日本語 起源 2ch。 日本起源説(2chで見つけたコピペ)

日本語の意外な歴史

日本語 起源 2ch

76 0 旧石器時代、縄文時代、弥生時代、古墳時代、飛鳥白鳳時代、奈良時代 と日本列島には新しい言語もって、新たな人々がやってきました。 又、北海道から沖縄まで現代日本語も多様です。 この、多様で歴史の古い日本語の起源と系統について大いに語りましょう。 87 ID:6beVjm5ti クレオールタミル語が日本語であることは、言うまでも無い。 21 ID:6NJuwJ4xQ 大野晋vs藤原明のドタバタ劇がオモロかったな。 明治44年に結論は出ているんだろう。 遺伝子から見るとチベット語が復活するかな。 94 ID:SfttREcpg 京都大学文学研究科編の「日本語の起源と古代日本語」の冒頭論文において、本田章義は「これまでのさまざまな説の中では、タミル語がもっともよく似ていることは認めざるを得ないだろう。 」という。 むろん、タミル地域のDNAは日本人のDNAと異なる。 だが、南島語圏のDNAはもっと異なる。 したがって、DNAは現状ではまだあてに出来ないと判断せざるを得ない。 そこで、DNA云々は横に置いて、ひとまずタミル語との対応を考えるのが、現状合理であろう。 ・・・それなら遺伝子に現れるはずだろう。 タミル人と日本人の遺伝子に何か共通性があるのか。 言語だけが文字のない時代にどうやって伝わったんだ。 65 ID:LgeExbV6f 南東語説が有力だが、南東語話者と日本人のDNAはまるで異なる。 いわゆるアルタイ語説にしても同様。 朝鮮人ですら、日本人の持つD2を持たない。 従って、今の遺伝子研究レベルでは何も言えない。 ともあれpunaiでやってきたことは否定できない。 22 ID:fPWiszzzE フネがpunaiならスネはsunai、ツネはtunai、ムネはmunaiでなければならん というのが比較言語学とちゃいまっか。 比較言語学では、末尾子音が同一でなければならない、という規則はない。 それに、日本語とタミル語は従来の比較言語学では解し得ない。 即ち、系統論では無理。 日本語はタミル語のクレオール語である。 always 常 はtinakAl-am。 kAl-amはtimeをあらわすが、日本語では脱落。 「常」は日本語tin-a>tun-eで対応。 breastはmonni。 脛はtUN-am>sun-e。 タミル語での意味はpillar,prop, support。 そこで例えば、ある言葉と、 それに掛かる枕詞について遊んでみた。 ありきぬの意味に関する 日本語学者の解釈は苦笑するしかないのでカットする。 また、重ねて着るならなぜ三重だけなのか、など。 つまり、さゑぐさ=百合である。 ただし、タミルでは百合も蓮も区別しない。 水百合といわれる由縁である。 もっとも、triplicaneはこれと語感は似ているが、tripliは「三」、caneは「茎」である。 これは日本で「三枝 さゑぐさ 」を百合というのに類似する。 ではこれがなぜ三重に掛かるかといえば、三重は「さゑ」とも読めるからである。 これは一種の言葉遊び。 「さゑさゑ」に掛かるのも「さゑ=三枝=アリキヌ」であるため。 14の続き。 ありきぬとはタミル語allikkeniに由来する。 triplicane さゑぐさ の 意味である。 この英単語は身近にあるどの辞書にも載っていなかったが、タミルで出版している辞典には載っている・・・。 このtriplicaneはタミル語tiru-alli-keniのことで、tiruは神聖、 alliは百合、keniは小さな池。 これをタミルではトリプリケーンと英語で言っているわけである。 音感が似ているのでタミル・チェンナイ地方で作られたタミル産の英語 である。 90 ID:g66XebSrz 日本語は起源・系統不明の孤立語といわれているが、シナ語もそうではないか。 シナ語族は人口が多いだけで他の語族との関係は不明だろう。 印欧語族や南島語族のように系統関係が確立しているほうが例外的ではないのか。 日本語やシナ語の起源・系統がそれほど重要なことだろうか。 100年以上学者がやってきて分からんことはもうそれ以上やっても無理ではないか。 37 ID:g66XebSrz ・・・と素人は思う。 まあ、いくらやっても日本語と他国語は非常に薄い関係があるだけというのが結論だろう。 シナ語・朝鮮語もそうなんだろうと思う。 00 ID:Uhaq5YLlJ 日本語はアメリカインシアン諸語のようなガラパゴス言語なのだろう。 朝鮮語に一部似た部分があるのは半島南部にいた倭人語の影響だ。 84 ID:vkJ3YGhmD 日本語の起源は日本だよ。 蓬莱と昔呼ばれていたが、海の中に蓬莱が有るって嘘話が出回った。 地図を書く時に海の中に書けるのって島だけなんだがね。 蓬莱の子の事をエジプトではホルスと呼んでいる。 ギリシャ人はホルスの土地をポリスと呼んでいた。 ポリスの兵がそのまま綴りが変ったポリスになった。 警察官を表す別の漢字は蓬莱子。 日本人の移民は日本の甲冑に小札と言う鱗が付いていたから人魚にされた。 これは蓬莱が海中に有る事にされた事ともかかっている。 日本人は世界中に移民したが少数だった為、道を作って車輪を使えなかった。 だから川と言う天然の道を使って船で交易をした。 これは俗にいう鯉の滝登りの事で、龍と言うのも日本人の事。 日本が起源なのであって、日本の起源になる国は存在しない。 45 ID:pJ760F3Cb ・・・と思えば、頭を使わずに済む。 85 ID:DRmfm4GAa 最近、朝鮮人の日韓語呂合わせ同源論が鳴りを潜めているがまだやっている人間もいるんだろうな。 11 ID:7niysAkA4 最近youtuberの在日外国人にウズベクスタン人・フィンランド人・ロシアタタール人がいる。 やはりこれらウラル・アルタイ語族にとって日本語は簡単な部類の言語なのだろう。 9 KB 名前: E-mail 省略可 :.

次の

日本語の起源と系統について語る 2

日本語 起源 2ch

アルタイ語族説 日本語をアルタイ系言語、の一つとする説。 ただし説の基盤を築いたや、 ら自身もこの仮説があくまで仮説にすぎないことを強調していた。 この説の基礎理論的な課題は、、()のがどの程度まで可能かである。 に属するとする説は、末から特に注目されてきた。 その根拠として、古代の日本語()において語頭にr音が立たないこと、一種の がみられることなどが挙げられる。 ただし、アルタイ諸語に属するとされるそれぞれの言語自体、互いの親族関係が証明されているわけではなく 、したがって、古代日本語に上記の特徴がみられることは、日本語が類型として「アルタイ型」の言語である という以上の意味をもたない。 またかつてという分類がなされていた時代には、それと日本語をつなげる見方もあったが、これもその後、ウラル・アルタイ語族という分類自体が無いとする考えが支持されている。 『日本語』 1967 『日本語とアルタイ諸語』 1971 と は、の日本・朝鮮共通祖語を元に、、、の語形も参照しながら分析を展開している。 他には、カール・H・メンゲス『日本語とアルタイ語』 やロシアの、辞典では"Etymological Dictionary of the Altaic Languages" などがある。 日本においては、野村正良、池上二良等がいる。 彼らは日本語の系統問題には慎重ではあったが、日本語をアルタイ系の言語とする仮説に沿って研究を進めていた。 また南島()語研究で知られるも、日本語の系統はアルタイ系とみなしていた。 しかしながら研究者間で意見の一致が見られる比較例は、全般的な的特徴()、いくつかの的要素、人称・指示代名詞システム、やのの一部、の一部、高々数十の語彙などにとどまっており、いまだ日本語=アルタイ語族説は十分に実証されていない。 ポッペのアルタイ祖語の音韻の再構についても批判的に検討され、アルタイ仮説は破綻したと見る研究者もいる [ ]。 現在は、より包括的なまたは超語族という概念で分類を再考している流れもある(マクロアルタイ説・説・説など)。 しかしこの包括理論によって日本語の系統の解明が進む可能性は低いとされている。 これに対してツングース諸語・満州語・日本語・朝鮮語に対象領域を縮小し比較の精度を上げる研究の流れもある(米国の〈〉)。 朝鮮語同系説 朝鮮語と日本語の関係についての議論は、日本では江戸時代に遡る古い歴史がある。 後に()や()などにより、語彙を中心とした比較が行われた。 の手法に基づく初めての本格的な研究は、『日韓両国語同系論』()である。 なお金沢の著作は「日鮮同祖論」(1929年)をはじめ大日本帝国時代に朝鮮半島政策の正当性を証明する根拠としてひろく引用されたため、戦後は糾弾の対象として嫌悪され、忘却されたが、金沢自身はあくまで学術的な関心として研究し、政治的意図を持っていなかった。 は両言語の音対応の法則性から日本・朝鮮共通祖語を再構し、この音対応法則は後にミラーやらによって大きく改良された。 ただし、再構に2言語だけを使用したこと、対応しない語彙が多すぎること、対応するとされる語彙が借用である可能性があることなどの問題がある。 一方で、A. ボビン(2003年)のように、日本語と朝鮮語間でいくつかの的要素が一致する事を根拠に、系統的に同一のものと主張される場合もある。 ほか、研究としては宋敏『韓国語と日本語のあいだ』(草風館、1999年)がある。 扶余語・高句麗語・百済語同系説 高句麗語同系説 「」も参照 朝鮮の歴史書「」に記されたの故地名の音訓併用表記から推測される、いわゆる「」が、日本語と組織的に顕著な類似性を示す事を初めて指摘したのは、である()。 新村は、「三」「五」「七」「十」の4つのが日本語と類似することなどを指摘したが、日本語アルタイ起源説と関連させてこの類似を更に深く追究したのは、 李基文(イ・ギムン) ()(-)、(1961-)である。 最新の論考には板橋義三のものがある(2003年)が、どのような語彙を抽出し、どのようなを当てるかは論者によって異なる。 更に、抽出された語彙の解釈については大きな見解の相違がある。 例えば、()は、語彙数を80語とし、ツングース系と解釈されるものは10数語を超えないとするのに対し、板橋は111語を抽出してツングース系語彙は21語とする。 また、マズール や村山七郎の説()を継承してオーストロネシア起源の語彙が含まれるとする。 ただし半島から旧南満州における言語分布状況がどのようなものだったかは不明な点が多い。 そもそも再構された「高句麗語」が、本当に高句麗の言語だったかについても疑問がある。 「」や「」などから推測すると、後半に鴨緑江以北を本拠地としていた・高句麗の言語がツングース系だった可能性は高いが(村山説: 1979年)、肝心の朝鮮半島北部から中部にかけて、3世紀当時どのような言語が分布していたかについては、「」などの「」には全く言及がないのである(金芳漢: 1985年)。 「高句麗語」と日本語との系統関係についてもいまだ十分に実証されていない。 百済語起源説 近年において、韓国のらによって日本語はが起源であるという説が提唱されている。 ただし百済語は高句麗語以上に実態不明であり、根拠薄弱という批判がある。 扶余諸語起源説 朝鮮半島の国家、 百済は高句麗のによって建てられ [ 疑問点 — ]、そのはに遡ると考えられている。 百済は後に、の日本と密接な関係を持つようになり、 クリストファー・I. ベックウィズ ()は、この時点のには、まだとの関連性が認められると指摘する。 ベックウィズは、古代のから140の高句麗語の単語を再構築した。 この中には、「 -の」や「 -し」のように、日本語と機能が類似し同一起源と見なせる文法的が多く含まれる。 オーストロネシア語族説 がを形成した言語のひとつだったとする説。 現在、主流な説は、日本語がアルタイ系言語と南島語の混合語起源とするものであるが、「混合」の定義・プロセスについては、論者の間で見解の相違がある。 日本人の民族学人類学的な特徴が混合的なものであることは、古くから指摘されてきた所であるが、言語学者の間では日本語アルタイ起源説が19世紀以来、定説とみなされてきた。 国語学の観点 日本語と南方系言語との関係は、昭和中期までは、主に国語学者によって論じられた。 は、日本語と南方系言語との関係を論じ、「ウルチ(粳)」をの「ブラス」と比較した()。 この時期の先駆者として、北里闌 や奥寺将健 がいる。 また昭和30年代には、日本語学者のが、日本語の母音の終わりの音韻構造をポリネシア語起源とし、身体語彙にインドネシア語と類似するものが多いと主張した()。 オーストロネシア比較言語学の観点 オーストロネシア比較言語学は、、ドイツのによって基礎が確立された。 祖語が再構されたことにより、古代日本語と南島諸語の比較を行う前提条件が整い、音韻体系や語彙に関する類似が指摘された。 しかし、いまだ系統関係は実証されたとはいいがたく、逆に従来指摘されていた類似性が必ずしも成り立たないことも判明してきた。 例えば上記の「(粳)ウルチ」の例では、現代インドネシア語で「粳」は「ブラス」に類似した発音であるが、祖語に遡れば、むしろ「ブハス」に近い発音であった。 またの母音終わりの特徴も、子音終わりを許す祖形からの発展である事が証明された。 再構された南島祖語との比較を初めて組織的に行ったのは、言語学者の である。 泉井は約50語を取り上げて音韻対応則の検討を行ったが、日本語と南島語の系統的な関係については懐疑的であり、両者間の類似語の存在は借用によるとみなした。 日本語と南島諸語が系統関係にある可能性を指摘したのは、ロシアの言語学者、である。 ポリワーノフは、日本語の接頭辞が南島諸語起源と考えられる事、日本語のピッチ(高低)アクセントや、重複形による強調表現などがのやと類似している事などを指摘し、日本語が南島諸語と系統的な関係にあることの証明を試みた。 また、オーストロ・タイ語の研究で世界的に知られるは、晩年に日本語とオーストロネシア語を同系とする論を発表した。 アイヌ語起源説 片山龍峯は、日本語とアイヌ語の語彙には共通の語根があるとし、日本語の活用形の起源もアイヌ語で説明できるとした。 また、民族学者のなどは日本語の基層にアイヌ語の存在を想定している。 ドラヴィダ語族・タミル語説 日本語ととの関係を主張する説もあり、とりわけによる、ドラヴィダ語族のひとつのタミル語との対応関係研究があるが、批判も多く、学説としては定着していない。 ドラヴィダ語族との対応関係については、文法構造が膠着語であること、そして語彙の対応があることをや藤原明、江実らが提起した。 はインド南方やスリランカで用いられていると日本語との基礎語彙を比較し、日本語が語彙・文法などの点でと共通点をもつとの説を唱えるが 、比較言語学の方法上の問題から批判が多い。 後に大野は批判をうけ、を放棄し、日本語は クレオールタミル語であるとする説を唱えた。 「」も参照 日本語とタミル語の共通項は多岐にわたっており、天文、人事、生活、社会、自然、祭事などあまねく対応する。 ただし、魚の名や植物名の対応は非常に少ない。 中国語起源説 飯野睦毅はのの語末尾に母音を付加することで、日本語語彙が成り立つとした。 この際、漢語が日本語の動詞になる時、語尾が「p」の語は「ハ行」活用、「m」の語は「マ行」活用になったとし、日本語の動詞の活用に各行の別があるのはここに由来するとしている。 東夷語説 フィンランドの、は、先 Pre-Proto Japanese がと同様の的特徴(単の)を持っており、近くの沿岸にいたの一種の言語であったが、朝鮮半島に進入して、そこでのような言語と接触して的な類型論的特徴を獲得した後、九州から日本に入ったという仮説を提出している。 アルタイ・南島語混合説 の、は、特に日本語の史に関する研究 を基に、日本語がとアルタイ系言語とのであるという説を初めて提唱した。 更にポリワーノフは、日本語のピッチアクセントを、アルタイ系言語における位置固定のストレスアクセントとは根本的に異なるものと考え、その起源をに求めた。 Proto-Tai items are taken from Li, Fang Kuei 1977. A Handbook of Comparative Tai. Honolulu: University of Hawaii Press. その他 厳密な実証科学によらないほかの仮説としては以下のものがある。 日本語起源説• 明治時代のによって唱えられ、日本語はやなどと同系であるという。 日本語同系論• 者によって、の初期ごろ。 との関連説• 医師のによる。 ラテン語と日本語の語源的関係• 近年によって唱えられた日本語の語源を古代ラテン語に求める説• 起源説 の言語に影響を受けているという説。 ()による。 琉球の言葉を方言として日本語に含む場合• 琉球語を別言語とし、日本語とともにを成すとする立場では、日本語族は、一般的な語族のうちの一つに過ぎない• 『世界言語のなかの日本語』三省堂2007• 亀井 孝 他 [編] 1963 『日本語の歴史1 民族のことばの誕生』(平凡社)。 大野 晋・柴田 武 [編] 1978 『岩波講座 日本語 第12巻 日本語の系統と歴史』(岩波書店)。 新村 出 1916 「国語及び朝鮮語の数詞に就いて」『芸文』7-2・4(1971年の『新村出全集 第1巻』(筑摩書房)に収録)。 服部 四郎 1959 『日本語の系統』(岩波書店、1999年に岩波文庫)。 中川 裕 2005 「アイヌ語にくわわった日本語」『国文学 解釈と鑑賞』70-1。 大山 元 2002 『古代史料に見る縄文伝承』(きこ書房)• 高津春繁『比較言語学入門』(岩波文庫・)p. 『世界言語のなかの日本語』三省堂2007• 1908 「日本語の位置」『國學院雑誌』14。 有坂 秀世 1931 「国語にあらはれる一種の母音交替について」『音声の研究』第4輯(1957年の『国語音韻史の研究 増補新版』(三省堂)に収録)。 北村 甫 [編] 1981 『講座言語 第6巻 世界の言語』(大修館書店)p. 121。 亀井 孝・河野 六郎・千野 栄一 [編] 1996 『言語学大辞典6 術語編』(三省堂)の「アルタイ型」。 Roy Andrew Miller: 『日本語 歴史と構造』訳、三省堂、1972年(原著は1967年)。 ミラー『日本語とアルタイ諸語』西田龍雄監訳、近藤達生、庄垣内正弘、橋本勝、樋口康一共訳、大修館書店、1981(原著は1971年)• ミラー『日本語とアルタイ諸語』前掲書、1981,p. 3 vols. Brill,2003• ジャリガシノヴァ「朝鮮民族の形成における北方系・南方系要素の相互関係」『古代の朝鮮と日本』現代のエスプリ、至文堂1976年。 また大林太良『邪馬台国』中公新書、1977、122頁。 Christopher Beckwith, 2004. 1935: 者のの従兄弟• : 国語学者• 泉井 久之助 1952 「日本語と南島諸語」『民族学研究』17-2(1975年の『マライ=ポリネシア諸語 比較と系統』(弘文堂)に収録)。 -の研究• 1938年、奇しくも南島比較言語学の誕生の年に、スターリン粛清の犠牲者の一人として獄中死した。 ポール K. ベネディクト「突破口:東南アジアの言語から日本語へ : 日の神の民の起源」『アジア・アフリカ語の計数研究』第25号、1985年。 Benedict, Paul K 1990. Linguistica Extranea. Studia. Karoma Pub. 片山龍峯 2004 『日本語とアイヌ語(新装版)』,東京:すずさわ書店• 大野晋『日本語の源流を求めて』岩波書店、2007年、pp. 37-8• 大野 晋 1987 『日本語以前』(岩波新書)などを参照。 研究の集大成として、大野 晋 2000 『日本語の形成』(岩波書店)を参照。 下記「批判」参照• 飯野睦毅 1994 『奈良時代の日本語を解読する』東陽出版• ユハ・ヤンフネン「」『日本語系統論の現在』 pdf 国際日本文化センター、京都、2003年、477-490頁。 1917年から1924年にかけての一連の論文において、西日本、特に土佐方言及び京都方言のアクセントが古形を保存していることを明らかにした。 の手法を取り入れたアクセントの本格的な研究は、日本では1930年代前半にによって先鞭が付けられ、らによって推進されたが、ポリワーノフの研究はそれらに大きく先行するものだった。 『日本語研究』村山七郎編纂・翻訳 1976 、月刊「言語」別冊 「世界の言語学者101人」 2001. 2 、また• 「日本語の古層を統計的に探る」『言語』昭和62年7月号• 安本美典 1991 『日本人と日本語の起源』, 東京:毎日新聞社• 安本美典 1978 『日本語の成立』, 東京:講談社• 金平譲司• 金平譲司• 金平譲司• 金平譲司• Vovin, Alexander. 1998. Japanese rice agriculture terminology and linguistic affiliation of Yayoi culture. In Archaeology and Language II: Archaeological Data and Linguistic Hypotheses. Routledge. Vovin, Alexander. 2014. "Out of Southern China? — Philological and linguistic musings on the possible Urheimat of Proto-Japonic". June 27—28, 2014. INALCO, Paris. Vovin, Alexander. 2014. "Out of Southern China? — Philological and linguistic musings on the possible Urheimat of Proto-Japonic". June 27—28, 2014. INALCO, Paris. Vovin A 1993 A Reconstruction of Proto-Ainu Brill, Leiden, The Netherlands• Sidwell PJ 1996 A reconstruction of Proto-Ainu. By Alexander Vovin. Diachronica 13 1 :179—186. " PNAS vol. 112 no. 41, 12752—12757, doi:10. 1500331112. Published online before print 24 September 2015. Vovin, Alexander 英語. ラテン語と日本語の語源的関係,与謝野 達 著, 2006年12月. サンパウロ、(発売元: 日本キリスト教書販売).

次の

【起源】「神社」の社殿は日本古来のものなのか? [樽悶★]

日本語 起源 2ch

れっきとした『韓国起源』のものはありますよ。 正しくは『朝鮮起源』と正しい表記になります。 何しろ2000年を超えるものですから 以下、一部ですがご紹介致します… 売春、強姦、盗み、強盗、殺人、詐欺、捏造、近親相姦、 鉄面皮、怠惰、名前を含む詐称、密航、虚勢、見栄っぱり、 などが有ります。 これらは世界的に有名で数千年前から宗主国である 支那 一部左翼系の者には中国とも言われている。 英語ではChinaですから支那が正しい)でさえ 上記の特徴は認められている。 数千年重なる近親相姦の結果発症した『火病』が 朝鮮民族の精神面の基礎となっている。 勿論『火病』は韓国起源と豪語出来る。 しかしこの『火病』は朝鮮人にしか発症しない。 望んでも朝鮮人以外は発症出来ない世界遺産である。 尚、彼らが言う『韓流』ですが、一部日本の下層婦女が 朝鮮俳優に騒いでいるのは「やすあがりホストクラブ」 としている。 (注) 高麗人、百済人などは現在の朝鮮人とはなんら関係は無い。 人間と下等生物とは交配出来ない。 何を言っているかわからないかもしれませんが、誰もわからないと思うのでご安心ください。 2位 イエス・キリスト ユダヤ人でありイスラエル北部の出身のキリストですが、韓国人の血を引く者なのだとか。 キリストを描いた聖画に朝鮮文化とみられる描写があるといわれていますが、ほとんどの人たちに受け入れられていない説です。 3位 ビートたけし 何がどうなればビートたけしが韓国人と繋がるのか理解できませんが、どうやら彼の母親に韓国人の知り合いがいたという事実かどうかわからない情報をもとに「ビートたけしは韓国起源」と認定してしまったようです。 4位 イギリス人 5位 忍者 6位 和牛 7位 わっしょい 8位 アステカ文明 9位 安倍晋三 10位 人類•

次の