武南 高校。 武南

武南高校(埼玉県)の偏差値 2020年度最新版

武南 高校

前述;誤字脱字が多いため読みにくいかもしれませんが、ご了承ください。 私は武南高校に通っています 単願の場合(併願は評定1+) 進学は北辰の2回分の偏差値の平均(国数英)が57であり、かつ評定が5科で17以上であること。 選抜は北辰の2回分の偏差値の平均(国数英)が63であり、かつ評定が5科で20以上であること。 特進は北辰の2回分の偏差値の平均(国数英)が68であり、かつ評定が5科で21以上であること。 武南は中学在籍3カ年の中で欠席日数が30日以上の場合は特別相談という形になります。 また、ギリギリラインに到達しなくても、特別措置があります。 特別措置 選進は、英検・漢検・数検のいずれかが3級以上であること。 また、個別相談でA判定が出れば=確約になります。 …特待制度はありますが、承認された人のことを聞いたことはありません。 今年の文化祭、オープンスクールは終了しました。 個別相談は随時行っております。 詳しくは、ホームページをご覧ください。。。 武南高校 受験生の皆様.

次の

武南

武南 高校

学習内容 先取り授業と自学自習 BUNAN Advancedは中高一貫コースで、高校からの入学生とは卒業まで別クラス編成となっています。 中2で中学の内容を修了し、中3から高校の内容に入る先取りが行われます。 学習習慣を身につけるため、毎日放課後に30分間の自学自習の時間が設定されています。 高校では、高2で文系・理系に分かれます。 両系とも国公立大学進学を目指すカリキュラムが編成されています。 生徒は自分のPCタブレットを持ち、インターネットのマナーや使用法を学び、いろいろな教科で活用しています。 コミュニケーション能力の習得に力が入れられています。 校舎中央のオープンスペースが会話や討論の場として活用されています。 各階に設置されたラーニングコモンズは、グループ学習などに利用できる多目的スペースとなっています。 メディアセンターは、調べ学習の資料収集などに役立てられています。

次の

学校法人武南学園 武南高等学校|真に健全で個性豊かな人間教育の樹立

武南 高校

武南高校は、埼玉県蕨市にある私立高校です。 進学実績としては、平成26年には国公立大学に約20名の合格者を輩出し、私立大学でも早慶上智クラスの大学に10名程度の合格者を出しています。 武南高校の部活動で何といっても実績が抜群なのがサッカー部です。 全国高校選手権には14回の出場を誇っており、優勝1回、準優勝1回、3位が3回という実績を誇っています。 一般の人でも武南高校と言えばサッカーを思い浮かべるほどで、その存在感は圧倒的です。 また、そんな有名サッカー部を抱える武南高校だけあって出身の有名人もサッカー選手ばかりです。 武南高校出身のJリーガーだけでも相当な数に上りますが、最も有名な選手と言えば横浜Fマリノスでも長らく活躍し、日本代表経験もある上野良治になります。 今、AIやICTの発達により、学校でなければできないことは何かという、学校教育の本質が問われています。 武南高校は良き生徒、良き教職員の集団の力で「創造力」と「社会性」を育てることを学校教育の使命ととらえ「文武創造」を掲げています。 「文武創造」は、文は武で鍛え、学んだことをできるようにする、使えるようにする、形に表せるようにする。 武は文で磨くことで、身に着けた技能を様々な角度から学び、考え、工夫し自分しかできない「こと」「もの」を創造する力を育成していきます。 また、学校生活で大切にしていることは「凡事徹底」です。 時間を守る。 挨拶を届ける。 服装を整える。 整理整頓をする。 授業に集中する。 この凡事を徹底することで、良き習慣を確立し、良き人格をつくり、良き学習環境を整えていきます。 武南高校は「文武創造」と「凡事徹底」により明るい未来を創造していく人材を育てます。 武南高校の学習は「授業第一主義」。 5教科学習を基本に、小さな学習時間を積み重ね、志望校合格に必要な大きな学習時間を確保します。 3年生の最後までヤル気を維持できるよう導きます。 【3年間の流れ】 1年次:学力の土台を築く 自分で学ぶ習慣を確立するとともに、社会や職業を知り自分の適性を確認。 文系・理系のどちらに進むかを決定します。 2年次:夢の実現に向けた選択制 5教科をバランスよく学び自学自習を定着させます。 志望大学・学部・学科を決定し、受験生としての意識を高めていきます。 3年次:志望大学への現役合格 国公立・私立問わず一般入試による進路に定め、授業や補講を中心とした受験勉強に取り組みます。 国公立2次試験の時期までモチベーションを維持できるよう全校をあげてバックアップします。 クラブ活動によって全国的にその名が知られている武南高校。 獲得タイトル数は、これまでに1000を超えるほどになっています。 現在、運動部・文化部を合わせて50ものクラブが活動中で、目標をやり遂げる力、リーダーシップ、仲間との絆を育んでいます。 【特に活躍している部活動】 ・サッカー部:日本を代表する選手やコーチを多数輩出 全国高校選手権大会出場14回 (優勝1回 準優勝1回 第3位3回 ベスト8 3回) ・水泳部:元オリンピック選手が監督を務め、オリンピック選手4名輩出、インターハイ出場50回(50年連続)多数 ・陸上部:インターハイ出場38回(12年間連続)関東大会出場45回(41年連続)多くの部員が県大会、関東大会に出場しています。 ・ダンス部:2019年には、全国大会で特別賞をもらう実力 3年連続全国大会出場 ・柔道部:県大会で必ず上位に入ってくる強豪校 関東大会出場11回 進学コースは選抜コースと同様のカリキュラムで学習し、部活動と両立させながら大学進学を目指すコース 含むスポーツクラス です。 様々な才能を持った人たちが自分と同じ夢を持つ人と出会い、自己の目標達成のために切磋琢磨してゆくコースです。 運動部は本年度も世界大会、全国大会に出場し、輝かしい成績を収め、まさに真の文武両道を形にしています。 文化部も自己のパフォーマンスを県大会や校内発表会でその成果を披露しています。 社会が多様化する中で様々な人たちの考え方や夢があり、幅広い人間関係の構築と自己の才能の向上に主眼を置いたコースです。 【3つの特徴】 ・部活動と両立し大学進学を目指します 3 年生で幅広い進路選択が可能となるように、教科書にそって総合的な学力を習得します。 ・総合的な学力をしっかり身につけます 1、2 年生からセンター試験を意識した幅広い内容を学び、3 年生は志望校に応じた必要科目を選択します。 ・社会で必要な国際感覚も養います オーストラリアへの修学旅行や希望で参加できるブリティッシュヒルズ英語合宿などで国際人としての教養も身につけます。 最寄り駅 JR京浜東北線 西川口 学費 入学金 - 年間授業料 - 備考 - 部活 運動部 サッカー部、水泳部、陸上競技部、剣道部、バスケットボール部、野球部、バレーボール部 男子 部、バレーボール部 女子 部、柔道部、ソフトテニス部 男子 部、ソフトテニス部 女子 部、バドミントン部 男子 部、バドミントン部 女子 部、卓球部、硬式テニス部、応援部(Cheer)部、ダンス部、ワンダーフォーゲル部、ボクシング同好会、女子フットサル部、アメリカンフットボール部、フィットネスクラブ愛好会、ヨガ部 文化部 吹奏楽部、放送部、英会話部、美術部、合唱部、書道部、数学部、写真部、演劇部、家庭科部、化学部、将棋部、生物部、華道部、茶道部、物理部、軽音楽部、文芸部、アニメ部、JRC部、図書部、新聞部、囲碁同好会、SIM(英)愛好会、乗り物愛好会 一貫校 中学.

次の