落花生 レシピ。 レシピ:ゆで落花生/千葉県

【相葉マナブ】万能落花生ペーストとアレンジレシピ。担々麺&くずもちの作り方。千葉県八街市の落花生で!(10月6日)

落花生 レシピ

落花生の殻むき 生の殻付き落花生を用意します。 殻をむくと淡いピンク色の豆が出てくるので、その豆をご飯に炊き込むレシピです。 落花生は炒って食べることが多いですが、 炊き込むことでほっこりと火が通り、豆本来の風味や甘みも楽しむことができます!• 落花生は泥がついていればため水の中でしっかり洗い落とします。 殻に割れ目を入れやすいのは少しとがった先の方なので、その位置を確認します。 そのとがった側を指で挟んで(縦の割れ目が入る部分を持って)両側からギュッと力を入れます。 そうすると、割れ目が出てきます。 そしたら中央から下の部分も同じように力を入れて、割れ目を大きくして殻を外し、豆を取り出します。 炊飯器でも鍋炊きでもお好みで炊いてください。 ポイントは 『塩を加えたら、やさしく混ぜてしっかり溶かすこと』『落花生をはじめから入れて炊き始めること』です! 炊飯器なら、研いだ米を炊飯器の内釜に移し、2合の目盛まで水を加えます。 30分〜1時間ほどそのまま浸水させたあとに、分量の塩を加えて軽く混ぜて溶かします。 最後に落花生を上に広げて炊飯します。 全体を底からさっくり混ぜ合わせて完成です。

次の

生落花生の炒りピーナッツの作り方。オーブン・レンジ・フライパンで。

落花生 レシピ

掘りたての落花生を水洗いし、塩ゆでにして食べます。 日持ちがしませんので、できればその日のうちに食べるか、残ったゆで落花生は冷蔵庫に入れましょう。 また、冷凍しても保存できます。 生落花生:200グラム• 食塩:10グラム 作り方• 生落花生200グラムを塩水(水500cc、塩10グラム)で、強火で50分程煮込む。 ゆでたら火をとめて、そのままゆで汁に浸しておく。 (塩味がしみこみ、甘みもでてくる) 圧力なべの場合• 塩水(4%、水1リットルに塩40グラム)を圧力鍋に用意する。 水から、ゆで始める。 圧力がかかったら、弱火で10分程度、ゆで続け火を止める。 圧力が抜けて、フタが開けられるまで、放置する。 味見をして、薄いようであれば、味がしみ込むまで鍋に入れたまま、少々放置する。 関連記事.

次の

生落花生の炒りピーナッツの作り方。オーブン・レンジ・フライパンで。

落花生 レシピ

落花生の甘煮 農家さんおすすめの茹で落花生があれば10分もあればできるレシピです。 テレビ番組の相葉マナブで落花生農家さんが披露されたレシピをもとにしています。 調理時間 10分 調理器具 鍋 材料 水 200ml 塩 少々 砂糖 150g ゆで落花生 200g メモ お砂糖をラカントに変えて作ると、冷めると勝手に甘納豆になります。 ラカントは体内で吸収されにくい天然甘味料で、血糖値が気になる方や糖質制限中の方にもおすすめの甘味料です。 我が家も愛用しています。 ラカントは普通のお砂糖類とは違い、冷めると結晶化する特徴があります。 (そのためカラメルソースなどの液状の料理には向いていません) ラカントで甘煮を作ると糖質はカットできますが、使う量が多いため冷めると落花生の周りが結晶化して勝手に甘納豆になってしまいます。 なので甘納豆にしたくない場合は普通のお砂糖を使ってください。 逆に初めから甘納豆を作りたくて、糖質オフにしたい場合はラカントが最適です。 茹で落花生の作り方 生落花生からつくる茹でピーナッツの茹で方や塩加減、茹で時間はこちらの記事に詳しくまとめています。 是非ご覧ください。 作り方 1、鍋に水、塩、砂糖を加えて殻をむいたゆで落花生を加えて沸騰してから5分ゆでる。 2、火を止め余熱で味を染み込ませる。 たった5分でも結構味が染みて甘くなります。 これで甘煮は完成です。 とっても簡単ですよね。 続いてこの煮豆を使ってできる、『 甘納豆』の作り方もご紹介しますね。 先ほどもご説明しましたが、糖質オフの甘納豆にしたい場合ははじめからラカントを使えば上の作り方で時間が経てば勝手に甘納豆になります。 作り方 1、落花生の甘煮が炊けたら余分な煮汁は捨てて、乾煎りして水分を飛ばす。 3、バットなどに移し、粗熱を取って冷蔵庫に一晩おく。 甘煮おこわ またこの甘煮は おこわにしても美味しいですよ。 作り方はこちらの記事でご紹介しています。 このレシピの感想 最後にこのレシピの感想をご紹介しますね。 お砂糖をたっぷり使うので、血糖値が気になる方は注意してください。

次の