近代セールス。 近代セールスのバックナンバー

投資信託&個人年金の対象別アプローチとセールストーク 預かり資産セールスに強くなる : 近代セールス社

近代セールス

様から発行されている近代セールス2020年6月1日号に、私が執筆しました記事が掲載されました。 近代セールスは金融機関行職員向けの金融誌です。 今回の執筆内容は、「事業再生・経営支援に欠かせない! 取引先の資金調達方法見直しメソッド」の第3回「運転資金・設備資金の種類と返済方法の基本」です。 金融機関の融資審査は、資金使途の確認をしっかり行うことからスタートします。 今回は資金使途についての大まかな説明をして、次回以降から詳しい説明に入っていきます。 なお、姉妹誌に「バンクビジネス」があります。 こちらは若手行職員を対象にした金融誌です。 特に4月から働き始めた新入行職員さんは、まだ仕事のことがまったく分からないかもしれません。 5月号の特集は「サンプルでマスターする手形・小切手の取扱いと手続き」、6月号の特集は「仕組みがわかる!変化が読める!決算書入門~取受時にひと言伝えるためのポイントと着眼点」です。 経験の浅い方でも理解しやすい内容となっていますから、ぜひ定期購読を検討してください。 どちらも詳しくは、株式会社近代セールス社様のを参照してください。 詳しくはを参照してください。 を参照してください。 mn-con. クリックのご協力をお願いします。

次の

投資信託&個人年金の対象別アプローチとセールストーク 預かり資産セールスに強くなる : 近代セールス社

近代セールス

こんにちは。 株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。 このブログでも、 「 「融資に強いコンサルタント」になる上で、「近代セールス」という雑誌は、とても役に立ちます」 ということは、何度もお伝えしています。 金融機関の人たちも、自己啓発のために本を読んで勉強しています。 そんな人たちが、読んでいる雑誌が、「 近代セールス」です。 「 近代セールス」は、毎月2回(1日・15日)に発行されていますが、毎回、特集記事があり、 この特集記事が、「今、金融機関の人間に必要な知識」となっていて、 私たちにとっても、とても勉強になります。 今まで、いろいろな特集号がでましたが、 「融資コンサルタント」として、読んでおくべき「近代セールス」のバックナンバーを紹介させていただきます。 本総特集では、営業店担当者が事業承継への苦手意識を克服できるような62個の質問を挙げて、アドバイスや対応法などを解説します。 本特集ではこの二つに焦点を合わせ、中小企業は具体的にどのような悩みを抱えているのか、金融機関の担当者としてどんなサポートをすればよいのかを解説します。 本特集では、取引深耕につながる有効なニーズ・課題をお客様から聞き取るためのノウハウを解説します。 本特集では、どうすれば効果的に新規先に自行庫との取引メリットを伝えることができるのか、上手な関係構築のノウハウを解説していきます。 本特集では、特に中小企業に関わる改正のポイントとともに融資に関連する公的支援の最新情報などを紹介。 取引先へのアドバイス法も解説します。 本総特集では、企業の経営資源(ヒト・モノ・カネ)別に強み・事業性を見極めるための 着眼点を豊富に示し、どのようにヒアリングを進めればよいのかを解説します。 本特集では、短期継続融資の活用をはじめ、キャッシュフローや運転資金の実態に見合った融資の進め方を解説します。 昨年12月には、信用金庫における飲食業向け新規融資額が6年半ぶりに増加するなどの動きもありました。 飲食業は各地域に存在する業種ですが、規模や業態は様々であり、ニーズや課題も多岐に渡ります。 本特集では、いま飲食業への取引推進を行うにあたり、押さえておきたいポイントを解説します。 今後は金融機関による中小企業の事業承継への積極的関与がより求められていくことから、 本特集では、ガイドラインを踏まえた事業承継支援に必要な基本姿勢や支援のポイントを、 営業店の渉外担当者の目線に合わせて解説します。 しかし、支援のノウハウが積み上がっていない、どのようなことから始めればよいか悩んでいるなど、取組みに不安を感じている担当者も多いはずです。 そこで、本総特集号では、本業支援に取り組むための動き方や外部機関等との連携のポイントを徹底解説します。

次の

近代セールスのバックナンバー

近代セールス

こんにちは。 株式会社ネクストフェイズのヒガシカワです。 このブログでも、 「 「融資に強いコンサルタント」になる上で、「近代セールス」という雑誌は、とても役に立ちます」 ということは、何度もお伝えしています。 金融機関の人たちも、自己啓発のために本を読んで勉強しています。 そんな人たちが、読んでいる雑誌が、「 近代セールス」です。 「 近代セールス」は、毎月2回(1日・15日)に発行されていますが、毎回、特集記事があり、 この特集記事が、「今、金融機関の人間に必要な知識」となっていて、 私たちにとっても、とても勉強になります。 今まで、いろいろな特集号がでましたが、 「融資コンサルタント」として、読んでおくべき「近代セールス」のバックナンバーを紹介させていただきます。 本総特集では、営業店担当者が事業承継への苦手意識を克服できるような62個の質問を挙げて、アドバイスや対応法などを解説します。 本特集ではこの二つに焦点を合わせ、中小企業は具体的にどのような悩みを抱えているのか、金融機関の担当者としてどんなサポートをすればよいのかを解説します。 本特集では、取引深耕につながる有効なニーズ・課題をお客様から聞き取るためのノウハウを解説します。 本特集では、どうすれば効果的に新規先に自行庫との取引メリットを伝えることができるのか、上手な関係構築のノウハウを解説していきます。 本特集では、特に中小企業に関わる改正のポイントとともに融資に関連する公的支援の最新情報などを紹介。 取引先へのアドバイス法も解説します。 本総特集では、企業の経営資源(ヒト・モノ・カネ)別に強み・事業性を見極めるための 着眼点を豊富に示し、どのようにヒアリングを進めればよいのかを解説します。 本特集では、短期継続融資の活用をはじめ、キャッシュフローや運転資金の実態に見合った融資の進め方を解説します。 昨年12月には、信用金庫における飲食業向け新規融資額が6年半ぶりに増加するなどの動きもありました。 飲食業は各地域に存在する業種ですが、規模や業態は様々であり、ニーズや課題も多岐に渡ります。 本特集では、いま飲食業への取引推進を行うにあたり、押さえておきたいポイントを解説します。 今後は金融機関による中小企業の事業承継への積極的関与がより求められていくことから、 本特集では、ガイドラインを踏まえた事業承継支援に必要な基本姿勢や支援のポイントを、 営業店の渉外担当者の目線に合わせて解説します。 しかし、支援のノウハウが積み上がっていない、どのようなことから始めればよいか悩んでいるなど、取組みに不安を感じている担当者も多いはずです。 そこで、本総特集号では、本業支援に取り組むための動き方や外部機関等との連携のポイントを徹底解説します。

次の