ミニマ リスト 女性。 30代一人暮らしミニマリスト女性である私のお部屋(家)すべて公開【画像あり】

ミニマリストの持ち物リスト!必需品はこれだ!|shimashima's minimumlife

ミニマ リスト 女性

「ミニマリストってどんな持ち物で生活しているの?」 「ミニマリストの人ってどんな基準で持ち物を選定しているの?」 この記事はそんな疑問を持つ方に向けて書いています。 どうも、ミニマリストのしぶです。 () 「自分にとって必要最低限必要の物だけで生きていく」 そんなミニマリストのライフスタイルに魅了されて2年が経過しました。 この記事では僕が物を増やしたり減らしたりしていく中で必要だった物、逆に要らなかった物などをまとめてリスト化しています。 歯ブラシやバスタオル、肌着などなど細い日用品を入れると 合計108個に。 多いのやら少ないのやら・・・? SPONSORED LINK 家具 この記事では順番に「持っている物」「持っていない物」を掲載しています。 持っている家具 狭いミニマリスト部屋を広く見せるため、清潔感を演出するために白のデスクを選びました。 持っていない家具• カーテン 無い方が部屋が広々と見えるし、窓から見える景色も相まって開放的。 朝起きた時も窓から入る日光で目覚める事ができるので不要です。 関連記事:• 枕 枕があると逆に違和感があって寝付けないのは僕だけでしょうか・・・• テーブル 友達を呼ぶ機会もそんなに多く無いし、食べるにも作業するにもデスクで事足りています。 ソファ 有ればインテリアとしてもお洒落だしまったりくつろげるんだろうなとは思うものの、 居心地が良過ぎると必要以上にダラダラ時間を過ごしてしまいそうだし、部屋のスペースも取ってしまいます。 座り込みたい時はマットレスを畳んで座ることもできるので要らないと判断しました。 ラグ 部屋一面全部がフローリングで有れば掃除も楽です。 ラグを敷いてしまうと掃除する手間も増えるし、家具の配置も制限されてしまうので持っていません。 家電 持っている家電 持っていない家電• テレビ テレビは場所を取るし、何よりリモコンの魔力がすごいです。 何も見たい番組がないのに、つい電源を入れてだらだらテレビを見てしまって時間の無駄になることもしばしば。 ただ、全くテレビ番組を見ない生活もつまらないので、「nasne」というレコーダーを使ってスマホやPCで録画した番組だけに絞って見るようにしています。 関連記事:• 冷蔵庫 実は夏が終わる数ヶ月前までは持っていたのですが、近くに引っ越してきた知人に譲ってしまいました。 冷蔵庫の有る生活も無い生活も両方経験して思うのは「有れば便利だけど無くても良いや」ということ。 少食を心がけていて1日1食なので、食べたい物があれば毎日近くのスーパーまで調達に行けば良いですし、 無駄に食材をストックしなくなるので、いつも新鮮な物を食べられるし、食べ過ぎも防げます。 電子レンジ これも冷蔵庫を持っていない理由と同じ。 冷凍食品は食べないし、お弁当や惣菜を食べる時はスーパーやレジにある物を使えば良いです。 洗濯機 マンション併設のコインランドリーを使っています。 調理器具 持っている調理器具• MacBook 12インチ• iPhone7Plus• Bluetoothスピーカー• コードレスイヤホン• ヘッドホン• 外付けハードディスク• モバイルWiFiルーター• nasne(レコーダー)• 充電プラグ• ケーブル類5本 合計14個。 デジタル機器に関しては全て黒色で統一していて、Apple製品をメインに使用しています。 持ち物を最小限に減らせているのもこれらのデジタル機器のおかげ。 大切な写真、音楽、動画、書籍なども全部データ化できたおかげでミニマリストになることができました。 そしてノートパソコンの選び方にもこだわりがあって、 目に見える文字量を減らすためにひらがなが記載されていない「US英字キーボード」仕様のパソコンを使っています。 コードの配線で部屋がごちゃごちゃせず、スマホやPCの音楽を楽しめるのが良いですね。 持っていないデジタル機器• タブレット 昔は持っていたのですが、スマホとタブレットの2つを同時に管理するのは面倒だし、 スマホで事足りるので売ってしまいました。 電子書籍専用タブレット(kindle paper) 読書が趣味なので専用タブレットを持っていましたが。 スマホのアプリで事足りるようになったので売りました。 デジタルカメラ これもスマホのカメラが高性能になってきて使う機会が減ったので断捨離してしまったのですが、 やはりブログにもっと綺麗な写真を載せたいなという欲が出てきたので再度購入を検討中。 固定のインターネット回線 コンパクトなWiFiルーターを契約していてそれで事足りているので不要。 衣類 持っている衣類• 白シャツ3枚• 黒のスウェットパンツ2枚• 黒のスキニージーンズ• 黒のジップパーカー• 青のライダースジャケット• ネイビーのステンカラーコート• グレーのマフラー• 黒スニーカー3足• サンダル• 肌着兼用白Tシャツx5枚• 冬用のヒートテックインナー3枚• 冬用のヒートテックタイツ2枚• 黒のパンツ5枚• 黒の靴下5枚• 黒リュック• グレー色リュック 服が9着、肌着が2着、バッグが2つ。 靴は3足、サンダル1足で合計4足。 衣類は合計35個。 コーディネイトは毎日同じパターンにすることで「私服の制服化」を行なっています。 9着の服だけでオールシーズンを着回す着こなしのポイントを下記の記事にまとめています。 関連記事: 日用品 持っている日用品• キャリーケース• ティッシュ• トイレットペーパー• 歯ブラシ• 歯磨き粉• 水流口腔洗浄機• 髭剃り• エチケットカッター• ハンドソープ• ハンドタオル4枚• 芳香剤• 消臭剤• エッセンシャルオイル• 衣類用洗剤• 3色ボールペン• 黒のマーカー• ノート• ハサミ• 通帳2つ• 小銭入れ• クレジットカード2枚• ガムテープ• 衣類&フローリング用コロコロ• キャリーケース 合計42個。 持っていない日用品• バスタオル 男で髪も短いのでハンドタオルで事足りています。 シャンプー お湯のみで洗う「湯シャン」を4年間実践しています。 アトピー体質で肌が弱いので洗剤負けするんですよね。 関連記事:• ボディソープ シャンプーと同じ理由です。 ミニマリストの僕がこだわっている物選びのポイント 来客用の物を持たない 「家に人が来た時のことも考えておかないと」 年に数回しか家に来ない人のために物を用意するのは凄くもったいないと思います。 例えば僕の場合、手持ちの食器は自分1人用しか揃えていませんし、 万が一誰かとご飯が食べたいなら外食にするなり、食器を使わないで済むように出前は惣菜を持ち込むようにすればそれで済みます。 自分の街にある物を含めて「代用できないか」考える 自分の家で全てを完結させようという考えは捨てました。 プリンターが使いたなら近所のコンビニを使えば良いです。 洗濯機を持たなくても、近所のコインランドリーで洗濯を済ませば良いです。 快適な入浴環境を整えなくても、近所のスポーツジムや銭湯の大浴場を使えば良いです。 自分自身で全ての物を所有してしまおうと考えるとキリがありません。 「迷う物=いらない物」 画像の小銭入れ、初めて見た数秒後には購入していました。 「なんて良い物なんだ!これは僕の人生を絶対に豊かにしてくれる!」 見た瞬間にそれを確信できたし、迷いは一切ありませんでした。 【ブログ更新】 迷ったら買わない。 迷ったら捨てる。 物に対して迷いが生まれる時点で、何かしら納得いかない点があるということ。 ミニマリストの持ち物まとめ.

次の

ミニマリストの僕が最後まで残した108の持ち物リスト

ミニマ リスト 女性

独身の私(33)が、マンションを買うかどうか考えるこの連載。 とはいえ、買ったら買ったで身動き取れなくなりそうだし。 引っ越しして色んな所に住むのも好きだし。 このまま自由気ままに賃貸でもいっかな~なんて思ったりもします! 東40歳「ずっと賃貸でもいい?甘いわね」 というのは、7年後、40歳になった私です。 東40歳「60歳を過ぎると、賃貸物件を借りにくくなるのよ。 断られる背景には、家賃の滞納や、火災などの事故、知らない間に孤独死されても困る、という大家さんの懸念があるようです。 私「将来、借りられなくなるなんて。 そしたらどこに住めばいいのよ~。 仮にずっと独身で、家もほっぽり出されるとか酷すぎるわ。 やっぱり、60になる前に家を確保しておいたほうがいいのかな」 東40歳「そう考える人も多いわ。 そもそも、賃貸で住み続けたとしても、家賃を払っていくのも難しいかもしれないし!年を取った時の収入源って何だと思う?」 私「なんだろう。 8 万円)で 40 年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合の給付水準。 私「フリーランスの私は、国民年金。 お母さんにそっくりとか……血は争えないわね」 東60歳「若いころから将来を考えて、貯金をするとか、家を持っとくとか、婚活するとか。 ちゃんと真剣に考えてほしかったわよ」 私「あぁ……言ってることまでお母さんにそっくり(涙)」 東60歳「60歳を過ぎたら、そろそろ仕事にひと段落つけて、セカンドライフで遊びまくりたいなんて、甘すぎるわよ。 第一、あなたが高齢者になるころ、平均寿命は何歳になると思ってるの?」 私「えぇと……はちじゅう……」 東60歳「たとえば、今から33年後の2050年。 女性の平均寿命は、90. 29歳よ!60歳で人生のひと段落と思ったら、あと30年近く生きるの」 私「30年って!自分がこれまで生きてきた年数を、高齢になってから、もう一周ですと!?」 東60歳「その間の家賃とか生活費は、どこから来るのかしらね」 私「年金……は期待できないから、貯金……も自信ないし。 家賃を捻出するのが難しい時も、家さえあれば、寝る場所は確保できるし」 東60歳「高齢になると家を借りられないって、ちょっと脅してみたけど、高齢者向け賃貸住宅というのも増えているわよ。 サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)って聞いたことないかしら? 介護が必要のない自立した高齢者も住めるところで、施設によっては食堂があったり、入浴介護や健康維持に関わるサービス、見守りサービスを実施しているところもあるの。 これも選択肢の一つとして数えられるわよね」 私「なるほど!これから日本はますます高齢化を迎えるから、高齢者の住まいをサポートする制度もさらに増えていきそうね。 元気でなによりと呆れる反面、年をとっても充実していられるように、若いうちからプランを立てていったほうがよさそうです。 東40歳「どう?60歳になった私。 家の購入を考える、いいきっかけになったかしら」 私「そうね。 将来を考えると、持ち家のほうが安心して暮らせるのかも。 これから必死に働いて、ローンを早く完済すれば、安心した老後が送れる材料になりそうね。 結婚したりして、住む必要がなくなっても、他人に貸したり、売るという選択肢もあるわけだし」 東40歳「そう。

次の

20代女性ミニマリストのワードローブは何着あればいい?洋服を数えてリスト化した結果報告!

ミニマ リスト 女性

私の同居人はマレーシア人パートナーのタムタム。 彼は買い物大好き、もらい物大好き、所有している洋服や靴は私の倍以上あるでしょう。 それ、いらないよね?ってもの「安かったから」「使うかもしれないから」と理由で嬉々として家に持ち込みます。 ミニマリトを目指したい方は私のように「家族のもの」に対してモヤモヤっとした気分になっている方が多いのではないでしょうか。 家族のせいで理想のミニマルライフが遠ざかる、、、と眉間にシワを寄せる前に「物をため込んじゃう人」の行動や心理を探って、妥協案を見つけていきましょう。 え?それは捨てなくてもいいんじゃない?クローゼットにしまっておけばいいじゃん。 もったいないよ。 だから、ごっそりと物を捨てたい時は彼の不在時にこっそり捨てています。 (捨てたことには気づいていない) 彼の行動からその心理を探ると、• もらえるものは必要不必要に関係なくもらっておかなかければ損!• 安かったら買わなければ損!• まだ使えるものなら捨てるのは損! 人間には損失回避(物を失うことを避ける・嫌う心理)が本能として備わっています。 だから、彼の行動も損失回避で一般的にはまぁそこまで大きな問題ではないのかもしれません。 ただ、一緒に暮らしているパートナーと「モノの所有」という部分で価値観がズレズレなんです。 上手くやっていくには歩み寄りや妥協も必要なわけでして。 ミニマリストを目指す私からマキシマリストの同居人への妥協案 床やテーブルに物を置きっぱなしにすることは彼も好まないので、物は基本的には寝室のおおきなクローゼットに片付けています。 クローゼット内の3分の1は私の荷物、あとは彼の洋服やら靴やらなんだかんだが「窮屈そうに」収納されています。 だって、家賃だって半々でやってるんだから彼が収納スペースのほとんどを使うのは不平等。 寄付は「損」ではなく、「誰かの役に立っている行為」だから。 台所も彼がどこからかもらってきた食器や調理器具、お菓子作りの道具、食品用ラップやサンドイッチをいれる袋などで収納スペースは余裕がありません。 冷蔵庫も食べ物でパンパン。 なぜ毎日のように食品の買い物をしてくるのか謎。 空いているスペースに物を入れておくこと、使えるものを保管しておくことは悪いことじゃないよ、、、、と100%納得はいかないようでしたが、しばらく様子をみてみることにします。 まとめ 人それぞれの考え方や価値観はできるだけ尊重して、お互い気持ちよく生活できるようにしたい、と思っています。 自分だけの意見を押し付けるのではなく、相手の意見もきちんと聞いて、落としどころを探っていくのが大切ではないでしょうか。 【関連記事】 パートナーはモノは多いけど綺麗好きだし、「損をしたくない」という気持ちはモノに対してだけで、募金や人助けは喜んでする人です。 見習う部分もたくさんある人なので、「ブランデーグラスをもらってきた」というだけで、イライラしている私の器が小さく思えてきました。

次の