毛布洗濯機。 毛布や布団が洗える洗濯機のサイズは何キロ?大物コースは何が違う?

洗濯機で毛布を洗う方法!メーカー別で違う専用コース搭載洗濯機の特徴とは?

毛布洗濯機

重要 ポリエステル、 アクリル、 綿の素材でできているものは大体が水で洗えます。 ウールは、擦れることで傷みやすいので、脱水時などに注意が必要です。 シルクや カシミヤなど高級なものは、傷みやすいので、自宅で洗うのはやめましょう。 次に、以下の項目をクリアしていきましょう。 ホコリや髪の毛などは、軽くはたいて落としてください。 キャップの蓋の上の部分を使って、トントンと染み込ませてください。 タオルに色が移ってきていないかどうか、確認しましょう。 もしも色が移ってきていたら、洗濯の際に色落ちする可能性があるので洗濯を避けましょう。 これらをチェックしたら、実際に洗い方を見ていきましょう! 毛布を洗う際の畳み方 自宅の洗濯機で洗うには、 毛布が入るサイズの 洗濯ネットと 中性洗剤を用意する必要があります。 俗に言う 屏風畳みというものです。 そのまま洗濯機に入れると、うまく回らなかったり、毛布を傷つける原因になったりします。 もしも、毛布が入る大きさのネットが用意できなかったら、最初の屏風畳みをした縦に細長い毛布を、くるっとロールケーキのように丸めてください。 丸めた毛布は、解けないように、紐でぐるぐると縛ってください。 チャーシューを作る時のイメージです。 (作った経験は私にはありません) この時、色のついた紐だと色落ちしてしまう可能性があるので、紐選びも慎重にしましょう。 毛布の洗濯機での洗い方 ご家庭の洗濯機に従って通常通り洗濯しましょう。 毛布コースがある洗濯機も多いと思います。 そのボタンひとつで簡単に洗えちゃいます! もしもコースがなく、自分で設定する場合は、 ドライコースで洗い、 脱水時間を短くするよう注意してください! オススメ洗剤 自宅の洗濯機で毛布を洗う時には、液体洗剤がオススメです。 粉洗剤の方が洗浄力は高いのですが、溶けきれずに残ったり、強い洗浄力のために毛布を傷めたりすることもあります。 また、先ほども紹介したように、中性洗剤が良いでしょう。 エマールや アクロンなどのおしゃれ着用洗剤を使ってください。 注意 洗濯表示に 陰干しマークがある場合や 濃い色の場合、 生成り(きなり)、 ウール、 シルク、 ナイロンでできている場合は、 日光によって黄ばむことがあるので、 陰干ししてください。 また、干し方にもコツがあります。 二本の物干し竿に M字になるように干すと、間に空気が入り、効率よく乾かすことができます。 物干し竿が一本しかない場合は、物干し竿にハンガーを幾つかかけて、そのハンガーの上に覆うように干す方法もあります。 二つに折り曲げられた時、間に 空気の通り道を作ってあげることが大切です。 もしも、どちらの方法も無理な場合は、乾き具合をこまめに確認し、裏返しながら全体がまんべんなく乾くように目を配ってあげてください。 宅配クリーニングもおすすめ! 最近は、自分で洗うのが難しい礼服や着物、かさばるコート、自宅で洗えないブランド衣類など、様々な洋服を 宅配クリーニングに出す方が増えています。 この宅配クリーニング、服だけでなく実は、毛布もお願いできちゃうんです! 「自分で洗うのは大変……」 そんなときは、送るだけでOKの宅配クリーニングを利用してみましょう。 「宅配クリーニングってどんなシステム?」 というはじめてさんのために、使い方や料金もくわしくご紹介いたします! 宅配クリーニングとは? 宅配クリーニングとは文字通り、洗ってほしい衣類や毛布、シーツなどをクリーニング業者へ送り、クリーニング後に送り返してもらえるサービスです。 都心では、自宅へ直接クリーニング業者が出向き、集荷と配送を行っているケースもあります。 宅配クリーニングを利用すれば、 「毛布の奥の汚れまでしっかり取れる」 「重たい毛布をコインランドリーやクリーニング店へ持ち運ばなくてもよい」 「しみ抜きや抗菌加工、防ダニ加工、防臭加工などもお願いできる」 といったメリットも! 保管サービス付きの業者を選べば、洗い終わった毛布を次に使用する季節まで、預かってもらうことも可能です。 宅配クリーニングの頼み方と料金 魅力たくさんの宅配クリーニング。 次に、 頼み方と 料金をみてみましょう。 ・宅配クリーニングを頼む手順 ・シングル:1,000円~2,500円程度 ・ダブル:1,500円~3,500円程度 が相場になります。 毛布の素材によっても金額が変わりますので、事前にたしかめておきましょう。 洗いたい毛布が複数枚ある場合や、布団もまとめてお願いしたい場合は、詰め放題パックのある業者を利用するという手も! 指定された袋に入るだけ詰めて、一律料金なので、よりお得に注文できます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 毛布は、案外簡単に洗えるものです。 直接肌に触れるものなので、いつも清潔な状態にしておきたいですね。 シルクやカシミヤなどの特殊な素材は、失敗するリスクが高いので、潔くクリーニングに出しましょう。 洗濯機に毛布が入らない場合は、浴槽で洗う方法もあります。 しかし、かなりの重労働になるので、クリーニング屋さんに頼むことをおすすめします。

次の

毛布を洗濯機で洗うなら、洗濯ネットと中性洗剤!干す時はM字がコツ|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

毛布洗濯機

スポンサーリンク 1 洗濯表示の確認を まずは毛布が自宅で洗えるかを 洗濯表示で確認します。 洗濯マークや手洗いマークのる表示があれば自宅で洗えます。 水洗い不可マークがついていたら自宅で洗濯できません。 現在ではアクリルやポリエステル、綿の毛布はほとんどが洗える表示になっているようです。 2 毛布の汚れを確認 毛布全体を見渡してシミなどの汚れがある場合は洗剤などで軽く汚れを落としておきます。 汚れがひどい場合は洗剤をしみこませ、少し時間を置いた後、軽く叩くか優しくブラッシングします。 汗や皮脂で汚れがちなえりまわりには、洗剤をつけて、タオルで軽くたたいておくといいでしょう。 また毛布全体の汚れは物干し竿などにかけて、 布団たたきなどでたたき、ホコリや髪の毛などの汚れを落としておきましょう。 洗濯機に入れる前にこのように前処理を行っておくとよりキレイに仕上がります。 3 洗剤の選択 洗剤についても表示をチェックします。 取扱い表示絵に中性とあるものやウールなどは中性洗剤、取扱い表示に中性とないものやウールや他の素材でも生成りや淡い色は蛍光剤無しの洗剤、濃い色は漂白剤入りでない洗剤を使用します。 中性洗剤のマークがついていない毛布は通常の洗濯洗剤の使用が可能ですが、素材の風合いが大切な毛布の場合は、衣類に優しいお洒落着用洗剤でのお洗濯をおすすめします。 また柔軟剤を使用すると ふっくらとした肌触りに仕上がり、静電気も抑えられます。 お好みで柔軟剤も使用してみましょう。 4 洗濯機にいれる準備 洗濯機に大物洗いコースや毛布コースがある場合は、洗濯機で洗えるので、毛布用ネットを使用します。 毛布は擦れると毛玉や傷みの元になるので、自宅の洗濯機に合う大きさのネットをそろえましょう。 ネットに入れる毛布のたたみ方は、できるだけ全体に洗剤液がいきわたるよう、ひだ折り(屏風だたみ)にします。 ネットの幅に合わせて折りましょう。 ネットがない場合は色の出ない紐で結んでもいいでしょう。 毛布はそのまま入れるとうまく回らなかったり洗濯機の故障の原因になるので注意しましょう。 また毛布の素材や厚みもメーカーによって異なります。 洗濯機に 毛布が入るか入らないかで洗濯機で洗濯する判断されることをおすすめいたします。 5 毛布の洗い方 洗濯機を確認して毛布コースがあればそのまま利用します。 なければ弱水流コースや手洗いコースなどで洗います。 ネットに入れた毛布を洗濯槽にいれますが、縦型洗濯機の場合は直接肌が触れて汚れのついた部分を洗濯槽底部の回転板側に向けてセットすると汚れが落ちやすくなります。 また毛布は浮きやすく上側部分が水に浸らないことがあるので、両手で数回押し沈めて洗剤液にしっかりつけてから洗いましょう。 6 脱水と干し方 脱水はほとんどの場合、 洗濯コースにより自動で設定されています。 素材により脱水に注意が必要なものもあります。 毛布の素材がポリエステルやアクリルなら水切れがよいので、水滴が落ちなくなる程度の短時間の脱水で大丈夫です。 ウールは擦れによる傷みが大きいので、手絞りや長い脱水はせず、30秒~1分くらいが目安となります。 干し方は2本の物干し竿を使ってM字にすると、乾きやすいようです。 できれば時々裏返しするといいでしょう。 また1本の物干し竿でハンガーの上に覆いかぶすように洗濯物をA字に干すのもいいでしょう。 物干竿で折り返されてペタッと貼りついたようにならず、風が吹かない部屋干しでも 乾きが早くなります。 干す場所は 洗濯表示に陰干しマークがある場合や濃い色や生成り、ウール、シルク、ナイロンは日光で黄ばむので陰干しです。 7 汚れ防止策 毛布用のカバーをかけることや肌が直接当たる襟元だけでもバスタオルをかけて安全ピンなどで固定しておけば、カバーやバスタオルを洗濯して毛布をキレイに保てます。 毛布本体を洗濯する 回数を減らすことができるでしょう。 まとめ 冬の時期に大活躍する毛布なのでシーズン中にもお洗濯してキレイに保ちたいですよね。 風邪を引いて寝込んでしまった後には、キレイさっぱりお洗濯して風邪の菌を追い払いたいものです。 自宅で洗濯ならば手軽に行えます。 今回のコツと注意点をしっかり把握して効率よくお洗濯しましょう。 いつも キレイなふわふわの毛布で寒い時期を乗り切って下さい。 スポンサーリンク.

次の

毛布は乾燥機に入れても大丈夫?洗濯方法も合わせて紹介

毛布洗濯機

毛布は自宅で洗濯派?クリーニング派? まずは毛布を「自宅で洗濯しているか、クリーニングに出しているのか」を聞いてみました。 そのアンケートの結果は次のとおりです。 ・自宅で洗濯している・・・77. 3% ・クリーニングに出している・・・14. 5% ・その他・・・8. 2% 圧倒的に「 自宅で洗濯している」 という人が多いという結果に。 「その他」の意見には「コインランドリーで洗う」という声も多く、、「コインランドリーと自宅での洗濯を併用している」という人もいます。 また「綿毛布は家で洗う。 冬のウールやマイヤー毛布はクリーニングに出している」と、素材によって洗濯するかクリーニングに出すかを選んでいる人もいるようです。 毛布はどんな頻度で洗濯してる? では、毛布の洗濯頻度はどうでしょう?アンケートの結果を見てみます。 ・毎日・・・0. 5% ・週2~3回・・・0. 5% ・週1回・・・4. 9% ・月2~3回・・・15. 6% ・月1回・・・49. 0% ・その他 ・・・29. 5% 毛布は「月に1回」洗濯するという人が49%と一番多い結果。 「その他」と答えた人には「季節の終わり」や「季節の変わり目」に洗うという声も。 シーズン中は「掃除機、布団乾燥機、除菌スプレー」を使ったり、天日干しで埃をはらうなど工夫しているようです。 中には「毛布が直接肌に当たらないように使っている」と、カバーを利用したり、掛ける順番を工夫しているという意見もありました。 毛布の洗濯表示をチェック まずは毛布の素材をチェックしましょう。 洗濯表示タグを確認して、 洗濯機マークや手洗いマークがついていれば、自宅で洗うことができます。 毛布は綿やポリエステル、アクリルなどが主流なので、ほとんどのものは洗濯機で洗っても問題なさそうです。 ただ、二枚合わせ毛布、厚手毛布などは、ちょっと注意が必要です。 重量があって、濡れてさらに重たくなると、洗濯機から取り出すのもひと苦労です。 また二枚の縫い合わせがよれてしまうこともあるので、心配な場合は、手洗いするほうがよさそうです。 洗濯表示が新しくなっている、あるいは海外で購入したもので、洗濯表示がわからない時は、を参考にしてくださいね。 電気毛布は洗濯できる? 冬に電気毛布を使ってらっしゃる方もいると思います。 電気毛布には、洗えるものと洗えないものがあります。 洗濯表示のタグに「洗濯機」「丸洗い」などの記載があれば、洗濯機で洗えます。 最近は丸洗いできるものも増えているようです。 とはいえ、洗濯するときは取り扱い説明書をきちんと読んで、コネクタ部分が濡れてしまわないよう気をつけて洗う必要があります。 「手洗い毛布」などの記載なら、洗濯機では洗えませんが、水洗いは可能です。 表示が見当たらない毛布は、水洗いも避けたほうがいいでしょう。 毛布カバーを使って、直接肌の汗や汚れがつかないようにして、カバーをこまめに洗濯して清潔さを保ちましょう。 この記事に関係のあるセシールの関連商品• 3,289円 税込 赤ちゃんやデリケートな肌にもふんわりやさしい肌ざわり。 自然素材の心地よさで、1年を通して上質な眠りへ。 4,389円 税込 使いはじめからふわふわ! 6重織りのガーゼケットです。 使って洗うほどにやさしい風合いが増し、ボリュームもアップ。 四隅のヘムやかがり縫製をなくし、細部までやわらかな肌ざわりにこだわりました。 4,389円 税込 ふわっと体に寄り添う、爽やかなぬくもり。 洗いをかけてやわらかな風合いに仕上げました。 軽い掛け心地で、うつろう季節を心地よく。 2,189円 税込 ~ パイルの織り柄で表現したネコ柄がキュートな、ふっくらタオルケットです。 お子さま用やひざ掛けにぴったりのハーフサイズもご用意しました。 冷房対策などのリビング使いにもおすすめです。

次の