ラインモバイル 子供。 子供も安心!LINEモバイルのフィルタリングアプリ「i

一般の音声通話をLINEモバイル(ラインモバイル)で使う方法

ラインモバイル 子供

そうだよ!他の格安SIMは未成年は申し込めないものが多いけどLINEモバイルは未成年でも申し込みができるしクレジットカードを持っていなくてもLINE Payで申し込めるんだ LINEモバイルは申込み名義と、支払いクレジットやLINE Payの名義は一致していないと申し込み審査に通らないので必ず本人名義のクレジットカードやLINE Payで申し込みをする必要があります。 下記のページに詳細の手順をまとめたから参考にしてみてください。 未成年申し込み時の「保護者の同意」はチェックを入れるだけ LINEモバイルに18歳、19歳の未成年が申し込む場合は 「保護者の同意」が必須となっています。 「保護者の同意」と聞くと書面で手続きをしなければならないと思ってしまいがちですが、LINEモバイルは 「保護者の同意」は同意欄の チェックを入れるだけです。 そうだよ!LINEモバイルは未成年の人の申し込みもとっても簡単なんだ そのため保護者でなくても申し込みができてしまいますが、かならず保護者の方に同意をしてもらうようにしましょう。 LINEモバイルを子供用に契約するのは保護者名義で契約すれば可能 実は18歳未満の子供用であっても親名義で契約すれば、LINEモバイルを使うことができます。 保護者名義で申し込んで子供用のスマホにLINEモバイルのSIMカードを挿して使うという方法であれば子供用にLINEモバイルを契約することができます。 LINEモバイルは一人で複数枚契約できる格安SIMのため自分名義で複数枚契約して家庭内で、子供用に振り分ければいいだけです。 利用者が直接契約する規約もありません。 子供用のスマホのデータ通信用SIMカードとしてLINEモバイルを使うと一人500円で済んでしまうので大手キャリアを契約する場合と比べて大幅な節約ができます。 LINEモバイルは18歳未満は本人契約はできない。 利用するのは問題ない LINEモバイルは18歳未満の場合、本人は契約はできません。 契約時は保護者の同意が必要になっているだけで契約が面倒ですが、 未成年の子供のために保護者が契約したLINEモバイルのSIMカードを利用するのは全く問題がありません。 例えば大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクの場合でも保護者名義で申し込んで利用者は子供にするという契約体型になっています。 LINEモバイルもそれと同じです。 未成年の子供にLINEモバイルを契約させる場合でも本人に契約させるよりも保護者が代わりに契約したほうがわかりやすくて良いかと思います。 必ずしも利用者=契約者でなくてもいいのです。 子供や未成年用にLINEモバイルの格安SIMを爆発的に選べていて親が契約者名義になって子供用のLINEモバイルのSIMカードを契約しています。 LINEモバイルは1家庭で5枚まで一人の契約者で契約ができるので全く問題ありません。

次の

小3の子供にLINEモバイルでスマホを使わせてみた感想…下手なキッズケータイよりこっちのがベター

ラインモバイル 子供

・外部リンクへの接続: 友だちからメッセージで送られてきたURLやタイムライン上で表示されたリンクからWEBサイトに飛んだときはNG ・LINE LIVEの機能: トーク画面などで配信されるライブストリーミング動画の機能はNG メッセージのやり取り、画像・動画の送受信はもちろんのこと、無料通話も使い放題です。 ラインの主要な機能はきちっと使い放題の範囲に入っていて、それ以外の機能はあまり使われていないので、十分な守備範囲と言えます。 ただ、タイムラインや友だちから送られてきたURLを開くときは、外部サイトに接続することになり通信料がかかるので、注意が必要です。 ここも使い放題になれば無敵になるので、今後のサービス向上に期待したいですね。 月々500円以下の超低価格 ラインの使い放題サービスは月々の料金が他よりも高いのでは?と心配になるかもしれませんが、安心してください!めっちゃ安いですよ(笑)ネタが古くて申し訳ありませんが、ラインだけできる携帯なら月々の通信料は500円以下になります。 激安ランチのようにワンコインなので、ちょっとコンビニでお菓子を買うのを我慢すればスマホの通信料をまかなえるレベルです。 それでは、次は具体的にどのような格安SIMがあるのか紹介していきます。 ラインの使い放題がある格安SIM 格安SIMの会社は100以上ありますが、ラインの使い放題ができる格安SIMはほとんどありません。 その中でもいち早く使い放題のサービスを始め他社の一歩先を行く「LINEモバイル」と「FREETEL(フリーテル)」を紹介します。 LINEモバイル ラインをはじめ、Twitter・Facebook・インスタグラム・LINE MUSICといったアプリの使い放題を一番最初に始めたのが「LINEモバイル」です。 ラインだけできるスマホにぴったりの使い放題サービスを提供しています。 LINEの関連会社ということで、ラインだけできる携帯には最高の環境が整っています。 データ容量が1GB付いてくるので、タイムラインや友だちから送られてきたURLを開いて外部サイトに接続したとしても、サクサク動くし追加料金もかからず500円固定なので安心です。 電話番号なしに新しいアカウントが作れる LINEモバイルには大手キャリアでも他の格安SIMでも真似できないオンリーワンの機能があります。 それが、電話番号がなくても新しいアカウントを作成できることです。 月額500円のプランではSMSも音声通話の機能も付いていないので電話番号がない状態ですが、LINEモバイルを契約しているというだけでアカウントを簡単に取得できます。 もちろん、年齢認証もできるので友だちのID検索も可能です。 新しいアカウントを作れるので、初めてのスマホでもLINEが使えます。 2台目ならメインのスマホに入っているアカウントをわざわざ引っ越しする必要もなく、別のアカウントを作ってラインの使い分けもできるようになります。 その他のライン使い放題のプラン LINEモバイルには、「LINEフリープラン」以外に2つのプランがあります。 そのどちらもラインが使い放題です。 LINEフリープランとの違いは、使い放題になるアプリがLINEだけでなくTwitter・Facebook・インスタグラム・LINE MUSICといった幅広い範囲になっていて、高速データ通信も3GB以上となっています。 簡単に各プランをまとめてみると、、、 かなり充実したスマホライフが送れるプランですが、ラインだけできるスマホというテーマからは少し外れているのでさらっとした紹介に留めておきます。 FREETEL(フリーテル) LINEモバイルの後を追ってラインの使い放題サービスを始めた格安SIMの老舗フリーテルです。 こちらはライン使い放題の格安プランが2つあるので、それぞれ見ていきましょう。 使った分だけ安心プラン FREETEL:使った分だけ安心プラン 月額 299円 データ容量 100MB 通信速度 375Mbps 速度制限時 なし データ容量追加 0. ラインは使い放題になるので、本当にライン以外なにもしないのであれば最低データ通信量の100MB以下で月々299円と超格安になります。 佐々木希の「299(にくきゅー)」CMはこのプランのことです。 使った分だけ料金が増えていくので、アプリの更新など大容量のデータ通信をするときはwifi環境が必須です。 使い放題のアプリはラインだけじゃない フリーテルの使った分だけ安心プランは、使い放題になるアプリがLINEを含めて4つあります。 【使い放題のアプリ】 LINE・ポケモンGO・WeChat・WhatsApp Googleの位置情報を使うときは使い放題の範囲外になりますが、話題のポケモンGOが使い放題なのはポイントが高いですね。 (2017年9月6日まで) 無料通話や音声チャット・動画のやり取りは使い放題の対象となっていませんが、文字メッセージや絵文字・スタンプはデータ通信量に加算されません。 無料電話を使わない派の方は299円でラインだけできるスマホが持てるので超お値打ちです。 データ定額1GBプラン FREETEL:データ定額1GBプラン 月額 499円 データ容量 1GB 通信速度 375Mbps 速度制限時 200kbps データ容量追加 0. 使い放題ができるアプリはそのままに月々499円で1GBまでの高速データ通信ができます。 低速通信モードに切り替えられる 高速データ通信は1GBしかできませんが、低速通信モードに切り替えれば多少読み込みに時間がかかってもデータ容量の節約ができます。 低速通信といっても、文字だけのWEBページであればストレスなく見ることができます。 画像・動画を見るには忍耐がいるのでおすすめできませんが、無駄なデータ通信を押さえて1GBのデータ容量を最大限有効利用ができます。 徹底的にラインだけできるスマホにしたい 「ラインしかできないスマホにすることはできるのでしょうか。 」という質問をいただきました。 徹底的にラインだけできるスマホを極めるにはどのようにしたらいいのかを見ていきましょう。 フィルタリングアプリでライン以外の機能を制御する 出会い系・SNSによる被害・高額請求などネットの危険から守ってくれるフィルタリングアプリを利用すれば、かなりのネット利用を制限できます。 例えば、WEBページを見れる時間を曜日と時間帯で設定できるので、すべての曜日を見れないようにすればWEBページの閲覧はできなくなります。 フィルタリングアプリの管理者のOKがなければアプリのダウンロードができないようにすれば、ラインしかできないスマホが完成します。 こういったフィルタリングアプリは月額300円~700円ほどかかりますが、LINEモバイルでは無料で利用できる特典があります。 ラインしかできないようにしたいなら、フィルタリングアプリ代がかからないLINEモバイルが最強です。 まとめ ラインだけできるスマホにはラインが使い放題になるLINEモバイルとフリーテルのどちらかを選ぶのがいいでしょう。 その中でも、電話番号がなくてもラインのアカウントが作れて友だちのID検索もできるLINEモバイルには、ラインの機能を120%いかせる環境が整っています。 新しいアカウントの必要もなくとにかく安さ重視で選ぶなら、フリーテルの「使った分だけ安心プラン」の299円が最安値です。

次の

【危険】LINEモバイルのiフィルターで子供を守ろう!メリット・デメリットを要確認!

ラインモバイル 子供

月額500円コースで全然いいです! 1GBしか通信できなくても、LINEでのやりとりはいくら通信しても大丈夫。 この1GBにはカウントされません。 (データフリー機能) (LINEの音声通話、ビデオ通話、スタンプダウンロードなども全て対象。 子どものケータイを に変えたことによって、わたしもやっと 格安SIMに乗り換えることができます! 親のスマホをどこの会社にすればいいのか? どこを選んでも自由です!!(ここはすごく重要!) 無料でついてくるからいいですよね! 位置情報はgoogleマップで把握! キッズケータイでは有料オプションでいついていた、「位置情報サービス」みたいなものありましたけど、親が同じ携帯会社でないといけなかったのがネックでした。 でもスマホなら、「 googleマップ」で 今いる位置を共有することができます! これは子供との共有に限らず、もちろんLINEモバイルに限らずなので、ご存知の方も多いかと思いますが…。 これは、 親とLINEで通信・通話するためのものと割り切っているので うちはOKです。 LINEならメッセージのやりとり・通話が携帯会社に拘らず全て無料ですし、データフリーなので子どもの使用データ残量を気にしなくてもいいのが逆に大きなメリットです。 電話番号がないから、という理由ですね。 これはなくては心配という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 でも、うちの子の場合は 子供だけで通報は今の所まず出来ません。 うまく説明ができないからです。 もし一人で通報するような事態になっても親にかけてくると思います。 しかも、我が家ではこんな失敗があったので、小学生のうちはなくて良いというのが正直な所です。 我が家のキッズケータイ失敗談 実は、キッズケータイを持っていた時、子どもが誤って119番をしてしまったことがあります。 (そのキッズケータイには119番にかかる短縮ボタンが搭載されていました) 公園で子どもだけで遊んでいて、わたしにかけようとして間違ったようなのですが、子どもはあわててワン切りしてしまいました。 すると、消防指令センターから何度もコールバックがあり、子どもは真っ青になってわんわん泣きながら家に帰ってきました。 すぐにわたしがかけ直して事情を説明、平謝りしました。 救急にいたずらでかけてしまったのと同じです…。 本当に必要としている方がいるのに、消防の方の仕事を増やしてしまって申し訳なかったです。

次の