ユーチューバー ヒカル 本名。 ヒカルの兄まえっさんの本名や大学を特定!年収も公開します

まえっさん(まえす)ヒカルの実兄の本名や大学,年齢,財布がヤバイ!! ヤンマーの意味や奥さん(嫁),Twitterについても

ユーチューバー ヒカル 本名

本名 前田圭太 まえだ けいた 生年月日 1991年 5月 29日 身長 175cm 最終学歴 神崎高校 出身地 兵庫県姫路市 所属事務所 VAZ. こちらがヒカルさんのプロフィールですね! 本名は圭太と言うんですね(笑) ヒカルさんは元々ゲーム実況チャンネルで3年間活躍していたそうです! でもこのままじゃ数字が伸びないと考えていたそうです(笑) そこでゲーム実況より実写チャンネルの方が登録者が増えやすいとのことで、今のチャンネルに変わったそうです! このことからカリスマYouTuberヒカル!の誕生ですね(笑)(笑) 現在の年収がヤバい 皆さんが1番ヒカルさんの事で気になるのは、やっぱり年収ですよね!(笑) 現在ヒカルさんのチャンネルの再生数は、約4億5000万回だそうです!! これを一年の収入と計算すると、約2500万〜3000万程と予測できます!!!凄いですね(笑) それに実写チャンネルを、始めたヒカルさんの収入は言わないでもお分かりになると思いますが、爆 発的に伸びています!!w なんと、、、 実写チャンネルの方では1ヶ月、6000万回以上の再生数!! これをまた一年計算すると、、 7億2000万再生で恐ろしい金額を稼いでいると思われます。 スゴすぎる。 (笑) 逮捕やVALU炎上騒動について ヒカルさんの噂?話と言えば逮捕の事を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。 そんなVALU事件について話していこうと思います!! そもそもの発端は、ヒカルさん自身が株式を売り出すといった事が引き金です。 この事で、Twitterなどで無料セミナーなどと特典で煽りました。 一時期は、法的には問題ないと言われていましたが、実は詐欺罪!?になるのではないかという見方 もあり、本当に詐欺罪に当たるとしたらヒカルさんの逮捕の可能性もあります。 実は詐欺とも見られる今回の事件ですが、法的には問題ないようです! しかし、完全にファンを舐めている行動や発言で大炎上。 この騒動を受け、運営していた事務所Nextstageは解散。 ヒカルさんは活動休止をすることになりました! 詐欺罪になりかねない行動をしてしまったので活動休止になってもおかしくはないかと思われます。 そして2ヶ月後ヒカルさん復帰が発表!! まとめ 過去にはどん底とも言える過酷な経験をしてきたヒカルさん。 ですがそこからの逆転劇は信じられないものですね!!! それとヒカルさんの影響力や行動力などは本当にすごいと思います! そう簡単に人が真似できる事ではありません! 賛否両論が多いですが、ヒカルさんの新事業は今後も注目すべきですね!(笑).

次の

ヒカル(youtuber)の年齢,身長,事務所,名前の由来,年収,本名などプロフィール!

ユーチューバー ヒカル 本名

三女だよぉーー! みんな元気ぃぃ???? 最近、夏バテがひどくて全身ダルさを感じている今日この頃。 暑さと言うよりは湿気がどうやら原因なので、この陽気さえ過ぎてしまえば過ごしやすいのですが、そんな真夏の頭が朦朧としている時に、重大スキャンダル発覚ですね(;_;) 目が醒めると言うか何と言うか… VALUを全て売り抜き価格暴落をさせたユーチューバーのヒカル君ですが… 何やら2chやツイッター上では色々と疑惑があるみたいですね! ということで今回は、 VALUを全て売り抜き価格暴落をさせたユーチューバーのヒカルが詐欺罪で逮捕されるのはいつなのか?その真相と週刊文春が報じた記事の内容や悪徳商法の全容や正体について検証をして見たいと思います。 ではではいってみましょう〜 週刊文春が報じたユーチューバー・ヒカルの詐欺罪について… 少しだけ… 見てっ! 見よぉ! イェーイ! いやはや… まさかこんな注目の浴び方になるとはご本人も思わなかったのではないでしょうか? まずは、世間を騒がせているユーチューバー・ヒカル君の今回の問題について詳しく見ていきましょう。 週刊文春の取材に対し、自身もユーチューバーで弁護士の久保田康介氏が「詐欺罪に問われる可能性もある」と指摘した。 「今回のケースは優待示唆が故意だったか否かが重要になります。 ヒカルさんは優待示唆に関してスタッフのミスである旨の説明をしていますが、この反論が認められるかには疑問があります。 被害額もそれなりになるので裁判になってもおかしくありません」 久保田氏 テキヤのクジに当たりが入っているかを検証した動画で有名になり、自身のユーチューブチャンネルの登録者が260万人を超える人気ユーチューバー・ヒカル氏。 ツイッターやVALUの掲示板で、〈明日からvalu(バリュー)で動き出す予定! 〉〈VALU保有者限定のオフ会orセミナー等をやる予定にしています〉などと、優待を示唆する内容を告知した。 ヒカル氏のVAはすぐに高騰した。 しかし、ストップ高になった15日、ヒカル氏らは保有する自身のVAを全て売却。 当初は強気の姿勢を見せていたヒカル氏も16日にはVAを最高値で買い戻すことを発表し、インサイダーではないことと、優待を設定するとは言っていないことを強調した。 私の個人的な見解ですが… やはり意図的な感じがしますね。 これが計算ではなかったら、本当の天才だと感じてしまいますが、でも、どう考えても怪しい。 その上、ヒカル君が一人で考えたようにも思えないし… となると、絶対に背景には黒幕となる人物の存在がある感じもしますね。 今回、このケースで詐欺罪に問われる可能性もあるとのことですが、もしも詐欺罪で逮捕となれば、いつごろなのでしょうか? 早くて1ヶ月以内の可能性も高そうですが、現時点では詐欺罪としての訴えは無さそうなので、そういった最悪の事態はありませんね。 でも可能性があるとの弁護士さんの指摘なので今後、この問題がどう発展していくのか気になります。 今回、詐欺罪について掲載をした週刊文春の記事ですが、同時に悪徳商法の内容や全容についても記載があるそうです。 その前に、 ユーチューバーのヒカル君について経歴プロフィールを見て見ましょう。 ヒカル ユーチューバー 職業:ユーチューバー 本名:前田圭太 まえだ けいた 年齢:25歳 生年月日:1991年5月29日 身長:175cm 兄弟:兄(まえす) 出身地:兵庫県姫路市 学歴:神崎高校卒 憧れの人物:島田紳助 現時点で、週刊文春が報じている悪徳商法の内容については不明ですが、情報を入手次第、追記をしていきたいと思います。 私たち三姉妹は共通して好きなことや嗜好品があります。

次の

ヒカルの現在の年収がヤバい!逮捕やVALU炎上騒動についても調査!

ユーチューバー ヒカル 本名

ヒカル YouTuber プロフィール 2016年に実写チャンネルを立ち上げ僅か1年でチャンネル登録者数130万人を突破し、現在チャンネル登録者数180万人を超え、トップYoutuberに登り詰めた実力派Youtuberヒカル。 彼のチャンネルの特徴は、誰にも真似できない大胆にお金を使う企画です。 ・年末ジャンボ宝くじ100万円分を購入 ・ボートレースに100万円をつぎ込む ・夏祭りのくじを箱ごと買い取る など 本名:前田圭太 まえだ けいた 誕生日:1991年5月29日 身長:173㎝ 出身地:兵庫県姫路市 学歴:兵庫県立神崎高校卒業 初めは「Hikaru Business」という情報商才に関するチャンネルを運営していました。 登録者数は3000人ほどで決して多くは無かったものの、「Hikaru Business」の動画を見てヒカルさんの運営するメールマガジンに登録した方が多く、結果収益に繋がりました。 現在このチャンネルと動画はすべて消去されています。 その後は「Hikaru games」チャンネルを立ち上げ、チャンネル登録者数45万人とプチ成功を収めます。 Hikaru gamesチャンネルはメンバーの入れ替わりが激しく最終的に現在まで残ったメンバーが「ヒカルさん」「名人」「まえっさん」でした。 そして現在の実写チャンネル「ヒカル Hikaru」で大成功をしました。 ヒカルの金髪起業家時代 高校卒業後、工場で働く ヒカルさんは高校を卒業して、担任の先生から「ニートになるか?」「工場へ行くか?の2択を迫られました。 そして、ヒカルさんはニートになるわけにはいかないと思い、工場に就職することにしました。 速攻で工場を辞める ある日務めていた工場の社長を見て、その社長がとてもダサかったようです。 「おれはこの社長に負けているのか、いや、そんなはずはない!おれの方がこの社長よりも上だ」と思い、退社を決意します。 井川さんの会社で働く その翌日、高校時代に知り合った友人「りょうまさん」の紹介で、りょうまさんのお兄さん「井川さん」の会社に入社します。 最初は事務作業を担当していたのですが、営業に出るようになります。 そこで、生まれながらの才能と努力によって、営業部で業績1位を獲得しました。 ヒカルさん一人で年間7千万円程度の売り上げを立てていたようです。 ヒカルさんは独立してもやっていけると思い、独立します。 独立直後、危ない人に騙されて借金を背負う ヒカルさんは自分で会社を経営していましたが、知り合いに騙されて一気に転落していきます。 キャバクラに通い派手に遊んでいたヒカルさんは、貯金をまったくしておらず、その日に稼いだお金はすべて使っており、「お金が必要となればその日の内に稼ぐ」というスタンスで生活をしていました。 しかし、知り合いの社長に騙され 借金1000万円を背負ってしまいます。 インターネットビジネスで再起! この借金を背負ってから、大逆転劇が始まります。 ヒカルさんは借金を返済するためにFXに手を出して、数百万を溶かします。 その後、「やっぱりコツコツしないといけない」と考えを改めて、インターネットを使ってお金を稼ぐ方法を探り始めます。 ブログや掲示板を運営し広告収入を得たり、ネット上で商品販売をするアフェリエイトでお金を稼ぎ、参入4ヶ月で100万円を稼ぎました。 その後、どんどんと稼ぎを大きくして、 8ヶ月で1200万円に到達します。 借金を返済し終えます。 そこから自身のアフェリエイトのノウハウ 情報商材 を販売します。 これが大成功をします。 YouTube上で他の会社経営のコンサルタントをするなどし、収入は一気に増えて、 月収2000万円を超えるようになりました。 ネット業界では「金髪起業家」と呼ばれ有名でした。 前田圭太のFacebookを発見? 現在は閉鎖されているようですが、このFacebookによって以下の個人情報がわかったようです。 【名前】前田 圭太(まえだ けいた) 【愛称】ヒカル 【生年月日】1991年5月29日 【出身地】兵庫県 【身長】175cm 【趣味と好きなもの】漫画と海外ドラマ 【好きな食べ物】寿司 【尊敬してる人物】HIKAKINと島田紳助 【座右の銘】なりたいものになれるのはなろうとしたものだけ 師匠「井川」さんに語った「原発で儲ける話」がヤバすぎる! 最近、「借金を背負った」というエピソードが「大嘘」だという噂が広がっています。 ヒカルさんが過去に東日本原発ビジネスで失敗し、反社会勢力に1200万円の借金をしました。 このエピードは本当なのでしょうか? まずは下記の動画を視聴願います。 YouTubeの会話の内容は以下の通りです。 覚えてますからね俺。 反社会勢力に大津のガストに呼ばれて…向こうは若頭の補佐と手下三人ぐらい連れて来たんですよ。 最初は俺も話し合いで終わると思ってたんですよ。 なんぼ言うてもガストやし!謝って終わるやろぐらいに思ってたんですよ。 でも何回謝っても終わりが見えないんですよ。 向こうの言い回し的に何かを欲しているのは分かったんだけど、でも欲しいとは言わないんですよね。 恐喝罪になるから。 俺の方からお金を払いますっていう言葉を引き出すまで永久に帰る様子がないんですよ。 そしたら向こうが言い出すんですよ。 どこまで本当かわからないですよ? でも派遣のビジネスで損害が出たとか言い出すんですよ。 そんな損害出てるはずもないのに。 要は金を払えってことなんですよね。 その金額も意味が分からないんですよ。 たった1日の失敗なのに、ふっかけてきたのが800万円やったんですよ。 そんなお金あるわけないやん。 あったとしてもお前に何で渡さなアカンねんって思ったんですけど、払わなかったら一向に話が終わらないんですよね。 いや俺も18か19ぐらいの時だったんで、常識が分からないんですよ。 右も左も分からなかったから警察に行こうという発想も浮かばなかったんですよね。 で、払うしかないかっている決断になりましたけどね。 その後またつけ込んでくることもあったんですけど一銭も払わないっていう覚悟を見せたら、それ以上はこなかったですね。 背負った借金の金額は1200万円?800万円? 下記の動画では反社会的勢力に借金を背負わされた金額が800万円だと、まえっさんが力説しています。 ここまでハッキリと「800万円」だと明言しているので、借金の金額は1200万円ではなく、800万円の可能性が高いと思います。 この話を受けてネット上では嘘だとの声が多くあがっています。 以下、ネット上の反応 その時々での発言の変化や当記事で追求した内容を加味すると、十中八九嘘でしょうね。 嘘の理由として考えられるのは、情報商材を売るためのストーリー作りを今でも転用しているか、もしくはYouTube上で人生大逆転劇風に自分をプロデュースすることで話題を呼ぶためか。 真相は分かりませんが、もしヒカルさんの東日本原発ビジネスで借金をした話が本当なのであれば、誰もが疑問を抱かない形で証明してほしいですね。 発言が二転三転した理由についても。 確かに情報商材を売るインターネットビジネスというのは、自分という商品を売り出すという側面が強いので、借金額を1200万円と大袈裟に言った可能性はあるとは思います。 しかしながら、借金額が800万円であれ1200万円であれ、 反社会的勢力に詰められたというエピソードは真実でしょう。 なぜなら、実の兄であるまえっさんが証言しているからです。 さらに井川さんもヒカルさんを陥れた人物を知っていました。 さすがにこのエピード自体がウソだというのはかなり無理があると思います。 話を少し盛った可能性があるという程度の話なのです。

次の