五 等 分 の 花嫁 漫画 11 巻。 遂に最終回……『五等分の花嫁』最終14巻着せ替えカバープレゼント!

みんなの『五等分の花嫁』面白いって評価が漫画読んで痛いほど分かった件

五 等 分 の 花嫁 漫画 11 巻

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。 ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 「落第寸前」「勉強嫌い」の美少女五つ子を、アルバイト家庭教師として「卒業」まで導くことになった風太郎。 京都への修学旅行中、風太郎をめぐって五つ子たちの関係はギクシャクしかけたが、雨降って地固まり、楽しく修学旅行を締めくくることができた。 そんな中、六年前の修学旅行で風太郎と出会ったのは四葉だったことが発覚し……。 今までコミックスでのまとめ読みをしてましたが、この巻以降はコミックスが出る前に毎週読んでました。 ただそれでもまとめて読むと面白かったですね!登場人物紹介等はコミックスじゃないと読めませんし、楽しくて実は結構好きなコーナーです! この巻は半分位は主に過去から風太郎に出会うまでと再開してからこれまでの四葉の視点での話です。 後はプール回等での風太郎の五つ子達への気持ちの変化を描いたり、一花が高校をどうするか等が描かれています。 とても面白かったですが、強いて言うならちょっと週刊連載に追われてる感じは見受けられましたね。 花嫁展があったり、カラーがあったり、おそらく大人気に比例して、ねぎ先生の仕事量が増えているのでしょうが結構作画ミスなんかがあったり パジャマ姿の四葉のリボンが外れてたのが急に次のコマで付いてたり 、ちょっとキャラの等身に違和感があったり。 話の設定がちょっと強引だったりは感じました。 コミックスでも作画ミス等は特に修正されていない所を見ると、相当切羽詰まってるようにも感じます。 毎週休まず続けて描かれていることは凄いと思いますが少し休まれた方が、と心配にはなりました。 長期休載は厳しいかもですけど、1週間ぐらいなら休載して一旦ゆっくり休養を取ってリフレッシュしてからまた描き始めてもいいと思いました。 もちろんそれが可能かどうか等は僕には分からないことですが。 ちょっと大変そうな感じが作品にも表れているように思いました。 大好きな作品なので今後も応援しています。 ただ、本当にご無理はなされないように、というのが1番の気持ちです。 私の一押し二乃の風太郎とのわかりやくニヤニヤできるラブコメ話が1話あるだけで満足してしまう巻。 という個人的な話はおいて、前の巻から続いて、ついに過去の真相や四葉の本当の気持ち、五つ子の過去など重要な情報が色々あかされる回。 よいこの四葉が本当は精神的にかなり危ない状態にある感じで、特定の思考に取り付かれているようです。 恋愛の成就とは別に、この四葉の心の「救い」も物語のキーになりそうな予感がします。 思いにとらわれているという点では、過去があかされたことで五月もそういう傾向がありそうで、どうなるかがちょっと予想がつかないです。 そして、過去があかされたからこれからのこととばかりに、青春エンジョイや進路の話が。 夏ということで、海やプールですごす話。 妹のらいはが意外に毒舌とか、風太郎がかなり五つ子のことを意識していることが伺えるエピソードになっています。 またここで、他の四人ほど風太郎に好意がなく、一歩ひいているからこそ、また違う魅力を風太郎にみせる五月。 五月も恋愛関係の混沌に参入してくるのか、ドキドキしてしまいます。 続いて、二乃と風太郎の二人にエピソード、一花の進路と行動についてのエピソードとなっています。 なんだかんだで、風太郎を振り回している一花は関わることが多いから、恋愛競争けっこう有利そうなのが。 吊り橋効果はバカにできないものがあります。 次回は学園祭のエピソードということで、楽しみな回が続きます。 話の本筋と関係あるかはわかりませんが、五つ子と、その養父であるマルオとの関係も気になるところです。 マルオの五つ子への本心は?五つ子母とマルオの関係は?ですね。 五つ子母もマルオに満更でもない好意はあったように描かれていますから、そのあたりも知りたいところです。 五つ子の本当の父親も謎ですし。 私はマルオの学生時代のいっときの過ちでのできちゃった説妄想してます 四葉視点で書かれた今巻、風太郎との出会いのシーンも 書かれていて、そこから今までの出来事… いままで四葉がメインに来てなかったので かなり集中しての四葉巻 ブランコの複数回シーンが本当に印象的で切ないね 中盤は五月メイン 五月の崩れたデフォルメ表情が可愛すぎます 後半は一花メイン、色々物議をかました一花ですが 今回は… しかし、色々と伏線とか物語に関するシーンがつまっていて 気になる内容なのですが 5キャラ+主人公、妹等々 メインストーリーに関係ない お気楽極楽な 外伝が読みたいです。 ホント、小さいキャラ絵がホントにかわいらしい デフォルメSDまではいかない、ちょっと離れた感じでの 画数少なめなキャラ絵が可愛い。 前半部では今まで内面に迫ることがほぼなかった四葉にスポットライトを 彼女の屈折した あえてそう書きましょう 道のりが明かされます 姉妹の中で誰より先に「特別」を意識したからこそ、今、それを「罪」と捉えて姉妹間の滅私奉公に努める彼女 しかし、その在り方が今度は想い人への思慕を断ち切らせることとなり…ままならない彼女の今後やいかに 中盤は未だラブコメらしいヒロインレースの外にいながらも、所々で「おやぁ」と思わせる五月が中心 ほのぼのとした彼女メインのエピソードにも、仄かに彼女の危うさを感じさせます 五姉妹はそのままで特別なんだと説く母、零奈の想いとは裏腹に、決して能うことのない役割を自らに課すその姿には、どうにも四葉と同じ、或いはそれ以上の闇を感じてなりません そして終盤、一花のアレコレに決着がついたように見えますが、最後の表情を窺うにこれは…? 女優業にのめり込みつつも勉学にも励むという結末は、ありきたりな様でいて彼女の進展を前向きに感じることができてグッド 本巻の後味を爽やかなものにもしてくれています では残りの二人はどうかと言えば、二乃はたった一話の主役回で彼女の個性をこれ以上なく「らしい」形で披露していますし これまでにない素直な笑顔は彼女の成長の証し 、随一の姉妹愛も要所の描写でわかる通り健在 三玖も三玖で、前回の修学旅行編でメインだった分おとなしめな活躍ではありましたが、ふっきれた表情と立ち振る舞いで一段と輝いています この様に、五人全員の魅力がギュッと詰まった一冊、それが11巻なのです 修学旅行編から文化祭編へ、中休みの様な巻でもありますが、緩い雰囲気と今後の波乱を匂わせる伏線の積み重ねが綯い交ぜになって光る構成に、舌を巻いた次第 それとフータロー、彼が一番変わりつつありますね 個人的には、それが何より微笑ましいです おっちょこちょいで愛くるしい末っ子キャラ。 本人的にはしっかり者の母親代わり。 そんな五月ちゃんの表紙の表情に「お腹がすいているのかな?」と思ってしまう巻。 今巻も使命感に燃え頑張ってます。 四葉のこれまでが明かされ、彼女の挫折と人格が形成されるまでが語られる前半が見所。 いつもニコニコしている彼女ですが、心の中ではふさぎ込んだままなのが丁寧に描写されるのが悲しい。 人から認められる自分になるために突っ走って失敗。 一方的に対抗心を燃やしていた姉妹に優しく手を差し伸べられ心が折れるのが共感出来て辛い場面ですね。 その後の主人公に負い目、引け目を感じるのも期待に応えられなかった と本人は思っている とまた自己評価が下がる苦しみもリアル。 諦めきれない恋心を抱えつつ自罰意識を抱えてブランコをこぐ姿がやるせない名シーンでした。

次の

五等分の花嫁は14巻で終わり、完結最終巻の発売日・表紙・特典を予想。最終回のストーリー予想も │ anichoice

五 等 分 の 花嫁 漫画 11 巻

漫画アプリ『マガポケ』• 動画サービス『U-NEXT』 漫画アプリ 『マガポケ』から順番に紹介していきます。 『マガポケ』の使い方・ポイントの貯め方は別の記事で紹介しているので下記の関連記事をご覧ください。 関連記事: 続いて、について! 動画サービス『U-NEXT』 は日本最大級の動画サービスです。 は動画だけでなく本・雑誌・マンガも読むことができます。 無料で『五等分の花嫁』の最新話(もしくは最新刊)を読む方法は、登録して 31日間以内に解約することです (小声) なら登録してから 31日間無料です! 登録するだけで 600円分のポイントが貰えるので、 マンガ1冊分を無料で読むことができます。 なので、目当てのマンガなどを読んだ後で 解約すればお金はかかりません。 は見放題・読み放題の作品の数が多いので、気に入ったらそのまま継続して楽しむのも全然アリだと思います。 続いて、『五等分の花嫁』11巻の内容紹介に移りますが、その前に 前回の内容を簡単に復習します。 『五等分の花嫁』第10巻の復習(第86話) 風太郎は三玖に 「好き」と言われましたが、実はそれは後ろにいる姉妹をさしていました。 ー『五等分の花嫁』コミックスより そのため三玖に 「自意識過剰くん」と言われてしまいます。 その後、一花はこれまでのことを三玖に謝罪して許しを得ました。 読者の中には、一花を許したくないという方も多いと思います。 笑 そして、風太郎は冷たい態度を取ったことを一花に謝り、一花からは 「全部嘘だよ」と言われます。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 後日、風太郎は零奈(五月)に修学旅行のアルバムを渡し、お礼を言いました。 五月は勝手に零奈として風太郎の前に現れたことを四葉に謝罪し、写真の子は四葉であることを風太郎に言うべきではないかと言ったところで第10巻は終わりました。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 物凄く気になるところで終わりましたね。 五月が零奈として風太郎に会った理由を知りたい方は、下記の関連記事をご覧ください。 関連記事: 『五等分の花嫁』最新刊(11巻)の内容【ネタバレ感想】 続いて、第11巻に収録されている 第87話~第95話の内容を紹介していきます。 ここからは、 ネタバレの内容を含みます。 小学生の5人はサッカーの試合に助っ人として借り出され、運動が得意な四葉が大活躍しました。 そして監督は他の4人に 「四葉をお手本にして練習するように」と言い、四葉は得意になります。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 5人は、母親の病気が治ったお祝いに花を買いに行こうとしますが、財布を持っていたはずの四葉が失くしてしまったことに気づきました。 花は買えなくなりましたが、代わりにみんなでキレイな花を摘み取ってお母さんに渡しました。 修学旅行当日、お母さんに駅までついてきてもらった時に、マルオの姿が見えました。 お母さんは自分のファンだと言います。 そして、四葉は電車を降りた先で盗撮の冤罪をかけられていた風太郎を見つけました。 ー『五等分の花嫁』コミックスより ここで気になるのは、四葉が何かを探しているということです。 「えらいことになってしまった・・・」と言っているので、相当深刻だということが分かります。 ー『五等分の花嫁』コミックスより このちょっと前にぶつかった子と何か関係しているのでしょうか? ー『五等分の花嫁』コミックスより 第87話はここまでにして、第88話の内容に移ります。 すっかり暗くなってしまいバスに乗って帰ろうとしますが、四葉がお守りに持ち金を全部使ってしまったため帰りの交通費がないことに気づきました。 風太郎は200円持っていましたが、そのお金をお賽銭箱に入れて四葉と同様に一文なしになります。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 誰かが迎えに来るまで待つことにし、2人はそれぞれの想いから勉強を頑張ることを誓いました。 四葉:お母さんが楽できるように• 風太郎:妹に不自由させないため 一生懸命勉強をし、必要とされる人間になろうと誓い合います。 風太郎がお賽銭箱に入れた200円分のお願い(一人100円ずつ)をしている時に、マルオが現れました。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 2人は5つ子が泊まる旅館まで送ってもらい、風太郎は先生が迎えにくるまでそこで待機しています。 四葉が風太郎に会いに行こうとしたところ、他の子(恐らく一花)が風太郎と話しているところを目撃しました。 ー『五等分の花嫁』コミックスより これがきっかけで四葉は、 他の4人と同じであることが嫌になります。 四葉はまた他の誰かと間違えられることがないように頭にリボンをつけました。 ー『五等分の花嫁』コミックスより そして、お母さんは 「大切なのはどこにいるかではなく五人でいることです」という言葉を残して亡くなってしまいます。 5人はマルオに引き取られることになり、それから中学へと通うようになりました。 必要とされる人間になるために、いくつもの部活を掛け持ちしていました。 三玖は部活で忙しそうな四葉を心配しますが、四葉は聞く耳を持ちません。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 結局、追々試が不合格となり四葉の 退学が決まってしまいます。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 一人で転校することになるのかと思ったところで、他の4人が一緒についてきてくれると言ってくれました。 そこで四葉は 「皆のために生きるんだ」と誓い、これが四葉にとって大きな足枷になってしまいます。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 次の学校で昼食を食べている時に、落ちているテストを見つけ風太郎の元に持っていきました。 この話と第1話が繋がっていることが分かります。 「風太郎君」と言いかけたところで、一生懸命勉強を頑張っている風太郎と落第して転校を余儀なくされた自分を比べると恥ずかしくなったため 「上杉さん」と言い直しました。 風太郎は5人の家庭教師になって喜ぶ四葉でしたが、一花・三玖が風太郎に好意を抱いていることを察します。 林間学校後に入院した風太郎にお見舞いに行くと、五月と風太郎の会話から風太郎が5年前に会った子のことを覚えていたことを知りました。 ー『五等分の花嫁』コミックスより その子は自分だと言いたい気持ちにかられますが、今自分がいるのは他の4人がいたからだと思い直し、自分だけが特別になってはいけないと自分の気持ちを抑えこみます。 そして、自分のことを風太郎に忘れさせるために、五月に零奈として風太郎の前に姿を現して別れを告げさせました。 四葉は夜の公園で一人ブランコを乗りながら 「好きだったよ ずっと」と呟きます。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 四葉を見ていると胸が痛くなりますね。 四葉の回想シーンはここで終わります。 一方、風太郎はライハの勧めにより5人を海に誘おうとしますが、家には誰もいませんでした。 ライハは事前に五月とのやり取りをして5人が海に来ることを知っており、風太郎と2人で海に行きますが、そこでも5つ子に会うことはできませんでした。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 2人が海から帰った後、五月との電話で引っ越しの準備をしていたことを聞きます。 ー『五等分の花嫁』コミックスより その後、風太郎が電話を代わり5つ子をプールに誘います。 五月は修学旅行の一件もあり、風太郎がいると姉妹の関係がギクシャクするため、なるべく他の4人に会わせないようにしていました。 しかし、とうとう一花と四葉に見つかってしまいますが、2人は意外にもあっさりしていました。 一方、二乃と三玖は風太郎を見つけるや否や飛びつき、本気であることを見せつけます。 ー『五等分の花嫁』コミックスより その後、2人一組のウォーターボートに乗ることになり、風太郎と乗る人はジャンケンによって五月に決まりました。 五月は、風太郎にまたがるか、それとも風太郎にまたがられるかを悩みますが、結局またぐことにします。 ー『五等分の花嫁』コミックスより プールの帰り五月の手を見ると、風太郎が握っていた部分だけ白くなっていました。 遅れてやって来た二乃に 「遅ぇぞ」というと二乃からは 「器の小さい男ね」と返ってきす。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 風太郎への態度が普段とは違っていました。 (懐かしい)• 頭回らない• 汗臭い最悪• 上杉と呼ぶ 風太郎は先程まで読んでいた「高校生のための恋愛ガイド」に書いてあった 「押してダメなら引いてみろ」を二乃が実践していることに気づきます。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 最初は本に書かれていることを実践している二乃が可愛らしいと思いますが、エスカレートする二乃に段々ムカついてきました。 風太郎「お前いい加減に・・・」 二乃「触んないでよ」 ー『五等分の花嫁』コミックスより ガチでドン引きしている二乃を見て、風太郎は気をひかせようとしていると思い込んでいた自分を恥じます。 一方その頃、二乃は心の中で 「やりすぎたーっ!!」と後悔していました。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 次の日は5つ子の母親の命日であり、風太郎は花を二乃に渡して 「俺もいない方がいいだろ」と言いましたが、二乃に 「フー君はいなくならないで」と言われます。 ー『五等分の花嫁』コミックスより そして、二乃から押してダメなら引いてみろを実践していたとネタバラシされました。 次の日、5人でお墓参りをし、その時に一花から二学期から学校に行かないという話を聞きます。 一花は、他の4人になるべく家から通うつもりだけど、仕事に専念したいから学校は辞めざるを得ないと言いました。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 三玖は、一花から学校にはすでに話をつけたことを聞き、一花は一緒に卒業したいけど風太郎と一緒にいると自分が許せなくなると言います。 三玖「それなら・・・」 一花「なんちゃって」 と、ごまかされたところで風太郎が現れます。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 風太郎は、退学ではなく休学の道を選ぶべきだと説得しますが、一花は聞く耳を持ちませんでした。 その後、一花と四葉は公園のブランコに乗り、一花に 「フータロー君のこと覚えてる?」と訊かれます。 バイト中に、風太郎はなんで一花が学校を辞めようとしているのかを三玖に訊きますが、三玖は教えませんでした。 一花は、四葉が風太郎と5年前に会っていることを覚えていたことを知り、四葉に謝ります。 四葉は、一花が学校を辞めるなら自分も辞めるといますが、一花に 「それはよしなよ」と言われました。 ー『五等分の花嫁』コミックスより この時に四葉は 「鐘の下で風太郎にキスをしてしまった」といったような何か重要なことを一花に言ったような気がします。 もちろん、鐘キスの相手が四葉かどうかは分かりませんが。 風太郎は、一花が所属する芸能プロダクションに押しかけ、退学を考え直すように言いますが、プロデューサーに却下されます。 風太郎は 「わかった諦める」と言い、次はビジネスの話を持ちかけました。 それは、風太郎が撮影する自主映画に出演してもらうというものです。 週2回、1回3時間の撮影で、カメラの前で家庭教師役の風太郎が生徒役の一花に勉強を教えます。 一花を雇うためのお金も用意していましたが、プロデューサーに 「全然 お金足りないけど・・・」と言われ、一花にお金を貸してくれと頼むハメになりました。 ー『五等分の花嫁』コミックスより 足りない分は出世払いということになり、契約が成立しました。 さっそく風太郎はロケ終わりの一花に勉強を教え、ここままだと他の4人と卒業できないぞと言うと、一花に卒業したいのは妹たちとだけじゃないと言われます。 ー『五等分の花嫁』コミックスより まさか自分のことかと風太郎は思いますが、一花は別の友達の名前を上げました。 『五等分の花嫁』11巻の内容は以上です。 四葉の過去編や一花の休学などが描写され、いつもにも増してストーリー展開が早かったですね。 こちらの動画では、『五等分の花嫁』11巻で回収された四葉の伏線をまとめています。 無料登録で31日間無料で動画見放題!• 無料登録で600円分のポイントゲット!• 月額1990円で使い放題! なら登録してから 31日間無料で楽しむことができます! あまり大きい声では言えませんが、目当てのアニメなどを観た後で 解約すればお金はかかりません。 なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。 『五等分の花嫁』の マンガを無料で読む方法を知りたい方は、関連記事をご覧ください。

次の

遂に最終回……『五等分の花嫁』最終14巻着せ替えカバープレゼント!

五 等 分 の 花嫁 漫画 11 巻

『五等分の花嫁』あらすじ 高校2年生の上杉風太郎は、「焼き肉定食 焼肉抜き」で食いつなぐほどの超がつくド貧乏。 破格の給料で家庭教師のアルバイトを引き受けた彼の目の前に、同じ顔、同じ体型の5人の美少女転校生、一花、二乃、三玖、四葉、五月が現れます。 一卵性の五つ子である彼女たちは、同じ見た目に反して一人一人が強い個性を持ったクセ者で、全員が勉強嫌いの赤点候補。 以前の学校を落第しかけたために、風太郎の学校に転校してきたのでした。 さまざまな困難を乗り越え、風太郎が誰とゴールインするのかが見どころです。 あなたの推しは何番目? 『五等分の花嫁』 主要人物紹介 「美少女がかわいいハーレム漫画」といえばそれまでですが、では本作はなぜこんなにも面白いのか? それは、五つ子たちが全員異なる個性を持ち、あの手この手で風太郎と読者の心をかき乱すから。 それぞれの魅力が全力で描かれ、誰が花嫁になってもおかしくないのが面白さの一因です。 あとかわいいから。 そこで、まずは五つ子を中心に、中心人物をチェックしていきましょう。 〈その他の主要キャラ〉 上杉風太郎 この物語の主人公。 全教科100点満点を取るほど頭脳明晰。 しかし、デリカシーがなく、女心がわからないなど、人格に多数問題アリ。 照れたり困ったりすると前髪を触る癖があります。 上杉らいは 純粋無垢な風太郎の妹。 能天気な父親に代わり、上杉家の家事を担当するしっかり者。 風太郎だけでなく、五つ子からも溺愛されています。 零奈 五年前、まだ金髪だった風太郎が京都で出会った美少女で、風太郎の初恋の相手。 その正体は……。 5人のうち誰が風太郎と結婚するのかは、読者全員が気になるところでしょう。 しかし、巻ごとに各キャラと風太郎の接近度には変動が起きており、誰が最有力候補かはなかなか言い切れません(春場先生の匠の技…!)。 そこで、現在発売されている11巻までを巻ごとに分析し、五つ子と風太郎の接近度を5段階で勝手に評価。 風太郎との接触の多さ、風太郎への接し方を中心に、最も接近度が高い場合を五つ星ならぬ五つハートで示します。 しかし、学食で風太郎ともめた後は一貫して塩対応を貫きます。 比較的リベラルなのは一花ですが、ミステリアスで大人のお姉さん的な雰囲気(と部屋の汚さ)に風太郎の反応はイマイチ。 四葉はその純粋さで親しげに風太郎に近づきますが、ただの優しさ以上の感情は読み取れません。 そんな中、戦国武将好きをきっかけに素直になり、いち早く風太郎に懐いた三玖は……。 ということで、三玖が一歩リードです。 本作でもそのセオリーに則り、5人それぞれが活躍する名場面が目白押しです。 二乃の家族想いな一面が発覚する第6話。 おんぶや手繋ぎなど、風太郎と三玖の無自覚のいちゃつきが見られる第9話。 一花の秘密が明かされる第11話。 そして、四葉がお人好しの殻を破った第13話。 どれも各キャラをより好きになれるいい話ばかりです。 そんなわけで今回のハイライトは、あえて全員が揃ったこのシーンをセレクト。 美少女の浴衣って最高だよね。 一方、一花の応援を受けて三玖は積極性を見せていきます。 そんな一花も、風太郎の優しさに触れ、徐々に自分の想いに気づき始めます。 このもだもだした感じがハーレムラブコメの醍醐味ですよね! しかし、実はこっそりと五月も風太郎との距離を縮めているのです。 素直になれない五月が三玖のふりをして風太郎と勉強するシーンでは……。 三玖が一花に宣戦布告をするシーンは非常に印象的。 レストラン、スパ、買い物……と、こういうベタなデート回は正直たまらんの一言です。 天真爛漫なため、ほかの4人に比べてあまり色気を感じさせない四葉ですが、その分素朴な公園デートで風太郎の全力の笑顔を引き出すことに成功しました。 長い髪をバッサリと切り、マンションに帰ることに。 以降、デレ多めのツンデレキャラとして、5人の日常が元に戻ることに。 ようやく5人全員から信頼を得るという展開上、五つ子と風太郎との接触度は全体的に穏やか。 比較的バランスが取れた状態です。 暮らしを支えるために女優業に邁進する一花、味オンチながらバレンタインのチョコレート作りに励む三玖、さらには四葉のほっぺチューなど、名シーンが多すぎて正直迷います。 が、ここにきて震えるほどのデレを見せつけた二乃に乾杯! 気を許したのは第6巻と遅まきながら、誰よりも思い切りのいいこの告白ぶり……恐ろしい子。 温泉旅行や、難易度の高い五つ子見分けゲームを通じて、五人への関わり方にも変化が生じます。 恋の戦いは相変わらず一花、二乃、三玖を中心に展開。 そのかたわら、天然すぎて何を考えているかわからない四葉と、風太郎をまだ友達としてしか見られない様子の五月にどんな変化があるかワクワクします。 臆病な乙女心が、恋のバトルをかき乱します。 また、9巻で意味深なのが、風太郎とともにクラスの委員長となった四葉の言動。 接点が増え、風太郎の優しさに頬を赤らめる一方で、付き合っているのかと問われればバッサリと否定。 風太郎が誰を好きになっても全力で応援するという四葉……一体、何を考えているのでしょうか!? また、零奈のことを思い出させるため、五月も積極的に風太郎に接近。 徹底的にサポートに回る四葉を残し、ラブバトルはヒートアップしていきます。 一花はまたもや三玖になりすまして姉妹を出し抜こうとしますが、結果として三玖を応援することに。 ほかの4人に陰で支えられた三玖は……。 姉妹の中では最も子供っぽいとされ、風太郎と誰が一緒になっても応援すると言うほどお人好しな四葉の独白に、誰もがキュンとしたことでしょう。 ここにきて風向きが変わってきましたね! ワクワク。 学園祭の出し物が男子+二乃の支持するたこ焼きと、三玖が提案し女子が支持するパンケーキに分裂してしまった風太郎のクラス。 三玖と風太郎の水族館デートや二乃のステージでの(四葉に代わっての)大活躍も気になるのですが、なんといっても学園祭最終日が姉妹ごとのルートに分かれており、本気で誰とくっつくかわからなくなってくるところが…。 もはや選挙の最後のお願い状態。 12巻の後半は一花と二乃のターン。 お忍びでやってきて夜のベンチで…という一花ルート、バイク二人乗りシチュにときめきつつも家族を思う気持ちがあたたかい二乃ルート、どちらも最高でしかありません。 もはやハートの数がキャラごとに差別化できなくなってきています。 過去編で風太郎と一緒に修学旅行に行った竹林さんの再登場など意外な展開もありつつ五つ子全員が本気を出し始める、恐ろしい巻です。 クラスを二分してしまったたこ焼きvsパンケーキの闘いに決着をつけようと頑張る三玖ルート、あくまで自分自身のままで風太郎と向き合おうと決意するも無理がたたって倒れてしまう四葉ルート、さらに五月ルートでは五つ子の出生の秘密が意外なかたちで明かされ、そして五月ルートでは、誰よりも母の面影にとらわれて苦しんでいた五月の気持ちが少し和らぎます。 学園祭を5人そろって楽しんだ後、風太郎はついに本当の意味でひとりを選ぶことになります。 そのひとりとは…!? 風太郎が最終的に誰かひとりを選ぶ巻ではありますが、夢に向かって頑張る気持ちが見えたり、家族を気遣ったりする姿が尊すぎて読後「五つ子最高…!」という気持ちしかなくなります。 もはや接近度の計測は無意味なので、全員接近度最高にしておきました。 察してください…! 今までの五つ子それぞれの接近度をまとめたグラフがこちらです。

次の