バットマン ビギンズ レイチェル。 【ダークナイト】レイチェルがブサイクすぎる!キャスト交代の理由はなぜ?|暮らしにこだわる

豪華すぎ!新バットマン映画のキャスト&キャラクター紹介:今週のクローズアップ

バットマン ビギンズ レイチェル

レイチェルはその頃、カカシのマスクをつけたスケアクロウについて調査していました。 幻覚剤の精錬所を見つけましたが、拉致されます。 レイチェルもまた幻覚剤を吹きかけられましたが、バットマンに解毒剤で助けられました。 バットマンことブルースは、スケアクロウらの陰謀を知ります。 クレインたちは幻覚剤を大量に作り、それを盗まれたウェイン社の貨物船に乗っていた水源気化装置で気化させて、街全体を汚染させようと考えていました。 ブルースの30歳の誕生パーティに、デュカードが現れました。 実はデュカードこそが〝影の同盟〟の黒幕ラーズ・アル・グールで、館で倒したラーズは影武者でした。 デュカードはブルースの屋敷を焼き払い(自分のアジトを焼き払われた報復)、薬物を水源であるダムに混入させ、それを気化させることでゴッサム・シティの市民を発狂させる計画を告げます。 その幻覚剤の元は、ブルースがヒマラヤの奥地で見た青い花が原料でした。 クレインがその花を使って幻覚剤を開発したのです。 クレインは単なる金もうけのために開発したのですが、それをデュカードはゴッサム・シティ破滅のために使おうとしました。 デュカードは一旦ゴッサム・シティをまるごと潰し、その後に新たな街を築こうと考えています。 モノレールの下に水道管が通っており、そこをデュカードが狙おうとしていると考えたブルースは、バットマンの格好で出かけます。 ゴードン刑事に陰謀の全容を話した後、バットマンは街にいるレイチェルと少年を助けました。 その際に「人間の本性は、行動で決まるものだ」と言います。 その言葉は公聴会の日、レイチェルがブルースにかけた言葉でした。 レイチェルはバットマンの正体がブルースだと気づきます。 バットマンはデュカードとモノレール内で戦います。 バットマンは列車のレールを破壊し、モノレールは高架から落ちます。 バットマンは人を殺さない主義ですが、今回は「殺さないが、助けもしない」という立場をとります。 結果、落下するモノレールに乗っていたデュカードは爆発に巻き込まれ、死にました。 バットマンは空を飛んで無事です。 フォックスはブルースの引き立てがあり、ウェイン社に再就職しました。 ブルースの館が全焼したことについては、表向きにはブルースが酔っ払って自宅を焼いてしまったことにします。 館は前と寸分たがわず同じものを復元するつもりですが、執事のアルフレッドが「よい機会ですから」と基礎の土台補強を助言しました。 これで地下のアジトもより強固なものになります。 レイチェルは「いつかゴッサムに平和が訪れた時」、ブルースと結ばれるという約束をしました。 ゴードン刑事は警部補に昇進しました。 バットマンはゴードン警部補から〝ジョーカー〟なる新たな敵の存在を知らされます…(続編を匂わせるラスト)。

次の

映画『バットマン ビギンズ』のあらすじ・ネタバレ・感想

バットマン ビギンズ レイチェル

チベットの奥地、ラーズ・アル・グールのもと「影の軍団」として修行に励む若者がいた。 ブルース・ウェイン。 彼は強くならねばならなかった。 その目的は、街を救う。 故郷のゴッサムシティを汚職と堕落から引き上げるのだ、、、 監督は クリストファー・ノーラン。 当代随一の映画監督である。 監督作品に 『フォロウィング』(1998) 『メメント』(2000) 『インソムニア』(2002) 『バットマン ビギンズ』(2005)(本作) 『プレステージ』(2006) 『』(2008) 『インセプション』(2010) 『』(2012) 『インターステラー』(2014) 『』(2017)がある。 『バットマン ビギンズ』 『ダークナイト』 『ダークナイト ライジング』の3作は 「ダークナイト トリロジー」と呼ばれ、ノーラン監督作品の中でも人気、評価ともに高い作品である。 主演は クリスチャン・ベール。 ダークナイトシリーズにおいてすっかりアクション俳優の様な雰囲気になった。 主な出演作に 『太陽の帝国』(1987) 『アメリカン・サイコ』(2000) 『リベリオン』(2002) 『マシニスト』(2004) 『プレステージ』(2006) 『ダークナイト』(2008) 『ザ・ファイター』(2010) 『ダークナイト ライジング』(2012) 『アメリカン・ハッスル』(2013)等がある。 共演にマイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、ケイティ・ホームズ、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、渡辺謙、キリアン・マーフィー等。 超豪華だ。 時は2005年。 映画の『X-メン』が2000年。 (2作目が2003年) 『スパイダーマン』が2002年。 (2作目が2004年) まだ、アメコミ映画爆発前夜である。 だが、後のアメコミ映画ブームを作る土台となった作品の一つである。 本作『バットマン ビギンズ』は他のアメコミ映画と画する特徴があった。 それは 現実的、且つシリアスな雰囲気である。 バットマンはコスプレヒーローである。 一歩間違えれば子供だましになる所に、 現代的でシリアスなテーマを迎え、幅広い観客の期待に応える作品となっている。 しかし、もちろんアメコミ映画を期待する観客も裏切らない。 バットマンの繰り出すアクションやギミックの数々は怠りなくカッコイイ作りになっている。 バットマンが観たいファン アクション映画好きが観たいもの 映画好きが求めるもの それらの期待に幅広く応えるべく苦心してバランス感覚を保っている。 そんな器用な映画である。 以下ネタバレあり スポンサーリンク• バットマンが生まれるまで 本作はブルース・ウェインがバットマンになるまでの過程を描いている。 それ故、その導入部がどうしても長くなりがちだ。 本作『バットマン ビギンズ』では、その冒頭での「ダレ」を防ぐため、イキナリ青年ブルースはチベットに居る場面から始まる。 そして、回想シーンを挟む事で、その経緯と目的を徐々に明らかにしてゆく。 構成によって観客に「難しい物を分かり易く」伝えるノーラン監督お得意のワザだ。 『バットマン ビギンズ』では、序盤のダレと時間短縮を狙っている。 しかし、それでもバットマンが出るまで、やや長い印象は受ける。 だが、「 チベットの山奥で渡辺謙から忍者の修行を受けてバットマンになる」というこの設定だけで脳みそがとろけそうである!• 「大人の鑑賞にも堪える」アメコミ映画 「 バットマン?真っ暗闇で何してるか分からないコスプレヒーローだろ」 というのがこの映画が公開される前までの、本邦でのバットマンのイメージであった。 このイメージはティム・バートン版の『バットマン』(1989)から印象付けられたものだ。 本作『バットマン ビギンズ』では、過去のイメージを払拭する意味を込めて、その題名を付けている。 そして内容的にも、シリアスで現代的でより観客が身近に感じられるテーマを盛り込んでいる。 不況、貧困による格差、富裕層のノブレス・オブリージュ。 犯罪と犯罪被害者の関係。 自らを奮い立たせるのは、復讐心か、恐怖(トラウマ)を乗り越える克己心か。 様々なテーマを雑多にぶち込み、それでいて破綻無くバランス良く作られている。 観客は必ず何かに、自らの問題を投影する事が出来るのだ。 コミック原作のアメコミ映画と言えば、どうしても子供物のイメージがつきまとう。 しかし、内容自体が面白ければ、誰が観ても満足がいくのだ。 本作は 「大人が観ても面白いよ」と胸を張って言えるテーマ性をアメコミ映画に持ち込んだ。 このある意味 「免罪符」をアメコミ映画に付与したのは大きい功績である。 正義のあり方 そして、『バットマン ビギンズ』での最大のテーマは 正義のあり方である。 ブルース・ウェインは堕落したゴッサムを立ち直らせる為、過激で奇抜な手を打つ。 それは自らが犯罪者の恐怖の対象となる事で、街から犯罪を一掃しようという発想であった。 そして、その象徴がバットマンなのだ。 だが、バットマンは孤軍奮闘ではない。 幼馴染みで理想主義の検事補レイチェル、 街で唯一の清廉な警官、巡査部長のゴードン、 会社の片隅で不遇を託つ開発部門のルーシャス・フォックス。 そして心から信頼出来る執事のアルフレッド。 バットマンは、堕ちたりと言えどもゴッサム自身の、そして 住民自身の正義を信じている。 だから、ゴッサムの人々と苦難を分かち合うのだ。 それは両親からブルースが受け継いだ精神である。 ブルースの父、トーマス・ウェインは言う 「 人は何のために落ちるのか、 それはより強くなり這い上がる為である」と そしてそれが、ブルースの信条なのだ。 その対比として描かれるのが、ラーズ・アル・グール率いる「影の軍団(League of Shadows)」である。 堕落した都市が臨界点を迎えたら、それを速やかに処理せねばならない。 その信念の元、数々の歴史に介入して来た組織のようだ。 その精神自体は確かに正しく見える。 しかし、その方法はどうか? ラーズ・アル・グールはゴッサムを葬る為に不況を使ったと言う。 そして、それは成功しかけたが、ブルースの両親の死によって結束した街は息を吹き返した。 ラーズ・アル・グールはその事実を街の希望と見ずに、単なる延命と取ったのだ。 作中でレイチェルは言う、 「犯罪を行った者より、自ら手を下さずともその原因を作った者の方がより悪い」と。 つまり、ブルースにとっては、さかのぼると両親の仇はラーズ・アル・グールとなるのだ。 師と弟子である両者は、思想的に相容れない存在であったのだ。 正義を信じるか、 正義を振りかざし相手を断じるのか、 これがバットマンとラーズ・アル・グールの違いである。 レイチェルの言葉 本作『バットマン ビギンズ』におけるテーマ、「正義のあり方」は実は分かり易くレイチェルがそのセリフで語ってくれている。 それは、 「 人の真価はその行動に依る」というものである。 ラーズ・アル・グールの思想は正義である。 しかし、その行動は正義とはほど遠いのである。 また、「バットマン」という作品自体のテーマにも触れている。 そのセリフは 「 素顔こそマスクで、バットマンこそ真の姿」である。 ブルースは実生活では「リッチなボンボン」というイメージを作っている。 そして、自分の信念を実現するのはバットマンの姿の時である。 ペルソナとして作ったハズの存在に、いつの間にか依存し、そこでしか自己を実現し得なくなっている。 この転倒した複雑な心理が「バットマン」なのだ。 レイチェルは語る、 「あの時去ったブルースはそのまま戻って来ない。 今はバットマンがいるのみ。 でもゴッサムに平和が訪れたら、またブルースは戻って来る」 劇中ラストのこの言葉は、次回作『ダークナイト』にてそのストーリーのテーマの一つとして使われる事になる。 セリフの反復 レイチェルの言葉に見られる様に、本作ではセリフに意味を持たせている。 そして、しつこいくらいに「セリフの繰り返し」を使う事を演出の一環として使っている。 レイチェルの「人の真価はその行動に依る」 アルフレッドの「決して(Never)」 警察の言葉を繰り返したバットマンの「援軍だ」 ラーズ・アル・グールの「お前は家を焼いた」 「注意を怠っているぞ」等々。 観ている内にジョセフ・ジョースターの様に 次のセリフが分かる様になる。 小憎らしい演出だ。 この脚本を書いたのは デヴィッド・S・ゴイヤー。 数々の映画、特にアメコミ系の映画の脚本を手がけた人物だ。 後に、『ダークナイト』『ダークナイト ライジング』の脚本もてがける。 本作『バットマン ビギンズ』では、アメコミ映画にシリアスなテーマを付与し、幅広い観客に訴える方法を提示してみせた。 しかし、これだけの映画でも本邦においては振るわず、以前からのイメージは払拭されないままだった。 また、2005年は「JR福知山線脱線事故」が起こった年である。 映画公開時にはテロップにより事故を思い出す描写がありますと注意書きがなされていた。 このマイナスイメージの為か、日本においては(渡辺謙が出演しているのに)それほど注目が高くなかった。 しかし、である。 アメコミ映画自体を気にもしないという風潮を完全に打破する作品が生まれる。 それが『バットマン ビギンズ』の次回作、 『ダークナイト』である。 私、ルパン4世が観た映画、読んだ本などの個人的感想を綴ったブログです。 妄想爆発! 独自解釈横溢! たまに暴走気味に変な事を書いていますが、一つの見解として楽しんで頂けたら幸いです。 更新時には にて報告しています。 検索 検索: 検索 カテゴリー• 108• 380• 206• 41 夏期公開アニメ系映画作品.

次の

映画『バットマン ビギンズ』ネタバレ感想・解説・考察!バットマンの悲しい過去・誕生秘話を描いた1作目

バットマン ビギンズ レイチェル

スポンサードリンク (1)冒頭30分で描かれたバットマンの定義 『バットマンビギンズ』をご覧になられた方は、復習になりますので「そうだったなぁ」と思って頂けると幸いです。 まだ『バットマンビギンズ』をご覧になられていない方は今後の参考になれば幸いです。 『バットマンビギンズ』の冒頭30分を何度も見ると、クリストファー・ノーラン監督のバットマンの世界観をかなり楽しめるようになると思います。 クリストファー・ノーラン監督はこの『バットマンビギンズ』を製作する前は、一言で言えば頭の使う非大衆向け映画の名匠でしたので、今作のようなエンターテイメント作品を製作するにあたって普通には作らないだろうという期待がありました。 まぁ期待通りでしたがw 3作品通しての徹底的な世界観はもちろんですが、この冒頭30分、深い人間ドラマを時間軸を入れ替えながら展開していきます。 映画の冒頭少年時代のブルースが井戸に落ちたと思ったらいきなり15年以上経過したであろう時期の刑務所から始まるんですよね。 主人公のブルースウェインが捕まっています。 でもなぜ捕まってるかわからない。 しかもアジアのどっか果ての刑務所。 そこで謎の人物ヘンリードュッカートの助けを得てヒマラヤへと導かれます。 この謎の展開が冒頭です。 しかしその少年時代と刑務所服役の理由、ヒマラヤへのエピソードが徐々に接近していきます。 そして紆余曲折あった後ゴッサムへと戻ることとなったブルース。 このゴッサムへと戻る前まででバットマンの定義は一通り成されたことになります。 (2)時系列を整理 1:少年時代のブルースは井戸に落ちてコウモリに襲われトラウマとなります。 2:井戸へ落ちたブルースを助けたのは父親です。 父親はブルースにある言葉を伝えます。 「ブルース、なぜ人は落ちるのか?這い上がるためだ。 」この言葉は執事のアルフレッドのいる場面で発せられたため、映画のクライマックスでバットマンがピンチになった際にアルフレッドが今度はブルースに、「人はなぜ落ちるのですか?這い上がる為です。 見放しません。 決して。 」と言います。 後半の「見放しません、決して。 」、英語ではNeverの一言。 冒頭30分の中に同じやりとりがあり、父親とのこのシーンとリンクすると泣いてしまう感動的なシーンの伏線となっています。 3:回復したブルースは両親とゴッサムの街へオペラを見に行きます。 この時使った移動手段はモノレール。 ブルースの父親はゴッサムシティー大企業ウェインカンパニーの会長でした。 不景気で腐敗の進む街を救いたいということで安価な移動手段のモノレールを作ったのです。 4:オペラを鑑賞している際にコウモリを連想させるシーンが登場します。 ここでブルースはコウモリに襲われたことを思い出し絶えられなくなり、オペラを出るように父親にお願いをします。 母親も連れて3人でオペラを後にするも、オペラの会場を出た所で強盗に襲われてしまいます。 結果的に父親も母親もブルースの目の前で射殺されてしまう悲劇が起きます。 貧困層のために力を尽くしてきた父親が貧困層に撃たれて亡くなるといういたたまれないシーンなのです。 5:警察に一旦保護されたブルース。 ここで落胆するブルースをなだめたのがゴードン警部、ここで初登場です。 子供心にこの警官は腐敗する街の中でもきっとまっとうな警官なんだろうとブルースは思ったのでしょう。 それが映画の後半、そして「ダークナイト」でゴードンと手を組むきっかけになっているはずです。 6:時は経ち、大学生となったブルース。 日本語字幕では消されていますがプリンストン大学の中退が最終学歴になります。 大学のあるプリンストンからゴッサムへとブルースは戻ってきますがブルースが戻ってきた理由は両親を殺したチルの公聴会に出席するため。 アルフレッドも幼なじみのレイチェルもブルースに公聴会に出ないように説得するも、ブルースは両親のためにと出席をすることにします。 ここでブルースはぐだぐだ文句を言うがアルフレッドは見放しません。 ブルースの「見放さないのか。 」に対してたった一言「Never 決して 」で反応。 このアルフレッドのブルースを絶対に守る、両親から託された大切なブルースに最後まで仕えるという意思がバットマンが存在し続けられる理由ともなってきます。 7:ブルースが公聴会へ出席する本当の理由はチルを自らの手で殺すためでした。 銃を装備し公聴会へ出席したブルース。 撃ち殺そうとチルへ近づいていくも、何と他の人がチルを射殺してしまいました。 ブルースはどこかすっきりしたようでした。 死に際を見届け、レイチェルと車で公聴会を後にするブルース。 ここでブルースは正義が下されたというも、レイチェルは反論します。 「正義は秩序のため。 復讐は自己満足のため。 」この台詞もバットマンの定義に深く関わる台詞です。 なぜならこの後バットマンになったのは街の平和のためだからです。 秩序のために正義を行い、復讐決してしない。 だからバットマンは絶対に人を殺さないのです。 8:街のマフィアのボス、ファルコー二に会うことにしたブルース。 マフィアのボスにはどんなことを言っても通用しません。 「お前はあくまでもブルースぼっちゃまだ。 」と御曹司であることを馬鹿にされ殴られて見せを叩き出されたブルース。 ここでブルースは決意します。 今あるしがらみを脱却し、何にも縛られない自分として人生を切り開きたいと。 そこで彼は世界を旅することにします。 9:ブルースの決意は固いもので、決して優雅な旅行などしませんでした。 盗みをする身まで自らを落としたのです。 そんな中盗みを警察にバレてしまい逮捕されます。 そしてチベットの刑務所へ服役することに。 ここで映画の冒頭の刑務所のシーンに繋がるわけです。 10:謎の男ヘンリードュッカートの力によってブルースは釈放されました。 ヒマラヤの山奥にあるヘンリードュッカートのボス、ラーズ・アル・グールへ謁見するためにブルースは山奥を目指します。 11:ラーズ・アル・グールのアジトへ到着したブルースは、恐怖 コウモリのトラウマなど を克服し、鍛え上げられる訓練を受けることに。 ここで肉体的な強さを得るのです。 12:しかし肉体的な強さだけでなく、ここで彼が得たものは精神的な強さでした。 ドュッカートはブルースに様々な言葉をかけます。 「忍術は爆薬を使う。 目眩ましだ。 演出とトリックで敵には只者でないと映る。 」これはその後バットマンそのものになります。 「鍛錬は重要ではない、大切なのは意思だ。 戦う意思だ。 」 「ダークナイト」であり得ない狂気ジョーカーへ立ち向かう場との意思はこれに基づき、次回作「ダークナイト・ライジング」でベインに屈しないその精神もここに基づくことになるのでしょう。 「私には愛する妻がいた。 しかし彼女が殺されて私は学んだ悪は倒さなければならないと。 怒りは原動力となるしかし身の破滅にもなりかねない。 大切なのは復讐だ。 」 ここでブルースはレイチェルの言葉を思い出し、ドュッカートの全てが正しいとは思わなくなります。 レイチェルの言葉とは「正義は秩序のため、復讐は自己満足のため」です。 13:訓練の最後に彼は処刑をすることを言い渡されます。 盗みを働いた農民の処刑です。 しかし彼は拒否します。 このエピソードは「バットマンビギンズ」「ダークナイト」通して、バットマンが自らの手で絶対に人を殺さない哲学の根底になっています。 14:処刑を拒否し、ラーズ・アル・グール、ヘンリードュッカートと別れたブルースは、ゴッサムへと戻ることに。 ゴッサムへ戻り、犯罪のない街を作りたいと彼はアルフレッドに言います。 自らできることは何か、それを探す彼の旅がここからまた始まっていくのです。 ここまでが冒頭役30分の話です。 凄まじいドラマ性でストーリーとしても大好きな部分です。 このシーンは言葉よりもやはり映像で観てほしいので、気になった方是非観てくださいね。 どうして彼がバットマンになったのか。 『ダークナイト』で瀬戸際まで追い込まれても、『ダークナイト・ライジング』で死にかけても"這い上がった"のは、全てこの過去のエピソードによるものなのです。 そこからの『バットマンビギンズ」』の後半1時間半は失礼ですが『ダークナイト』『ダークナイト・ライジング』を作るための1時間半です。 もし冒頭の30分が存在しなかったら悪役がはっきりしない陳腐なヒーローものになってしまう危険性すらあります。 つまり、良くも悪くもこの1時間半だけ見ると割りとヒーロー映画の典型的な形の収まっているのです。 もちろん冒頭30分が効いているのでそんなことないんですけどね。 最初の30分を「バットマン出ないしつまらない」とぼーっと見てしまっていた方は後半もあまりよろしくは映らないでしょう。 なぜなら存在定義が明確でないため 敵を殺さなかったり人間として弱さを見せるバットマンに満足が得られないためです。 全ては冒頭30分あってこそなのです。 是非しっかりチェックしてみてくださいね。 2020年1月現在の情報になります。 私自身は、普段映画メディアの編集長をしている関係で映画に触れる機会が多めですが、その中において現在契約している動画配信サービスを「正直なお気に入り順で」紹介してまいります。 ただし、下位のものも契約している時点で支持をしているものです。 それぞれに特性があり、私の好みやライフスタイルから以下の順番で重宝をしております。 オススメ1:Hulu 私は映画が大好きですが、普段民放テレビ局で最も視聴しているのは日本テレビです。 よって、映画外の好みのコンテンツの側面からHuluを最も重宝しています。 日本テレビ系のドラマや各テレビ番組、「名探偵コナン」などを好きな方にはオススメのサービスです。 映画のラインナップは日々変動しますが、他社に比べて劣ってると感じる事は少ないです。

次の