エピフォン テキサン。 Epiphone Texan ポール・マッカートニー仕様にチューン

Epiphone Texan ポール・マッカートニー仕様にチューン

エピフォン テキサン

ペグボタンが無くなっている&アンプ出力未確認という事でかなり安価でオークション入手しました。 以前の記事で日本製テキサンを入手したという事を書きましたが、今回は2013年3月インドネシア製テキサンです。 現行モデルは中国青島工場なのでその少し前のモデルになります。 右側です。 左側はエピフォンエリートシリーズ、寺田楽器製。 こちらの方が大幅に高いです。 ポールマッカートニーの使用でも有名な「TEXAN」の復刻モデルです。 TheBeatlesの「Yesterday」を製作したときに1964年製TEXANが使用されたことはあまりにも有名な話で、その後もライブ等で使用され続けている名機です。 定価が60,900円。 くまおさんが入手したのはチェリーサンバーストです。 ビートルズギア。 ちなみにポールはアンティークナチュラルカラーです。 この価格でトップスプルース単板、バックマホガニー単板です。 サイドはマホの合板。 シャドー製のピックアップまで付いていて、ペグはウィルキンソン製?(GOTHO系らしい)。 くまおさんの所有している日本製エリートテキサンよりもスペック的には上じゃね?と思ってしまう造りです。 ピックアップだけで2、3万すると思います。 という事はトップバック単板のアコギを3万円位で作ってしまうエピフォンおそるべしです。 それと、当時と同じく「ブルーラベル」が使用されている点も特徴的でポールファンにはたまりません。 本物はアジャスタブルサドルなので若干異なるものの、ポールのテキサンは右利き用を左利き用にブリッジ改造しておりアジャスタブルではなくなっているので、むしろこちらの方がポールっぽいといえます。 どうせだったらピックガードも逆貼りにすればよいのに~。 貼ってあるシールはデトロイトレッドウィングスのロゴ。 くまおさんはこいつを再現しようと思って、シールを探したのですが日本では入手不可能。 仕方ないので作っちゃえ!という事で、イラストレーターでデータを作成しました。 ただ、実際にポールカラーの日本製テキサンを手に入れて磨いてみると、高級機種過ぎてシールなんて貼れない・・・。 こちらのインドネシア製ならシールを貼っても良いかな~と考えているものの色が違うしな・・・と。 だから貼らない。 入手した際はほぼ手付かずノーメンテ状態。 おそらく前のオーナーは買ってすぐに弾かなくなり、放置したのではないかと思います。 手に取った時には埃を被っており、結構汚かったのですがペグ等を外して磨いたところボディ傷はほぼ無く、ペグもメッキ磨きで磨いたところ簡単に輝きを取り戻しました。 フレットに関しても研磨剤で磨いてピカピカ。 フレット減りもほぼ無く、新品のような状態です。 まあ、まだ5年物ですからね。 全くお手入れされていなかった様で指板はカラカラに乾いており、レモンオイルを吸う吸う。 さて、ペグが割れて無くなっているので何とかせねばなりません。 ペグ自体を交換してしまおうかとも考えたのですが、折角のポール仕様なのでそのまま残したい。 それにクルーソンペグを買うと1万円位するので修理費が高くついてしまいますし。 という事で、ペグのボタンのみ購入して付け替えることにしました。 サウンドハウスで購入です。 1300円位。 他に代替品は売っていませんでしたのでこれ以外の選択肢がありません。 予想はしていたのですが、穴のサイズが違います。 そこで電動ドリルで無理やり穴を拡大し微調整しながら入れ込みました。 真ん中が今回は付け替えたペグボタンです。 どうでしょうか・・・色が違うよネ。 元々ついているペグボタンは漂白された白色でザ・ホワイトといった感じの安っぽい色合い。 プラスチック感全開です。 今回購入したペグはアイボリーで多少のヴィンテージ感が出る為こちらの方が質感としては上でした。 そこで、全部付け替えることにします。 元々ついていたペグボタンはペンチで挟んで破壊し取り外しです。 まあまあのパワーが必要です。 こんな作業は人生で行った事が無いので少々戸惑いましたが完了です。 くまおさんは手先が器用で良かったです。 音はね・・・まあ普通。 アジャスタブルのテキサンを持っているのでそれと同じようなジャキジャキ系の音が出るのかな〜と思っていたのですが、出ませんね…。 コイツはアジャスタブルじゃないからね。 若い個体な上に、前オーナーには多分、ほとんど弾き込まれていないのでちょっとこもって、音が抜け切らない感じがします。 トップバックは単板なので、弾き込めばこなれた音になるのかもしれませんが、現状ではイマイチかな。 持った感じとては「おお、結構いいじゃない。 」と言ったところ。 この価格帯のギターとしては群を抜いているのでは?と思います。 流石に日本製テキサンと持ち比べると、高級感としては劣ります。 同じ形のギターで、同じウレタン塗装なのに不思議だわ〜。 これは多分手にしてみると多くの人が日本製テキサンの方が高級感があると回答すると思います。 バック合板だからむしろスペック低いんですけどね。 でも、ぶっちゃけほとんど一緒です。 1964テキサンはチェリーサンバーストも綺麗なので、ステージ映えしそうです。 テキサンはアコギにエレキのネックが付いているようなロングスケールの細めネックなので普段エレキギターを弾いている人でも扱いやすい機種だと思います。 ところで、エピフォンってネット上だとメタメタにこき下ろされているじゃないですか?でもね、それは実際に手にしたことがない人の意見だと思うのです。 くまおさんはなんだかんだで現在エピフォンを4本持っていますが、いずれも良いギターだと感じています。 今でこそ、ギブソンの廉価版ブランドですがその昔はギブソンと肩を並べるメーカーであり、当時のテキサンはギブソンと同じミシガンのカラマズー工場で同じ職人が作っていたと言われています。 現行のエピフォンモデルでも「ギブソンの廉価版コピー」と「エピフォンオリジナルモデル」が存在します。 レスポールやSGなどは廉価版コピーですが、このテキサンやキャバレロ、カジノやリヴィエラなどは元々エピフォンが製造していたモデルであり、廉価版でも何でもありません。 ヴィンテージ信仰が根強いですが、Stradivarius神話も何処かの大学教授の研究で崩れましたし、そもそも何十年も前に比べればコンピュータ制御で作られる最新ギターの方が作りや精度が良いのは当然の話で、むしろ昔のギターに勝てないなんて工業製品としてはダメダメなわけです。 トヨタ2000GTだって現代車と比較したらコンパクトカーと大してスペックが変わらなかったりしちゃう訳です。 そりゃギブソンは100年もギターを作ってるのだから当然ですね。 話を戻して、このテキサンは良いギターだと思います。 おススメです。

次の

テキサンbyエピフォンジャパン(くまおさんギター)

エピフォン テキサン

概要 [ ] 現在はギブソン社のギターやベースギターの廉価版(ただしヘッド部分の形状が異なる。 後述の代理店契約が終了するまで販売されていた日本向けのElitistと、LQシリーズはギブソン版と同じヘッド形状であった)を主に製造販売している。 また買収以前から続くエピフォン独自のモデルもある。 同社のブランドは以下の通り。 Epiphone 現在のレギュラー製品は主にやで生産されている。 それ以前は日本、さらにその前にはアメリカで生産されていた。 Epiphone Elitist 日本製のモデル。 以前はEpiphone Eliteのブランドであった。 日本で生産された限定販売の「Japan Limited Line(LQ)」シリーズが存在した。 これは塗装がではなくであった。 後述のように長い間エピフォンの製造はであったが、ギブソン社は中国のに自社工場を設立し、エピフォンブランド製品の一部の自社製造も開始した。 ロゴの書体は現在では親会社のギブソン社に似たものとなっているが、以前のロゴもカジノなど一部機種で存在する。 歴史 [ ] 前史 [ ] の出身の人、アナスタシオス・スタトポウロがに工房を開いたのが始まり。 当初はやを製作していたが、初頭からの製作を開始し、アナスタシオスは時期を同じくして息子であるエパミノンダスを事業に参加させる。 その後、の流行に伴って製作が盛んになると、自らもミュージシャンであったエパミノンダスはその知識を生かし、等の製作を開始、成功を収めた。 バンジョーの設計に関する米国も取得した。 エピフォン誕生 [ ] 、社名が「エピフォン」となる。 これはエパミノンダスの愛称である「エピ」とで「音」の意味の語「フォン」を組み合わせたもの。 この頃から製作を開始。 「レコーディング・シリーズ」、「マスタービルド・シリーズ」等を発表した。 、エパミノンダスは病に倒れ、同年の6月6日に死去。 その後、エピフォンはや他社による買収、工場の移転などを経てにギブソン社に買収される。 買収後、エピフォンのギターはギブソン社の工場で生産された。 生産拠点のアジア移転 [ ] 、エピフォンの生産拠点はに移される。 頃諸国での生産も開始。 に、によりギブソン社が買収され、エピフォンはオリジナル製品だけでなく、ギブソン製品の廉価版の販売ブランドとしての役割をも担うこととなる。 12月末日、日本国内の輸入総代理店であったと米国ギブソン社との輸入代理店契約が終了。 現在は米ギブソン社直属の日本法人、ギブソン・ギター・コーポレーション・ジャパンが日本向けにモデルを供給している。 代表機種と使用ミュージシャン [ ] のブランド違いのギブソン工場制作機種であり、の、、が使用した 「」が有名。 デビュー当時の()や、またやといったのマンも使用している。 ポール・マッカートニーは 「」 も「」の作曲・録音やステージなどで使用している。 日本ではもテキサンその他を使用しており、エピフォン公認アーティストにもなっている。 ゆずのも使用している。 参考文献 [ ]• トニー・ベーコン『世界で一番美しいアメリカン・ギター大名鑑 ヴィジュアルでたどるヴィンテージ・ギターの歴史』(DU BOOKS、2013年) 脚注 [ ] [].

次の

[mixi]中国製FT

エピフォン テキサン

特徴 Epiphone Texan FT-79とは? エピフォン・テキサンは1942年に誕生したエピフォンのフラットトップアコースティックギターの代表モデルである。 当初はテキサンの名称は無くFT-79というモデル名であった。 現在のテキサンはギブソンJ-45によく似たラウンドショルダーシェイプとなっているが、誕生当初のFT-79は現在のよりも小さいボディ形状をしており、ボディ材にはウォルナットが用いられ、サウンドホールに向かうくびれも深く現在のテキサンとは全く異なった仕様である。 ギブソンJ-45とよく似た形状をしているがネックスケールはテキサンが25. 5インチスケール、J-45は24. 75インチスケールと異なる。 ビートルズのポール・マッカートニーの使用により一躍世界的な人気モデルの地位を不動のものとした。 その他にもピーター・フランプトン、カート・コバーン、ノエル・ギャラガーなど多数のアーティストに使用され、現在でもエピフォンを代表するモデルのひとつである。 【関連記事】の情報はこちら。 【関連記事】の情報はこちら。 Epiphone Elitist 1964 Texan FT-79 エリーテスト・シリーズは2000年にスタートし、主にアーティストモデルや復刻モデルなどがラインナップされてきた。 アメリカ製のパーツ類を日本工場で組み立てており、メイド・イン・ジャパンならではの徹底したこだわりと確かなクオリティは折り紙付きである。 Epiphone Elitist 1964 Texan FT-79はポール・マッカートニー使用の1964年製テキサンを再現。 テキサンは名曲「Yesterday」の録音で使用されたのはあまりにも有名なストーリーである。 ライブパフォーマンスや作曲にも頻繁に用いられポール・マッカートニーのアイコンとなった1本であることは間違いない。 '60年代のスリムなマホガニーネックにローズウッド指板にはパラレログラム・インレイが配され、エピフォン特有のやや長めのヘッドシェイプ、2-Ring仕様のサウンドホール、ピックガードのEマークなど1964年の仕様をしっかりと踏襲している。 3連ペグ、アジャスタブルブリッジなど細部にまで非常に手の込んだ仕上がり。 画像素材はエピフォンの公式サイトのものを使用しているがボディ内のブルーラベルが無い。 通常はブルーラベルが付いているはずである。 アジャスタブルブリッジ/25. 5インチネックスケール アジャスタブルブリッジは良くも悪くもサウンドに大きな影響を与える。 その構造上ブリッジ部に金属ネジと金属プレートを使用するため硬質でジャキッとしたアタック感が強く、生鳴りも若干抑えられた個性的なサウンドとなるのだ。 1960年代当時この個性的なサウンドがプレイヤーによっては敬遠されることもあったが、現在ではひとつのアコギサウンドとして定着している。 5インチネックスケールによるテキサンの個性あふれるサウンドが聴ける。 新品であっても長く在庫してあるようなものだと状態が悪くなっているということもよくある話しなのでしっかり吟味したいところである。 ポール使用のものだと右利き用を左利き用に改造してあることから完全に再現されているというわけではない。 そのためコレクターズアイテムとしては2005年に発表されたEpiphone Limited Edition USA Paul McCartney Texan Agedの方が人気は高いかと思う。 こちらはキズやステッカー、左利き用に改造してある点も再現しており、ラベルにポール・マッカトニー直筆サイン入りでなおかつ限定生産というレアなものだった。 ポールはサイン入りのシグネチャーモデルを嫌う傾向があるようでEpiphone Limited Edition USA Paul McCartney Texan Agedはチャリティー目的に製作された貴重な直筆サイン入りモデルであった。 中古 中古市場でも総数は多くなくちらほらと出回っている程度である。 ちなみに上記のEpiphone Limited Edition USA Paul McCartney Texan Agedは滅多に出回ることはない。 買取 買取価格リストを提示しているショップは少ない。 この買取額であれば中古マージン率は54. こういった買取リスト提示が少ないアイテムはショップによって大幅に買取額がばらつく傾向がある。 特にアコギはナイーブな楽器なのでちょっとしたことで買取価格に影響してくるだろう。 ビートルズ関連アイテムに強いショップなんかもあるので売却をお考えの際には十分に比較検討をすることをオススメする。

次の