キュリダス。 プラチナ万年筆 キュリダス グランレッド

万年筆を日常使いしたくなる!話題のノック式万年筆、プラチナ万年筆「キュリダス」を徹底解説!

キュリダス

最近、ブログとかTwitterでキュリダスのペン芯が割れる事案が報告されているようです。 ニブをかしめた部分が割れている事例が多く、中にはペン芯がど真ん中で縦にひび割れている事例も見られました。 私は2月12日にキュリダスを買いました。 おそらく初期ロットのものです。 ペンケースに入れて毎日持ち歩いて使ってます。 ほとんどボールペン感覚です。 デスクのカレンダーに書き込んだりしてもボールペンのように空気が入る心配がありません。 正確に言うと万年筆は空気が入って書けなくなることがありません。 むしろ普通に書いても、空気が入る設計になってます。 もちろんインク供給のないまま長時間逆さまに書けば書けなくなるでしょう。 わたしのキュリダスはEFで細いので、手帳などにも重宝しています。 長時間使い続ける事は少ないですが、ちょこちょこ頻繁に使っています。 書き心地はパイロットのキャップレスがいいですが、気軽さはキュリダスの方が上です。 個人的にはどっちも好きです。 書き味を求めたら間違いなくキャップレスですけどね。 キュリダスのポップで気軽な感じも好きです。 さて、ペン芯をさっそく拡大して観察してみたのですが、割れはありませんでした。 ただ、言われてみれば、ペン芯の真ん中辺りが引けてるように見えます。 樹脂の射出成型をするとき、厚い部分と薄い部分を同じ部材に設計すると、熱収縮の量が大きい厚い部分の表面が凹むことがあり、そういう部分のことをヒケといいます。 そういうヒケに見えます。 この凹みが曲げ応力によって肉薄部分が曲がっているものだとしたら、ここから折れる可能性はあるように思います。 射出成型は、加熱して流動性を持たせた樹脂を高圧で金型に射出し、冷やすことによって、形を作ります。 溶けたものを決まった形に流し込むだけのことですが、金型設計(材料をどのように金型に入れるかとか)、金型温度、材料の乾燥具合、圧力の加え方や冷やすタイミング等、結構制御すべきパラメーターがあります。 それらがうまくかみ合わないと結構いろんな不良がでます。 さらに観察してみましょう。 次の写真はペン芯のカシメ部分を横から見たものです。 なぜかカシメを受ける部分の樹脂が薄く成型されています。 こりゃ、カシメ時の応力が大きかったら折れるわなぁ、、って感じの設計ですね。 壊すのが嫌なので分解するつもりはないですが、どんな形状なのか気になります。 わたしはモノは常識的な使い方をする限り簡単に壊れてはいけないと思っています。 もちろん、使う側の節度は大切ですが、7000円の万年筆を万年筆として使って、数ヶ月で壊れるようじゃそれは万年筆とは言えないと思います。 幸いわたしのは壊れてないですし、これから使い方を変えようとも思ってません。 さて、この事案、どの程度の事例が発生してるのでしょうか。 そして、その原因はなんでしょうか。 おそらく、設計ミス、材料選定ミス、成型不良、組み立てミス、いずれかか、その複合でしょうね。 ペン芯は万年筆にとって重要な部材のひとつです。 もし多数破損事例が出てるとしたら、メーカーの技術者はもっちょっとしっかりとした検証をするべきだったでしょうね。 まぁ、真相はまだ、わかりませんが。 digistill.

次の

片手ですぐに書ける。ノック式万年筆「CURIDAS(キュリダス)」

キュリダス

プラチナから新作の万年筆が発売されます。 キャップがいらない万年筆というと、パイロットの「キャップレス(回転繰り出し式)」が1963年に発売されていますが、プラチナも65年に「プラチナ ノック」を発売しており、同社としては55年ぶりのキャップ不要(ノック式)万年筆となるそう。 ちなみに「キュリダス」という名称は「CURIOSITY(好奇心)」と「繰り出す」からきています。 「キュリダス」のペン先の格納部はエラストマー素材で作られ、またスペースも小さく抑えることで、気密性を高め、インクの自然蒸発を抑制しています。 公称では、一年間の放置でもインクは40%残存しています(特設ページを参照)。 金属製のクリップは、パイロットの「キャップレス」やラミーの「ダイアログ3」と同様にグリップ側にあり、ポケットなどに差すとペン先が上を向く仕様。 「キュリダス」の場合、このクリップは好みに応じて 取り外し可能となっており、そのためのツールも付属するので、簡単に着脱できます。 軸は樹脂製で、内部の複雑なノック機構が見えるクリア仕様になっています。 カラーバリエーションは、プリズムクリスタル、グラファイトスモーク、アーバングリーン、アビスブルー、グランレッドの5色。 コンバーターは付属しませんが、同社のコンバーター 700、コンバーター 500が使用可。 製品にはブルーブラックのカートリッジインクが一個付属します。 ニブはステンレス製で、筆記幅は極細・細字・中字の3種。 「キュリダス」の価格は、各色・各筆記幅すべて 7000円税別。 一般発売日は 2020年2月28日 (延期)となっていますが、一部店舗では2月8日~27日で先行販売がある模様。 実施店舗についてはで確認できます。

次の

【キュリダス】スケルトンボディで内部構造が見えるプラチナのキャップレス(ノック式)万年筆が新登場。

キュリダス

プラチナ万年筆のノック式万年筆「キュリダス」はその存在を知った瞬間に欲しいと思いました。 発売日は2月28日なのですが、2月8日から15店舗くらいで先行発売されています。 しかし、広島には先行販売店がありません。 う~~~~~~ん・・・・って、思ってたのですが、なんと偶然にも今日は大阪出張。 大阪だと、梅田のハンズとかナガサワ茶屋町店が先行販売の店舗です。 というわけで、買ってきました。 カラーは全5色。 6 プリズムクリスタル 7 グラファイトスモーク 43 アーバングリーン 50 アビスブルー 77 グランレッド 最初はプリズムクリスタルがいいと思ったのですが、カラー軸も結構きれいだったのでカラーから選ぶことにしました。 アビスブルーもなかなかいい色だったのですが、そういえば、手持ちのセンチュリー 3776がローレルグリーンなので緑系で行こうと思って、アーバングリーンにしました。 しかもこの色、どこかで見たことないですか?センチュリーの限定軸の色にすごくよく似ているんです。 材質はPMMAです。 いわゆるアクリル樹脂ですね。 透明度が高く、硬い樹脂で、万年筆ではよく使われる材料です。 ニブはEF, F, Mがあります。 キュリダスは持ち歩いて手帳とかに使いたいと思っているので、EFにしました。 3種類、試筆できるようになっていたので、10分ほど試筆してみましたが、どれもかなり書き心地はいいでした。 普段使いで万能なのはFでしょう。 書き心地もいいですし、線の太さはゲルボールペンの0. 5くらいのイメージです。 Mは結構太いと思いました。 インクフローもよく、すごく書き心地がよかったです。 ゆったりと滑らかに書きたいなら迷わずMがいいでしょう。 手帳などにできるだけ細く書きたいならEFです。 書き心地も悪くないです。 能率手帳の小型版に実際に書き込んで比較したのが下の写真です。 左からEF、F、Mです。 さて、ちょっと外観を観察してみましょう。 キュリダスは全長が153 mmと結構でかいです。 キュリダスのノックボタンはストロークが長いです。 最初はちょっと戸惑うレベルかもしれません。 手が小さい人もちょっと操作しずらいかもしれません。 わたしに関していえば、何回か操作していたら慣れました。 特に大きな問題はありません。 下の写真は筆記状態での比較です。 筆記時のキュリダスとキャップレスはほぼ同じです。 パイロットのキャップレスはカートリッジで運用しているのですが、キュリダスはコンバーター運用しようと思います。 バラしてみましょう。 コンバーター装着。 プラチナの万年筆には同じ形で金属部分が銀色のものと金色のものがあります。 銀色は700円で、金色は500円です。 色が違うだけで性能は全く同じです。 アーバングリーンに関していえば、外から色は全くわかりませんので、安い金でいいと思います。 ちょっとわかりにくいのですが、キュリダスはこの状態にするとコンバーター内のインクの量を確認することができます。 あとは、インク吸って、元に戻せば終わりです。 インクは純正のブルーブラックです。 複雑そうに見えるかもしれませんが、実際やってみると、大したことないです。 キュリダスの乾燥重量は実測で24. 1 gでした(カタログ値24. 0 g)。 コンバーターにインクを入れた状態だと28. 9 gになりました。 ちなみに、カートリッジインクを装着したキャップレスは30. 6 g、カートリッジインクを装着したプロシオンは25. 5 gでした。 キュリダスがプロシオンより重たいのは意外でした。 ニブもちょっと観察してみましょう。 いい感じのスリットです。 ペン先はちょっと閉まっていますね。 EFだからでしょうか。 ペンポイントはこんな感じ。 ペンポイントの膨らみがほぼないです。 肉眼でしか見てませんが、Fとはだいぶ様子が違います。 ついでなので、ニブの様子を比較してみましょう。 下の写真は左から、センチュリー 3776 M、プロシオン M、キュリダス EF、キャップレスFです。 キュリダスのリーフレットの表紙のニブにはハート穴が開いていないのですが、実際は丸いハート穴が開いています。 よく見ると、CGっぽいので、修正し忘れたのでしょう。 実際に書いてみます。 書き心地には全く問題なくて、非常に良好です。 軸径が太い(最大径13. 8 mm)のでゆったりと持つことができます。 人によっては邪魔に感じるのかもしれませんが、クリップが指に当たり、いいグリップになります。 キュリダスは専用ツールを使えばクリップを外せます。 しかし、ノック式の万年筆の利点はむしろこのクリップの存在にあると思います。 ペンの回転方向の位置が物理的に決まるので、すごく安定して筆記できます。 インクにもよるのだと思いますが、ペン先を露出したまま数分間放置してもかすれることなく書き始めることができるようです。 万年筆によっては、1,2分の放置でも書き始めが掠れたりすることがあります。 ノック式万年筆はこまめにペン先が収納できるということを考えれば、十分実用的です。 Mはプロシオンやセンチュリーでいいかなと思いますが、Fはもう一本追加で欲しいです。 でもまずは、このキュリダスを毎日持ち歩いてボロボロになるまで使い込んでみたいと思います。 パイロットのキャップレスは軸の完成度の高さや18金ニブ独特の滑らかな筆記感が魅力です。 一方、キュリダスはすごく現代的なデザインの万年筆だと思います。 定価7000円と決して安くはないですが、わたしは十分その価値を感じます。 気に入りました。 digistill.

次の