ダスク ダイバー。 Dusk Diver 酉閃町

《Dusk Diver 酉閃町》

ダスク ダイバー

酉閃町は「ゆうせんちょう」と読みます Dusk Diver 酉閃町 概要 Dusk Diver 酉閃町 タイトルにもある「酉閃町」は「ゆうせんちょう」と読みます。 ゲームの公式サイトはこちら。 Steamのページはこちらです。 Dusk Diver 酉閃町 ジャンルはアクションゲームです。 いわゆる「〇〇無双」のような感じで、弱攻撃、強攻撃、そして守護神 後ほど説明 攻撃のボタンを押す順番で技の派生が変わるという感じになっています。 主人公はゲーム内でもTHE・平凡と称されているほどの 普通の女子高生ヤン・ユモちゃん。 ちなみにユモの一人称はボク。 ユモはその西門町と表裏一体である魔界のような場所「酉閃町」を舞台に現実世界を脅かす妖怪風な敵、厄禍 わざわい と戦います。 妖怪と言ってもグロテスクさは無く、どちらかと言えば可愛らしいデザインで描かれています。 ゲームは完全日本語テキストに対応しており、ボイスも日本語吹き替えです。 また主人公のユモを演じているのが佐藤利奈さんなので演技はばっちり。 日本人にとても親しみやすい音声・演出になっています。 その他のキャストも台湾 中国語 ボイスと日本語ボイスでしっかり分けられており丁寧に作られています。 Dusk Diverは先述のように、日本のメーカーが作ったんじゃないか? っというぐらい日本人とも親和性が高い内容で、 総じてカジュアルで気軽に楽しめるアクションゲームになっています。 こういったゲームこそ日本のインディメーカーから出て欲しい…というくらい良い作品だと思います。 Dusk Diver 酉閃町 画像を交えながら紹介 以下プレイにはXbox360コントローラーを使っています。 普段は西門町にあるコンビニを拠点にしながら探索を行います。 上の画像に映っているクマの置物がコンビニの店長でありユモのボス的な存在です。 クマ店長は探索時にナビゲーションを勤めます。 ガイド役の「クマ」まで出てくるとはこれもうペルソナ4ですな そういえば妙にUIも黄色っぽい…。 西門町パートでは街を探索して必要なアイテムを探したりイベントを進めます。 料理を詳しく説明したテキストも好印象 食事をすることでユモや守護神のステータス強化が行なえます。 みたいな感じですね。 またユモと守護神にはスキルポイント割り振りによる成長システムもあります。 このスキルポイントは西門町の探索パートや酉閃町でのバトルパートで手に入ります。 バトルパートでは西門町から酉閃町へと移動し、フィールドを移動しながらバトルを行います。 ユモの通常攻撃は基本的にパンチやキックによるもので 弱攻撃ボタンと強攻撃ボタンを押す順番で技が派生・変化していきます。 ステージのクリア自体は適当にボタン連打しているだけでも勝てるので気楽に楽しめます。 ただ、バトル終了後には評価のランク制度が盛り込まれているので 最上級のSランクを取るのはなかなか大変だと思われます。 また緊急回避を使って敵の攻撃を高速で躱す事も可能。 このゲームにはガードというものは無いので困ったときに頼れるのは緊急回避のみです。 敵の攻撃タイミングと緊急回避が噛み合うと表示されたゲージの間、敵の動きが遅くなりますので積極的に使っていきたいところ。 ただ緊急回避は連発できず、ある程度の間隔が必要です。 バトルでは巨大なボス戦があることも。 Dusk Diver 酉閃町はまだアーリーアクセスの段階です。 以下に挙げる点は今後改善される可能性があります されない可能性もある。 ということで、 まだアーリーなので最終製品版では無いということを踏まえてお読みください。 まずDusk Diver 酉閃町の 悪い 今後に期待したい ところから• 現状30fps固定 完成版で60fps対応が予定済み• カメラアングルにやや難がある。 壁際でキャラを見失いがち。 カメラの水平・垂直方向をリバースにするオプションがない• カメラ位置リセットがなんだか中途半端• メニュー表示時のボタン受付が異様にシビアで簡単に表示できない• セリフ送り等でボタン反応がやや遅く感じる• 価格に対してボリュームが少なく割高感がある という噂 改善を期待したい点は主に操作系です。 個人的に一番困ったのが垂直方向のリバース設定が無い事。 最後に挙げたボリュームに関しては Steamで他の方のレビュー等による指摘に基づいています。 2,800円という定価はSteamのインディーゲームだと割と高めの方かと思いますが、 どうやらかなり短時間でストーリーは終わってしまうのだとか…。 ただボリュームについては自分自身でまだ確かめていないので実際どうなのかは断定できません。 あるいは今後開発が進んでボリュームが増える可能性があるのかもしれません。 ゲームボリュームについてはこの後更にプレイを続け、また改めてレビューを書きたいと思います。 改善を期待したい点はこのくらいにして良い点も見ていきましょう。 Dusk Diver 酉閃町の 良い点• 日本人に親しみやすいキャラ・ゲームデザイン• 日本語によるボイス・テキスト・UIが実装• 気軽に楽しめるアクション• 着替え・育成要素もある• 食事の要素に力が入っていて台湾グルメを知ることができる 良い点はとにかく世界観、設定、そしてボイス・テキストを含めたゲームデザインが日本人好みに仕上がっている事に尽きます。 キャラクターデザインやグラフィックを見て、ピン!と来た方は楽しめるのではないでしょうか。 ちなみに実績では全てのバトルでSランク獲得というものがありますので、 アクションが得意な方はそこを目指しても良さそうですね。 台北といえば屋台が有名と聞いたことがありますが とにかくゲーム内の食べ物の種類が豊富なので 「台湾グルメってのはこういうのがあるのかー」と彼の地の食文化に思いを馳せることができます。

次の

ダスクダイバー ユウセンチョウって中国産ゲームの最強キャラは?【レビュー・評価・動画・攻略・Switch・PS4・新作・神ゲー】

ダスク ダイバー

日本社会の中で急速に注目が集まるLGBT。 言葉は知っていても、詳しい知識を持っている人はまだ多くはない。 LGBTとは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)の頭文字をとった言葉で、性的マイノリティの総称であり、また、そこに属する人たちを肯定的にとらえようとする概念でもある。 生産年齢人口の大幅な減少が見込まれる中、LGBTの社員は貴重な人的資源のうち20人に1人を構成するのだ。 「LGBTの人に会ったことがない」「うちの会社にはいない」と言う人がいるが、20人に1人というのは、日本の4大名字である「佐藤・鈴木・高橋・田中」さんの合計と同程度の割合である。 過去にこれらの名字の人に1人も会ったことがない人はいないはずである。 つまり、「LGBTに会ったことがない」のではなく、「カミングアウト(自分がLGBTであると公言すること)しているLGBTに会ったことがない」ということになる。 イノベーションを可能にする2種類のダイバーシティ 近年、「ダイバーシティ経営」という言葉が注目されている。 ダイバーシティ経営とは、 「多様な人材を活かし、その能力が最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげていく経営」のことだ。 イノベーションの本質は「既存の知と知の新しい組み合わせ」であり、これはオーストリア・ハンガリー帝国生まれの経済学者、ジョセフ・シュンペーターが「neue Kombination(新結合)」と名づけたものである。 そして、「知と知」を「結合」するには、ダイバーシティが必要となる。 経営学ではダイバーシティを「デモグラフィ型のダイバーシティ」と「タスク型のダイバーシティ」の2種類に分ける考え方が主流だ。 デモグラフィ型とは、性別・国籍・年齢など属性の多様性のことで、タスク型とは、能力・経験・知識など実力の多様性のことだ。 企業経営において「ダイバーシティが組織のパフォーマンスにプラスになる」という場合、一般的にはタスク型のダイバーシティのことを指している。 組織の中で多様な知見や能力を持った人が集まれば、イノベーションを生み出しやすくなるからだ。 タスク型ダイバーシティの土台にはデモグラフィ型ダイバーシティがある しかし、このタスク型ダイバーシティの実現には、組織の中に「多様な属性」の人材が集まっていることが前提となる。 つまり、タスク型ダイバーシティの前提として、デモグラフィ型ダイバーシティが必要なのである。 LGBTはどんな組織でもすでに働いている可能性があり、その意味では多くの企業がLGBTについてはすでにデモグラフィ型のダイバーシティを保持しているはずだ。 ただし、揶揄やからかい、偏見に基づくハラスメントへの恐れから、LGBT社員のカミングアウトと可視化は進みづらく、すでにあるはずのデモグラフィ型ダイバーシティはなかなか活かされない。 だからこそ、日本の職場におけるLGBTが働きやすい環境の整備は、解決すべき経営課題なのだ。

次の

ダスクダイバー ユウセンチョウって中国産ゲームの最強キャラは?【レビュー・評価・動画・攻略・Switch・PS4・新作・神ゲー】

ダスク ダイバー

酉閃町は「ゆうせんちょう」と読みます Dusk Diver 酉閃町 概要 Dusk Diver 酉閃町 タイトルにもある「酉閃町」は「ゆうせんちょう」と読みます。 ゲームの公式サイトはこちら。 Steamのページはこちらです。 Dusk Diver 酉閃町 ジャンルはアクションゲームです。 いわゆる「〇〇無双」のような感じで、弱攻撃、強攻撃、そして守護神 後ほど説明 攻撃のボタンを押す順番で技の派生が変わるという感じになっています。 主人公はゲーム内でもTHE・平凡と称されているほどの 普通の女子高生ヤン・ユモちゃん。 ちなみにユモの一人称はボク。 ユモはその西門町と表裏一体である魔界のような場所「酉閃町」を舞台に現実世界を脅かす妖怪風な敵、厄禍 わざわい と戦います。 妖怪と言ってもグロテスクさは無く、どちらかと言えば可愛らしいデザインで描かれています。 ゲームは完全日本語テキストに対応しており、ボイスも日本語吹き替えです。 また主人公のユモを演じているのが佐藤利奈さんなので演技はばっちり。 日本人にとても親しみやすい音声・演出になっています。 その他のキャストも台湾 中国語 ボイスと日本語ボイスでしっかり分けられており丁寧に作られています。 Dusk Diverは先述のように、日本のメーカーが作ったんじゃないか? っというぐらい日本人とも親和性が高い内容で、 総じてカジュアルで気軽に楽しめるアクションゲームになっています。 こういったゲームこそ日本のインディメーカーから出て欲しい…というくらい良い作品だと思います。 Dusk Diver 酉閃町 画像を交えながら紹介 以下プレイにはXbox360コントローラーを使っています。 普段は西門町にあるコンビニを拠点にしながら探索を行います。 上の画像に映っているクマの置物がコンビニの店長でありユモのボス的な存在です。 クマ店長は探索時にナビゲーションを勤めます。 ガイド役の「クマ」まで出てくるとはこれもうペルソナ4ですな そういえば妙にUIも黄色っぽい…。 西門町パートでは街を探索して必要なアイテムを探したりイベントを進めます。 料理を詳しく説明したテキストも好印象 食事をすることでユモや守護神のステータス強化が行なえます。 みたいな感じですね。 またユモと守護神にはスキルポイント割り振りによる成長システムもあります。 このスキルポイントは西門町の探索パートや酉閃町でのバトルパートで手に入ります。 バトルパートでは西門町から酉閃町へと移動し、フィールドを移動しながらバトルを行います。 ユモの通常攻撃は基本的にパンチやキックによるもので 弱攻撃ボタンと強攻撃ボタンを押す順番で技が派生・変化していきます。 ステージのクリア自体は適当にボタン連打しているだけでも勝てるので気楽に楽しめます。 ただ、バトル終了後には評価のランク制度が盛り込まれているので 最上級のSランクを取るのはなかなか大変だと思われます。 また緊急回避を使って敵の攻撃を高速で躱す事も可能。 このゲームにはガードというものは無いので困ったときに頼れるのは緊急回避のみです。 敵の攻撃タイミングと緊急回避が噛み合うと表示されたゲージの間、敵の動きが遅くなりますので積極的に使っていきたいところ。 ただ緊急回避は連発できず、ある程度の間隔が必要です。 バトルでは巨大なボス戦があることも。 Dusk Diver 酉閃町はまだアーリーアクセスの段階です。 以下に挙げる点は今後改善される可能性があります されない可能性もある。 ということで、 まだアーリーなので最終製品版では無いということを踏まえてお読みください。 まずDusk Diver 酉閃町の 悪い 今後に期待したい ところから• 現状30fps固定 完成版で60fps対応が予定済み• カメラアングルにやや難がある。 壁際でキャラを見失いがち。 カメラの水平・垂直方向をリバースにするオプションがない• カメラ位置リセットがなんだか中途半端• メニュー表示時のボタン受付が異様にシビアで簡単に表示できない• セリフ送り等でボタン反応がやや遅く感じる• 価格に対してボリュームが少なく割高感がある という噂 改善を期待したい点は主に操作系です。 個人的に一番困ったのが垂直方向のリバース設定が無い事。 最後に挙げたボリュームに関しては Steamで他の方のレビュー等による指摘に基づいています。 2,800円という定価はSteamのインディーゲームだと割と高めの方かと思いますが、 どうやらかなり短時間でストーリーは終わってしまうのだとか…。 ただボリュームについては自分自身でまだ確かめていないので実際どうなのかは断定できません。 あるいは今後開発が進んでボリュームが増える可能性があるのかもしれません。 ゲームボリュームについてはこの後更にプレイを続け、また改めてレビューを書きたいと思います。 改善を期待したい点はこのくらいにして良い点も見ていきましょう。 Dusk Diver 酉閃町の 良い点• 日本人に親しみやすいキャラ・ゲームデザイン• 日本語によるボイス・テキスト・UIが実装• 気軽に楽しめるアクション• 着替え・育成要素もある• 食事の要素に力が入っていて台湾グルメを知ることができる 良い点はとにかく世界観、設定、そしてボイス・テキストを含めたゲームデザインが日本人好みに仕上がっている事に尽きます。 キャラクターデザインやグラフィックを見て、ピン!と来た方は楽しめるのではないでしょうか。 ちなみに実績では全てのバトルでSランク獲得というものがありますので、 アクションが得意な方はそこを目指しても良さそうですね。 台北といえば屋台が有名と聞いたことがありますが とにかくゲーム内の食べ物の種類が豊富なので 「台湾グルメってのはこういうのがあるのかー」と彼の地の食文化に思いを馳せることができます。

次の