アコード タイプ r。 何コレ凄い!フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「アコード(Accord)」に”タイプR”が登場したら?というレンダリングが公開。まさかのセンター4本だしマフラも

ホンダ・シビック6速MT車比較試乗…タイプRは途轍もなく速いが、ハッチバック6MTも充分に速く、楽しく、扱いやすい。これはアコードユーロRの再来か!?|セダン|MotorFan[モーターファン]

アコード タイプ r

Type-Rの場合、遮音材を廃しても徹底的な軽量化を行うことが多々ありますが、Euro-Rではこのようなことは行われていません。 大人4人が乗っても十分な広さが確保することが出来る室内、走行フィーリングもよりマイルドに仕上げられています。 とはいえ、決してEuro-RがType-Rの廉価版であったというわけではありません。 Euro-Rに搭載されたエンジンは、プレリュード・タイプSに搭載されていたH22A型直4 2. 2L VTECをさらにチューンナップしたもの。 2代目アコードEuro-R Euro-Rの設定は、アコードの姉妹車として登場したトルネオにも設定されました。 しかし、2002年アコードのフルモデルチェンジに伴い、トルネオは販売を中止が決定し、Euro-Rはアコードのみへ一本化されます。 2代目アコードEuro-Rの搭載エンジンはK20A型 直4 2. 0L i-VTEC。 このエンジンにより、最高出力は先代と同じ220psを維持しながらもを減少させることに成功しました。 さらに、アコードの他グレードがSマチック付きの5速ATを採用するなか、唯一6速MTが搭載されています。 快適性をそのままに、スポーツ性能にもさらに拘り走りに磨きをかけたモデル、Euro-R。 その後、2008年からは8代目アコードが販売されましたが、Euro-Rの設定はありませんでした。

次の

アコード(ホンダ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

アコード タイプ r

国産スポーツモデルのカスタムを多く手掛けるチューナのHondataが、ホンダのミドルサイズセダン「アコード」を過激にチューン。 今回Hondataが行ったのは、「アコード」に搭載されるハイブリッドエンジンを完全に取っ払い、ハイパフォーマンスモデル「シビック・タイプR」に搭載されるような排気量2. 0L 直列4気筒ターボエンジンへと移植するというダイナミックなカスタム。 Hondataがベースチューニングした2. 0Lターボエンジンは、最高出力255ps、最大トルク370Nmを発揮し、トランスミッション6速MTとなりますが、チューナー曰くトランスミッションはオーダー次第で10速ATに変更することも可能なのだとか っというか、販売するつもり?。 既に過激ともいえるこのチューニングエンジンですが、同チューナーのとしては、「シビック・タイプR」よりも過激なエンジンと、それに見合った最適な足回りとなる「アコード・タイプR風」を提供していきたいとコメントしており、信頼性も高くエミッションに対応していることから、十分な使用領域にあると説明。 基本的にはECUソフトウェア変更のみでの対応が主体となるため、要望に応じてデチューンすることも可能ですが、ここまで過激なパワーを持つともなれば、加速性能においては「シビック・タイプR」よりもずば抜けた性能を持っていそうです。 【FlashPro 2. ベースとなるモデルは、排気量1. 8L 直列4気筒エンジン+電気モータを搭載するハイブリッドモデル 駆動方式は前輪駆動 FF となりますが、この個体をR-TunedがVVT-iエンジンとトランスミッションを完全スワップし、しかも新型のカスタムターボシステムにて23psiブーストすることで最高出力600psを発揮 チューンアップにより、加速時に1. 2Gの制動力と1. 7Gの横方向荷重がかかる。 9秒となります。 なお、R-Tuned仕様によってスワップされたパワートレインは、排気量2. 4L 直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力は上述の通り600ps、パワープラントには5速マニュアルトランスミッションとウィロースプリングが設けられ、マクラーレン「650Sスパイダー」やポルシェ「911GT3RS」、日産「GT-R Nismo」よりも速い個体と言われています。 ちなみに、今回カスタムされた「CH-R」がライバルとする個体は、現FF最速王者のホンダ「シビック・タイプR 純正 」の7分43. 8秒となっています。 同車は、排気量2.

次の

【タイプR、アコードなど続々!!】今乗っておきたいリッター100馬力超えのNA車たち

アコード タイプ r

製造国 販売期間 - 5名 4ドア : 2. すでに仕様アコードには「」が設定されており、その日本仕様ともいえる。 ピュアスポーツ路線の日本仕様「タイプR」シリーズ(、や)とは趣が違い、そのコンセプトはセダンとしての扱いやすさとスポーツ性の両立である。 よって走行フィーリングはよりマイルドに仕上げられ、室内は大人4人乗っても十分な広さが確保されている。 また車体ロゴの「R」文字はタイプR同様の赤文字であるが、字体はタイプRのそれとは別のものが使用されている。 搭載されたエンジンは、「タイプS」に搭載されていた 2. 2L で、「ユーロR」専用にさらにチューンナップされ、欧州仕様「タイプR」を凌ぐ最高出力162kW 220PS を発生する。 アコードの他グレードとは一線を画し、エアロパーツに加え、社製、社製など、走行面が専用装備が追加されている。 なお、「タイプR」シリーズには製のシフトノブが装備されていることが多いが、「ユーロR」のそれは製である。 その後、最終型に特別仕様の「ユーロR-X」が追加され、専用ボディカラー、専用色レカロ社製バケットシート(一部内装)、トランクスポイラー、プライバシーガラス、チタン製シフトノブが装備された。 2代目 CL7型(2002-2008年) [ ] ホンダ・アコードユーロR(2代目) CL7型 製造国 販売期間 - 5名 4ドア スポーツセダン :直4 DOHC 2. エンジンは 直4 2. 0L DOHC で、排気量は減少されたが最高出力は先代と同一の220PSが維持された。 2代目インテグラタイプRに搭載されているK20A型に2次バランサーを装備し、静粛性を確保するとともに性能特性を変えている。 トランスミッションは、アコードのグレード中唯一6速MTが搭載 された。 走り、居住性、デザインといったクルマの本質を徹底的に引き上げ、そのすべての要素に「質の深さ」を求めたアコードの中で、快適性はそのままに、スポーツという性能にさらにこだわり走りに磨きをかけている。 ボディーのは0. 26と良好で、高速安定性や燃費の向上、風切り音の低減が図られている。 また、アクセルペダルは乗用車ではめずらしいオルガンペダルを採用している。 トランスミッションでは1-2速をトリプルコーン、3-6速をダブルコーンの全段マルチコーンシンクロを採用し、シフト荷重を30%低減した。 ストロークも50mmに短縮するとともにシフトノブの配置をドライバーに近づけるなど、軽快なシフト操作と心地よい操作フィールを実現ている。 また、トルク感応型ヘリカルLSDがアンダーステアの少ないコーナリングと、シャープな立ち上がり加速を実現。 にマイナーチェンジが行なわれた。 かつてでは、同社の認定中古車制度を利用してこのモデルをベースにユーロRが生産されたことがあった。 12月現在、8代目アコードが発売されたものの、8代目にはユーロRは設定されていない。 7mm 圧縮比:11. 0mm 圧縮比:11. 同年のWTCC・戦からは、エンジン供給をが担当することになった。 脚注 [ ] []• ただし、2代目シビックタイプR(EP3)や2代目インテグラタイプR(DC5)のシフトノブもアルミ製• 他のグレードは付きの5速 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の