軽減税率 いつまで続く。 【大混乱】消費税の増税による「軽減税率」と「キャッシュレス決済還元」で実質5通りの税率!?【節約】

軽減税率は日用品が対象外!対象となるものや実施期間はいつまで?

軽減税率 いつまで続く

令和2年6月末までとなっているポイント還元策など他の景気下支え策と異なり、期限を設けず、低所得者層の家計負担を緩和する。 8%の税率については、今後、仮に消費税率を10%超へ引き上げる場合でも、据え置くべきだとの意見が政府内で上がっている。 今年10月1日からの税率10%への引き上げに合わせた軽減税率導入は、平成28年の消費税法改正で決まった。 対象は酒類や外食を除く飲食料品。 「みりん風調味料は対象で8%」「本みりんは酒類なので対象外で10%」など、線引きが複雑なケースが多く、売り場で混乱が起きる懸念も浮上している。 軽減税率は消費税法を改正しない限り続く制度だ。 同じ景気下支え策でも、ポイント還元策や、額面以上の買い物ができるプレミアム付き商品券は有効期限が来年3月までで、軽減税率はこれらの対策とは異なる。 与党からは「恒久的な軽減税率の効果の方が大きい」との声が上がる。 問題は、今後、仮に消費税率を10%超に引き上げることになった場合、法律を改正し、軽減税率の税率も引き上げるかだ。 消費税の追加増税に関し、安倍晋三首相は7月の党首討論会で「今後10年間くらいは必要ないと思っている」と発言したが、高齢化で膨らみ続ける社会保障費の財源をまかなうため「いずれ10%超への引き上げは必要だ」(自民党関係者)との意見は根強い。 追加増税時は軽減税率の扱いも問題になるとみられる。 税務当局の首脳クラスは「8%から引き上げ、2桁税率などにすることはできないだろう」として、税率の据え置きを有力視する。 低所得者の家計負担を増やし、余分な混乱を招くのを防ぐためだ。

次の

消費税の軽減税率制度の実施について|国税庁

軽減税率 いつまで続く

もくじ 還元期間は2020年6月まで キャッシュレス・消費者還元事業は2019年10月からスタートしましたが、還元期間は2020年6月までとなります。 厳密にいうと、2020年6月末日までにキャッシュレス決済を終えていることがポイント還元およびキャッシュバックの対象条件です。 キャッシュレス・消費者還元事業が終わっても、還元されたポイントやキャッシュバックは有効期限まで利用することができます。 キャッシュレス・消費者還元事業は、施行期間中に特定の店舗でのキャッシュレスによる支払いに対してポイント還元する施策です。 対象店舗で対応されているキャッシュレス決済を行うことで、購入価格の2%または5%のポイント還元・キャッシュバックされます。 キャッシュレス・消費者還元事業による消費者のメリットは、ポイント還元あるいはキャッシュバックでしょう。 還元率は、制度の適用を受けている店舗によって異なります。 加盟している店舗で、中小企業・小規模事業者が運営する店舗は5%還元、コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗は2%還元で、値引きもされています。 合わせて読みたい! キャッシュレス・消費者還元事業の狙い 政府がキャッシュレス・消費者還元事業を実施するのは、大きく2つの狙いがあります。 ひとつは、消費増税引き上げに伴う需要平準化対策です。 これまで2回の増税時にも、駆け込み需要とその反動減があったことから、キャッシュレス・消費者還元事業によって、平準化がなされることが期待されています。 もうひとつは、キャッシュレス決済の普及推進です。 訪日外国人によるインバウンド需要がこれから伸びていくことが考えられるため、キャッシュレス決済の普及が推し進められています。 経済産業省によると、開始からおよそ2ヵ月となる11月25日までの決済金額は1兆9,000億円、ポイントあるいはキャッシュバックとして還元した金額はおよそ780億円となっています。 現在、反響が大きいことから、追加予算が検討されています。 キャッシュレス・消費者還元事業に登録している加盟店も2020年2月1日(土)時点で約99万店と増え続けています。 還元事業の対象となる決済方法について キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる決済方法は、「電子的に繰り返し利用できる決済手段」と定義されています。 具体的には、各種クレジットカード、デビットカード、QRコード決済、交通系ICカード、流通系カードが対象となります。 注意したいのは、交通系ICカードです。 SuicaやPASMOなどは、事前登録が必要となります。 また、そもそも対象となっていない交通系ICカードもありますので、経済産業省が提供する検索サービスから利用したい決済サービスについて確認しておきましょう。 キャッシュレス・消費者還元事業で決済したポイント還元およびキャッシュバックは、さまざまな形で行われます。 事業者により異なるので、ホームページなどで確認するといいでしょう。 別ウインドウで経済産業省が提供する消費者向けサービス検索ページにリンクします。 還元期間終了後はどうなるのか? さて、キャッシュレス・消費者還元事業は、2020年6月末の期間終了後、どのようになるのでしょうか。 還元事業のその後について、確認しておきましょう。 前述しましたが、期間が終了しても6月末日までに決済を終えていれば、ポイント還元あるいはキャッシュバックの対象となります。 また、キャッシュレス決済事業者によるキャンペーンが展開される可能性はありますので、チェックしておくといいでしょう。 ほかにも、政府がキャッシュレス決済を推し進める施策を行うこともあります。 例えば、準備されているのが「マイナポイント」という制度です。 これは、消費者が手持ちのキャッシュレス決済を選び、マイナンバーカードと紐付けてからチャージをすると、利用額の25%、最大5,000円分がマイナポイントとして還元されるというものです。 詳細は未定ですが、2020年9月からのスタートが検討されています。 キャッシュレス決済を活用しよう 元々政府は、「2025年までにキャッシュレス決済比率40%」という目標を掲げてきました。 そして、将来的には80%にまで引き上げることを目標としています。 同時に、キャッシュレスの普及に関するさまざまな課題や問題を洗い出し、「キャッシュレス・ビジョン」という提言としてまとめ、それを政策にも活かしてきました。 こうした流れは、今後も継続されることが予想されます。 合わせて読みたい! このタイミングで、ぜひキャッシュレス決済を活用してみてください。 QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

次の

キャッシュレス・消費者還元事業、還元期間はいつまで?|Have a good Cashless.~ いいキャッシュレスが、いい毎日を作る。~

軽減税率 いつまで続く

もくじ• 飲食料品の軽減税率と標準税率の分かれ目 スーパーやコンビニなどで買える食品の多くは軽減税率適用ですが、アルコールが含まれているみりん、料理酒は標準税率の10%ということです。 酒類はアルコール度数が 1度以上の飲み物のことを言います。 そのため、アルコール度数がゼロのノンアルコール飲料はそのほかの飲食料品と同じ扱いになり、軽減税率が適用されるんです。 また、老人ホームなどの食事は一食あたり640円以下 一日1,920円以下 と決められていて、それ以上だと標準税率になります。 この場合はどうなるの?軽減税率FAQ イートインできるパン屋さんの場合• イートインできるコンビニの場合• 言わずに使った方が安くなるとはいえ、嘘をついている罪悪感や「あの人持って帰るっていったのに……」というスタッフの視線を感じながら食事をするのは気分がいいとはいえないですよね。 ちなみに 持って帰ることが前提となっているお菓子やペットボトルなどの飲み物はイートインを利用しても税率は変わりません。 マクドナルドなどファストフードの場合• ファストフード店でもコンビニなどと同様に、税率は 自己申告によって変わるということ。 実際に、悪気がなくても「 やっぱり食べて帰ろうかな」となる事もありますよね。 でも、税率は お会計の際のお客さん側の意思によって決まるので、そこで改めて税金を払うということにはなりません。 悪気がなくてもあっても見た目には同じなので、店内を利用するのかテイクアウトするのかを決めてから注文をしたいですね。 スタバの場合• 店内で飲むつもりだったけれど席が空いてなくて仕方なく外に出る……なんて事もいつもたくさんのお客さんがいるスタバだとありえますよね。 そんな時に、中には「 会計をやり直してほしい」というお客さんも出てくるかもしれません。 増税後は、「 空いてたら座ろっかな〜」という感じではなく、 しっかり座席をキープしてから注文するようにした方がスムーズかもしれません。

次の