お 手間 を おかけ し て すみません 英語。 英語で「お手数ですが」をどう表現する?アメリカでは使わない表現

「お手数をおかけしました」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

お 手間 を おかけ し て すみません 英語

思い通りに事が進まない海外では、自分の意図せぬところで周りの人に迷惑をかけたりすることもあるかもしれません。 「邪魔してすみません」「迷惑をかけてすみません」と何かをしたことについて謝る時の英語を使って、まずは謝りましょう。 このレッスンはです。 サンドイッチのパンに具を挟む要領で、基本構文(パン)に、言いたいこと(お好みの具)を瞬時に挟めるようにトーレーニングする画期的な英会話教材。 どんな状況でも臨機応変に対応できる本当の会話能力をマスターできる英会話教材、それがサンドイッチ英会話です! 正規版では音声ファイルでネイティブが発音している例文を聴き、練習することができます。 イメージトレーニング 先生が教室の場所を教えてくれました。 あなたの教室は道を挟んだ別の建物でした。 あなたはそこに急いで行きました。 教室に入ると授業はもうすでに始まっていることに気がつきました。 そこであなたはこう言います。 「〜してすみません」何かをしたことについて謝る時の言い方です。 それではイメージトレーニングの答えを聞いてみましょう。 I am sorry to be late. ソーリー、ソーリー言うのは卒業!. のパンを使って、色々なサンドイッチの作り方を例文を聴き発音して覚えましょう。 エクササイズ 例文 会話の邪魔をしてすみません。 手間をかけさせてすみません。 たくさんの面倒ごとを起こしていてすみません。 面倒をかけてすみません。 とても遅くに電話をしてすみません。 邪魔してすみません。 これをあなたにさせてすみません。 迷惑をかけてすみません。 この状況にあなたを立たせてすみません。 これをあなたに伝えるのは気がひけるけれども。 で何について詫びているのかビジッ!と1回言えばいいのです。 海外だからって、言葉が不自由だからって、自分を卑下する必要はありません。 でも謙虚な姿勢は大事ヨネ。 こちらもチェック!.

次の

何度もすみませんの英語|ビジネスメールやカジュアルに使う12表現

お 手間 を おかけ し て すみません 英語

ビジネスシーンにおけるコミュニケーションは、丁寧かつ正確な言葉を使って行うことが大切です。 言葉の丁寧さだけでなく、内容の丁寧さなども求められることが多く、相手への気遣いや心配りも重要です。 特に、相手に何かを依頼したり、謝罪したりする際は、より丁寧な表現や気遣いをすることが大切です。 ちょっとした一言や一文があるだけでも、相手への印象が変わることもあるため、気遣いや丁寧さを表現するフレーズのバリエーションは、たくさん知っていた方が良いでしょう。 今回は、気遣いや丁寧さを表現するフレーズの1つである「お手間を取らせてしまい」といいう言い回しをテーマにして、意味や使い方を考察・ご紹介していきます。 Web電話帳を導入しませんか? まずは、「お手間を取らせてしまい」というフレーズの意味について考えていきます。 「お手間を取らせてしまい」という言葉の意味について考える際、解釈に迷いやすいのが、「手間」という言葉だと考えられます。 そこでまずは、「手間」という言葉の意味について考えていきましょう。 「手間」について、「goo辞書」では以下の引用のように解説されています。 引用の内容によると、「手間」という言葉には、大きくわけて3種類の意味があるとされています。 「手間」の1つ目の意味や、物事などを行う際に必要となる時間や労力のことだとされています。 2つ目は、「手間賃」という言葉を略したものとしての意味です。 そして3つ目は手間賃を取って行う仕事や、それらの仕事を行う人のことだと言われています。 1 そのことをするのに費やされる時間や労力。 2「手間賃」の略。 3 手間賃を取ってする仕事。 手間仕事。 また、その仕事をする人。 最近は、仕事の相談や交渉なども、メールでやり取りするケースが多いと言われています。 そこでまずは、ビジネスメールにおける「お手間を取らせてしまい」というフレーズの使い方について考察していきます。 メールにおいて、「お手間を取らせてしまい」を使用する場合は、依頼や謝罪をする際に使用されるケースが多いと考えられます。 また、相手に何らかの迷惑をかけてしまった場合に、「この度は、お手間を取らせてしまい申し訳ございせんでした」といった言い回しで謝罪の文章を記入すると、より丁寧な謝罪をすることが可能になります。 会話 上記では、「お手間を取らせてしまい」という言葉を敬語として使うには、前後の言葉の選び方に気を付けることが大切だと考察しました。 また、その一例として「申し訳ございません」などの言葉を選ぶことで、目上の人にも使用できる言い回しになることをご紹介しました。 反対に、目上の人に対して使用するのに丁寧さに欠ける言葉としては、「すみません」などが挙げられます。 「すみません」という言葉は、決して汚い言葉というわけではありません。 しかし、「申し訳ございません」と比較すると、相手への敬意の度合いは低い言葉だと考えられます。 そのため、同じ「お手間を取らせてしまい」を使った言葉であっても、「お手間を取らせてしまいすみません」は、上司などに使うのには微妙な言葉だと言えそうです。 会話の場合はややフランクでもOK 「お手数をおかけしてしまい」というフレーズもまた、「お手間を取らせてしまい」というフレーズと並んで、ビジネスシーンで頻繁に使われる言い回しの1つです。 「手数」という言葉の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「手数」には2つの意味があると読み取れます。 1つ目の意味はある物事などをするのに必要な動作などを指すものとなっています。 そして2つ目の意味は、他人のためにかける手間だとされています。 上記のような意味から、「お手数をおかけしてしまい」というフレーズには、「お手間を取らせてしまい」と同じような意味があると考えられそうです。 1 それをするのに要する動作・作業などの数。 てかず。 2 他人のためにことさらにかける手間。 てかず。 お手を煩わせてしまい 「お手間を取らせてしまい」と似ている意味を持つフレーズとして、「お手を煩わせてしまい」という言い回しも挙げられます。 「手を煩わせる」という言葉の意味については、「weblio辞書」にて、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「手を煩わせる」とは、相手に面倒をかけてしまうことを意味する言葉だと読み取れます。 上記のような意味を持つ「手を煩わせる」に、丁寧な意味を持つ「お」などを付け加えた言葉が、「お手を煩わせてしまい」という言い回しだと考えられます。 物事を依頼した場面において、相手に面倒をかけることを強調した、しへりくだった表現。 手紙文などで多く用いられ、「お手を煩わせ恐縮ではございますが・・・」などのように使う。 直接相手に言う場面だけでなく、「他人の手を煩わせる」などのようにも用いる。 「お手間を取らせてしまい」は便利なフレーズ.

次の

英語で「お手数ですが」をどう表現する?アメリカでは使わない表現

お 手間 を おかけ し て すみません 英語

日本生まれ、アメリカ在住のアメリカ人です。 その場合によりますが、 I'm sorry for the inconvenience. I'm sorry to inconveniencing you. I'm sorr for bothering you. I'm sorry to bother you. が一般です。 am sorry の代わりにapologizeを使ってもOKです。 「~させてしまってごめんなさい」はI'm sorry to make you --という表現も使えます。 また、この後に"but thank you" または"but I appreciate it. "を付け足すともっと相手に感謝の気持ちが伝わります。 ただ、文化の違いですが、日本は誰かに何かをしてもらった時は「すみません」となりますが、英語の場合は「有難う」になります。 ですから、この場合も「すみません、お手数をおかけしました。 」よりは、「~~をしてくださって、どうも有り難う」の方が相手にあなたの感謝の気持ちが伝わりますよ。 その場合の例文は Thank you for taking your time to do --- Thank you for doing this. I appreciate you taking your time to do --- などがあります。 A ベストアンサー アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。 I will CC you his e-mail. といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about. と言う漢字で使われているわけですね。 これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。 これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。 I will CC you his e-mail. といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about. と言う漢字で使われているわけですね。 これを踏まえると、Please CC your... A ベストアンサー 一般的にはNo. 2さんのアプローチが自然だと思います。 Thank you so much for for me, あるいは I very much appreciate that you for me, 等、感謝を述べた後にbutでつなぐ形です。 たとえば「せっかく夕食を用意して頂いたのに(お断りして)ごめんなさいね」の場合、 Thank you so much for preparing dinner for me, but I already had one (もう食べました)とか、 I'm not hungry right now (今お腹がすいてません)とか、 I don't have time to sit down and eat(ゆっくり座って食べてる時間がありません)など。 sorryというと自分に非があったり遺憾の意を表したりというニュアンスがあるので、こういった場合での「ごめんなさいね」にはあまりそぐわないように思います。 ただ、例えば「せっかくお電話頂いたのに(留守で)ごめんなさいね」ということであれば、Sorry I missed your callという言い方はします。 一般的にはNo. 2さんのアプローチが自然だと思います。 Thank you so much for for me, あるいは I very much appreciate that you for me, 等、感謝を述べた後にbutでつなぐ形です。 たとえば「せっかく夕食を用意して頂いたのに(お断りして)ごめんなさいね」の場合、 Thank you so much for preparing dinner for me, but I already had one (もう食べました)とか、 I'm not hungry right now (今お腹がすいてません)とか、 I don't have time to sit down and eat... A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 惜しいですね. Please wait for a little while longer. と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします. まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします. また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、ということになります. 相手は待っているわけですから、ただ単に辛抱強く待っていてください、といわれただけでは、やはり満足しませんね. ですから、We will make sure to get back to you as soon as possible. とか、硬い言い方をしたければ、Please be assured we will revert you the soonest. と言う言い方もありますが、何らかの形で、必ず結果を持ってきます、と一言でも言う事で、ビジネスの姿勢と言うものが違って感じ取られます. これでいかがでしょうか。 分からない点がありましたら、また、補足質問してください。 アメリカに35年ほど住んでいる者です。 惜しいですね. Please wait for a little while longer. と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします. まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします. また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、と... A ベストアンサー アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。 この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。 どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。 つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。 >ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか? 改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。 I would appreciate it if you would kindly などの表現を私な必要に応じて使います。 ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。 Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。 参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。 アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。 この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。 どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う... A ベストアンサー No. 1です。 英語の"for your information"も同様です。 しかし、常識的には「関連情報」、「付帯情報」でしょう。 普通、全く無関係なことを「参考までに」とは云いませんよね。 ビジネスの話をしている際に、「参考までに云いますと、私には妻子があります」などとは云いません:-。 「参考までに云いますと、私は吉祥寺に住んでいます」などとも云いません:-。 ただ、「味の素」のプレゼンをしている場合、顧客(あるいは業界筋)は調味料に興味を持っているわけですから、「本だし」あるいは「中華味」その他も同じ範疇に含まれるわけです。 この場合、別製品であっても同範疇ですから「関連情報」「付帯情報」で、"for your information"が使えます。 もし、完全に「別分野」であるなら"for your further interest"という表現があります。 訳しにくいフレーズですが、「あなたの興味の範囲を広げるため」という感じの表現です。 "for your further information"ですと「より詳しい情報」ですが、そのヴァリエーションですね。 1です。 英語の"for your information"も同様です。 しかし、常識的には「関連情報」、「付帯情報」でしょう。 普通、全く無関係なことを「参考... A ベストアンサー はじめまして。 既に回答は出ていますが、少し補足します。 ご質問1: <"Thank you for reading"と似たような感じなのかなと思ったのですが> その解釈で結構です。 このyour timeとは正確には、 =the time you spent in reading this letter 「この手紙を読むのにあなたが割いてくれた時間」 のことを言っています。 ご質問2: <「お時間をいただきありがとうございました。 」のような感じなのでしょうか> その通りです。 1.ただ、「何に」時間をとったのか、それが表現された文がいいと思います。 2.つまり、「手紙を最後までお読みいただいた」ことへの感謝の言葉となっています。 3.Thank youと明確に述べていますから、感謝の言葉とした方がいいでしょう。 4.以上を踏まえて適切な訳例は 「ご拝読有難うございました」 「最後までご拝読いただき有難うございました」 「最後までお目通しいただき有難うございました」 などがいいかと思います。 以上ご参考までに。 はじめまして。 既に回答は出ていますが、少し補足します。 ご質問1: <"Thank you for reading"と似たような感じなのかなと思ったのですが> その解釈で結構です。 このyour timeとは正確には、 =the time you spent in reading this letter 「この手紙を読むのにあなたが割いてくれた時間」 のことを言っています。 ご質問2: <「お時間をいただきありがとうございました。 」のような感じなのでしょうか> その通りです。 1.ただ、「何に」時間をとったのか、それが表現され...

次の