空 から 降る 一 億 の 星 韓国 キャスト。 空から降る一億の星韓国の相関図とキャスト画像付き一覧!ソイングクの熱演に注目

韓国版『空から降る一億の星』キャスト発表!! ソ・イングク&チョン・ソミン共演に期待高まる(S

空 から 降る 一 億 の 星 韓国 キャスト

日本では平均視聴率 22. その数年後ですが『空から降る一億の星』は韓国でも放送されていて、日本ドラマファンを中心に大きな人気と得ていました。 『空から降る一億の星』の韓国でのリメイクが決まったのはそれからまた 10年も経ってから。 韓国では期待の声と共に、すでに知られ過ぎている作品をリメイクすることが心配という声も上がっていました。 原作の人気が高かった分、韓国版になった時に、評価が分かれる可能性があるということですね。 そんな心配の声がある中、ドラマ制作は進められ、 2018年 10月から放送がスタートしました。 これはどう見ても成功とは言えない結果…大人気だった作品のリメイクなのになぜこんなことが起きてしまったのでしょうか。 一生懸命作った作品の低視聴率が続いていることに関して、内部ではどんな話し合いが行われているのでしょうか。 まず聞いたことは、やっぱりあまりにも有名な作品なので、心配はあったということ。 視聴者の期待値が高いので、それに答えなきゃいけないという負担があったそうです。 でも台本の完成度が高かったし、出演者の演技力も確かだったので、ここまで視聴率が落ちるとは思わなかったんだとか。 制作側としても低視聴率は考えていなかったということなんですかね…。 確かに『空から降る一億の星』は、ドラマを見ている人の間では、評価が低くないので、作品自体は面白いということは間違いないと思います。 これについてもう少し詳しく取材すべく、韓国でドラマのマーケティングに関わっている人に話を聞いてみました。 その方は、意外なお話をしてくれました。 「問題はソ・イングク。 原作で木村拓哉が演じていた役をするには、演技が軽すぎて、深い傷を負っている謎めいた人間には見えないんです。 」 ズバリ主演俳優の名前が出てくるなんてびっくりですね。 き、厳しいな…と思っていたら、より厳しいご意見が続きました。 「韓国の視聴者はそもそも暗い雰囲気のドラマはあまり好まない傾向です。 『空から』は確かに名作ですが、終始一貫、沈んでるんですよね。 それでも魅力的な主演がいれば、かならず見てくれます。 例えば、同じく日本のドラマをリメイクした『その冬、風が引く』も、全体の雰囲気は暗いけど、チョ・インソンとソン・ヘギョという魅力的な俳優がいたから、視聴率が悪くなったんです。 」 厳しすぎる!! そんな主演俳優にだけ責任があるなんて言わないでほしいと思っていたら、その方は、「ドラマの主演には、重い責任があるんです」ときっぱり語りました。 制作側ではソ・イングクがそこまで不評な様子ではなかったんですけどね。 マーケティングかかわる方から見ると、また目線が違うんだなというのを感じました。 最終回までまだ話が残っている韓国版の『空から降る一億の星』。 今、厳しい状況が続いているのですが、それを巻き返すことは出来るのでしょうか。 原作のファンとして、韓国版も多くの方々に見てほしいという思いで、最後まで見届けてみたいと思います。

次の

空から降る一億の星(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

空 から 降る 一 億 の 星 韓国 キャスト

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年7月) 空から降る一億の星 ジャンル 企画 脚本 演出 出演者 エンディング 「スマイル」 製作 プロデューサー 牧野正 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日21:00 - 21:54 放送枠 フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 11 特記事項: 初回は15分拡大(21:00 - 22:09)、最終回は30分拡大(21:00 - 22:24)。 『 空から降る一億の星』(そらからふるいちおくのほし)は、からまで毎週月曜日21:00 - 21:54に、系の「」枠で放送された日本の。 とののダブル主演ので、2人の初共演、さんま初の月9ドラマ出演と大きな話題を呼んだ。 平均22. 2018年にはリメイク版がで制作された。 あらすじ [ ] 独身の刑事、堂島完三()は妹の優子()と二人暮らし。 完三は女子大生殺害事件の担当になり、その後おきた殺人事件で、完三は知人の西原美羽()の誕生日パーティーで出会ったコック見習いの片瀬涼()に目をつける。 その中で優子は涼に惹かれていく。 しかし、完三と優子、そして涼にはそれぞれ秘密があった。 涼が失われた記憶を探る中、事態は悲劇へと向かっていく。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 堂島 完三〈46〉 演 - 日ノ出警察署所属の。 刑事になりたての頃、当時追っていた殺人犯を拳銃で殺してしまった過去を持つ(ただし、となる)。 その心の傷を引きずったまま暮らしている。 妹である優子をとても大事に思っており、時々愛情が度を越してしまうこともある。 1度見たときから片瀬涼に危険な臭いを感じるなど、刑事としての勘は優れていると思われる。 作りが得意で、家や職場でよくふるまっている。 片瀬 涼〈30〉 演 - (少年期:) フレンチレストラン「REVE」のコック見習い。 瞬間記憶能力を持っており、朧気ながらに残っている幼少時代の過酷な記憶を遡りながら物語は進んでいく。 体に火傷の跡がある。 堂島 優子〈28〉 演 - 完三の妹。 「新時代電気」編集部勤務の編集者。 美羽の学生時代の家庭教師。 片瀬涼同様、体に火傷の跡がある。 その他 [ ] 西原 美羽〈25〉 演 - 西原グループ会長の令嬢。 のちに、自殺した。 宮下 由紀〈19〉 演 - アイスクリーム屋の店員。 片瀬涼の彼女であり、ある犯罪に手を染めるがその後片瀬に振り向いてもらえなくなり自殺を図る。 完三に救われ一命を取り留め、その後完三と触れ合うようになり、次第に完三に惹かれていく。 大沢 隆〈47〉 演 - 日ノ出警察署刑事課長。 完三の同期だが、現在は上司の立場にあり、彼の存在を疎ましく思っている。 日下 圭太 演 -。 優子の見合い相手。 柏木 直哉 演 - 大手ホテルグループの御曹司。 向井 裕希 演 - 青果店「八百善」の店員。 涼とは顔見知りで、彼を兄のように慕う。 杉田 琴子〈43〉 演 - 日ノ出警察署刑事課所属の刑事。 完三とは長い付き合いで、密かに想いを寄せている。 角野 演 - 溝口 演 - 半沢 演 - 山崎 演 - 田中 演 - 三鷹 啓子 演 - 柏木 小百合 演 - 柏木直哉の姉。 カヨ 演 - 西原 京子 演 - 西原 建造 演 - スタッフ [ ]• 企画 -• 脚本 -• 演出 - 、• 主題歌 - 「スマイル」(ユニバーサル・ミュージック)• 挿入歌 - 「」• プロデューサー - 、牧野正• 劇伴 - 受賞歴 [ ]• 第33回• 最優秀作品賞• 主演男優賞(木村拓哉)• 助演女優賞(柴咲コウ)• 脚本賞(北川悦吏子)• 監督賞(中江功、平野眞)• 劇中音楽賞(吉俣良)• キャスティング賞• タイトルバック賞(冨士川祐輔) 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2002年4月15日 出逢い 中江功 25. 最終話は2002年連続ドラマ年間最高視聴率を記録。 韓国リメイク版 [ ].

次の

空から降る一億の星(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

空 から 降る 一 億 の 星 韓国 キャスト

ソ・イングク 「応答せよ1997」「ショッピング王ルイ」「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」 チョン・ソミン 「この恋は初めてだから」「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変!? ~」 パク・ソンウン 『新しき世界』『スウィンダラーズ』「リメンバー~記憶の彼方へ~」 韓国を代表する実力派俳優が豪華共演! 抗いがたい魅力を放つミステリアスな男、キム・ムヨンに扮したのは、「応答せよ1997」「ショッピング王ルイ」のソ・イングク。 確かな演技力と独特の存在感を発揮し、善人なのか悪人なのか判断のつかない孤独な青年という難役を見事に演じ切った。 「この恋は初めてだから」のチョン・ソミンは、明るくしっかり者のヒロイン、ジンガン役を透明感たっぷりに好演。 幼い頃に両親を失い、大きなやけど痕を抱えながら育ったジンガンは、同じ傷を持つムヨンといつしか惹かれ合っていく。 ジンガンの兄、ジングク役には『新しき世界』のパク・ソンウン。 ぞっとするような悪役やカリスマあふれる弁護士など幅広い役を個性的に演じてきた彼が、本作では妹ジンガンを溺愛する心温かい刑事役に挑戦。 お茶目な姿も披露しつつ、ムヨンを警戒してジンガンに近づかせまいと必死で阻止する兄の姿を熱演し、ソ・イングクと演技対決を繰り広げた。 さらに、イケメンぞろいのブルワリーで働くヒジュン役を演じたVIXXのホンビンも必見!ムヨンと児童養護施設で共に育ち、彼をよく知る唯一の友人という重要な役どころを担った。 ハマったら 絶対に抜け出せない、 危険な男ムヨン ソ・イングクのミステリアスな眼差しから 目が離せない! ソ・イングクのミステリアスな眼差しから目が離せない! 愛を知らず、まるでゲームのように他人の心をもてあそぶムヨン。 人懐っこく近づいてきたかと思うと、手のひらを返したように突然冷たい態度を取る。 ムヨンに片思いする22歳のユリ(コ・ミンシ扮)が「ムヨンさんにハマった女は絶対に抜け出せない」とジングクに告げたように、彼は女性たちの心を惑わす魔性の男だ。 財閥御曹司ウサン(ト・サンウ扮)と結婚を前提に付き合っていた純粋無垢なスンア(ソ・ウンス扮)は陶芸展で出会ったムヨンに一瞬で魅了され、ウサンの姉セラン(キム・ジヒョン扮)までもがムヨンに接近する。 ムヨンはその誰にも本心を見せないが、ジンガンだけには親近感を抱き、自分を哀れむ彼女の言葉に初めて心をかき乱される。 感情を持たないかのような冷たい視線を放つ一方で、子猫を抱き上げて優しく微笑み、ジンガンと出会ったことによって人間らしさを取り戻していくムヨン。 ソ・イングクは一作の中でいくつもの表情を見せ、これ以上のキャスティングはないと思えるほど完璧にムヨンを演じ切った。 ドラマ「ミセン-未生-」「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」「ミスター・サンシャイン」「アルハンブラ宮殿の思い出」をはじめ、数々の名作を世に打ち出してきた韓国の制作会社STUDIO DRAGONがリメイク版をフジテレビと共同制作した。 演出は「ナイショの恋していいですか!? 」「ああ、私の幽霊さま」のユ・ジェウォン、脚本はドラマ「マイ スウィートソウル」、映画『メモリーズ 追憶の剣』『愛を歌う花』などを手掛けたソン・ヘジン。 日本中を熱狂させた切ないラブサスペンスとしての世界観を生かしつつ、原作の全11話よりも長い全16話の中で登場人物の心の動きがより詳細に描かれる。 韓国版ならではの新たな展開も盛り込まれ、原作を知る人はもちろん、知らない人でも楽しめる完成度の高いドラマに仕上がっている。 孤独な男が初めて知った 愛と 幸せ。 数奇な 運命に翻弄される男女。 少しずつ明らかになっていく真実に 胸が締めつけられる、悲しくも美しいラブストーリー 少しずつ明らかになっていく真実に胸が締めつけられる、 悲しくも美しいラブストーリー 児童養護施設で育ち、孤独や他人からの拒絶に慣れきっているムヨンにとって、ジンガンは初めて自然に心を開くことのできた相手だった。 ジンガンはムヨンの積極的なアプローチに戸惑い、危険だと思いながらもしだいに彼に惹かれていく。 ムヨンの殺風景な部屋を見て驚き、一緒に家電や調味料をそろえるジンガン。 冷えびえとしていたムヨンの部屋と心がジンガンによって温かく変わっていく様子が微笑ましくも切ない。 しかし2人の距離が近づくにつれてジングクの反対も激しくなり、ジンガンは自分を大切に育ててくれた兄と愛するムヨンの間で板挟みになって苦しむ。 ジングクの心から消えることのないつらい過去、ムヨンが失った幼い頃の記憶、そしてムヨンとジンガンの腕に残るやけど痕。 ある日、親友ペク・スンア(ソ・ウンス)の陶芸展に招待されたジンガンは、パーティーのスタッフとしてやってきたビール会社の従業員キム・ムヨン(ソ・イングク)と出会い、彼の失礼な発言に憤慨。 兄のジングクもまた陶芸展に向かう途中でムヨンとすれ違い、彼の眼差しになぜか胸騒ぎを覚えるのだった。 一方、スンアは恋人である財閥御曹司チャン・ウサン(ト・サンウ)が有名教授の陶芸品を彼女の作品として展示したばかりか、作品解説のトークショーまで準備していることを知ってウサンを責める。 2人の会話を耳にしたムヨンは偶然を装って作品を壊し、スンアが嫌がっていたトークショーを阻止。 スンアはたちまちムヨンに夢中になり、彼と付き合い始める。 しかしムヨンが別の女性と映画館にいる姿を目撃したジンガンは、スンアへの気持ちが本気だとは思えず、ムヨンに会うたびにケンカ腰になってしまう。 そんな中、女子大生殺人事件を捜査していたジングクは、数々の手がかりからムヨンが事件に関与していると直感するが・・・。

次の