エクセル 置き換え。 文字を置き換える関数(SUBSTITUTE関数、REPLACE関数)の使い方:Excel関数

エクセルで特定の文字列を置き換えたいときの解決方法

エクセル 置き換え

例えばいくつかのセルに出社時間とMSPゴシックでフォントサイズが11で入力されているものとフォントサイズが12で入力されているセルがあるとします。 出社時間とMSPゴシックでフォントサイズが11のセルのデータのみを退社時間に置き換えるとしたら「置換」を選択して検索する文字列に出社時間と入力した後で同じ画面の「オプション」をクリックします。 「検索する文字列と同じ行位置にある「書式」をクリックします。 「フォント」タブの「サイズ」の窓で11を選択しOKします。 その後に置換後の文字列に退社時間と入力して「すべて置換」をクリックします。 フォントサイズが11の出社時間のセルだけが退社時間に置き換わってフォントサイズが12の文字は置き換わりません。 フォントサイズが統一されてしまうといったことは起こりません。 A ベストアンサー こんにちは。 Wendy02です。 それ自体の仕組みは、容易に想像できるかとは思います。 つまり、このようにすれば可能です。 InputBox "検索する単語を入れてください。 InputBox "置換する単語を入れてください。 UsedRange. こんにちは。 Wendy02です。 それ自体の仕組みは、容易に想像できるかとは思います。 つまり、このようにすれば可能です。 Sub ReplaceFormatInCells 'セルの書式の一部を変更するマクロ Dim mWhat As String... A ベストアンサー A列以外の適当なセルを選び、そのセルの書式(フォント)を変更したいフォントに設定してください。 上記のセルが選択された状態で、以下のマクロを実行してみてください。 作動する範囲はA1:A100になっています、実情に合わせて書き換えてください。 #このマクロでは、各セル中で変更できる文字は1つだけです。 Font. Font. Name End If Next End Sub A ベストアンサー No1の回答の補足と訂正です。 区切り位置の機能で分割すれば、フォント書式が残ると思って回答しましたが(検証して回答したつもりでしたが)、どうやら誤りのようです。 汎用性のある置換を利用したいならワードのワイルドカード置換を併用することをお勧めします。 No1の回答の補足と訂正です。 区切り位置の機能で分割すれば、フォント書式が残ると思って回答しましたが(検証して回答したつもりでしたが)、どうやら誤りのようです。 汎用性のある置換を利用したいならワードのワイルドカード置換を併用することをお勧めします。 A ベストアンサー >同じセル内での文字色は1色です。 ならまだ簡単です。 マクロの実行はALT+F8でマクロ一覧を開き、マクロ名を選択して「実行」ボタンです。 Sub Macro2 Dim r As Range For Each r In Cells. SpecialCells xlCellTypeConstants, 3 If r. Font. Font. Font. そうではなく、「XXXXABC12334」という文字列の中で「ABC」の部分だけを赤にしたいならマクロが必要です。 実行はシート画面に戻って、ALT+F8を押してマクロ一覧からマクロ名を選択して実行します。 Cells. Font. そうではなく、「XXXXABC12334」という文字列の中で「ABC」の部分だけを赤にしたいならマクロが必要です。

次の

エクセルの置換で特定の文字を別の文字にする!SUBSTITUTE関数で簡単解決!|エクセルドクター

エクセル 置き換え

エクセルの置き換えを使って作業を効率化 今回は エクセルでQ1〜4のアンケート結果の集計表の中で使われている「どちらともいえない」を「ふつう」に 置き換える方法を例に説明します。 手作業で変更していく方法もありますが、エクセルの機能を使って効率的に一度にまとめて置き換えていきましょう。 データを確認する 今回は4問のアンケート集計結果がエクセルの表にまとめられています。 「どちらともいえない」はそれぞれの設問にあるため、合計で4箇所あります。 これを一度にまとめて変更していきましょう。 置換を表示する 「ホーム」タブの「検索と選択」をクリックし、「置換」を選びます。 文字列を入力する 検索する文字列には置き換える対象となる文字列を、置き換え後の文字列には置き換えたい文字列を入力します。 その後「すべて置換」をクリックします。 」のメッセージが表示されます。 問題なければ、「OK」を押し、検索と置換の画面は「閉じる」ボタンで閉じます。 いかがでしたか。 今回の例では4件変更するセルがありましたが、エクセルの置き換えを使うことで1度の作業で終わりました。 置き換えはデータの数が多くなるほど作業の効率化にとても効果がある方法です。 エクセルで同じデータを別の同じ値に変更したいときに活用してみましょう。 Filed Under: Tagged With: , ,.

次の

エクセルの置換で特定の文字を別の文字にする!SUBSTITUTE関数で簡単解決!|エクセルドクター

エクセル 置き換え

エクセルの置き換えを使って作業を効率化 今回は エクセルでQ1〜4のアンケート結果の集計表の中で使われている「どちらともいえない」を「ふつう」に 置き換える方法を例に説明します。 手作業で変更していく方法もありますが、エクセルの機能を使って効率的に一度にまとめて置き換えていきましょう。 データを確認する 今回は4問のアンケート集計結果がエクセルの表にまとめられています。 「どちらともいえない」はそれぞれの設問にあるため、合計で4箇所あります。 これを一度にまとめて変更していきましょう。 置換を表示する 「ホーム」タブの「検索と選択」をクリックし、「置換」を選びます。 文字列を入力する 検索する文字列には置き換える対象となる文字列を、置き換え後の文字列には置き換えたい文字列を入力します。 その後「すべて置換」をクリックします。 」のメッセージが表示されます。 問題なければ、「OK」を押し、検索と置換の画面は「閉じる」ボタンで閉じます。 いかがでしたか。 今回の例では4件変更するセルがありましたが、エクセルの置き換えを使うことで1度の作業で終わりました。 置き換えはデータの数が多くなるほど作業の効率化にとても効果がある方法です。 エクセルで同じデータを別の同じ値に変更したいときに活用してみましょう。 Filed Under: Tagged With: , ,.

次の