男の子の名前 ハーフ。 ハーフの女の子の名前は世界に通じるものを。音やイメージも大切に!

ハーフの名前のつけ方について | ドイツ大使館 − Young Germany Japan

男の子の名前 ハーフ

<目次>• 欧米に一般にある女性名の音に似せた外国風の女の子名前• アイ…………愛・藍• アイナ………愛奈・愛菜・藍奈• アリナ………亜里菜・亜里奈• アリス………亜里須• アメリー……亜芽里・亜芽莉• アン…………杏• アンナ………杏奈・杏菜• エマ…………絵麻・恵麻• エミ…………恵美・絵美• エレナ………恵伶奈• カミラ………花美良• サラ…………沙羅• ノエミ………乃笑・乃絵美・乃恵美• マイ…………舞・茉衣• マリー………茉莉・麻莉・真理・真里• マリア………麻里亜・茉莉亜• メイ…………芽衣• リラ…………里羅• リリ…………莉々・梨里• ルナ…………瑠奈・瑠菜• Merry(メリー・愉快)……………芽里• Ellen(エレン・女性名)……………絵蓮・恵蓮• Ellie(エリー・女性名)……………絵理・恵莉• Erica(エリカ・女性名)…………恵里花・絵里香• Erin(エリン・女性名)……………絵琳・恵琳• Emily(エミリ・女性名)…………恵美里・笑莉• Emmy(エミ・女性名)……………絵美・恵美• Hilary( ヒラリ・女性名)…………日羅里• Karen(カレン・女性名)…………花蓮・香蓮• Lisa(リサ・女性名)……………理紗・梨沙・里紗• Mary(メアリ・女性名)…………芽亜里• coco(ココ・実)…………………瑚子・湖々• cerena(セレナ・小夜曲)…………世伶奈• Aina(アイナ・女性名)……………愛菜・藍奈• Alisa(アリサ・女性名)……………亜里紗・亜里沙• Carina(カリナ・女性名)…………香里菜・花李奈• Celina(セリナ・女性名)…………芹菜・世莉奈• Jimena(ヒメナ・女性名)…………姫奈・姫菜• ciel(シエル・空)…………………志恵瑠・史絵瑠• ami(アミ・友達)………………亜美• canna(カンナ・あし)……………栞奈・栞那• Milano(ミラノ・地名)…………美羅乃• aloha(アロハ・愛)………………亜呂葉• makana(マカナ・贈り物)………麻花奈・真香菜• mahina(マヒナ・月)……………真妃奈・麻日菜• mana(マナ・霊力)………………麻菜・真奈・茉奈• lulu(ルル・守られた)…………瑠々• hono(ホノ・入江)……………帆乃・穂乃 外国風の名前には男女間違えやすい名もある なお、リオという名は外国に多いですが、ほとんど男性の名で、日本では女性に多い名で、男女がさかさまになります。 レオは外国では男性に多く、日本では男女あります。 レイは外国でも日本でも伝統的に女性の名ですが、最近の日本では男女ともにつけられています。 男の子については「 」で紹介しています。 【関連記事】•

次の

ハーフの名前で男のベビーに人気は?フランスの赤ちゃん男の子名前ランキング

男の子の名前 ハーフ

ハーフの子供の名前は、漢字を当てはめるだけでなく、カタカナやひらがなの名前の子も多い 原則として、赤ちゃんの名付け名前に使える(=戸籍に登録できる)のは、ですが、ひらがなやカタカナ、また音引き「ー」や、小さい文字「ョ」「ュ」なども使えます。 ハーフの子の名付けでは、外国でも通じるような読みの物が主流で、あえて漢字を当てはめず、「カタカナ」や「ひらがな」の名前の子も多いようです。 以下の漢字の例は、ハーフの子供の名前実例のほか、ガイドが当てはめてみたものです。 <目次>• ハーフの男の子の名前実例• リオン:梨音、李穏• ジョウジ:丈士、譲治• リアム:里亜夢• ノエル:乃恵琉• レイ:怜生、玲以• レム:令武、玲夢、伶武• ノエ:乃慧• ショウ:翔、昇、章、勝、生、昭• カイ:海、嘉以• レイモン:玲門、伶紋• ルイ:瑠以、琉伊• カイト:海音、海斗、海飛、海渡、快斗、開渡• シン:信、心、新、真、進、伸、慎、紳、辰、臣、清• シオン:子音、士温、資穏• ジョージ:丈治、貞治、丈二、丈司、丈次• ライアン:来按、頼安• クランド:蔵人• ルーク、マークス、マーク、ジョン ハーフの女の子の名前実例• リンカ:りんか、凛花• ルエム:瑠笑夢• カレナ:かれな、香玲菜• マリオン:真理音、万里音• マヤ:摩耶、茉彩• アリサ:ありさ、有紗、亜里砂、有佐• エリカ:えりか、絵里香、絵梨佳、絵里花、恵里香• サアラ:沙羅• マアシャ:真亜沙、茉亜紗、麻亜砂• リカ:りか、利香、里香、理香、里佳、莉花• ユリア:ゆりあ、百合亜、由里亜• エミリ:えみり、恵美里、絵美梨• モア:もあ:萌亜、萌杏• ジュリア:樹里亜、珠理亜、珠里麻• アリサ:有佐、有咲、亜里砂、有紗• リサ:りさ、梨沙、莉紗• ノア:のあ、乃亜、野安• リン:りん、凛• リア:里亜、梨亜• カリナ:香里奈、花梨菜• アンナ:安菜、杏南• リーナ 以上、名付けの参考にしてくださいね。 【関連記事】•

次の

男の子で海外でも通じる名前10選!ハーフや外国人っぽい名前や発音も

男の子の名前 ハーフ

ハーフはよく「ミドルネームはあるの? 」と聞かれる。 名前が2つあると、なんだかその時の名前によってキャラクターも違ってきてしまいそうだが、実際にキャラクターは多少違っていたように思う。 簡単に言ってしまうと、Sandra という名前の時は、多少ハメをはずしてもよさそう? な感じだし、ドイツ風のキツイ口調で話すのもアリかな、と。 変かしら? むかし母親に「なぜ名前を使い分けさせていたのか」と聞いたことがあった。 母親はこう答えた。 「あら、だって、あなただけ日本人学校でテスト用紙にカタカナの名前を書くの嫌でしょ。 子供は『みんなと一緒』が好きだから周りの日本人の子と同じ漢字にしたのよ」と。 考えてみれば確かにこれはありがたかった。 周りの日本人の子が「田中久美」「伊藤佳代」などという名前の中、テスト用紙に自分だけ「ヘフェリン アレキサンドラ」と書かなければいけなかったとしたら、確かに子供の私は親を恨んでいただろうな。 「カタカナは嫌だ! 名前が長過ぎる! みんなと同じ漢字がいい! 」って。 私のドイツ名の Alexandra や愛称の Sandra はドイツではどこにでもあるような「ごく普通」の名前だ。 だから子供のころ、初めて人と会う時でもドイツ人に「これはどこの国の名前? 」とは聞かれなかった。 あなたはどこの国の人? 」と聞かれていたであろう。 親はせめて名前だけでも「自分は地元の人」だという感覚を私に持ってほしかったみたい。 母親は「日本名をつければみんなと同じで問題ないはず」と考えていたのだが、かといって母親の想像通りになったかというとそうでもないわけで、そこは名前と顔が一致しないため、笑えるエピソードがかなりあるわけです。 そこで、私が「はい! 私です! 」と申し出ると、店員さんと周りのお客さんが一瞬凍りつき、全員「…?!! …」という表情になったりする。 」ってなるのが分かるし、これはもう私が慣れるしかないですね。 これらのエピソードは笑えるというよりも、自分がそれを面白がって笑っていないとやってられない、という部分も大きいです、はい。 自分の例を見て思うのは「名前」というものはその名前を持つ人の「容姿」とある意味「セット」であることによって初めて周りの人に違和感なく認めてもらえる、ということだ。 つまり日本的な名前を持つ人は日本風の容姿であることが必須のようだ。 そういう意味で「名前と容姿」はワンセットなのだ。 逆に私のように欧米風の容姿の場合、いくら日本っぽい日本名を使ったところで、周りに違和感を持たれるか、不思議がられることになる。 変に目立ってしまうのだ。 周りの日独ハーフを見ていると、やはり日本語とドイツ語の両方の苗字と名前(下の名前)を持つ人が多い。 ただ、「ドイツ人学校ではドイツ語名」「日本学校では日本語名」というふうに「名前の完全な使い分け作戦」をしている家庭はかなり稀なようだ(そういう意味では、子供に名前を完全に使い分けさせていたウチの親はやはり変わっているようだ)。 通常は、日独ハーフは「名前は一応4つあるけれど、1つの名前でどこでも(日本人学校でもドイツの学校でも)通す」という人が多いようだ。 例えばフルネームが Yuriko Andrea Schmidt Shimizu だとしても、実際に使うのはYuriko Schmidtといった感じだ。 上にも書いたように名前がキャラクターを作っている部分もあって、本人も周りの人も「名前」でイメージを描いている部分がたしかにある。 」と呼ばれるのとでは、気持ちが全くちがう。 そういう意味でいうと、上記のYuriko Schmidtのように、日本語とドイツ語を「混ぜた」名前が日独ハーフはやはり一番しっくりくるのかな、なんて思います。 パッと見ても、あ、ハーフなのかな? と分かる名前だし、初対面の際に名前の由来についてイチイチ説明しなくてはならない面倒くささはついてまわるものの、それはハーフの場合、避けては通れない道なわけで。 (仮に名前で説明を求められなくても、で説明を求められたりするので。 私の年代の日独ハーフだと、親は Naomi や Megumi など「日本的ではあるけれど、ドイツ人にも発音がしやすい」ことを基準に名前をつけた親が多いようだ。 面白いな、と思うのは、私が子供のころは、ハーフに典型的なドイツ名 SabineやAlexandraなど とともに典型的な日本名(昌子、佳子など)を子供につける親が多かったけれど、もっと年齢が下の最近のハーフの子供の場合は親が「どちらの国でも違和感のない名前」をつける事が多くなってきているということだ。 最近は日本とドイツ、両方の国で聞いて「しっくりくる」名前をつける傾向があるようだ。 ザッと挙げると、Lisa, Maya, Anna, Elena, Erikaかな。 Lisa という名前は発音しやすいし、漢字にしても理紗、莉沙など色々な書き方があって、いい感じ。 Maya ドイツの場合、綴りがMajaの場合も という名前も、麻矢、真耶など色々な書き方ができるし発音もしやすい。 Anna だって昔ながらのドイツの名前でありながら漢字にしても杏奈、安奈とかわいい感じ。 Elena も恵麗那、依玲奈など、色々な書き方がある。 Erika に関しては、私はこの名前のハーフの友達が3人いる。 横文字は全員 Erika で同じだけれど、日本語の書き方は絵里香、英理香、エリカ、と皆それぞれ違う。 男の子の場合で日本とドイツの両方で違和感のない名前と言うと、Ken 漢字は、健、賢、謙など)や Kai 海、魁など 、Leon 玲音、令音など などがある。 これらの名前はアルファベットにしても、漢字にしても違和感のない名前である上に、日本語でもドイツ語でも発音しやすい。 ちなみに日独ハーフのピアニストである Alice-Sara Ottの場合は2つの名前をダッシュで繋げていてセンスがいいな、と思う。 AliceもSaraも日本でもドイツでも発音しやすいですよね。 面白いと思ったのは実はこの場合、Sara が日本名だったのですね。 …今回は名前について書いてみました。 あなたはどんな名前が好きですか…? サンドラのテレビ出演のお知らせ 3月23日(水)の23:45時から放送のTBSの番組『おもろゲ動画SHOW投稿! 1000000000ビュー 』に出ます。 デーブ・スペクターさん、周来友さんと一緒にドイツ、中国、アメリカのテレビ番組について話しますので、皆さんぜひ見てみてくださいね! サンドラ・ヘフェリン ドイツ・ミュンヘン出身。 日本歴 13年、著書に「浪費が止まるドイツ節約生活の楽しみ」 光文社 など 5冊。 自らが日独ハーフであることから「ハーフ」について詳しい。 ちなみにハーフに関する連載は月刊誌に続き今回が 2回目である。 趣味は執筆と散歩。 目黒川沿いや碑文谷をよく散歩している。 サンドラ・ヘフェリン ドイツ・ミュンヘン出身。 日本歴19年、著書に「ハーフが美人なんて妄想ですから!! ホームページ 「ハーフを考えよう!」 を運営。 趣味は時事トピックについてディベートすること、カラオケ、散歩。

次の