アメリカ 空母 コロナ。 新型コロナ関連:米海軍、議会が英雄だと賞賛した空母「ルーズベルト」の艦長を解任

米空母、感染拡大で機能不全に 国防長官「即応能力懸念ない」―新型コロナ:時事ドットコム

アメリカ 空母 コロナ

ワシントン(CNN) 米空母「セオドア・ルーズベルト」に乗艦する海軍要員25人が、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことが26日、わかった。 海軍当局者がCNNに明らかにした。 米国防総省は24日、同艦の要員3人から陽性反応が出たと発表しており、わずか2日で感染者が急増した形だ。 海軍は今後も艦内の陽性者は増える見込みだと説明。 当局者の1人はCNNの取材に、新たに「数十人」の陽性者が出る可能性もあると明かした。 ただ、海軍作戦部長のギルデイ大将は声明で、「我々の積極的な対応により、地域内でのセオドア・ルーズベルトの即応能力を維持できると確信している」としている。 モドリー海軍長官代行はこれに先立ち、艦内で新たに「数人」の感染者が出たと述べたが、具体的な人数は示していなかった。 モドリー氏によると、セオドア・ルーズベルトは現在、米領グアムに入港する準備を進めている。 グアムでは乗組員が埠頭(ふとう)周辺以外の場所に立ち入ることは禁じられるという。 セオドア・ルーズベルトは2週間以上前にベトナムに寄港していた。 海軍要員が最初にウイルスに感染した場所は不明。 海軍は現在、すべての要員を航空機で搬送する手続きを進めている。 米軍では26日午前の時点で少なくとも280人が新型コロナウイルスの陽性反応を示し、25日の227人から53人増となった。 文民や契約業者などを含めた国防総省全体の感染者は600人近くで、モドリー氏によると、うち133人が海軍所属だという。

次の

新型コロナウイルス

アメリカ 空母 コロナ

アメリカ海軍は4月13日、原子力空母セオドア・ルーズベルトの乗組員1人が新型コロナウイルスへの感染で死亡した、と発表した。 集団感染が発生した同空母ではあるが、死亡が確認されたのは初めて。 また、 アメリカ軍準機関紙の星条旗新聞によると、アメリカ海軍全体としてもこれまでに1056人が新型コロナに感染したが、この乗組員が初の死者となった。 さらに、アメリカ軍全体の現役軍人の中でも2番目の死者となった。 アメリカ海軍の発表文によると、この乗組員は3月30日に新型コロナウイルス陽性と診断され、下船した。 その後、グアム海軍基地で他の4人の同空母の乗組員とともに隔離された。 9日にはグアム海軍病院に入院し、集中治療室(ICU)に移されたが、13日に死亡した。 セオドア・ルーズベルトでは新型コロナの集団感染が発生した。 星条旗新聞によると、12日現在で、585人が感染した。 全乗組員の約4800人のほとんどが検査を受け、3724人が陰性だった。 乗組員4021人が同空母からグアムに既に移されている。 アメリカ海軍によると、同空母はスケジュール通りに、3月27日に物資の補給と乗組員の休養のため、グアムに寄港した。 同空母をめぐっては、ブレット・クロージャー艦長が3月30日に艦内での新型コロナ感染拡大を抑制するため、軍上層部に支援を緊急要請した。 しかし、外部に情報が漏れたこともあり、責任を問われ、トーマス・モドリー前海軍長官代行によって4月2日に解任された。 しかし、そのモドリー氏も空母の乗組員への演説でクロージャー氏を強く非難したことが原因で、8日に辞任した。 米海軍作戦部長のマイケル・ギルデイ大将は9日、クロージャー氏の今後について、内部調査の結果が明らかになれば現場に復職する可能性もあると明らかにした。 アメリカ海軍空母11隻(すべて原子力空母)のうち、これまでにセオドア・ルーズベルトのほか、神奈川県の米海軍横須賀基地を拠点とするロナルド・レーガン、カール・ビンソン、ニミッツの計4隻で新型コロナの感染が確認されている。 空母ハリー・トルーマンは中東の第5艦隊と地中海の第6艦隊での任務を終えて、母港の米南部バージニア州ノーフォークの海軍基地に向かっていたが、乗組員への感染を防ぎ、即応態勢を維持するため、大西洋上にとどまる、とアメリカ海軍は13日に発表した。 アメリカ政治ニュースサイト・ポリティコによると、 アメリカ軍全体での感染者は13日現在で、2567人に達している。 このうち、海軍が最も多い1056人が感染している。

次の

米空母で新型コロナ感染拡大 艦長が緊急支援要請

アメリカ 空母 コロナ

ロナルド・レーガンは定期整備を終えて、試験航行で横須賀を出港した直後なのだが?で、その後、作戦行動で再度出港して、11月頃に戻って来るのがルーティン。 蔓延してたら、出航できないでしょ。 ロナルド・レーガンが出航するタイミングで、F-35Bを運用している強襲揚陸艦「アメリカ」が佐世保基地に戻ってきている。 つまりは、ある程度、空母の代替も果たしていた。 強襲揚陸艦がF-35Bの運用するようになって、ある程度は空母の任務を肩代わりするって機会も増えるんだろうな。 空母の任務を完全に代替するのは不可能だろうけど。 アメリカはニミッツ級は10隻。 ジェラルド・R・フォード級が1隻の11隻の空母を保有していて、1隻は炉心交換工事で身動きが取れない。 違和感があるのは日本人として自然な感覚です。 実は一度、明治の初めに川村純義海軍卿が宮内省経由で明治天皇に「御歴代の尊号及び武臣の名称相用いられたき御内儀の趣・・」と、外国に倣って歴代天皇や忠臣の名前を使用すべきかのお伺いを立てています。 明治天皇は「おもしろからず」と、それに同意せず、命名規則に人名は採用されませんでした。 沈没や座礁などの災いに見舞われた場合、不敬に当たるという発想です。 また、人物というのは時代や国民の立場によってはその評価が定まってない(ならともかく、評価が変わる可能性もある)ため、場合によって艦名をコロコロ変えるドタバタを避けたのと、地名や、特に気象などの自然現象に対する感受性が豊かなので、そちらの名前を付けるのが合っていたのですよ。 都市の名前ですら「生々しいから」と、避けていたくらいです。 ただ、外国から見たら、「フルムーン」「ビッグウェイブ」「ピーチ」など、日本の軍艦の名前は奇異に感じるようです。 日本人からすると、昔のアメリカの潜水艦の「シャケ」「イルカ」「マグロ」「オウム貝」などの名付けも変ちゃ変ですけどね。 中国では軍艦に都市の名前を付ける規則のため、新鋭艦に「是非うちの名前を付けてくれ!」と、市の当局者が海軍当局に対して巨額の賄賂、札束が飛び交うようなこともあるそうです。 アメリカは国としての歴史が浅いこともあり、アメリカ人はその歴史に名を残すことにご熱心なところがあります。 つまり、ヒーローになれば名前は残る、と。 フランスの大使に「古いと伝統の区別がつかない国」と揶揄されたこともありますが、実際、欧州諸国に比べると歴史の積み重ねはありませんからね。 アメリカでは空港や街の大通りは決まって人名がつけられ、それが後世に評価された証である、と国民は認識しています。 先日もハワイのホノルル空港がダニエル・イノウエ空港と改名されましたから、人の名前を使うセンスはなにも軍艦や軍隊に限った話ではありません。 質問者様が仰る、国民性の上に載っかる、というのは間違いではありませんよ。 ただ、存命の人物の名前をつけるセンスはなかなか…、存命中に沈んだら名前の主はどう思うのか興味が沸きます。

次の