日本 平 パーク ウェイ。 日本平への道

2020年 日本平パークウェイへ行く前に!見どころをチェック

日本 平 パーク ウェイ

日本平に徒歩でアクセスをする方はロープウェイでアクセスが便利だろう。 これが日本平ロープウェイの山頂駅 日本平ロープウェイの山頂駅のお土産物。 日本平ロープウェイの山頂駅チケット売り場はお土産物の横にある。 日本平ロープウェイの山頂駅のチケット販売機。 往復大人1,100円、子供550円。 (2017年11月現在) ロープウェイ往復+東照宮拝観+東照宮博物館入館の3枚セット券も販売されている。 高校生は大人ね。 TOICAなど交通系ICカードの利用OK! 日本平:駐車場・パーキング 日本平の駐車場は2箇所ほどある。 こちらがロープウェイ山頂駅の駐車場。 こちらが日本平パークウェイの駐車場 日本平パークウェイ駐車場と日本平ロープウェイ山頂駅駐車場の双方でアクセスが可能。 日本平:山頂案内 日本平山頂マップ。 かなり広いエリアで構成されている。 こちらがパークウェイ側の駐車場エリアマップね。 日本平:東展望台 日本平の東展望へ行ってみよう。 パークウェイ駐車場からのアクセスが良い。 建物の上に登ると早速富士山が見える。 展望台からは富士山が一望。 日本平方のながめ。 左から• 富士山• 清水港• 愛鷹山• 三保半島• 伊豆半島• 駿河湾 となっている。 その日本平方のながめがこちらとなる。 東展望台からの眺めだ。 日本平:山頂吟望台 展望台はもう一つある。 それが「山頂吟望台」となる。 歩いていくと富士山の石碑などがある。 さらに「赤い靴はいてた女の子」の碑もある。 1:赤い靴(くつ) はいてた 女の子異人(いじん)さんに つれられて 行っちゃった。 2:横浜の 埠頭(はとば)から 汽船(ふね)に乗って異人さんに つれられて 行っちゃった。 3:今では 青い目に なっちゃって異人さんの お国に いるんだろう。 4:赤い靴 見るたび 考える。 異人さんに 逢(あ)うたび 考える静岡県清水市有渡郡不二見村(現在の静岡市清水区宮加三)出身の岩崎かよの娘・佐野きみ 1902年(明治35年)7月15日 - 1911年(明治44年)9月15日)がその赤い靴を履いていた少女のモデルとされた。 (wikipedia) こちらが山頂吟望台となっている。 パークウェイ側駐車場より歩いて5分ほど。 のんびり歩いても10分で着くだろう。 山頂吟望台を日本平ロープウェイ側より歩いてみる。 ロープウェイ側から歩くと山頂吟望台と富士山が一緒に見える。 ロープウェイ側のほうが近いようだ。 5分かからなかった。 山頂吟望台からの富士山の眺め。 日本平ホテル 日本平パークウェイの途中に日本平ホテルがある。 すばらしいホテルで、全室が富士山側に向いている。 これが日本平ホテル(の駐車場)からみた富士山の眺め。 たぶんホテルバルコニーからは、もっとすばらしい眺めであろう。

次の

日本平パークウェイ富嶽台から望む富士山と夜景!駐車場のある展望スポット

日本 平 パーク ウェイ

静岡市周辺の地形図。 中央右が有度山および日本平 日本平はの沿岸近くにある 有度山 ( うどやま )の山頂とその一帯で、やが駿河湾越しに見え、北には(南アルプス)も望める。 眼下には清水区の街並みとが広がり、のスポットにもなっている。 、毎日新聞社主催の観光地百選において、平原の部で第1位となり、 には国のにも指定された。 の日本観光地百選コンクールでも第1位となった。 には、「」に認定された。 最高地点の有度山山頂は標高307 mで、山腹にはが多く、や畑が広がる。 有度山を中心とした丘陵はによってできたもので、過去10万年間で300 mも隆起しており、これは日本でも有数の激しい地殻変動である。 丘陵の海側は急峻な地形となっているが、これは波や沿岸流に削り取られたためである。 この土砂は沿岸流に流されを形成する要因となった。 丘陵の西から北縁にかけては活断層が走る。 有度山の名称はに ( うどのこおり )が置かれていたことに由来する。 施設・旧跡 [ ] 丘陵南域の久能山(標高216 m)の山腹にはゆかりのがあり、日本平山頂から東照宮までをが結んでいる。 また、童謡「」にモデルになった女の子とその母親が清水区宮加三(旧不二見村)の出身であったことからその母子像が山頂部に置かれている。 山頂部には「山頂吟望台」と「東展望台」があり、富士山と清水港などの展望地となっている。 山頂付近に、日本平ゴルフクラブ、があり、また静岡県内の各放送局が共同で建設したが置かれている。 中腹の駿河区側には、、 遊木 ( ゆうき )の森が、清水区側にはの本拠地であるがある。 IAIスタジアム日本平 静岡市道池田日本平線 [ ] 丘陵には、が観光振興や地域開発を目的として、東西に走る有料の「 日本平パークウェイ」が造られ、(昭和39年)3月1日に全線の供用を開始した。 静岡側から丘陵の日本平山頂まで登る道路「日本平パークウェイ」と、清水側から日本平山頂を結ぶ「清水日本平パークウェイ」で二分され、この二つの道は山頂でつながっている。 一帯は「」に指定されていて 、お茶畑や富士山の眺めが良いところでよく知られる。 (平成16年)4月1日には無料化され、「日本平パークウェイ」は「静岡市道池田日本平線」となった。 長きにわたり、することを目的とするが夜間に集い問題となっていたが、は違反()やカラー舗装の路面に付けられたタイヤ痕を行為として摘発およびを進めた。 また、だった当時はにより、125 cc以下の、、、はとされていた。 無料化された後も静岡県の方針により、引き続き自転車と歩行者は通行が禁止されている。 その他 [ ] 日本平ゴルフクラブの敷地は当初は自動車用の「日本平スピードウェイ」と称するショートのを設ける予定であったが中止された。 日本平が舞台の作品 [ ] 花ひらく娘たち 1969年 アクセス [ ]• 北口または南口から。 ・ 42 日本平ロープウェイ行きで、静岡駅より約45分。 では、の又はが最寄りのインターチェンジである。 または専用のが最寄りである。 なお、山麓を走る東名高速道路上り線側に、がある。 脚注・出典 [ ] []• 111. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2011年11月6日閲覧。 静岡市. 2015年8月29日閲覧。 2016年8月5日. 2016年8月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年8月5日閲覧。 静岡市. 2019年5月4日閲覧。 「」『静岡新聞』、2003年8月12日。 2011年11月6日閲覧。 『えんそくの地学 静岡県の地学案内』静岡県地学会、黒船出版部、1983年、109頁。 活断層データベース. 産業技術総合研究所. 2011年11月6日閲覧。 , p. 398. 2011年11月6日閲覧。 Response. 2005年7月25日. 2007年11月9日閲覧。 Response. 2006年5月20日. 2007年11月9日閲覧。 2019年6月14日閲覧。 参考文献 [ ]• 『コンサイス日本山名辞典』徳久球雄、、1992年10月、修訂版。 須藤英一『新・日本百名道』、2013年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (2009年3月3日アーカイブ分) - 静岡市•

次の

日本平ロープウェイの混雑状況と駐車場情報、お得な割引券はある?

日本 平 パーク ウェイ

この2つは名前が似ているが、別の道だ。 あと、もある。 静岡側からへ登る有料道路。 草薙総合運動場のあたりから南東方向へ行く。 日本平動物園の脇をすぎると料金所があって、ここで山頂付近の案内図をくれた。 すこし登っていくと、左側に 舞台芸術公園というのがある。 脇道へ入っていくと広い駐車場があるが、あまり人気がないようで、車は数台だった。 この駐車場からは 富士山が正面に見えるが、ちょうど建物の屋根越しになってしまうので、わざわざ景色を見るために立ち寄るほどのところではない。 後半はワインディングコースになり、あまりスピードは出せないが、爆音を轟かして攻めてる車もいた。 途中の道路脇には、ちゃんとした駐車場や駐車スペースはない。 ちょっとスペースがあっても、未舗装で段差があったりして、止まってる車もいたけど、みんなオフロード車だった。 沿道での観光ということには配慮されてない道で、ただへ登るための道だ。 山頂付近で、大きな駐車場に出る。 全線2車線道。 普通車・小型車200円。 静岡県道路公社。 清水側からへ登る道路。 山頂の大駐車場から東へ降りていった。 ほどなく、右側に駐車場があり、出店が みかんを売っていた。 その後は、 みかん畑の脇を抜けていく。 静岡側より海に近く、橋の部分など、わりと眺めはいいのかもしれないが、その駐車場くらいしか車を止めるところはないので、運転者はあまり景色を楽しめない。 静岡側よりはワインディングはきつくなく、走りやすい道だと思う。 逆に言うと、無料のに対するこの道のアドバンテージは、その1点につきる。 終点近くに料金所。 おまけに、私1台しかいなかったのに、いったん信号が変わると長かった。 効率悪い。 ここを出て右(南)へ行くと、に出る。 全線2車線道。 普通車(3ナンバー)250円、小型車(5ナンバー)200円。 清水市振興公社。 清水側からへ登る道路。 県道198号のの出口から1キロくらい北で、 日本平運動公園の方(西)へ入っていく。 はじめは広めの2車線道だが、 日本平スタジアムの脇をすぎると、くねくねと登っていく狭めの道になる。 道幅はいちおう2車線だが、なんとかセンターラインを引いたという感じ。 カーブもきつい。 沿道には、 みかん畑と 茶畑がつづき、静岡らしい雰囲気を味わえる。 パークウェイとちがって、道路脇に車を止めやすい。 なかなか眺めのいいところもある。 ところどころに「地元車優先」と書かれた立て看板があって、観光客への嫌がらせかと最初は思ったが、どうやら工事のダンプカーに対する看板のようだった。 たった5文字ではなく、そうならそうと書いておいてほしいぞ。 狭めの道が苦にならないなら、沿道の雰囲気の点からも、道からの景色の点からも、値段の点からも、2つのパークウェイよりもこの道の方がおすすめ。

次の