ヘナ カラー 宇都宮。 【20年版】東武宇都宮でヘナカラーがおすすめの美容室6選

【必見】ヘナカラーとは?色見本などおすすめスタイルまとめ

ヘナ カラー 宇都宮

2001年5月フレグランスジャーナル社が発行した「aromatopia No. 46」に、「ヘナできれいで丈夫な髪に」という記事が掲載されています。 出典:aromatopia No. 46 表紙 投稿者のパティル・シーマ・長澤さんは、インド生まれのインド人で、ご結婚を機に来日され、当時で来日11年。 以下の経歴を経てアーユルヴェーダ・パンチャカルマ・セラピストをされています。 ボンベイ大学卒 理学士• サングリ大学薬草学科卒• インド自然治療カレッジ卒• ヨーガ教師養成コース卒 この記事に掲載されているのは、ヘナカラーの効果や使い方に加えて、デメリットと注意点も。 わずか3ページの記事には、 ヘナカラーの全貌が凝縮され、ほぼ語り尽くされている感があります。 さらに、ほぼ同時期に出版された著書「あたまから元気」では、ヘナカラーの現状について、 より深く切り込んだ内容も掲載しているのです。 出展: あたまから元気 表紙 美容業界の当事者には、かりに真相を知っていたとしても、 公に語ることのできない内容といえるでしょう。 なぜなら、 ヘナカラーに関連する全員(利用者、生産者を含む)の、複雑に絡みあった現実が存在するからです。 ヘナカラーのデメリットとは、ヘナ本来の姿ではありません。 ヘナの名前をかりて流通する多くの商品が、生み出した結果といえるでしょう。 当記事の目的は、「ヘナカラーのデメリット」の本質がどこにあるのかを、明らかにすることです。 インドの専門家による切り口で、ヘナカラーと真正面から向き合ってみます。 本物の純粋なヘナを選ぶなら、以下をご覧ください。 染まるとすれば、化学染料が含まれている可能性があり、注意が必要。 10項目に整理した、ヘナカラーのデメリットや注意点をよく見ると、 世間に流通するような、「頭皮がかぶれる」「かゆみがでる」「頭痛がする」などの症状は登場してきません。 いっぽうで、ブラックヘナやダークブラウンヘナに対する、警告的なメッセージが述べられています。 つまり、 ヘナカラーの評価には、さまざまなヘナ関連商品を使った結果が、混ざってしまっているのです。 ヘナは天然の植物なのですから、天候によって葉や粉の状態が異なるのは当たり前。 そのヘナについて、図書では単刀直入に、真相が語られています。 ヘナカラーのデメリット~ヘナではない! 図書を読み進めるにしたがって、いわゆるヘナカラーのデメリットというものは、ヘナが生み出したものではないことが、明らかになってきます。 ヘナを輸入してから、日本のマニキュアっぽい染料 補足5 参照 を混ぜる会社もあります。 その混ざりものは、体にとってよいものではなく、もちろん髪にとっても効果的なものではありません。 【補足1 - ヘナにきれいな緑色を着色】 ブリリアントグリーン(緑色の化学色素、発がん性物質) 出典:富士フィルム 和光純薬株式会社 【補足2 - ヘナに混ぜる葉「アウリ」】 「Cassia」は、カッシャ、カシア、アウリ、アワルなどと呼ばれる植物で、 薬草から雑草まで多種にわたります。 下の引用で、最初の赤下線には、「カッシャ属およびセナ属は、ともに伝統医学で知られ、例えばナンバンサイカチ(学名:Cassia fistula)は、アーユルヴェーダの薬として用いられます。 」と記述されています。 2番目の赤下線部分で説明されているように、「カッシャには数百種あり、何種類あるかは不明」のようです。 出典:Wikipedia「Cassia genus 」 (赤下線は当サイトによる) ここで言いたいのは、要するに植物は多様で、ある種類は雑草でも、ある種類は薬になるということ。 生薬の研究開発が、いかに時間を要するかがわかります。 ヘナの成分は、長い歴史の中で、膨大な種類におよぶ植物の中から生き残ってきたものだ、ということです。 【補足3 - 黒く染まる植物染料】 いわゆるブラックヘナのことで、詳しくは以下の記事をご覧ください。 ヘナと変わらない赤橙色の化学染料として、「ピクラミン酸ナトリウム」が掲載されています。 出典:最新ヘアカラー技術 表紙 出典:最新ヘアカラー技術 132~133ページ (赤下線は当サイトによる) 出典:厚生労働省 (赤線は当サイトによる) 【補足5 - マニキュアっぽい染料】 化粧品に関する規制緩和によって、2001年4月からヘナは、それまでの「雑貨」扱いから「化粧品」として登録が可能になりました。 それと同時に、マニキュアタイプのHC染料(HCは、「ヘアカラー」の意味)や塩基性染料も、化粧品として使用が可能となります。 そして、HC染料の配合されたヘナカラーも化粧品として登場し、現在も日本の美容院で使用されているのです。 <追記> HC染料は新しい成分で、「医薬品・医薬部外品」では使用を認められていません。 つまり、体内に吸収されたときの薬害は想定されておらず、体への影響は未知といえます。 事実として分かっているのは、次の2点です。 発がん性が認められている「タール色素」と同じく、石油を原料とする。 「タール色素」よりも分子が小さい。 ちなみに、HC染料や塩基性染料は、ヘアカラー製品では普通に配合されています。 たとえば、ベストセラーといわれるヘアカラートリートメント(以下の画像)も、髪を染めるのはHC染料や塩基性染料であって、天然の成分ではありません。 天然100%のナチュラル・ヘナと、ヘアカラートリートメントでは、配合する成分を見てしまえば「 違いは異次元」といえます。 詳しくは、以下の記事をご覧ください。 成分の出典: ケンコーコム (赤下線は当サイトによる) ヘアカラー全般のリスクについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。 たとえば、目の前に2つのヘナがあって、一方はウグイス色のナチュラルヘナだとしましょう。 もう片方は、鮮やかな緑色をして、短時間で染まり、しかも前者より安いとします。 多くの消費者は、結果的に後者を選択するでしょうし、少なくともヘナの原産地ともいえるインドでは、そうだということです。 昔から使われていたからヘナカラーを利用する、でも手軽な製品があるならば、そちらを選ぶ。 ある意味では、当然の流れでしょう。 生産者は消費者ニーズに応えながら、利益を最大化するのが基本ですから、化学染料、緑色の土や草を混ぜて、キレイでよく染まる製品を多く(重く)作ろうとします。 化学染料を混ぜるといっても、ほんの数パーセントほどですから、消費者からすれば、重大な危険性が潜んでいるなどどは夢にも思いません。 生活の一部として使用されていたヘナカラーに、いつのまにか化学物質が紛れ込んでいきました。 冷静に考えて、化学物質の入ったヘナカラーとは、いったい何なのか。 昔からヘナカラーが生活にとけ込んでいた、インドの人ならともかくとして、日本人にとって何か意味があるのでしょうか。 さらに言ってしまえば、原産地では金銭を払うことで、品質の保証書を獲得することができるのかもしれません。 世界の情勢というものは、じっさい何が起こっているのか、疑えばキリがないのです。 ましてや、 植物のヘナに別の葉を混ぜたところで、成分分析をしても混入など絶対に分かりません。 微生物、カビ、害虫などを、どうやって防いでいるのか。 土地の状況によっては、重金属類(鉛、ヒ素、水銀など)の汚染も重大な要素となります。 要するに、さまざまな経路を経て、世界からヘナ関連商品が日本にやってくるわけです。 安心して利用できる商品かどうかを確認するためには、消費する前に日本の検査機関で検査するしか、他に方法はないでしょう。 本物の純粋なヘナとは、3つの条件をクリアーしたものです。 ヘナに含まれる色素ローソンが、髪の成分ケラチン(タンパク質)と結びついて発色する性質を利用するものです。 たとえば、ティッシュのようなものに、ヘナの粉を包みます。 全体を湿らせても、 ティッシュにはタンパク質が含まれませんから、着色しないはずです。 何らかの色がつけば、染料によるものだというわけです。 図書によらなくても、ローソンが酸化して発色する性質によって、他にも多くの方法を考えることができます。 たとえば、ヘナのペーストは酸化とともに茶色に変色していきますが、レモン汁を加えることで変化は早まります。 かりに ペーストが色あせずに、濃い緑色のままであれば、化学色素が入っていると考えられるのです。 安心して長時間かけて染めた場合に、化学染料が配合されていたりすれば、 限界値を大幅に超えてしまうからです。 使用説明書に記載されている置き時間は、安全性の観点から守るべきといえます。 粉の色と匂い ヘナの葉を粉にしたものは、 一見すると抹茶のようで、匂いも抹茶(または畳のイグサ)のようです。 水に混ぜるとウグイス色ですが、ペーストも時間の経過とともに、ローソンが酸化して発色が進み、黄土色または茶色に近くなっていきます。 匂いをデメリットというならば、それまでとしか言いようがありません。 抹茶の香りが好きでも、飲むことのできない人はいるでしょうが、ヘナを飲む必要はないのです。 それはデメリットではなく、 生鮮品として当然の特徴なのです。 現実には、ガンマ線の照射によって、完全なる滅菌をした商品も存在するとか。 ガンマ線照射について、食品には規制があるものの、化粧品にはないようです。 ブラックヘナ ブラックヘナは、天然のヘナにジアミン系の染料などが配合されたもので、 ナチュラルヘナとは完全に別物です。 ヘナとは名ばかり、といえるでしょう。 粉の色は黒で、金属系の匂いがするので、分かりやすいのが救いかもしれません。 ダークブラウンヘナ 化学染料によって暗めのブラウンに染まりますが、なかにはグリーンの粉もあるため、ナチュラルヘナと思ってしまう人もいるでしょう。 ナチュラルヘナとの違いは、 水に混ぜると黒くなり、匂いも金属系という点です。 すべてが必ず起こるというわけではなく、可能性を網羅したものです。 もちろん、原料となる葉の品質によって、また使用する人の感じ方によっても異なります。 染まり具合 【3】 ヘナカラーの色は白髪にしか染まらず、黒髪は光を反射してツヤツヤになる。 【4】 白髪と黒髪の両方ある場合は、部分的に赤橙色のメッシュが入る。 【5】 染めた直後は、明るすぎる色に見えても、2~3日後には落ちついて、濃い色になる。 時間をかけて、繰り返し使うことで、納得のいく色に染めていくのがヘナカラー。 時間と回数をかけて、しだいに納得のいく色味に仕上げていくのがヘナカラー。 はじめは、白髪が赤橙色に染まりますが、 3~4日して空気に触れることで、色は薄くなっていきます。 さらに、 回数を重ねていくと、落ち着いた濃い色へ。 セロファンを重ねていくたびに、色が濃くなっていくのと同じ原理です。 白髪が赤橙色に染まるのは、とくに日本人にとって、ヘナカラーのデメリットと言えなくもありません。 白髪の量によって、全体的な仕上がりの印象は変わってきますし、 カットの仕方によって雰囲気を変えることもできますから、一律にデメリットと断定できないのではないでしょうか。 インディゴを組み合わせることによって、染まる色を変える方法もあるので、アレンジのバリエーションは豊富にある、ということも知っておくべきでしょう。 いずれにしろ、時間をかけて自分なりのイメージを作り上げていくつもりで、向き合うと良いのではないでしょうか。 一度に髪全体を染めるのでなく、部分的に試して色味を確かめるのもオススメです。 ヘナとインディゴの使い方を整理しました。 詳しくは、以下の記事をご覧ください。 パーマによる髪のダメージを回復させるために、パーマ後にヘナカラー・トリートメントをすると良い。 ヘナカラーとパーマは相性が悪く、ヘナで染めるとパーマがかかりにくくなるため、美容院では時間を延長したり、強いパーマ液を使ったり、熱を加えたりと、さらに髪が傷む工程を加えなければならなくなります。 相性が悪い理由は明らかで、 ヘナカラーを繰り返すことで、髪にコシ・ツヤ・ハリが増すから。 髪の撥水性が増して、パーマやカラーの薬剤が入らないため、ブリーチして髪を傷めることにつながります。 パーマを最優先と考えれば、パーマがかかりにくいのはデメリットといえるかもしれません。 ヘナカラーは、パーマのあとにしてください。 そもそも、パーマを本当にかけ続けるのかどうかについては、以下の記事を参考にしてください。 初めてのヘナカラーの後、髪がきしむ、パサパサ、ゴワゴワ、ギシギシに、なることがあるようです。 髪がごわつくだけでなく、洗うたびにヘナ色の水が流れてくる、シャツの襟が薄茶色に汚たり、朝起きて枕が薄茶色に汚れていることも。 以前のパーマ、ヘアカラー、合成シャンプーなどで髪の表面に付着していた、 コーティング剤がはがれ落ち、一時的に仕上がりが悪くなるからです。 加工でキレイな髪に見えても、実際は髪が痛んでいるのが原因で、あまり間を開けずに 3回くらいヘナカラーを続けると、改善します。 ヘナの成分が髪のたんぱく質と結合して、髪の表面を覆うようになれば、自然のコーティング剤のように作用して、髪はサラサラになります。 色落ち 【10】 妊娠初期や生理中は、なるべく使用を控える。 または、頭皮から離して髪だけにつける。 生理の1~2日前にやるのがベスト。 妊娠中の使用により、胎児への影響はないこと等を確認しました。 詳しくは、以下の記事をご覧ください。 また、過去に化学染毛剤などによってアレルギー症状がでた方は、肌が過敏になっているかもしれません。 使用される際は、必ずパッチテストを行ってください。 「パッチテストの箇所と時間」に関する諸外国との比較も含め、パッチテストを深く掘りさげました。 詳しくは、以下の記事をご覧ください。 使用に際して、次の点を念頭においてください。 天然100%のピュアヘナを使用してください。 化学染料が配合された製品は、もはやヘナではありません。 インド製だからといって、安心できません。 植物アレルギーは、可能性としてあり得ますので、パッチテストを行なってください。 さまざまな経路を経て日本で販売されるため、日本の検査機関で最終チェックされた製品が、もっとも安心して使用できるでしょう。 染めてから3~4日して色は薄くなり、重ね塗りによって落ち着いた濃い色になっていきます。 一度に髪全体を染めるのでなく、部分的に試して、色味を確認してみるのも良い方法です。 パーマとの相性が悪いのは、ヘナカラーのトリートメント効果によるものです。 ヘナで染めるのは、パーマのあとにしてください。 パーマ、ヘアカラー、合成シャンプーなどで髪が傷んでいた場合は、髪がパサパサになることがあります。 あまり間を開けずに、3回くらい続けると改善します。 髪が傷んでいる場合には、はじめの3回ほどは、色落ちもあると考えてください。 髪が濡れていると植物の匂いが多少しますが、乾くと取れます。 妊娠初期や生理中は、なるべく使用を控えてください。 本物の純粋なヘナについて、詳しくは以下をご覧ください。 健やかで丈夫な頭皮と黒髪を回復するための参考にしてください。

次の

【大人の白髪染め】ヘナカラーのメリット・デメリットとは?ハーブのチカラでナチュラルケア!

ヘナ カラー 宇都宮

ヘナのメリット・デメリット ヘアカラーや白髪染めで染めるとピリピリしちゃう!髪が傷みきってもう染めたくない! 意外とそんな悩みって多くないですか? そんな中、白髪が生え始めた若い世代にも、植物性の白髪染め『ヘナ』が注目されているようです。 化学染料を使っていないから、安心な白髪染めと言われてますよね。 でも、植物性ゆえのデメリットもあるのをご存知ですか? ヘナは使い方も簡単なので誰にでもはじめられます。 だけど、使ってみた後に「思っていたイメージと違う」なんてことも…。 ヘナに興味がある方は、ぜひメリットだけでなく、デメリットも知っておきませんか? その上で自分にあうかどうか、じっくり選んでくださいね。 1.ヘナのデメリットとは ヘナをはじめたばかりの方も、長く続けている方も感じてしまうヘナのデメリット。 実際にお使いになっているヘナユーザーの方の本音を聞いてみましょう。 時間がかかる 「時間がかかるのよね…染め方も面倒だし…」 60代後半・女性 時間がかかるのは、忙しい現代人には大きなデメリット。 ただでさえ、毎月の白髪染めはおっくうになりがち。 ヘアカラーとは違い、植物の穏やかな力で染めるヘナは時間がかかります。 面倒なのはヘアカラーも 一緒ですが、時間がかかる分、もっと面倒に感じるかもしれませんね。 好きな髪色にできない 「髪色を明るくしたいのに出来ない…」 20代・女性 「白髪だけオレンジ色が目立つ」 30代・女性 脱色してカラーリングするヘアカラー剤とは違い、植物性のヘナは、元の髪色に重なるようにして染まります。 黒髪を茶髪にしたり、白髪と黒髪を同じ色に均一に染めることが出来ないデメリットがあります。 白髪の割合によってはメッシュ状に染まることも。 特にヘナ100%はオレンジ色が目立ち、抵抗感がある方も いるようです。 草の匂いがきつい 「たたみ・牧草のような匂いがする」 40代・女性 ヘアカラーのツンとする匂いとは違いますが、ヘナの独特な香りは好みが分かれ、デメリットに感じる方もい るようです。 高品質で不純物が少ないヘナほど香りが穏やかだといわれていますが、それでも染めて数日くら いは香りが残ることがあるので、苦手な方は精油を混ぜるなど工夫が必要です。 その他のヘナのデメリット 「インディゴにかぶれてしまった…」 50代後半・女性 かぶれるのは、市販のヘアカラー剤ばかりではありません。 植物性でやさしいといわれているヘナであっても、 植物ゆえに「草木かぶれ」を起こす場合がまれにあります。 特にインディゴ(ナンバンアイ葉)という成分が、 かゆみ、かぶれを引き起こすことがあります。 事前にヘナでパッチテストを行いましょう。 「すぐに色落ちする、赤紫に退色してしまう」 50代前半・女性 ヘナは染まらない、すぐに色落ちすると思われがちですが、実はそれはデメリットではなく、原因の多くは使 い方の失敗。 または品質の悪いヘナや、出所の不明なヘナを使って染まらなかったりすることが多いようです。 正しい使い方をマスターすることと、売り文句に惑わされず、品質の良いヘナを見極めることが重要です。 「染めたてはゴワゴワする。 脱脂力が強すぎる」 美容師 いわゆる「ヘナショック」と呼ばれ、ヘアカラーからヘナに切り替える際によく起きる現象です。 髪の傷み方が激しい方ほどゴワツキを感じられる傾向がありますが、数日すれば指通りが滑らかになります。 上記の他にも、粉から溶くのが面倒、ヘアカラーと比べて高い、品質の悪いが流通していている、などの声が 聞かれました。 けれど、数あるヘナのデメリットの声の中で 圧倒的に多かったお声は、ヘナは時間がかかる、 面倒というものでした。 それでも続けていらっしゃる方は、一体ヘナにどんなメリットや魅力を感じているのでしょうか? 2.ヘナのメリットとは ヘナは時間がかかる、面倒といわれてしまう一方で、素晴らしいメリットも沢山あります。 続けらるのは、デメリットよりもメリットが大きく感じられるからでしょう。 実際にお使いになった方のお声 をご紹介しながら、メリットをお伝えします。 植物性だから安心して使える 「天然100%だから、頭皮についてしまっても安心。 」 40代・女性 ヘナのメリットはなんといっても、植物性で安心なことですよね。 ヘアカラーのように地肌につかないように 神経質に塗る必要もありません。 むしろたっぷり頭皮から塗ることで、頭皮にも良い効果があります。 将来の赤ちゃんのことや、健康を真剣に考える方には、何より安心な植物性がよいですね。 ヘアカラーのように傷まない、ピリピリしない 「ノンジアミンだから選びましたピリピリしません。 」 40代・女性 ジアミンや化学染料などの化学薬品を一切使わないで染められるのも、ヘナの大きなメリットでしょう。 髪を傷める成分も入っていないから、染める負担もほぼありません。 長年ヘアカラーや白髪染めを使って大丈夫だったとしても、いきなりアレルギーが出てしまうことがあります。 最近では消費者庁でもヘアカラーのアレルギーの注意喚起が行われているようです。 トリートメント効果がすごい 「パサついてた髪が驚くほどつやつやになりました!」 30代後半・女性 何をしても乾燥してパサパサだったダメージ毛が、ヘナをするとつやつやに輝くようになった。 そんなお声も 多く聞きます。 単に染めるだけでなく、素晴らしいトリートメント効果があるのもヘナの素晴らしいメリット。 特に染めたての輝くようなツヤに、初めての方は驚かれます。 コシが出て、ボリュームアップする 「ヘナのおかげで、髪がふんわりします」 60代・女性 ヘナには、髪のたんぱく質をおぎなう作用があります。 染めた後に感じるハリ・コシ感はそのためです。 猫毛で髪がペチャっとしてしまう。 分け目が薄く目立ってしまう。 加齢で髪に元気がなくなってきた… そんな方にヘナは嬉しいボリュームアップ効果を発揮します。 その他のヘナのメリット 「ヘナをした翌日は、うねりやハネがおさまっています」 20代後半・女性 ヘナには、くせ毛・うねりをまとまりやすくする効果があります。 細い髪質の方はボリュームアップし、逆に 剛毛でクセ毛の方などは、まとまって落ち着くようになります。 どんな髪質の悩みにも、効果的に働くのが、 ヘナの不思議なメリットです。 「毛穴の汚れをとって、頭皮環境をよくするんです」 50代・美容師 あまり知られていませんが、ヘナには毛穴のクリーニング効果もあります。 頭皮に潤いやハリを与え、健康 な髪をつくる環境を整えます。 髪だけでなく、頭皮にメリットがあるのも嬉しいですね。 「ヘアカラーみたいに傷みません。 むしろ髪が元気になる!」 60代後半・女性 ヘナを選ぶ理由に「ヘアカラーに限界を感じて」という声が多くあがります。 簡単・便利に染まるけれど、 負担のあるヘアカラー剤に比べ、ヘナは髪を傷めません。 傷めないどころか、ハーブの作用で、毛根にも髪に も働きかけ、使うたびにますます髪が元気になります。 ヘナにはさまざまな魅力がありますが、一番多く聞かれたのは植物成分100%の安心な成分であること。 そして染めるだけでなく、髪がツヤツヤに元気になることを多くの方が言っています。 ヘナを続けた方がいい理由 また、ヘアカラー剤を使い続けている方が、髪への負担に限界を感じ、ヘナに切り替える方が多くなりました。 髪が傷んでしまうヘアカラー剤とは違い、 染める度に髪が元気になるヘナは、続けることでさらにメリットが 増します。 面倒で時間がかかっても多くの方がヘナを続けるのは、こうしたメリットがあるからなのでしょう。 いかがでしたか?ヘナを深く知る参考になりましたでしょうか? 少しでも興味が出てきたら、まずは始めてみませんか? ヘナの欠点も長点も、ぜひご自身で実感してみてみましょう。

次の

ヘナのメリット・デメリット

ヘナ カラー 宇都宮

2001年5月フレグランスジャーナル社が発行した「aromatopia No. 46」に、「ヘナできれいで丈夫な髪に」という記事が掲載されています。 出典:aromatopia No. 46 表紙 投稿者のパティル・シーマ・長澤さんは、インド生まれのインド人で、ご結婚を機に来日され、当時で来日11年。 以下の経歴を経てアーユルヴェーダ・パンチャカルマ・セラピストをされています。 ボンベイ大学卒 理学士• サングリ大学薬草学科卒• インド自然治療カレッジ卒• ヨーガ教師養成コース卒 この記事に掲載されているのは、ヘナカラーの効果や使い方に加えて、デメリットと注意点も。 わずか3ページの記事には、 ヘナカラーの全貌が凝縮され、ほぼ語り尽くされている感があります。 さらに、ほぼ同時期に出版された著書「あたまから元気」では、ヘナカラーの現状について、 より深く切り込んだ内容も掲載しているのです。 出展: あたまから元気 表紙 美容業界の当事者には、かりに真相を知っていたとしても、 公に語ることのできない内容といえるでしょう。 なぜなら、 ヘナカラーに関連する全員(利用者、生産者を含む)の、複雑に絡みあった現実が存在するからです。 ヘナカラーのデメリットとは、ヘナ本来の姿ではありません。 ヘナの名前をかりて流通する多くの商品が、生み出した結果といえるでしょう。 当記事の目的は、「ヘナカラーのデメリット」の本質がどこにあるのかを、明らかにすることです。 インドの専門家による切り口で、ヘナカラーと真正面から向き合ってみます。 本物の純粋なヘナを選ぶなら、以下をご覧ください。 染まるとすれば、化学染料が含まれている可能性があり、注意が必要。 10項目に整理した、ヘナカラーのデメリットや注意点をよく見ると、 世間に流通するような、「頭皮がかぶれる」「かゆみがでる」「頭痛がする」などの症状は登場してきません。 いっぽうで、ブラックヘナやダークブラウンヘナに対する、警告的なメッセージが述べられています。 つまり、 ヘナカラーの評価には、さまざまなヘナ関連商品を使った結果が、混ざってしまっているのです。 ヘナは天然の植物なのですから、天候によって葉や粉の状態が異なるのは当たり前。 そのヘナについて、図書では単刀直入に、真相が語られています。 ヘナカラーのデメリット~ヘナではない! 図書を読み進めるにしたがって、いわゆるヘナカラーのデメリットというものは、ヘナが生み出したものではないことが、明らかになってきます。 ヘナを輸入してから、日本のマニキュアっぽい染料 補足5 参照 を混ぜる会社もあります。 その混ざりものは、体にとってよいものではなく、もちろん髪にとっても効果的なものではありません。 【補足1 - ヘナにきれいな緑色を着色】 ブリリアントグリーン(緑色の化学色素、発がん性物質) 出典:富士フィルム 和光純薬株式会社 【補足2 - ヘナに混ぜる葉「アウリ」】 「Cassia」は、カッシャ、カシア、アウリ、アワルなどと呼ばれる植物で、 薬草から雑草まで多種にわたります。 下の引用で、最初の赤下線には、「カッシャ属およびセナ属は、ともに伝統医学で知られ、例えばナンバンサイカチ(学名:Cassia fistula)は、アーユルヴェーダの薬として用いられます。 」と記述されています。 2番目の赤下線部分で説明されているように、「カッシャには数百種あり、何種類あるかは不明」のようです。 出典:Wikipedia「Cassia genus 」 (赤下線は当サイトによる) ここで言いたいのは、要するに植物は多様で、ある種類は雑草でも、ある種類は薬になるということ。 生薬の研究開発が、いかに時間を要するかがわかります。 ヘナの成分は、長い歴史の中で、膨大な種類におよぶ植物の中から生き残ってきたものだ、ということです。 【補足3 - 黒く染まる植物染料】 いわゆるブラックヘナのことで、詳しくは以下の記事をご覧ください。 ヘナと変わらない赤橙色の化学染料として、「ピクラミン酸ナトリウム」が掲載されています。 出典:最新ヘアカラー技術 表紙 出典:最新ヘアカラー技術 132~133ページ (赤下線は当サイトによる) 出典:厚生労働省 (赤線は当サイトによる) 【補足5 - マニキュアっぽい染料】 化粧品に関する規制緩和によって、2001年4月からヘナは、それまでの「雑貨」扱いから「化粧品」として登録が可能になりました。 それと同時に、マニキュアタイプのHC染料(HCは、「ヘアカラー」の意味)や塩基性染料も、化粧品として使用が可能となります。 そして、HC染料の配合されたヘナカラーも化粧品として登場し、現在も日本の美容院で使用されているのです。 <追記> HC染料は新しい成分で、「医薬品・医薬部外品」では使用を認められていません。 つまり、体内に吸収されたときの薬害は想定されておらず、体への影響は未知といえます。 事実として分かっているのは、次の2点です。 発がん性が認められている「タール色素」と同じく、石油を原料とする。 「タール色素」よりも分子が小さい。 ちなみに、HC染料や塩基性染料は、ヘアカラー製品では普通に配合されています。 たとえば、ベストセラーといわれるヘアカラートリートメント(以下の画像)も、髪を染めるのはHC染料や塩基性染料であって、天然の成分ではありません。 天然100%のナチュラル・ヘナと、ヘアカラートリートメントでは、配合する成分を見てしまえば「 違いは異次元」といえます。 詳しくは、以下の記事をご覧ください。 成分の出典: ケンコーコム (赤下線は当サイトによる) ヘアカラー全般のリスクについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。 たとえば、目の前に2つのヘナがあって、一方はウグイス色のナチュラルヘナだとしましょう。 もう片方は、鮮やかな緑色をして、短時間で染まり、しかも前者より安いとします。 多くの消費者は、結果的に後者を選択するでしょうし、少なくともヘナの原産地ともいえるインドでは、そうだということです。 昔から使われていたからヘナカラーを利用する、でも手軽な製品があるならば、そちらを選ぶ。 ある意味では、当然の流れでしょう。 生産者は消費者ニーズに応えながら、利益を最大化するのが基本ですから、化学染料、緑色の土や草を混ぜて、キレイでよく染まる製品を多く(重く)作ろうとします。 化学染料を混ぜるといっても、ほんの数パーセントほどですから、消費者からすれば、重大な危険性が潜んでいるなどどは夢にも思いません。 生活の一部として使用されていたヘナカラーに、いつのまにか化学物質が紛れ込んでいきました。 冷静に考えて、化学物質の入ったヘナカラーとは、いったい何なのか。 昔からヘナカラーが生活にとけ込んでいた、インドの人ならともかくとして、日本人にとって何か意味があるのでしょうか。 さらに言ってしまえば、原産地では金銭を払うことで、品質の保証書を獲得することができるのかもしれません。 世界の情勢というものは、じっさい何が起こっているのか、疑えばキリがないのです。 ましてや、 植物のヘナに別の葉を混ぜたところで、成分分析をしても混入など絶対に分かりません。 微生物、カビ、害虫などを、どうやって防いでいるのか。 土地の状況によっては、重金属類(鉛、ヒ素、水銀など)の汚染も重大な要素となります。 要するに、さまざまな経路を経て、世界からヘナ関連商品が日本にやってくるわけです。 安心して利用できる商品かどうかを確認するためには、消費する前に日本の検査機関で検査するしか、他に方法はないでしょう。 本物の純粋なヘナとは、3つの条件をクリアーしたものです。 ヘナに含まれる色素ローソンが、髪の成分ケラチン(タンパク質)と結びついて発色する性質を利用するものです。 たとえば、ティッシュのようなものに、ヘナの粉を包みます。 全体を湿らせても、 ティッシュにはタンパク質が含まれませんから、着色しないはずです。 何らかの色がつけば、染料によるものだというわけです。 図書によらなくても、ローソンが酸化して発色する性質によって、他にも多くの方法を考えることができます。 たとえば、ヘナのペーストは酸化とともに茶色に変色していきますが、レモン汁を加えることで変化は早まります。 かりに ペーストが色あせずに、濃い緑色のままであれば、化学色素が入っていると考えられるのです。 安心して長時間かけて染めた場合に、化学染料が配合されていたりすれば、 限界値を大幅に超えてしまうからです。 使用説明書に記載されている置き時間は、安全性の観点から守るべきといえます。 粉の色と匂い ヘナの葉を粉にしたものは、 一見すると抹茶のようで、匂いも抹茶(または畳のイグサ)のようです。 水に混ぜるとウグイス色ですが、ペーストも時間の経過とともに、ローソンが酸化して発色が進み、黄土色または茶色に近くなっていきます。 匂いをデメリットというならば、それまでとしか言いようがありません。 抹茶の香りが好きでも、飲むことのできない人はいるでしょうが、ヘナを飲む必要はないのです。 それはデメリットではなく、 生鮮品として当然の特徴なのです。 現実には、ガンマ線の照射によって、完全なる滅菌をした商品も存在するとか。 ガンマ線照射について、食品には規制があるものの、化粧品にはないようです。 ブラックヘナ ブラックヘナは、天然のヘナにジアミン系の染料などが配合されたもので、 ナチュラルヘナとは完全に別物です。 ヘナとは名ばかり、といえるでしょう。 粉の色は黒で、金属系の匂いがするので、分かりやすいのが救いかもしれません。 ダークブラウンヘナ 化学染料によって暗めのブラウンに染まりますが、なかにはグリーンの粉もあるため、ナチュラルヘナと思ってしまう人もいるでしょう。 ナチュラルヘナとの違いは、 水に混ぜると黒くなり、匂いも金属系という点です。 すべてが必ず起こるというわけではなく、可能性を網羅したものです。 もちろん、原料となる葉の品質によって、また使用する人の感じ方によっても異なります。 染まり具合 【3】 ヘナカラーの色は白髪にしか染まらず、黒髪は光を反射してツヤツヤになる。 【4】 白髪と黒髪の両方ある場合は、部分的に赤橙色のメッシュが入る。 【5】 染めた直後は、明るすぎる色に見えても、2~3日後には落ちついて、濃い色になる。 時間をかけて、繰り返し使うことで、納得のいく色に染めていくのがヘナカラー。 時間と回数をかけて、しだいに納得のいく色味に仕上げていくのがヘナカラー。 はじめは、白髪が赤橙色に染まりますが、 3~4日して空気に触れることで、色は薄くなっていきます。 さらに、 回数を重ねていくと、落ち着いた濃い色へ。 セロファンを重ねていくたびに、色が濃くなっていくのと同じ原理です。 白髪が赤橙色に染まるのは、とくに日本人にとって、ヘナカラーのデメリットと言えなくもありません。 白髪の量によって、全体的な仕上がりの印象は変わってきますし、 カットの仕方によって雰囲気を変えることもできますから、一律にデメリットと断定できないのではないでしょうか。 インディゴを組み合わせることによって、染まる色を変える方法もあるので、アレンジのバリエーションは豊富にある、ということも知っておくべきでしょう。 いずれにしろ、時間をかけて自分なりのイメージを作り上げていくつもりで、向き合うと良いのではないでしょうか。 一度に髪全体を染めるのでなく、部分的に試して色味を確かめるのもオススメです。 ヘナとインディゴの使い方を整理しました。 詳しくは、以下の記事をご覧ください。 パーマによる髪のダメージを回復させるために、パーマ後にヘナカラー・トリートメントをすると良い。 ヘナカラーとパーマは相性が悪く、ヘナで染めるとパーマがかかりにくくなるため、美容院では時間を延長したり、強いパーマ液を使ったり、熱を加えたりと、さらに髪が傷む工程を加えなければならなくなります。 相性が悪い理由は明らかで、 ヘナカラーを繰り返すことで、髪にコシ・ツヤ・ハリが増すから。 髪の撥水性が増して、パーマやカラーの薬剤が入らないため、ブリーチして髪を傷めることにつながります。 パーマを最優先と考えれば、パーマがかかりにくいのはデメリットといえるかもしれません。 ヘナカラーは、パーマのあとにしてください。 そもそも、パーマを本当にかけ続けるのかどうかについては、以下の記事を参考にしてください。 初めてのヘナカラーの後、髪がきしむ、パサパサ、ゴワゴワ、ギシギシに、なることがあるようです。 髪がごわつくだけでなく、洗うたびにヘナ色の水が流れてくる、シャツの襟が薄茶色に汚たり、朝起きて枕が薄茶色に汚れていることも。 以前のパーマ、ヘアカラー、合成シャンプーなどで髪の表面に付着していた、 コーティング剤がはがれ落ち、一時的に仕上がりが悪くなるからです。 加工でキレイな髪に見えても、実際は髪が痛んでいるのが原因で、あまり間を開けずに 3回くらいヘナカラーを続けると、改善します。 ヘナの成分が髪のたんぱく質と結合して、髪の表面を覆うようになれば、自然のコーティング剤のように作用して、髪はサラサラになります。 色落ち 【10】 妊娠初期や生理中は、なるべく使用を控える。 または、頭皮から離して髪だけにつける。 生理の1~2日前にやるのがベスト。 妊娠中の使用により、胎児への影響はないこと等を確認しました。 詳しくは、以下の記事をご覧ください。 また、過去に化学染毛剤などによってアレルギー症状がでた方は、肌が過敏になっているかもしれません。 使用される際は、必ずパッチテストを行ってください。 「パッチテストの箇所と時間」に関する諸外国との比較も含め、パッチテストを深く掘りさげました。 詳しくは、以下の記事をご覧ください。 使用に際して、次の点を念頭においてください。 天然100%のピュアヘナを使用してください。 化学染料が配合された製品は、もはやヘナではありません。 インド製だからといって、安心できません。 植物アレルギーは、可能性としてあり得ますので、パッチテストを行なってください。 さまざまな経路を経て日本で販売されるため、日本の検査機関で最終チェックされた製品が、もっとも安心して使用できるでしょう。 染めてから3~4日して色は薄くなり、重ね塗りによって落ち着いた濃い色になっていきます。 一度に髪全体を染めるのでなく、部分的に試して、色味を確認してみるのも良い方法です。 パーマとの相性が悪いのは、ヘナカラーのトリートメント効果によるものです。 ヘナで染めるのは、パーマのあとにしてください。 パーマ、ヘアカラー、合成シャンプーなどで髪が傷んでいた場合は、髪がパサパサになることがあります。 あまり間を開けずに、3回くらい続けると改善します。 髪が傷んでいる場合には、はじめの3回ほどは、色落ちもあると考えてください。 髪が濡れていると植物の匂いが多少しますが、乾くと取れます。 妊娠初期や生理中は、なるべく使用を控えてください。 本物の純粋なヘナについて、詳しくは以下をご覧ください。 健やかで丈夫な頭皮と黒髪を回復するための参考にしてください。

次の