えみ つん。 えみつんが出ているとされるAVをみた。

【画像】えみつん「スマホのフォルダから、謎の画像が出てきました。」

えみ つん

略歴[編集] 長野県篠ノ井高等学校卒業[4]後、洗足学園音楽大学に入学[7]。 高校時代は友人とバンド活動を行っていた。 2009年3月、株式会社S 新人アーティストオーディションにてグランプリを受賞した。 [5]。 グランプリを受賞した瞬間に、「ああ、私やっぱり一生歌を歌っていこう」と決意[8]。 2010年4月、株式会社Sに入所した。 [5]。 ゲーム・OVA『T. さくら 〜タイムパラディンさくら〜』の白河ことり役で声優デビュー[5][9]。 元々は歌手活動を目的にオーディションに参加したが、佐藤ひろ美からの誘いがきっかけで声優活動を開始した[10]。 2012年1月、PSPゲーム『リトル・ウィッチ パルフェ 黒猫魔法店物語』のオープニングテーマ「HEARTFUL WISH」にて歌手デビュー。 2014年9月、「笑顔と笑顔で始まるよ! 」でソロシンガーとしてメジャーデビュー。 2015年2月、声帯結節が発見されたため、短期間の休養を発表した。 [11][12]。 前年から喉の違和感を感じていた[12][13]。 2015年7月、『アニソンCLUB! 2015年10月16日、自身の公式HPを開設[16]。 2015年11月8日、自身初のワンマンライブ「EMUSIC〜始まりの場所〜」をTOKYO DOME CITY HALLにて開催した。

次の

【画像】えみつん「自分で豆挽いた濃いめのコーヒーでおうちカフェ(パシャ」

えみ つん

他のところでは書けないのでここで。 えみが出ているとされるをみた。 といっても全部ではなく、部分だけ。 、このが出た時「だ」と思った。 えみはの時をしていて、その後にに進み、科で優秀な成績(によると)でした、頃の高いだ。 そのような人が、将来もしたらして有名になるかも、というをせずに、にあのようなをするはずがない、というのが、そのだ。 どうせだろうと思っていたし、目に入る「」も、「えみこんなじゃねえよwww」と草生やしてみてた。 ところが、その後に新しくされた「部分」。 このを見た時、私は思った。 「これ えみじゃね?」 部分は、こののな部分に当たらないためか、等で見ることができる。 「うわ…これ えみ…じゃね?」 もうね、何も知らないで見と、にえみだと信じてう、そのぐらいのモノですよこれ。 声も、で作ってるのとは違うけど、その質は「やっべ えみ?穂乃果?」と思ってう。 「本人出演です」って言われたら、確実に信じる。 し、どく感じるのは、。 これ、確かにえみに非常に似ている。 でも、似ているのは、ここ二年ほどのえみに、。 このはの発売年がとされていて、その素材のは当然それ以前になると考えられる。 さて、で簡単に見ることのできるえみのは、やはりだ。 初期のや等。 今遡ること4〜5年前。 当該がされたとされる時期しても3〜4年ほど経過しているわけが、今よりもその頃に近ろうとは思われる。 その4〜5年前のを見ると…えみは例のに出てくるよりもずっと若く見える。 若く見えるどころではない、別人のようだ。 実際、初期の集合で、一番見つけにくいのがえみだ。 消去法でやっとわかる。 今よりもずっと細い。 どちらかといえばに見える、22歳頃とされる例のより、当然細い。 もちろんは、化粧等で見た目をまったく変えることができる。 同じようになんじょるのを見ていくと、まるで別人だ。 今の方がずっと、、好き。 でもこの体格へのが拭えない。 えみは科に在籍し、として、当然なを鍛えていたはず。 「はにされてる」というもあるのだ、時にはすでに相当の筋力があったのだろう。 その割にこのに出てくるの身体はだらしない。 えみは太いがあるが、それはでをするようになって、おそらく歌にな部分以外を鍛えるが出てきたのだろう。 少なくとも、に残されている後の、では、初期の頃のえみは細く、を積むに従ってよりたくましくなっている。 そのピークはの夏頃で、この頃の、ので見るえみは弁解しようがないほどに太い。 これはだけではなく、の「巡業でみんなで美味しい食べる太った」あたりにがあるのではないか。 そういう「的の」に似ている、「およそ8年前のえみ」とされる当該には、を禁じ得ないの。 ではこの人物は、ただのなのか? そのようにうのを躊躇してうほどに、このに登場する人物は、えみによく似ている。 冒頭で記したように、えみの経歴や昔のを見ていなければ、確実に本人だと信じてえるぐらいには似ている。 これをまったくのと断じるのは、さすがに的に感じる。 もちろんその可能性はあるし、一としてはそうであって欲しい。 し、そうでない可能性もある。 私が思いついた仮説はこうだ。 ははっきりしないが、両親の他、二人の妹がいることは確実。 もしこのが、えみの二人の妹のどちらか、もしくはこれまでされたことのなかった姉だとしたら? 「一切語られたことのない姉がいた」 というのが、的だと思われるだろう。 し、語られなかったがあるとすれば?例えば厳しいに反目して、早い時期に家を出ていた、とか。 絶縁にあり父は許しておらず、その父にを喜んでもらえている中で、も見ている、等でその話ができなかったのでは?とか。 そしてもし「このに出ているのはではない。 ただし、の身近な人物」という仮説が正しければ、 「出演は。 しそれについて何も語れない」という現状には、が付くのではないか。 わかってる。 すべてだ。 噂されているようなはないのだと信じたい、いちのだ。 ただし、これまでに記したようなこと、更にはの厳しさ(必ずを行う。 されたこともり。 個人のモノというわけではないのだし。 元が「このは本人ではない」としてらこその、速やかな売なのでは。 いずれにせよ、すべては、、のを出ない。 を知る人物、本人とか、元とかが語らない限りは、はわないわけだし、そのような日が来ることは、ないだろうしね。 見なけりゃよかった、っていうのが、ですよ。

次の

新田恵海さん「今日使ったマスクがでかすぎる」ラブライバー「えみつんが小顔やからや!」

えみ つん

えみつん「俺くんおはよっ! 15 ID:uDyrFjqD0. net ー音丿木ハイスクールー キーンコーンカーンコーン 穂乃果「それじゃあ俺くん、明日の日直忘れたらダメだよ? 」 俺「はいはい、分かったよ」 穂乃果「もう、心配だな~……今日だって本鈴ギリギリだったでしょ?」 俺「大丈夫だって、明日はちゃんと来るからさ」 穂乃果「穂乃果が起こしに行こうか? 」 俺「いいって、そんなこと……自分で起きられるから」 俺「じゃあまた明日なっ」ガララッ 穂乃果「あっ、俺くん……もうっ! 36 ID:uDyrFjqD0. net ー翌朝・通学路ー 俺「ふぁあ……」 俺(ねむ……) ???「俺くんおはよっ! 」 俺(この声は……) 俺「あぁ、おはようほのk……」クルッ 俺「……えっ? 22 ID:uDyrFjqD0. net えみつん「どうしたの?ボーッとしてるけど……」 俺「え、えっと、ごめん……誰?」 えみつん「クスッ……もー、まだ寝ぼけてるの? 」 えみつん「ホント、いっつも朝ダメなんだから……」 えみつん「私、恵海だよ、にったえみ! 」 俺「え、えみ……? 」 えみつん「ほーらっ、ボーッとしてると日直遅れちゃうよ! 行こっ! 」ギュッ 俺「え、ちょ、おい……! 51 ID:uDyrFjqD0. 65 ID:uDyrFjqD0. net 俺「えっと、君はさ……転校生か何か、なのか?」 えみつん「……俺くん、さっきから私のことからかってるの?」 俺「いや、だって俺きみのこと何も知らないし……」 えみつん「もういいよ! 意地悪する俺くんなんて知らないから! 」ダッ 俺「えぇ! ?お、おい、待てって……! 90 ID:uDyrFjqD0. net ー教室ー ガララッ 俺「……ハァ…ハァ……」ゼーハー 俺「……」チラッ えみつん「……ふんっ! 59 ID:uDyrFjqD0. net 俺「ちょ、ちょっと待ってくれ! 」 ことり「恵海ちゃーん! 」 えみつん「あ、ことりちゃん、海未ちゃん! おはよ~! 01 ID:uDyrFjqD0. net 俺「なあ、園田、ちょっといいか……?」ボソッ 海未「どうしました?」 俺「お前、あいつと前から知り合いなのか?」 海未「はぁ?何を言っているのですか、全く……」 海未「知り合いどころか、恵海と私は幼馴染ですよ、それに……」 海未「恵海は去年からずっとあなたの隣に座っているクラスメイトじゃないですか」 俺「……えっ! ?ちょ、ちょっと待ってくれ、それはおかしいだろ! だってお前の幼馴染で俺の隣に座ってるたは穂乃果のはずだろ……確かになんとなく似てはいるけど……」 海未「穂乃果? 誰ですかそれは……? 47 ID:uDyrFjqD0. net 俺(どういうことだ……穂乃果がいるべき場所にはあいつがいて、みんなの記憶からは綺麗に置き換えられてる……) 俺(俺はまだ夢を見てるのか、俺以外のみんながおかしくなっちまったのか、俺の頭がおかしいのか……大体穂乃果はどこに……) ズキッ 俺「うぁっ!! 」 海未「ちょっと、大丈夫ですか俺さん! 06 ID:uDyrFjqD0. net 俺「……ふー」ガタッ えみつん「……」チラッ 俺「……あの、さ」 えみつん「!? 27 ID:uDyrFjqD0. net キーンコーンカーンコーン えみつん「……くん……俺くん! 」 俺「……ふぇ?」 えみつん「クスッ……もう授業終わったよ? 」 俺「大丈夫だよ……」 えみつん「うん、じゃあ私は更衣室行くから、鍵よろしくね! 91 ID:LHVzNqSa0HAPPY. net ー体育館ー キャー! ガンバッテー! 俺(……あいつも見てんのかな)チラッ えみつん(ファイトっ! )グッ! ドカッ!! 俺「いてっ! 」 ワハハハッ! 62 ID:LHVzNqSa0HAPPY. net えみつん「俺くん! 」 俺(げっ……) えみつん「怪我したの? 」トテトテ 俺「べ、別に、大したことないって……」 えみつん「ダメだよ! ほら、ちょっと見せて」グイッ 俺「うっ……」 えみつん「やっぱり……眉の上、ちょっと血出てるよ」 えみつん「ほら、一緒に行こ? 35 ID:LHVzNqSa0HAPPY. 38 ID:LHVzNqSa0HAPPY. net えみつん「メガネ取るね」スッ 俺「あっ……」 えみつん「ふふっ、目閉じて?」 俺「お、おう……」ドキドキ えみつん「ちょっとしみるかもしれないけど……」ペタペタ 俺「っ! net ー昼ー えみつん「お昼だ~! 」パカッ 海未「今日はお弁当なのですか、珍しいですね」 ことり「そうだね~、いつもはパンなのに」 えみつん「えっ……う、うん! たまにはこんなのもいいかなーと思って! 」 えみつん「……」チラッ えみつん「二人とも、ちょっと待ってて! net えみつん「ねっ、俺くんも一緒にお昼食べようよ! 」 俺「えっ……俺はいいよ、いつもみたいに園田たちと食べろって」 えみつん「いーから! 今日は俺くんも一緒に食べるの! net ことり「今日のお弁当は恵海ちゃんが作ったの?」 えみつん「うん、あんまり美味しそうにはできなかったけど……」エヘヘ 海未「そんなことないですよ、よく出来てます」 えみつん「そうかな……あっ、海未ちゃんどれか食べてみる? 」 海未「そうですね……それではこの佃煮を頂きます」 えみつん「ことりちゃんもはいっ」 ことり「う~ん……じゃあこの卵焼き! net 俺「……」ジー… えみつん「あっ、ごめんね?俺くんも食べたかったよね」 俺「……はっ?い、いや別にそういうわけじゃ……」 えみつん「いいよ~遠慮しないで、どれでも好きなの食べてみて! 」 俺「……えっと、じゃあこれ……」 えみつん「これね~……はい、どうぞ! 」 俺「……」 えみつん「もうっ、早く口開けて?あ~~ん……」 俺「わ、わかった! わかったから! net 俺「そんなこと言ったっけ? net キーンコーン カーンコーン ー美術室ー キョウハトナリノヒトドウシデモシャヲシマース エー ヤダー 俺「げっ……」 俺(マジかよ……) えみつん「わたし紙と鉛筆貰ってくるね! net えみつん「も~! どうしてすぐ下向いちゃうの! 」 俺「えっ……うわっ! 」 クイッ えみつん「わたしも描いてるんだから、もっとよく顔見せてよ! 01 ID:cCgfeuKX0. net ~~~ ソロソロオワリダゾー ハーイ えみつん「描き上がった?」 俺「えっ、う、うん……まあ一応な」 えみつん「見せてっ! 」ヒョイッ 俺「あぁっ……お、おいっ! 」 えみつん「わっ……すごい上手~……」ポワァア 俺「別に、普通だって……」 えみつん「ううん、上手だよ! なかなかここまで描ける人いないって! 32 ID:cCgfeuKX0. net えみつん「えへへ、でもこれはちょっとよく描けすぎかな~、わたしこんなに可愛くないよ~」エヘヘ 俺「そんなことないだろ、すごくかわ……っ! 」 俺「うるさいっ! これは俺くんが持ってて?」 俺「えぇっ!? 30 ID:cCgfeuKX0. net キーンコーンカーンコーン えみつん「日誌書き終わった? 」 俺「おう、後はハンコもらうだけだ」 えみつん「ありがとっ! 61 ID:cCgfeuKX0. net えみつん「すっかり日が傾いてきちゃったね~」 俺「案外時間かかったからな」 えみつん「うん……でもわたしは楽しかったよ! 」 俺「日直が?マジかよ、俺はしばらくいいや……」 えみつん「違うよ! 64 ID:CU9oGw1A0. net えみつん「……」テクテク 俺「……」トボトボ えみつん「ね、ねぇっ」俺「あのさ……」 えみつん「あっ……」 俺「……先言っていいぞ」 えみつん「うん……あの、今日これから時間ある?」 俺「えっ……まあ大丈夫だけど……」ドキッ えみつん「ちょっと寄りたいところがあるんだけど、付き合ってくれない? 22 ID:CU9oGw1A0. net ー校門ー えみつん「お待たせっ! 94 ID:CU9oGw1A0. net ータイトーステーションー えみつん「ここっ! 」 俺「……なんかやりたいゲームでもあるのか?」 えみつん「こっちこっち! 」 俺「……」 えみつん「これ、撮ろっ! 」 俺「プリクラ?」 えみつん「うんっ」 俺「お前……これこのあいだも園田たちと来た時に撮っただr……」 俺(あれ、あの時一緒に来たのって恵海だったか? でもたしかにこいつと一緒に撮った気が……) えみつん「いいからっ、ほら行くよ! 70 ID:CU9oGw1A0. net えみつん「フレームはこれでしょ~、あとは~……」ピッピッ えみつん「よしっ、ほら撮るよ! 」 俺「おっけ」 えみつん「も~遠すぎだよ、もっとこっち! 」 ギューッ 俺「ち、近い近いって! 」 3…… 2…… 1…… チュッ! 俺「うわっ……! 47 ID:CU9oGw1A0. net えみつん「出来たっ! 38 ID:CU9oGw1A0. 22 ID:CU9oGw1A0. 32 ID:CU9oGw1A0. net えみつん「ありがとう、わたし今日1日俺くんと一緒に過ごして、みんなと一緒に学校に行って……すっごくすっごく楽しかった! 」 ピカッ! 68 ID:CU9oGw1A0. net 穂乃果「あ、あれっ?穂乃果、どうしてこんなとこいるんだろ?」 穂乃果「えっと、今日は学校に行って、日直をやったはずで……あ、あれっ? 」 穂乃果「あ~ん、どうなってるの~!? 」 俺「穂乃果……」 穂乃果「あれっ、俺くん!? どうしてわたし俺くんと一緒に……」 俺「穂乃果っ! 」バッ ギュッ 穂乃果「わわっ! 79 ID:CU9oGw1A0. net えみつんと一緒に青春を過ごしたかった どうでもいいけどえみつん表紙の声パラはマストバイ おやえみつん 関連記事.

次の