家 ついて っ て いい です か 双子。 心から愛した恋人は生き別れの双子だった...ゴミ屋敷に埋もれた38歳女性の真実|テレ東プラス

心から愛した恋人は生き別れの双子だった...ゴミ屋敷に埋もれた38歳女性の真実|テレ東プラス

家 ついて っ て いい です か 双子

7月9日に放送された『』(テレビ東京系、毎週月曜27:55~)は、 妻を亡くしたというある男性が登場。 取材によって明かされた彼の妻に対する深い想いに共感した視聴者も多く、インターネット上で注目を集めた。 、()らが司会を務める。 新橋駅でスタッフが声をかけたのは清水さん(54)。 会社員で荻窪に住んでいるという。 社会人となった息子が、今年の4月から仙台へ行っているため、現在は、一軒家に1人暮らし。 奥さんは50歳の頃に亡くなったとのこと。 番組では、その彼と交渉し、家までついて行くことに。 到着すると庭は芝生が敷き詰められ、畑もあるなど、綺麗に整えられていた。 自宅の中も掃除が行き届いており、リビングやトイレには、奥さんが生前作ったハワイアンキルトや人形などが飾られていた。 夫婦の出会いは合コンだという清水さん。 25歳の時に付き合い、4年の交際を経て結婚したが、すでに奥さんをがんで亡くしていた。 がんが発見されてから約2年で他界したそうで「スキルス性のたちの悪いものだった」と回顧。 一度手術は成功したが、髄液に転移してしまい手の施しようがなかったとのこと。 当時、奥さんと息子の3人で住むために家を契約するも、翌月の初めに亡くなったようで、「分からないものだよ。 健康な人だったからね。 闘病していた当時、自宅がもうすぐ完成するという時期だったため「新築の匂いを嗅ぎに行こう」とよく奥さんと話していたのだとか。 奥さんは家の配置をどうするかノートに書いていたそうで「カーテンは白の花柄が良い」「庭の奥は畑にする」と生前言っていたことを、現在すべて守っている清水さん。 奥さんが新築に住むことができなかったことが「唯一の心残り」と言い、亡くなった数週間後に行った引っ越しは「半分意地だった」と語る。 自宅を綺麗に保っているのも「意地だよね。 悔しいじゃん」と言い「子どもも就職したし、いつ落ちぶれてもいいんだけど、僕の生きる糧をそこに見出すしかないのかな」と振り返った。 ネットでは、そんな清水さんの生きざまに「いいおっちゃんだなぁ」「泣けた」「男を支えるのは意地」と感動した声が多くあった。

次の

前回に引き続き、双子の旦那のことについて。(長文です)

家 ついて っ て いい です か 双子

前回に引き続き、双子の旦那のことについて。 長文です 旦那の双子の弟がまだ学生さんなんですが、暇が合えばやたらとふたりで遊びたがります。 その日のうちに遊んで日付けが変わらないうちに帰ってくるなら特に文句も言いませんが、頻繁にふたりで遊びに行っては飲み潰れてカラオケ店に泊まってきたり、終電で帰ってきてもお風呂にも入らずそのまま爆睡するなど、新婚であるにも関わらず少し気遣いが足りないのではないかと思い、義母に「今日もふたりで遊びに行って帰ってきません」と言った内容のメールをすると、「女としてはその気持ちよくわかります。 ですが母としては申し訳ないです」と返信がきた後、弟からラインで「新婚なのに気遣いが足りなかったこと、旦那をしょっちゅう誘って寂しい思いをさせて申し訳ないです。 反省してます」と言った謝罪文がきました。 ですが、今日まさかの「お泊まりしてもいいかな?」と言う発言。 我が家は2DKのメゾネットで旦那と私、猫2匹で暮らしてます。 1部屋は荷物部屋になっており、もう1部屋の10畳ほどのスペースで私と旦那はほとんどの時間を過ごしています。 ですが、弟をダイニングに泊めてあげようと言い出す旦那。 私たちが過ごしている部屋からお風呂、トイレ、キッチンに行くためには必ずダイニングを通らないと行けませんし、なにより猫たちが家中ウロウロするのでダイニングとの境にある扉は常に開けっ放しです。 閉めると猫が引っ掻いて無理やり開けるので そんな状況なのに、弟を泊めてあげようと言う意味が私には理解できません。 双子と言うものは自分の嫁と自分の弟が数歩先の見える距離で寝ていることに何も疑問を抱かないものなのでしょうか? また、反省すると言ったのに泊まろうとする弟の気持ちも理解できません。 私はいないものとされているのでしょうか?私には1つ下の妹がいますが、双子の気持ちはまるでわかりません。 長くなりましたが、どなたか相談に乗ってください。

次の

家族について

家 ついて っ て いい です か 双子

()とらが司会を務める。 今回、番組のスタッフが新宿駅で声をかけたのは、えりかさん(38)。 現在は休職中だが、もともとは宅建士をしていたという。 家の中を撮影していると、ある男性の写真が飾ってあった。 25歳の頃から交際していた男性だそうだが「死んじゃったんですよ」と言い、彼のことが忘れられず今も花を供えているという。 彼とは同じ誕生日、同じ年齢、同じ地元。 「一緒に歳をとるはずだったんだけど、31歳になる前に死んじゃったんです」と振り返る。 出会いは友人の彼氏の親友だったそうで「なぜ別れたのか?」とスタッフが問うと「同じ歳で、同じ地元、同じ誕生日。 これ何だと思います?」とえりかさん。 スタッフが「運命」だと答えると、えりかさんたちも最初は偶然が重なり浮かれていたのだが、彼氏がえりかさんの自宅に行った際にある事実が発覚したという。 えりかさんの両親は幼い頃に離婚しており、いまの父親は、いわゆる育ての父親。 実家でその育ての父親と彼氏が仲良くなり「すごくいいお父さんだね。 俺もこういう家に生まれたかった」とこぼしたため、えりかさんが「でも、私の本当のお父さんじゃないんだよ」と返すと、彼氏は「え?」と顔面蒼白になった。 じつは、えりかさんは双子。 えりかさんは本物の両親が育て、もう一人は子供のいない家に引き渡されたという。 自分の両親から、双子の兄妹がいると教えられていた彼氏は、そこでえりかさんの本当の両親の名前、同じ誕生日、同じ地元などから、えりかさんと自分には血縁関係があるのだと推測した。 本格的には調べてはいないものの、えりかさんも「ビックリしたけど、やっぱりなとも思いましたね」とコメント。 彼氏としても好きだったが、自分のことを好きなように相手のことを好きになったと言い、離れられなかったと語る。 戸籍上は問題ないものの、倫理上問題があると別れてしまったのだが、彼氏はそのことを苦に自殺。 VTRを見ていた矢作らも絶句していた。

次の