丸節約型に抜かれ、拘束などをミスするとそれだけ弾丸節約型のダメージが上回ります。 それに比べ弾丸節約型はRボタン連打のみ、もしくは「連射コントローラー」だと押しっぱなしで良い為、 周回が必要なハメ作業の疲労が軽減されるかと思います。 1頭討伐ハメは機関竜弾型がおすすめ 1頭討伐だと瞬間火力の高い「機関竜弾型」の方がダメージを与えられます。 体力の多いモンスター「」や「」などをハメる時におすすめです。 そのため、 常に素材を増やしてストックしておく必要があります。 ホストとサポ以外の2人が初期罠を設置 導きの地の散弾ハメでは、ホストがモンスターを呼ぶためにカード モンスター呼び出し を消費し、サポガンが状態異常弾や罠を使い拘束したりなどの消費が多いため、火力係で撃っているだけのヘビィボウガン2人は、地帯毎に仕掛ける担当などを決め 率先して最初の罠を仕掛けるようにしましょう。 ミスが嫌な人は自分で完璧なサポをしよう 散弾ハメでモンスターが暴れたりなど、グダグダなハメになるのが嫌な人は、自分からサポガンをすると発言して円滑に周回しましょう。 弾丸節約と機関竜弾の火力は殆ど同じ 導きの地の散弾ハメ募集で機関竜弾指定をよく見かけますが、弾丸節約の装備とほとんど火力が変わりません。 機関竜弾型の特殊弾を強化して「」や「」を発動させた分、弾丸節約型だと近接射撃強化や「」などの火力をスキルを発動させる事が出来るからです。 関連リンク 導きの地関連 導きの地の関連記事 散弾ハメの装備とやり方.

次の

【MHWアイスボーン】地帯レベルはどこから上げる?導きの地をチャート化して解説!【モンハンワールド】

モンハン ワールド アイス ボーン 導き の 地

Game• モンハンワールド:アイスボーン 2019年9月11日 Author:motuni モンハンワールド アイスボーン ゆる攻略 「導きの地」解析方法と特殊痕跡の集め方 昨日無事ストーリーをクリアしました!いやー、後半はみんな 体力が高くて3乙の恐怖というよりは、50分で収まるのかひやひやしながらプレイしておりました。 聞くところによるとマスターランクは 「クラッチクロー」からの壁当てによる大ダメージを想定したHPになっているらしいです。 (私は知っていながら1回くらいしか使いませんでしたが、、) 今回はストーリークリア後に行けるようになる 新マップ「導きの地」について紹介していきたいと思います。 特殊痕跡の集め方や解析の進め方など、ワールドが初モンハンな人たちはなかなか理解しづらい所があるかと思うので、わかりやすくまとめられればと思います。 この記事の目次• 「導きの地」とは 既存の4地帯がくっついた特殊マップ 「導きの地」とは、 ストーリークリア後に行ける新マップです。 森、荒地、珊瑚、瘴気の4つの地帯がくっついた1つのマップで、本来同じマップに存在しないはずのモンスターが同マップ上に生息する特殊マップとなっています。 地帯毎にレベルが設定されており、レベルによって出現するモンスターが異なる 「導きの地」に 出現するモンスターは通常で3体。 この3体はランダムで入れ替わり、 モンスターのランクは森、荒地、珊瑚、瘴気それぞれの地帯に設定されたレベルに依存します。 レベル1の地帯では、クルルヤックやボルボロスなど比較的初期にあたるモンスターしか出現しませんが、レベルが上がるにつれディノバルドやオドガロン亜種、アンジャナフ亜種など徐々に強敵となっていきます。 私はまだ見れていませんが、このレベルをどんどんあげていくことで ゆくゆくはマスターランクの古龍なども出現するとのこと。 ストーリー本編に出てこなかった新モンスターや新亜種などもいるようです。 各地帯のレベル上げと種別の解析で新モンスターを狩猟、捕獲する 「導きの地」では主に以下の2つを行っていく必要があります。 各地帯のレベル上げ• モンスター種別の解析を行いモンスターの「モンスターのおびきよせ」を行う 「各地帯」のレベル上げは上で説明したように、 高ランクのモンスターを出現させるために行い、 「おびきよせ」は特定のモンスターを「導きの地」に呼び出すことができる機能です。 それぞれ新しいモンスターに出会える可能性を秘めており、結構手間がかかるものなのでエンドコンテンツの一つとして今度更新がされていくのだろうと思われます。 「導きの地」の地帯レベルを上げる方法 「導きの地」に存在するモンスターの痕跡を集めていくことでレベルを上げていくことができます。 狩猟もしくは捕獲でもレベルを上げることができますが、出現するモンスターはすべて マスターランクなのでHPが高く時間がかかるのであまりお勧めできません。 ひたすら足跡集めをしたほうが効率的にレベルアップが行えるかと思います。 地帯を狙ってレベリングすることも可能です。 探索開始時に3体出現するモンスターはそれぞれ担当地帯が決まっています。 例えば「クルルヤック」は荒地、「プケプケ」は森、「ドスギルオス」は瘴気、といった感じで。 ここまで言えばわかると思いますが、森のレベルをあげたければ「クルルヤック」の痕跡集めを行えばよいということです。 地味ですが 探索装備で後ろに張り付いてひたすら痕跡を拾うのが良いかと。 ちなみに、 未検証ですが一定条件のもとレベルが「下がる」こともあるようです。 荒地が高くなってくると森が下がる的な感じで。 因果関係などはまだわからないので、かなり朧気な情報ですが頭に入れておくといいかもしれません。 「導きの地」で「モンスターのおびきよせ」を行う方法 こちらは 少々ややこしいです。 正直チュートリアルの説明ではよくわかりませんでした(笑)いろいろ試してみてわかってきたことも踏まえて説明します。 まず「解析対象」を発見する 「解析対象」の発見方法 「解析対象」を発見すると右上にこのようなゲージが表示されます。 「解析対象」がない状態でモンスターを狩猟し剥ぎ取りを行うと発見することができます。 ですので 同時に2つの「解析対象」を所持することはできない様子。 解析完了で出てくるモンスターはランダム 解析を行った結果 どのモンスターを呼び寄せることができるのかはランダムとなっています。 しかし、ランクでゲージの長さ(矢印の数)が異なるのでおよその見当は付きそうです。 ゲージの長い「解析対象」が出たら強力なモンスターの可能性大です。 初回の解析は牙竜種のジンオウガで固定 おそらく 「導きの地」初回時は牙竜種のゲージが出てると思います。 これをMAXまで貯めると「解析完了」となり、解析の結果判明したモンスターを「導きの地」に出現させることができます。 この「モンスターのおびきよせ」でないと初回発見にいたらないモンスターもいるようです。 というか ジンオウガはそうですね。 「導きの地」初回時の牙竜種のゲージはジンオウガで固定のようです。 初回の解析でてくるジンオウガは捕獲しておく ジンオウガはここで捕獲しておきましょう。 ストーリークリア時点ではフリーにジンオウガのクエストが無いのでここで捕獲して 特殊闘技場のフリークエストを出しておかないと、また「導きの地」でおびきよせるはめになります。 一度クリアしちゃうとフリーも常に出ているわけではありませんが、手間の度合いで言えばフリーの特殊格闘技場の方が楽です。 「解析対象」の解析を行う。 方法は3つ このゲージを貯めるためにはいくつかの手段があります。 「導きの地」に出現するモンスターの剥ぎ取り• 「導きの地」に出現するモンスターの部位破壊• 「導きの地」に出現するモンスターの縄張り争いで出る「特殊痕跡」の収集 この3つです。 剥ぎ取り、部位破壊は1モンスター1ゲージのみとなっているので、さっさと部位破壊してゲージが溜まったのを確認したら次のモンスターの 部位破壊を行いに移動してしまった方が高効率です。 あと、部位破壊ないし剥ぎ取りによる解析は必ず行われるものではありません。 体感的には部位破壊は1発で溜まることが少ない気がします。 「破壊王」などを付けて殴れば早くなると思います。 「特殊痕跡」はモンスターの縄張り争いの後に出てきます。 拾うとゲージ1つ進みます。 おそらくですが、ある程度地帯のレベルが上がっていないと出てこないようです。 レベル3くらいからぽつぽつではじめるくらいのイメージ。 そんな滅多に落ちているものではないので、あれば拾うくらいの感覚の方がよさそうです。 縄張り争いが起点になるのであれば、 ある程度「特殊痕跡」が落ちるポイントは絞れそうなので、もう少し検証してみたいと思います。 「解析」が完了したら「探索の報告」を行ってから受付嬢に話しかける ここの説明がゲーム内であまり無いので迷う人多いんじゃないかなぁと。。 初回の解析を完了すると受付嬢が帰ってきて報告しろ的なことを言ってるみたいですが、右に受付嬢の顔が出ると反射的に聴力が落ちる人なので聞き逃してました(笑) 解析を完了すると右のゲージが消えます。 この状態でキャンプにいる受付嬢に話しかけて、 まずは「探索の報告」を行いましょう。 ちなみに 「導きの地」は拠点に帰らずとも探索の報告をすることができます。 報告を終えると、受付嬢のメニューの1番下に 「モンスターのおびきよせ」の項目が選択可能になっていると思います。 これを選び呼び寄せるモンスターを選びましょう。 で、 重要なことがひとつ。 1回の解析=1回のおびきよせ です。 結構な手間なので何回も行けそうですが1回の解析で1度しか呼べません。 なので、ここで初めてあったモンスターはなるべく捕獲したほうがいいかもしれません(ジンオウガみたいにここでしか会えないモンスターがどれくらいいるのかにもよりますが、、) 私はこれに気付かずジンオウガを呼び寄せた状態で拠点に戻ってしまいました。。 装備の相性がめっちゃ悪くて、、とまぁ私はなかなかうまく行かないことが多かったのですが、 この流れを繰り返すのが「導きの地」での基本となります。 さいごに 私自身も「導きの地」自体は数時間のプレイなのでまだ理解しきれていないシステムや、要素などがあるかもしれませんが、 基本の流れはこんな感じだと思います。 それにしてもクリア後にこんなにボリューミーなコンテンツがあったなんてビックリです。 というか スタッフロール後も任務の追加があります(笑)イャンガルルガはクリア後に任務クエストで初お披露目ですし、ネギの特殊個体もクリア後になる様子です。 2日でスタッフロール到達となりましたが、これからもまだまだやることはたくさんあるので、随時記事も更新していきたいと思います!.

次の