北海道 感染。 北海道感染症情報センター|北海道立衛生研究所

北海道)若者の感染者増 知事「帰省は慎重判断を」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

北海道 感染

国内では24日、新たに95人の新型コロナウイルス感染者が確認された。 東京都では55人の感染が判明。 都で1日当たりの感染者数が50人を超えるのは5月5日以来で、同月25日に緊急事態宣言が解除されて以降最多となった。 北海道では小樽市でクラスター(感染者集団)が発生するなど10人が感染。 死者は北海道、東京などで4人増え、累計では982人となった。 東京の新規感染者のうち、23人は感染経路が不明。 12人はホストクラブの従業員で、新宿区などが実施した集団検査で陽性が判明した。 他に8人が接待を伴う飲食店など「夜の街」で感染したとみられる。 また、同じ会社の社員9人の陽性が新たに判明した。 23日までに同社の別の7人が感染しており、都はクラスターが発生したと認定した。 都によると、社員の一部で飲み会を開いていたという。 小樽市では、昼間にカラオケを提供する飲食店の利用者ら男女9人の感染が判明した。 市によると、感染したのは飲食店の利用者7人と経営者1人、利用者の家族1人。 利用者はカラオケサークルの活動で、定期的に店舗を利用していたとみられる。 同市内での感染確認は5月8日以来で、クラスター発生は初めて。 迫俊哉市長は記者会見で「これまでにない件数の感染者が一度に出ている」と危機感を示した。

次の

北大病院感染対策マニュアル(第6版)

北海道 感染

道内では7日、新たに札幌市の7人を含む合わせて14人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 1日の感染者が10人を上回るのは5日連続で、集団感染が発生した医療機関などに関係する感染確認も続いています。 検査数は511件でした。 1日の感染者が10人を上回るのは5日連続です。 8人は感染経路が分かっていないということです。 このうち、旭川市の60代の男性は、旭川十条病院の男性医師で、先月28日から今月6日まで病院に出勤していたということで、保健所は、診察した患者など濃厚接触者は130人余りに上るとみて調べています。 病院は、6日午後から臨時休業しています。 また、釧路地方で確認された50代の男性は、5日から6日にかけて感染が確認された30代から50代の男性3人の濃厚接触者だということです。 一方、札幌市で新たに確認された人の中には、繁華街・ススキノの接待を伴う店に関連する人も含まれ、関係する感染者は28店舗の52人となりました。 さらに、集団感染=クラスターが発生している札幌市南区の「林下病院」でも患者3人の感染が判明し、関係する感染者はあわせて21人となりました。 これとは別の集団感染で、札幌市中央区のライブハウスで発生したクラスターでは、新たに客1人の感染が判明し、関係する感染者はあわせて15人となりました。 これで道内の感染者は札幌市ののべ977人を含むのべ1528人、このうち死亡した人は103人、治療を終えた人はのべ1297人となっています。 【旭川市の発表】 旭川市は7日、いずれも市内に住む男女、合わせて3人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。 このうち1人は、旭川市9条通21丁目にある旭川十条病院の60代の男性医師で、先月27日にじんましんが出たのを始め、その後発熱が続いたため、6日に市内の医療機関で検査を受け、陽性反応が出たということです。 男性医師は先月28日から6日まで病院に出勤していたということで、保健所は、診察した患者など濃厚接触者は130人余りに上るとみて調べています。 旭川十条病院によりますと、医師への感染が確認されたことを受け、6日午後から病院を臨時休業しているということです。 また、残り2人は、市内に住む50代の会社役員の夫と40代の妻で、ともに6日、感染が確認されたということです。 夫は先月29日から31日まで、出張で東京に行っていたということですが、詳しい感染経路は分かっていません。 夫婦ともに市内の医療機関に入院しているということですが、症状は軽いということです。

次の

北海道の感染2人目は「石狩地方の日本人」…批判殺到し居住地域・国籍も公表 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

北海道 感染

道内では7日、新たに札幌市の7人を含む合わせて14人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 1日の感染者が10人を上回るのは5日連続で、集団感染が発生した医療機関などに関係する感染確認も続いています。 検査数は511件でした。 1日の感染者が10人を上回るのは5日連続です。 8人は感染経路が分かっていないということです。 このうち、旭川市の60代の男性は、旭川十条病院の男性医師で、先月28日から今月6日まで病院に出勤していたということで、保健所は、診察した患者など濃厚接触者は130人余りに上るとみて調べています。 病院は、6日午後から臨時休業しています。 また、釧路地方で確認された50代の男性は、5日から6日にかけて感染が確認された30代から50代の男性3人の濃厚接触者だということです。 一方、札幌市で新たに確認された人の中には、繁華街・ススキノの接待を伴う店に関連する人も含まれ、関係する感染者は28店舗の52人となりました。 さらに、集団感染=クラスターが発生している札幌市南区の「林下病院」でも患者3人の感染が判明し、関係する感染者はあわせて21人となりました。 これとは別の集団感染で、札幌市中央区のライブハウスで発生したクラスターでは、新たに客1人の感染が判明し、関係する感染者はあわせて15人となりました。 これで道内の感染者は札幌市ののべ977人を含むのべ1528人、このうち死亡した人は103人、治療を終えた人はのべ1297人となっています。 【旭川市の発表】 旭川市は7日、いずれも市内に住む男女、合わせて3人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。 このうち1人は、旭川市9条通21丁目にある旭川十条病院の60代の男性医師で、先月27日にじんましんが出たのを始め、その後発熱が続いたため、6日に市内の医療機関で検査を受け、陽性反応が出たということです。 男性医師は先月28日から6日まで病院に出勤していたということで、保健所は、診察した患者など濃厚接触者は130人余りに上るとみて調べています。 旭川十条病院によりますと、医師への感染が確認されたことを受け、6日午後から病院を臨時休業しているということです。 また、残り2人は、市内に住む50代の会社役員の夫と40代の妻で、ともに6日、感染が確認されたということです。 夫は先月29日から31日まで、出張で東京に行っていたということですが、詳しい感染経路は分かっていません。 夫婦ともに市内の医療機関に入院しているということですが、症状は軽いということです。

次の