フーガト 短調 感想。 フーガの意味。

★★★小フーガ ト短調 の鑑賞課題について★★★

フーガト 短調 感想

小フーガの学習の後の確認に以下の問題を使ってみてください。 問1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。 ( )内に選択肢がある場合にはその中か選んで入れよう。 17世紀から18世紀はじめの代表的な作曲家の一人です。 ベートーヴェンよりも85年早く生まれました。 (ヘンデル ヴィヴァルディ ハイドン)とは同じ年に生まれました。 またヴィヴァルディと同時代に活躍しました。 ベートヴェンやシューベルトが夭折(若くして亡くなること)のに比べますと、バッハは65歳、ヘンデルは74歳とこの時代にしては長生きしてたくさんの楽曲を作曲しています。 紹介する「小フーガ ト短調」は彼の代表曲のうちのひとつです。 宮廷で音楽会が開催され、そこで演奏される機会がありました。 フーガとは呈示された主題の調について、さまざまなバリエーションによってあとを追うように変化、重なり合って発展するようになっている形式のことです。 ( )に適当な語句を入れよう。 バッハ自身もオルガン奏者でもありました。 そして曲は第1部~第3部の3つの部分からなります。 手の鍵盤も2~4段ほどあります。

次の

「小フーガ ト短調」の演習問題

フーガト 短調 感想

感想を書く時間を十分に取れなかったので宿題になりましたが、何を書けばいいのか分かりません。 皆さんの感想やアドバイスを参考にして、自分なりに書きたいと思っています。 #1さんの言う通り、楽譜をゲットして、よく見てみる。 楽譜が4段になっていると思うから、それぞれのパートをリコーダーで吹いてみて。 ピアノがあるなら、ピアノで弾いてみるのもいいと思う。 何か気づくことがあると思います。 あとは、図書館に行って、司書さんに「バッハの小フーガト短調の解説が書いてある本はありませんか」と聞いてみる。 本を紹介されるかもしれないし、本がないならCD(それなりに大きな図書館なら、クラシックのCDを貸し出し用に置いています)に付属している解説書を見てと教えてくれるでしょう。 それが、感想を書くヒントになると思います。 私は、小4でこの曲を聴いて衝撃を受けました。 質問者さんはそれよりも大きいと思いますので、きっと大丈夫。 感想文、書けると思います。 ひとつの曲を聴いて感じることは人によってかなり違います。 できるだけあなたの感想が中心になるように文を書くようにしてみてください。 こういう場合、先生がどういう評価をしてくれるかにもよりますが、ちょっと奥の手があります。 バッハの作品は著作権が切れているので、ネット上で簡単に楽譜を手に入れることができます。 578のフーガをダウンロードしてみてください。 出た楽譜を見てみると、いろいろなことがわかります。 ・ピアノのように2本の手だけでなく、足で弾くパート(ペダル)がある。 ・そんなに速い曲ではないけれども、ほとんどいつもどこかで16分音符が動いている。 ・フーガというのは追い掛ける曲という意味。 実際に楽譜を見てみるとどこでどう追い掛けているのかが見えてくる。 ・音の強弱の指示が特に書いていない。 などなど。 普通の子は、曲を聴いてなんとも思わなくて、感想なんてどう書いていいかわからないものです。 でも、きれいだったとか、ぼくは弾けないからすごいと思うとか、無理矢理絞り出して書いてる人が多いと思います。 学校の生徒には、せいぜい、ヨーロッパの教会のオルガンはこういう曲を弾いているんだろうなあ、というようなイメージをふくらませた文章を書ければいい方でしょう。 そんな大した感想を持たないことは知っている先生ですから、もし、「楽譜を見てみました」ときたら、「ああ、この子は興味を持ってくれたんだ」という風に評価してくれるんじゃないかな、という気もします。 まずは楽譜を見てみて。 もっといろいろなことに気づくかもしれませんよ。

次の

フーガト短調を簡単にまとめ!バッハの繰り返される旋律とパイプオルガン|スタディーランナップ

フーガト 短調 感想

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 《 フーガ ト短調 BWV 578》は、の曲。 一説には、時代( - )の作品であるとされるが、後述のようにイタリア盛期バロック音楽の影響も見られることや、主題のバランスのよさから、時代( - )以降の成立とする説もある。 概要 [ ] 楽曲の規模から「大フーガ」と呼ぶこともある同じト短調である《》との混同を避けるため、「 小フーガ」ので親しまれている。 この「小フーガ」「大フーガ」という呼称は、が存在しなかった時代の名残りである。 4小節半のフーガ主題は、バッハの最も分かり易い旋律として名高い。 作品は4声フーガとして、数学的に精密に構成されている。 また、対主題(固定対位句)を伴う。 エピソードの中でバッハはの最も有名な作曲技法を取り入れている。 すなわち、模倣し合う2声のそれぞれに8つのが現れ、前半4音で一気に駆け上がったあと、後半4音で一息に駆け下りるという手法である。 にはが「 」(別名: ハゲの歌)という替え歌をリリース。 外部リンク [ ]• の楽譜 -。 として無料で入手可能。

次の