暗黒界デッキレシピ。 遊戯王の暗黒界についてよく暗黒界のデッキレシピを見るとほとんどが...

新規カードで「方界」テーマが強化される!「方界」デッキの組み方と回し方のおさらい、相性の良いカードも紹介します!

暗黒界デッキレシピ

「 遊戯王OCGデッキから・大会優勝デッキ・「大会入賞デッキ」をはじめ「融合デッキ」「シンクロデッキ」「エクシーズデッキ」「リンクデッキ」など遊戯王のおすすめデッキを全てまとめ! インタビューなどをまとめた解説記事です。 様々な使用プレイヤーの情報から、カテゴリー全集及び、遊戯王のデッキとデッキ集関連を全てまとめています。 他の遊戯王の主要カテゴリー検索はこちら。 及び、環境デッキやアドバンス召喚やエクシーズデッキ・シンクロデッキなどの項目に分けて紹介しております。 最新デッキの新規カード・カテゴリー一覧 |||||| | |||• 遊戯王デッキ:リンクデッキ集 オルターガイスト 遊戯王デッキ:オルターガイストとは : : 罠カードで盤面をコントロールする上級者向けデッキ オルターガイストデッキとは。 「「CIRCUIT BREAK」でカテゴリ化された「オルターガイスト」と名のついたカードたち。 属するモンスターは魔法使い族で統一されていて、その中でも オルターガイストデッキは、遊戯王VRAINSのゴーストガールが使うテーマでした。 名称としてはポルターガイストのような幽霊をモチーフにしており、「電脳でさまよう幽霊」や変身して戦うのをモチーフに設計されています。 イグニスターデッキを作ると結構面白い動きが出来て、フィールド魔法があれば『各種シンクロやエクシーズ』などを採用しておいて各種効果等で戦っていくのがポイント。 シムルグの魔法罠カードを駆使しつつ盤面をコントロールしていくのがポイントになっているようです。 シムルグデッキの大きな特徴はアドバンス召喚を使用することでダークネス・シムルグを手札・墓地から無尽蔵に特殊召喚出来るというメリットがあります。 効果的には相手の魔法罠ゾーンを開けて、 そこに風属性のシムルグカードをアドバンス召喚。 その後、アドバンス召喚をトリガーに《ダークネス・シムルグ》を特殊召喚するというのが基本になっているようです。 また最近はリンクモンスターから鳥獣族を出せる展開デッキへと変貌しました。 水属性や風属性のテーマで属性ごとに『共通効果』を持っているのが特徴。 戦華デッキのモチーフが三国志な分、今後の強化も確定しているのも嬉しい所。 盤面に出したりして効果を活かして展開しつつ動くテーマです。 クロノダイバー 「クロノダイバーデッキは主にエクシーズ召喚を主体にしたデッキです。 エクシーズ素材の種類によって効果が変わり、ランク4を出していってビートダウンしているというシンプルさも兼ね備えている面白いデッキですね。 クロノダイバーのモンスター効果も主役である《》に全てを託すような感じの効果になっていてとりあえずをフィールドに残し続けて攻めるという1撃離脱で盤面のコントロールを狙っていきます」 未界域 「 未界域デッキはエクストラパック2019に日本に収録される来日テーマです。 元々dangerとも言われていましたが、実際にこの未界域デッキは出た当初から環境トップに入るのでは?という声が多かったテーマでした。 特に未界域デッキに関して海外で暴れてた事に加えて海外での禁止カードが基本「日本ではノータッチ」だからです。 なので未界域にはかなりのユーザーが警戒している様子です。 中身はかなり特殊な動きなんですけど、『展開系のデッキ』と考えてもらえれば問題ありません。 ワルキューレ 「ワルキューレデッキは天使族と女神である3つの北欧神話に登場する運命の女神を中心にテーマが作られているデッキです。 萌えテーマというか萌えカードがかなり中心になっているものの、ワルキューレデッキの動きはかなり簡単でたくさん並べてバトルフェイズを複数行い戦うというシンプルなものになっています。 ドラゴンメイドの上級モンスターと下級モンスターのメイド姿とドラゴンの姿をそろえてビートダウンするのがこのドラゴンメイドデッキの特徴。 融合やドローソースを駆使しつつ打点でごり押したり、アドバンテージを稼いでいくデッキになりました。 エーリアン X-セイバー エクゾディア 封印されし >> エッジインプ エヴォルカイザー エルフの剣士 エレキ E・HERO• エレメントセイバー 炎王 炎星 Em EM オーパーツ 先史遺産 おジャマ オッドアイズ オルフェゴール 遊戯王 デッキ カテゴリー全集 カ行 花札衛(カーディアン) ガーディアン 海皇 壊獣 化合獣 外神 ガエル カオス・ソルジャー >> CNo. ガガガ 影六武衆 ガジェット ガスタ ガトムズ カラクリ ガンドラ ギアギア 機皇 希望皇ホープ ギミック・パペット ギャラクシー 究極宝玉神 旧神 極神 極星 巨大戦艦 >> 禁じられた >> 空牙団 >> 雲魔物 クラウディアン 剣闘獣 グラディアルビースト >> クリアーバイス >> クリストロン >> クリフォート >> クリボー >> グレイドル >> 黒蠍 >> クローラー >> 契約書 >> 幻煌龍 >> 幻獣 >> 幻獣機 >> 幻蝶の刺客 >> 幻奏 >> ゴーストリック >> コード・トーカー >> コアキメイル >> 剛鬼 >> C(コクーン) >> 古神 >> ゴゴゴ >> Kozmo ゴブリン >> 蟲惑魔 蟲惑魔デッキ 「蟲惑魔デッキとは、落とし穴を駆使して相手のモンスターを破壊・妨害しつつ倒すメタビートデッキです。 かわいらしさとは裏腹に先行での制圧力は絶妙。 リンクモンスターも登場し、一層強力なデッキになりました。 参考記事 >> >> 落とし穴 >> ホール >> 遊戯王 デッキ カテゴリー全集 サ行 サイバー&サイバー・エンジェル サイバーダーク >> サイバー・ドラゴン >> サイバネティック >> サイバネット >> サイファー >> PSYフレーム >> サイレント・ソードマン >> サイレント・マジシャン >> 音響戦士 >> サブテラー >> サラマングレイト >> サンダー・ドラゴン >> ジェネクス >> ジェムナイト >> 紫炎 >> 時械神 >> 磁石の戦士 >> 死のメッセージ >> 地縛神 地縛神デッキ じばくしんデッキ 地縛神デッキに関してはこちら >> >> ジャックナイツ スフィンクス >> /バスター ZW >> 星遺物 >> 聖騎士 セイクリッド >> 聖剣 >> 聖刻 >> セイヴァー >> 星杯 >> 霊獣 >> セフィラ >> 占術姫 >> 閃刀姫 >> ゼンマイ >> 遊戯王 デッキ カテゴリー全集 タ行 ダイナミスト >> ダイナレスラー >> 代行者 >> 竹光 >> ダストン >> 堕天使 >> C(チェーン) >> 超重武者 >> 超量 >> デーモン DD 帝王 >> D(ディフォーマー) >> ティンダングル >> D-HERO >> ファーニマル >> デストーイ >> TG >> 魔神儀 >> 天気 >> 伝説の騎士 >> 電池メン >> トゥーン >> ドドド >> トマボー >> ドラグニティ >> >> トラミッド >> トリックスター トロイメア 遊戯王 デッキ カテゴリー全集 ナ行 ナチュル >> No. >> 忍者 >> 忍法 >> ネオス• >> N(ネオスペーシアン) >> 影霊衣 >> ネクロバレー >> ネフティス >> 遊戯王 デッキ カテゴリー全集 ハ行 パーシアス >> バージェストマ >> BK >> ハーピィ >> ヴァイロン >> バウンサー >> 覇王眷竜 >> 覇王門 >> 破壊剣 >> 墓守 >> バスター・ブレイダー >> ハネクリボー >> パラディオン >> ヴァレット >> ヴァレル >> ヴァンパイア >> ビークロイド >> HERO >> 彼岸 >> 憑依装着 >> 氷結界 >> ヒロイック >> 幻影騎士団 >> フィッシュボーグ >> フォーチュンレディ >> F. フォーミュラー・アスリート >> フォトン >> 武神 >> フュージョン >> BF ブラックフェザー >> ブラック・マジシャン ランスロット >> リアクター >> リゾネーター 遊戯王デッキ集:リゾネーター 「リゾネーターデッキは実質「闇属性シンクロ・ドラゴン族モンスター」を主軸にしたビートダウンデッキです。 既存の動きに最近は全体除去も登場した事で『安定した布陣を継続しつつ動く事が可能』になりました。 スカーレッド・レインを使いまわせるので「毎ターンモンスター除去」につなげる事も容易になっています。 リゾネーターデッキといいつつも実質「レモンデッキ・デーモンズデッキ」に近い部分があるのでジャック・アトラスデッキとして考えるのがいいかなぁと」 >> リチュア >> 竜剣士 >> 竜星 >> 竜魔王 >> LL >> 霊神 >> RR レッド・デーモン >> 列車 >> レッドアイズ >> レプティレス >> LV >> 煉獄 >> ロイド >> ローズ・ドラゴン >> 六武衆 >> >> >> 遊戯王 デッキ カテゴリー全集 ワ行 ワイト >> ワーム >> hukusyunyu 遊戯王暦19年!カードゲームは色々と遊び続けて20周年! ブログ運営は5年以上になりましたが、まいログはまだまだ1周年も迎えていません!笑 遊戯王の環境情報とインタビューを交えつつ最新の遊戯王優勝デッキをお届け!まいログも本格始動1周年のために様々な内容を更新中! 現在ツイッターフォロワー数も6000突破!企業案件も承るキャラブログを運営中です!カーナベル等各種TCGショップのスポンサーサイトと複数契約中。 参加・興味のある企業様等はメールにてご連絡ください。 ご連絡はこちら>>mailog2020 gmail. com.

次の

【デッキレシピ/遊戯王】暗黒界

暗黒界デッキレシピ

「という訳でなぜか呼ばれたシフォンですの」 「いやぁ・・・暗黒界のデッキって私詳しくないので聞こうかなーなんて思ったりしてたんですよ。 例えばこの流れは、以前からありまして主張系の規制を含めて実はハンデス系統のカードは非常に強い制限化の傾向があるんですよね。 「元々暗黒界デッキは私のトラウマデッキの1つでもあって、出た時にハンデスやマッドネス(手札から墓地に送られれば場に出せたりするカード)として活躍はしているものの、そういえば最近は環境に出ないなーと思っていたところです。 」 「なのでちその点を聞いてみたかったんですよね。 というのも、元々こういったデッキは強くなるとやばいんじゃ無いかなーという風潮がちょっとだけあるからなんですけど」 「なるほど。 「さて、暗黒界といえば事実上非常に優秀なデッキたちが蔓延るデッキというイメージでしたの。 遊戯王のシンクロ世代からですが、ハンデスに関しての対策であり、これらをカウンター出来る便利なデッキでしたわよね」 「確かにそうですね。 以前暗黒界デッキでは取り上げてはいませんでしたが、個人的に《暗黒界の武神 ゴルド》や《暗黒界の軍神 シルバ》のような手札から捨てると強いというカードが群雄割拠していました」 まい。 「個人的には《天使の施し》が制限復帰した時に暴れている印象がありましたし、手札から出せるという手段を始めに開拓したコンボパーツという印象も少なからず持っています。 ただし遊戯王はTCGにおいて『マッドネス』を投入する文化が無く、手札誘発での対策の方が多いのでどうしても悲観的にならざるを得ない事実があったりするのもどうしようも無いかもしれませんね」 「ですが、シンクロ時代では【暗黒魔轟神】の混合デッキもあったりとあの当時からコストで捨てさせてください!っていう鉄の意思を感じているデッキでもありましたの」 「それはありました。 しかし、その想いが遂に叶い、2011年にはストラクチャーデッキ-デビルズ・ゲート-で一気に環境デッキの仲間入り。 【2011 Hong Kong National Championship】では、1位という輝かしい名誉あるデッキでもあるんですよねー。 しかし実はこのデッキの背景には若干苦い思い出があるデッキでもあるんですよ」 「あれ?何かありましたですの?」 「まず当時の環境というかあの時代って【代行天使】と【暗黒界】との戦いで代行天使はTGを投入出来た時代なんですよね。 対象のモンスターを持ち主の手札に戻し、 その相手の効果は「相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる」となる。 「で、この暗黒界の洗脳というカードが登場してどう変わったかという事なんですが・・・。 実はこのカード非常に評価がしにくいカードなんですよ」 「珍しいですの。 どうしてですの?」 「まず3つの問題点です。 暗黒界の問題である2戦目以降の弱点を活かせない可能性が強い。 暗黒界の洗脳と罠を伏せる強みを活かせない。 後ついでに先行制圧とかみ合わない。 っという点がありますし、一つずつ見ていきましょう」 暗黒界の問題である2戦目以降の弱点を活かせない可能性が強い。 「暗黒界の弱点は実は結構簡単で、当時では《ヴェルズ・オピオン》等の特殊召喚封じや、次元の裂け目などの除外系が挙げられますの」 「そうなんですよね。 つまり二戦目以降では、この《暗黒界の洗脳》を活かす為に捨てる布陣を作って尚且つ手札を3枚確保する必要があるんです。 この場合相手の伏せを見抜いたとしても《暗黒界の洗脳》を使う以上手札の3枚を起動コストとして考えて魔法罠で相手のモンスターを割る場合残りの手札はそれらを気不動する為のカードとして使うんですよね」 「じゃあまぁ先行で相手がマクロコスモスを張ったとしましょう。 そうするとこっちは『運よく』サイクロンを引いて、更に《暗黒界の洗脳》を引く。 その後セットして残りの手札は4枚。 つまりモンスターを場にだしてしまう位しか手札に余裕が無いのです。 相手がモンスターのみのデッキでは無限軌道要塞と化しますが、一方で暗黒界を除去する手段を入れるのは心理戦。 つまり・・・サイクロンで《暗黒界の洗脳》が破壊されると無防備なワンチャンが棒立ちという今の環境ではありえない布陣となる訳ですね」 「後最近では環境デッキにおいて【真竜】デッキのメタとして機能するので十二獣等の採用も逆風な事が最大の問題点として注目されているということですわね」 暗黒界の洗脳と罠を伏せる強みを活かせない 「あ、これはなんとなく分かりますの。 グラファを中心にしたランク8ビートとしての動きや罠セットを駆使出来ないという問題を抱えているのは古今東西やっぱりキツイですわよね」 「そうですねー。 いかんせんグラファも打点は3000と今の《究極伝導恐獣》を超えれないんです。 で、効果を無効にしても仕方が無いですしこういう時って実は《暗黒界の洗脳》の方が有利。 ですが、《暗黒界の洗脳》をサイクロンで結局破壊されてしまうのを避けたいので、伏せたいけどそうはいかないんですよねー」 「というより、 暗黒界デッキでまず手札を3枚持っているデッキというのは若干ありえなくて尚且つ捨てていいカードなんて結構稀ですよ。 特に前だったら《墓穴の道連れ》を採用してもいいのかも知れませんが これもまた手札を1枚捨てるカードな訳で」 「そもそも今の暗黒界に必要なカードは、 エアーマンの存在ですの」 それ言うんだ・・・まぁ確かにそうなんだけど 「言ってしまえば、暗黒界のデッキはドローをたくさん出来るデッキもある通りで安定した手札を作れるソースと《暗黒界の洗脳》のコスト両方を見たせる上にグラファで利用できるカードが出ればきっと環境でも通用するデッキになりますの!」 「まぁ、でもこれは確かなんですよね。 というのも元々暗黒界デッキの特徴はグラファを持っておきたいカードですから、出来れば・・・来たら嬉しい感じでしょうか」 《暗黒界の洗脳》を活かしつつ戦えるデッキのイメージは? 「さて、肝心のイメージですが暗黒界のデッキで化ける可能性が数種類だけあるので紹介すると『手札を増やせる条件』を持つカードが増える事でしょうか。 恐らくですがこの2つが出た瞬間に化ける可能性があるデッキと言えそうです」 「多分その化ける理由は『セルフバウンス』という点ですわよね?」 「そうですね。 《暗黒界の洗脳》もそうですが、彼らには元々効果を再利用する効果に長けています。 このカードがカードの効果によって手札から墓地へ捨てられた場合、 相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。 相手のカードの効果によって捨てられた場合、 さらに相手の手札をランダムに1枚確認する。 確認したカードがモンスターだった場合、 そのモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

次の

【暗黒界デッキ】大会優勝デッキレシピまとめ

暗黒界デッキレシピ

の概要 時にがするを主軸とした。 に強く、展開力やの高さも魅力。 このカードがカードの効果によって手札から墓地へ捨てられた場合、 相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。 相手のカードの効果によって捨てられた場合、 さらに相手の手札をランダムに1枚確認する。 確認したカードがモンスターだった場合、 そのモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。 相手のカードの効果によって捨てられた場合、 さらに相手の墓地に存在するモンスター1体を選択し、 自分フィールド上に表側守備表示で特殊召喚する事ができる。 1ターンに1度、自分の墓地に存在する 悪魔族モンスター1体をゲームから除外する事で、 手札から悪魔族モンスター1体を選択して捨てる。 その後、自分のデッキからカードを1枚ドローする。 ・ 前者はの、後者はが可能。 を持ちに出しやすいため、・・やの等に使える。 の追加をさせられる。 ですればも可能な他、ですれば再度追加も狙える。 ・・ に必要はあるが、それぞれ強力な追加を持つ。 になくてもは出来るため、より優先度は低いが構築次第で採用可能。 ・にする場合、の違いからと差別化出来る。 時にするを持つ他、自身をするを持ちも高いこのの。 にはのをに必要があるが、の必要性の低いなのでは小さい。 相性の良い• 能動的にのが出来る。 も参照。 こちらも能動的にのが出来る。 時もしたを回収可能。 のを事が出来る。 場所を問わない上に、心配も無いため、等でと共にから問題ないのが利点。 下記のとも相性が良い。 やをする事でのやが可能。 また、をしをさせる事で、をしつつを回収できる。 その他の• とのを同時に狙える。 の高い場合のを持つ他、から事でを可能。 このでは事が容易なため相性は良く、の連続やとのが可能での再利用も可能。 を守りつつ、と8のを行える。 また、、、といったを共有することもできる。 あちらの共通でが捨てられればにならずにの展開が可能。 とはや等のサポートを共有できるのも利点。 について• でが可能である。 のと同時にができ、微弱ながらのも行う。 の消耗が激しく、を利用するを採用する場合はこの点を考慮に入れる必要がある。 ・ それぞれ・をしながらのが出来る。 はのを補助するもある。 後述のも含め、全て併用するとがかさむため採用枚数は調整が必要。 をを持つ• をしながらのが出来る。 をしながらのが出来る。 がはが選ぶもある。 ののをしながらのができ、なのででも可能。 に能動的にをので、やをことでの目論見も崩しやすい。 を妨害しつつに時のを出来るが、はな上が必要。 に時のが強力ながにある事と、がをする事の両方を満たす必要がある。 や等と好相性で、を利用し適当なをしてのも可能。 でのをできるため単純なとしても使える。 2 のは殆どオマケだが、使い捨てのや等に使えれば儲けもの。 のをつつ、の5以上のをする。 このにおいてはというだけでなく、に5以上のさえあれば毎をことができるとしての活躍も期待できる。 またであるため、によるも可能。 のをしつつが行える。 に無意味に残ったを回収しつつのを捨てられるのは他のにはない利点である。 のは出来ないが、のほとんどのをに使える手段となる。 、により安定してでき、とのでの回収も可能。 ・ の存在により安定したが狙える。 はや、でした等もに使える。 ・・・等、のを促進するとは相性が良い。 その他• やをことができる。 にが存在せずのをできない場合でもこのでを用意して無理やり動くことができる。 、などによってされたをできる。 であると違い1待つ必要がなく速効性が高い。 を必要とするが、このはにいた方が都合の良いも多いため利点にもなる。 対応するはのみであるが、はからできるため採用しやすいである。 上にが存在しない場合でも損失なくをしつつ、をことができる。 をすることで、損失なくをすることができるためを用意しやすくを稼げるとなる。 多くのはでがするため相性が良い。 はすべてな上、もで統一するのが容易な為採用しやすい。 とのシナジーが強いわけではないので、と揃える等の工夫が必要だろう。 のと一緒にができる。 となるを選ぶのでが起こりやすい他、にも弱いのが難点。 軸 の発売以後に登場したで専ら【スーパードロー暗黒界】などと呼ばれる。 多様なによる連続から8を複数してを狙う。 構築について• のうちを消費するものはことを避けるため通常1〜2枚程度に抑えられることが多い。 としてがされる場合もある。 8はとなったをやすく力も高いが優先される。 についてはこのページのを参照。 上記に加えて採用されやすいには、、、等がある。 についてもの妨げになることを防ぐためやなど力が高いものが1〜2枚採用される。 基本的な回し方 ・・を駆使してを増やしながら複数のをに揃える。 のとのを繰り返して8を並べる。 にただちにで引き込んだやをし反撃の芽を摘み完封する。 はであるためをしを保護するなどしてをより強固にすることも狙える。 固定された回し方が存在しないため慣れないうちはそもそもがしなかったり、のし過ぎでを起こしがちである。 構築も綿密な調整が必要であり安定して回すには相応の慣れが必要である。 1が長くなりがちでありいわゆるに当たるため対戦への配慮は欠かさないようにしたい。

次の