さやえんどうの保存方法。 サヤエンドウの簡単な育て方!種類の選び方と種の保存方法

サヤエンドウの簡単な育て方!種類の選び方と種の保存方法

さやえんどうの保存方法

えんどう豆とは? えんどう豆は、「 ウスイえんどう」や「 実えんどう」「グリーンピース」に「グリンピース」など様々な呼び方がありますが、ここでは えんどう豆と呼びますね。 そんなえんどう豆、実は、芽のときから成熟するまでの 各過程で楽しめるのをご存知ですか? 若い芽は 豆苗、そして途中で さやえんどう、その後、 えんどう豆とその段階ごとで食べることができる、まるで 出世魚の「ぶり」のようですね。 そんなえんどう豆の旬は 5月下旬から7月上旬で新緑の季節です。 旬の時期のえんどう豆は やわらかくて香りも良く、人気のレシピには卵とじや豆ご飯があります。 ところで、 スナップエンドウのおいしいゆで方やゆで時間はご存知ですか?えんどう豆の新種で人気の スナップえんどうですが、こちらはえんどう豆と違って さやごと食べられます。 最初に食べたときはすごく違和感がありましたが、とっても甘くておいしいです。 また、旬の季節には、 豆の粒が大きくなるのですが、そのころには、 タンパク質や糖質、ミネラルやビタミンB1も豊富になります。 たんぱく質としては、アミノ酸の リジンが多く含まれ 脳の働きを活性化します。 また、食物繊維は腸の働きを活発にして、 便秘の予防や改善、解消に効果が期待できます。 他にも 糖尿病を改善する働きをしたり、 母乳の出をよくするといった働きもあります。 えんどう豆の保存方法、保存期間は? えんどう豆を買う時、さやのまま買うことが多いと思いますが、中にはさやから出した剥き豆を売っていることもありますよね。 えんどう豆もそうなのですが、豆類はさやから出してしまうと 傷むのが非常に早いので、できれば さや付きのものを購入するようにしましょう。 そして、さやから豆をだすのは 調理の直前にしましょう。 えんどう豆の冷蔵庫での保存方法は? さや付きのえんどう豆は呼吸をしていて熱をだしているので、保存する場合は乾燥しないように密閉袋などに入れて、できれば冷蔵庫の 野菜室で保存します。 冷蔵庫で 3日ほどは新鮮さを保つことができますが、傷むのが早いのでなるべく早く使うことをおすすめします。 さやから出してしまうと 鮮度が落ちて、そのまま置いておくことで 皮が硬くなってしまいます。 ですので、さやから出したらすぐに使い切るか、または早めに 冷凍してしまいましょう。 そら豆も旬の時期はおいしいですよね。 そら豆の保存法は、こちらをご覧ください。 冷凍する方法は 生のままでも、茹でてもどちらでも冷凍保存が可能です。 先ほどあったように、さやから出したけど当分使わないという時は、すぐに冷凍してしまいましょう。 生で冷凍する場合 生で冷凍するには、えんどう豆をさやから出したら、洗わずにそのまま密閉袋などに入れて空気をしっかり抜いて冷凍保存します。 使い方は凍ったまま調理に使います。 賞味期限は1ヶ月ほどですが、中には保存状態がよくて 1年間保存してもおいしく食べられたという方もいるようですよ。 茹でてから冷凍する場合 熱湯で 30秒から1分ほど固めに茹でて、冷ましてから密閉袋などに小分けにして冷凍庫で保存します。 使うときは 凍ったまま、豆ごはんやスープ、卵とじやわかめと煮たりとこちらもいろいろ使えて便利ですよ。 スポンサーリンク えんどう豆のおいしい茹で方、ゆで時間は? えんどう豆の茹で方、あなたはどのようにしていますか? 茹でるときに、 沸騰したお湯に入れて茹でることが多いと思いますが、実は 水から茹でたほうがおいしくきれいに仕上がるんです。 えんどう豆の 下処理は、さやから豆を出しておけばOKです。 こうすることで しわにならず、 ふっくらときれいに仕上がりますよ。 この方法、実は黒豆を煮るときも同じなんですね。 黒豆を圧力鍋できれいに煮る方法はこちらをご覧ください。 えんどう豆のゆで汁を使ってお米を炊き、蒸らしの時にえんどう豆を入れたら完成です。 別々に作ることで豆もおいしく仕上がります。 旬の時期には食べておきたい一品ですね。 溶き卵を回し入れてかき混ぜ、蓋をして数秒経ったら火を止めて完成です。 こちらもとっても簡単ですが、旬のえんどう豆の卵とじのおいしさと言ったら絶品ですよね。 私も大好きでよく作る一品です。 まとめ 今回はえんどう豆の保存方法や茹で方についてご紹介しましたが、生でも茹でても冷凍できるのは便利ですよね。 また、茹でるときに水から茹でるのはちょっと驚きですが、黒豆やあずきを炊くときを考えれば、特に驚くことでもなかったですね。 春から初夏にかけておいしいえんどう豆、ぜひ旬物を堪能してみてください。 スポンサーリンク•

次の

さやえんどうの鮮度の見分け方と、おいしさを保つ保存のコツとは

さやえんどうの保存方法

豆類の保存 大豆や小豆などのように乾燥した豆は長期保存できますが、枝豆やソラマメなどは収穫したらすぐに食べた方が美味しいただけます。 保存方法も豆の状態によって違っているので、家庭料理によく使われる豆ごとの保存方法を覚えておくと良いですね。 大豆の保存方法 大豆はタンパク質が豊富で「畑のお肉」とも呼ばれ、大事な栄養源として重宝されています。 大豆には、黄大豆と色大豆があって、さらに色大豆には黒大豆、青大豆があります。 市販の豆腐の原材料は黄大豆ですが、黒大豆や青大豆でも豆腐が作れるんですよ。 黒大豆で豆腐を作るとうす紫の豆腐になり、青大豆だとほんのり黄緑色の豆腐になります。 見た目もキレイですよ。 大豆は乾燥した豆なので長期保存できるのですが、戻したり煮たりなどの下ごしらえに時間がかかりますね。 大豆を常温保存する 乾燥豆の大豆は、空気から遮断しておけば常温保存で1年くらい大丈夫です。 保存袋に入れるなら、できるだけ空気を抜いてプチ真空状態にできると良いですね。 大豆を常温保存するのに最適なのはビンです。 ビンに入れて涼しい所に置いておけば、冷蔵しなくても1年くらいは日持ちします。 ちなみに我が家では、台所の食器棚のあまり開閉しない戸棚に収納していますが、虫が入ったりすることもなく1年以上保存できています。 実は、1年以上も保存するつもりはなかったのですが、戸棚の奥の方に入れていたので使い忘れてたんです。 1年以上経つと大豆の皮が乾燥しすぎて水に戻しただけで剥けてしまったりもするので、早めに加工して冷凍保存しておいた方が良さそうです。 大豆を冷凍保存する 大豆を冷凍保存する場合は、水煮大豆に加工してから冷凍します。 大豆は煮る前に一晩水に浸けて戻してから、1時間くらい煮て冷ましてから煮汁ごと保存袋に入れて冷凍します。 下ごしらえに時間がかかるのですが、使うときには解凍するだけで良いので冷凍しておくと重宝します。 解凍した水煮大豆に味付けすれば、煮豆がすぐにできますし、調理中のカレーやスープに凍ったまま入れてもOK。 自然解凍し水煮大豆をサラダにトッピングしたりと、下ごしらえが完了した大豆はすぐに使えるので、時短調理できますね! あずき保存方法 小豆は乾燥してあるので大豆と同じように常温で長期保存することができます。 一般的には1年程度ですね。 なので、その年の小豆が収穫されるまでに使い切るのが美味しく食べる基本ですね。 乾燥豆で1年間も保存できるのなら、冷凍保存したりする必要もなさそうですが、下ごしらえにけっこう時間がかかるので、茹でて冷凍保存しておくと重宝します。 あずきを常温保存する 店で売られているあずきは、袋に表示してある賞味期限までは未開封のまま常温保存できます。 使い残った小豆は、ビンに入れて密閉しておくと、常温でも1年くらいもちます。 うちは実家で作った小豆をいただくので、ビンに入れて食器棚のあまり開閉しない戸棚に収納しています。 あずきを冷凍保存する あずきを冷凍保存する場合には、やわらかく茹でたものをゆで汁も一緒に保存袋に入れて冷凍保存します。 あずきは水に浸けて戻す必要はなく、キレイに洗ってたっぷりの水と一緒に鍋に入れて茹でます。 沸騰したら一度ザルにあげて冷たい水であずきを洗ってから鍋に戻し、小豆の量の3~4倍の水でやわらかくなるまで茹でれたら完成です。 砂糖や塩は入れずに茹でただけのあずきを冷凍しておくと、色々と使えて重宝します。 そらまめ保存方法 そらまめはサヤからだすと鮮度がすぐに劣化してしまうので、調理する直前にサヤから出すのが美味しく食べる基本ですね。 5月ころの旬の時期に出回るのが殆どで、自家用に家庭菜園で作っていたりすると食べきれなかったりしませんか。 旬の時期に食べるのが一番おいしいのですが、食べきれないときは冷凍保存しておくと2ヶ月くらいは美味しく食べられます。 そらまめを冷蔵保存する そらまめは鮮度が落ちやすいので、すぐに食べるのがおすすめです。 冷蔵保存する場合は、サヤのまま新聞紙で包んで保存袋に入れ、冷蔵室で保存すれば2~3日はもちます。 そらまめを冷凍保存する 食べきれないそらまめは、新鮮なうちに冷凍保存しておくのがおすすめです。 かために茹でてから冷凍しても良いのですが、そんな手間をかけなくても生のまま冷凍することができます。 ひと手間かけるなら、皮に切り込みを入れておくと良いです。 食べる時に皮がプリッと剥けて食べやすいですし、茹でたとき皮にシワが入りません。 サヤのまま保存袋に入れて冷凍保存しても良いのですが、サヤのままだと嵩張るので、サヤから取り出して保存袋に入れて冷凍しておくと良いです。 使うときは、凍ったまま茹でたのでOKです。 えんどう豆の保存方法 えんどう豆(グリーンピース)は、鮮度がすぐに落ちてしまうので、保存するなら冷凍保存です。 その日に食べるときは、茹でる直前にサヤから出して茹でるのが美味しく食べるコツです。 えんどう豆を冷凍保存する えんどう豆(グリーンピース)は、かたゆでにして冷凍保存しても良いのですが、そんな手間をかけなくても生のまま冷凍保存できます。 サヤから出したらすぐに保存袋に入れて冷凍保存しておくと良いです。 使うときは凍ったまま使えますし、冷凍していると生のままでも火が通りやすくなっています。 スナップえんどうの保存方法 スナップえんどうはサヤごと食べられますし、鮮やかなグリーンで彩りも良く、ほんのり甘みもあって美味しいえんどう豆ですよね。 鮮度が良いうちに食べるのが一番おいしいのですが、保存するときは食べきる期間によって、冷蔵保存か冷凍保存すると良いです。 スナップえんどうを冷蔵保存する スナップエンドウは保存袋に入れて冷蔵保存したのでもOKですが、ひと手間かけるならキッチンペーパーに包んで保存袋に入れておくと良いです。 おいしく冷蔵保存できる期間は1週間くらいです。 スナップえんどうを冷凍保存する 1週間以内に食べきれないなら、冷凍保存しておいた方が良いですね。 冷凍する場合は筋をとって、かために茹でて冷ましてから保存袋に入れて冷凍します。 スナップえんどうは茹ですぎるとサヤが軟らかくなりすぎて潰れてしまうので、30秒くらいが良い茹で加減でした。 写真は1分ほど茹でたスナップエンドウですが、少し茹ですぎて失敗でした。 さやえんどう保存方法 さやえんどう(キヌサヤ)もサヤごと食べられる豆ですが、サヤがメインで豆は米粒より少し大きいくらいで収穫してしまいます。 育てやすいですし、次々とできてくるので家庭菜園で作っておくのも良いですよ。 たくさん収穫できて食べきれないときは、冷凍保存しておくと良いです。 さやえんどうを冷蔵保存する さやえんどうは冷蔵保存で1週間くらいもちます。 保存袋にそのまま入れて冷蔵しても良いですが、ひと手間かけられるならキッチンペーパーで包んで保存袋に入れて冷蔵保存しておくと良いです。 キッチンペーパーで包んでしまうと、何が入っているのかパッと見て分からないので、袋に名前を入れておくと良いです。 ちょっとのことなのに名前を入れるのは面倒だったりします。 すると使い忘れることが多いですね。 冷凍保存 すぐに使い切れないときは、冷凍保存しておくと良いです。 さやえんどうは凍ったまま使えるので、ヘタと筋を取ってから冷凍しておきます。 サッと茹でてから冷凍しても良いですし、生のまま冷凍してもOKです。 茹でるときは、沸騰した湯に入れて30秒くらいが良いですね。 茹ですぎるとクタクタになってしまいます。 茹でたさやえんどうを水に取ると水っぽくなってしまうので、ザルにあげて冷ましてから保存袋に入れて冷凍します。 枝豆のおいしい保存方法 枝豆と言えばビールのお供、美味しいおつまみですよね。 実は、枝豆はアルコールの分解を助けてくれる必須アミノ酸やビタミンが含まれているので、最適なおつまみなんだそうです。 収穫したらすぐに食べるか、加工するのが美味しく食べるポイントです。 枝豆を冷蔵保存する お店で売られている枝豆は収穫してすぐの状態ではないですから、食べる日に買うのが一番です。 やむなく冷蔵保存するなら新聞紙で包んでポリ袋などの保存袋に入れ、冷蔵室で保存します。 保存期間は1~2日程度なので早めに食べましょう。 枝豆を冷凍保存する 枝豆はすぐに食べないなら、冷凍保存しておく方が良いです。 収穫したらすぐに、買ってきたらすぐに加工して冷凍保存すれば、2ヶ月くらいは味の劣化も少なく保存できます。 枝豆はさやごと塩ゆでしますが、さやを枝から切り離すときに、少しカットしておくと豆に塩味がしみ込みやすいです。 強火で4分くらい茹でてザルにあげ冷ましてから保存袋に入れて冷凍します。 水っぽくなってしまうので水にとって冷まさない方が良いです。 前日から冷蔵室で自然解凍するか、当日に袋ごと流水解凍すると美味しく食べられます。 いんげん豆の保存方法 いんげん豆もサヤごと食べられる豆なので、さやいんげんとも呼ばれていますね。 豆が大きくなってしまうとサヤがかたくなるので、豆が大きくならないうちに収穫されます。 鮮度が落ちやすいので、早めに冷蔵または冷凍で保存しておく方が良いです。 いんげん豆を冷蔵保存する いんげん豆の冷蔵保存すると、1週間くらいもちます。 乾燥を防ぐと鮮度がよりキープできるので、キッチンペーパーで包んでから保存袋に入れて冷蔵保存すると良いです。 いんげん豆を冷凍保存する 1週間以内に使い切れないなら、新鮮なうちに冷凍保存しておくのがおすすめです。 冷凍保存しておけば1ヶ月くらい美味しく食べられます。 冷凍保存したいんげん豆は凍ったまま調理できるので、ヘタと筋を取っておきます。 若いうちに収穫したいんげん豆だとヘタを取る程度ですね。 沸騰した湯で1分程度サッと茹でて、ザルにあげて冷ましてから保存袋に入れて冷凍します。 凍ったまま調理できるので、半分にカットしておくと使いやすいです。 凍ったままのいんげん豆を混ぜてかき揚げにしてみました。 彩りも良く美味しかったですよ。 まとめ 豆類の保存方法、いかがでしたか? 乾燥した豆は長期保存できますが、生のまま調理して食べる豆類は鮮度がすぐに落ちてしまいます。 収穫したらすぐに食べるのが一番おいしいのですが、食べきれないこともありますよね。 冷蔵保存だと長くて1週間程度、豆によっては2日ほどしかもたないので、新鮮なうちに冷凍保存しておくのがおすすめです。 冷凍方法は大きく分けて以下の2通りです。 茹でてから冷凍するもの 大豆、あずき、スナップエンドウ、さやえんどう、枝豆、いんげん豆• 生のまま冷凍できるもの そらまめ、えんどう豆(グリーンピース)、さやえんどう、 冷凍すれば1ヶ月くらいは美味しさキープで保存できますし、下ごしらえして冷凍しておくとサッと使えて重宝します。

次の

さやえんどうの鮮度の見分け方と、おいしさを保つ保存のコツとは

さやえんどうの保存方法

さやえんどう 絹さや の冷蔵保存方法 さやえんどうは、様々な料理の飾り付けとしても利用されていますし、サラダや炒めものなど、様々な料理に利用されています。 そんなさやえんどうは、保存温度が低いので、野菜室ではなく、冷蔵室で保存するようにします。 冷蔵保存の方法としては、 さやえんどうは乾燥に弱いために、パックや袋から取り出し、そのあと、キッチンペーパー等でつつみ、ビニール袋にいれて軽く口を閉じて保存します。 もしくは、濡らしたキッチンペーパーを保存容器の底に敷いて、そのあとにさやえんどうをいれて保存します。 いずれにしろ乾燥対策をする必要があります。 さやえんどう・冷蔵保存の賞味期限 さやえんどうを上記のように保存した場合の賞味期限は、 1週間となります。 あまり日持ちせず、悪くなると、黒ずんできて、かたく筋っぽくなってきます。 なるべく早く消費するか、使い切れない場合は、冷凍保存するようにします。 さやえんどう 絹さや の冷凍保存方法! 絹さやは冷凍保存も可能です。 彩としてもよく使用されるさやえんどうは、冷凍保存しておいて、使いたいときに使えるように、冷凍保存しておくと便利です。 また、冷蔵保存よりも冷凍保存の方が長持ちするので、使い切れない場合は、冷凍してしまった方が便利です。 まずさやえんどうの筋、へたの部分を取り除きます。 続いて鍋にお湯をわかし、固めに塩ゆで 10秒ほど します。 粗熱をとったあと、キッチンペーパー等を利用して、水気を取ります。 そのままジップつきの保存袋にいれて、冷凍庫で保存するようにします。 くっついてしまうと、ところどころ折れてしまうことがあります。 冷凍したさやえんどうは、加熱調理にする場合凍ったまま使用できます。 また和え物などに利用する場合でも、電子レンジで加熱するか、もしくは熱湯をさっとかけるだけでも使えるので、便利です。 さやえんどう・冷凍保存の賞味期限 上記のような方法で保存した場合、賞味期限は 1か月となります。 冷蔵保存よりも冷凍保存の方が日持ちしやすくなります。 冷凍したあとでも、様々な料理に使えます。 絹さやのレンジで茹でる方法 絹さやは、基本的に茹でて食べますが、いちいち鍋で茹でるのは面倒という場合、レンジで加熱することもできます。 レンジで加熱する場合は、以下のようにします。 筋の取り方についてはこちらをどうぞ• まずは、絹さやの筋やへたの部分を取り除きます。 続いて、絹さやを水でよく洗います。 絹さやは水分をあまり切らずに、お皿などの耐熱容器にいれて、ラップを上から軽くかけます。 そのまま電子レンジで加熱します。 500wで 2分程度です。 2分程度加熱することで、茹でたときのように柔らかくなります。 レンジで加熱すると、少し、しわっぽくなってしまいます。 ちなみに1分加熱すると、このように見た目は良いのですが、少し硬いです。 1分半程度加熱すると、少し硬さは残りますが、シャキシャキした食感です。 加熱時間はお好みでどうぞ。 加熱時間が短いと、そのまま冷凍保存もできます。 レンジで加熱した場合でも、色味をよくするために冷水につけるか、ザルにあげて水気を切るようにします。 さやえんどうの茹で方に関してはこちらの記事もどうぞ そのままマヨネーズをつけるだけでも美味しくいただけます。 さやえんどう 絹さや 保存方法まとめ さやえんどうの保存方法やレンジでの茹で方をテーマにしてまとめました。 さやえんどうは、冷蔵保存もできますが、長持ちさせるために、冷凍保存もできます。 さやえんどうを冷凍して保存しておくと、様々な料理に活用できて便利です。

次の