ニキビ 白 治し方。 白いポツポツとした小鼻のニキビを撃退!小鼻の白ニキビの治し方

白いポツポツとした小鼻のニキビを撃退!小鼻の白ニキビの治し方

ニキビ 白 治し方

白ニキビというのは本当にみなさんはご存知でしょうか? 白ニキビとはこちらです。 もし「あれ?」って思った人はいるでしょうか? 実はこれ「 白ニキビじゃない」のです。 これは黄色ニキビと言ってニキビの4段階目の状態です。 見れば分かりますが周りが赤く炎症をお越しているのが分かると思います。 これはニキビの終わりかけなので勘違いしないようにしましょう。 白ニキビとはこちらがそうです。 黒ニキビも少し混じっていますが、白っぽい小さいプツプツがそうです。 これが本当の白ニキビなので勘違いしないようにしましょうー! 白ニキビの原因 白ニキビはなぜ出来るのか? 白ニキビは皮脂や角質が詰まった状態を言うので 原因は皮脂の過剰分泌が原因だと言えると思います。 また他にも思春期ニキビなら洗顔料を使っていない、大人ニキビなら保湿クリームを塗っていないなどが考えられるでしょう。 皮脂の分泌が過剰になるのは「ホルモンバランスの乱れ」だと言われていて、男性ホルモンには皮脂の分泌を過剰にする働きがあり、女性ホルモンのエストロゲンには肌をきれいにする代わりに肌を乾燥させ、プロゲステロンは皮脂の分泌を過剰にさせます! 男性ホルモンは思春期の方や筋トレを行っている人が過剰に分泌されやすく、女性ホルモンのプロゲステロンは生理前に多くなると言われています。 以上のことが白ニキビの原因だと言えるでしょう。 白ニキビは潰した方が良いってホント? 白ニキビを潰すというのは聞いたことあるでしょうか? 実は白ニキビは潰して皮脂を出した方が アクネ菌の餌がなくなるためいいと言われています。 しかし白ニキビは適当に潰してしまうと 逆に炎症を起こしたりニキビ跡になる危険があります。 白ニキビは消毒した針で表面を指し中の皮脂を取り出し軟膏で消毒する。 これが一番正しいのですが、これでも初心者にはなかなか難しいです。 白ニキビは全てとってしまうのは逆に良くないと言われているので…。 なので結論を申し上げると「白ニキビは潰すべきではない」ということがわかりますね。 白ニキビの正しい治し方は子供と大人で違う 白ニキビは子供も大人も出来ます。 しかし治し方に違いがあることは知っていますか? ではどのような方法で治すのか、それぞれご紹介しましょう。 子供の場合 子供のニキビは思春期ニキビと言ってホルモンバランスの変化による皮脂の過剰分泌が原因だと言われています。 なので1日に何回も洗顔するのが実は一番大事だと言われているんですね。 出来れば朝晩1回ずづ顔を洗っていただくのがいいでしょう。 ちなみに「水だけではなく洗顔料」を使いましょう! 思春期ニキビは皮脂がひどいので水だけでは十分落とせない可能性があります。 なので洗顔力の強いものでさっぱり皮脂を落として、その後保湿クリーム等で蓋をしてあげる。 敏感肌の場合は刺激が弱い洗顔料を使いましょうー。 ちなみにわたし的にはファーストクラッシュがいいと思います。 ではなぜニキビが出来てしまうのか? 大人ニキビの殆どは乾燥肌による「乾燥ニキビ」だと言われています。 肌は乾燥すると毛穴が細く狭くなり、少しの皮脂でも詰まるようになってしまいます。 なのでそれが原因なので肌の乾燥を防ぐことが大事です。 そのため大人ニキビは洗顔料を使って洗いすぎるのはよくないと言われています。 なので最近は水だけで洗顔する方が効果的だとも言われているんですね。 そして洗顔した後は必ず保湿して乾燥を防いであげましょうー! また1ヶ月1,000円で試せる贅沢なニキビケアセットもありますよ! しかもファンケルという有名な会社から~! まとめ 白ニキビっていうのは、黄ニキビと勘違いされやすいです。 そして自分で潰すと言うの逆効果なことも多いのでやめましょう。 しっかりと洗顔料、保湿でニキビケアしましょう。

次の

今すぐ知りたい!【赤いニキビ】の即効薬。女医が教えます!

ニキビ 白 治し方

しかも、いじると悪化するって分かってても、気になってつい触りたくなります! そんな黄ニキビは基本的には、できる前にスキンケアや日常生活の見直しをして予防するのが一般的ですが、そんなこと分かり切ってますよね。 たしかに黄ニキビを作らないことや生活習慣の見直しは大事です。 しかし、黄ニキビはそういったケアをしても治るまでに時間がかかってしまうし、 「今すぐにどうにかしたい!」って思いませんか? …場合によりますが、 今すぐ治したいなら潰した方が早く治ります。 しかし、 「黄ニキビは潰すと跡が残る!」と言われているから、潰すのに不安があるし、潰して跡が残ってしまって後悔するのも事実。 どうしても1日、2日で黄ニキビを治したいという方だけご覧ください。 脂質や糖質の多い食事を控える• 規則正しい生活と6時間以上の睡眠• ストレスを溜めない• ニキビを悪化させないように優しく洗顔• 抗炎症作用+保湿力のある化粧水で保湿 上記のようなケアをしていけば、1~2週間ほどで黄ニキビが固まって「かさぶた」のようになり、約1か月くらい放置したらポロッと取れて自然に治っていきます。 なので、 基本的には潰さないで治すようにした方がいいですが、黄ニキビって目立つから、急なイベントがある場合は、すぐにでも治したいですよね? これから紹介する方法は黄ニキビを潰す方法も含まれています。 ニキビ跡になるリスクもあることを前提なので、キレイに治したい方にはおすすめできませんが、 「1か月も治るまで待てない!」という方は試してみてください。 黄ニキビを即効で治す方法 では、即効力のある黄ニキビの治し方について紹介していきます。 ただし、黄ニキビが 2~3個密集してできている場合は、潰してしまうと毛穴同士がくっついて大きな穴になる可能性もあるので止めてください。 ニキビ跡になりにくい黄ニキビの潰し方 ニキビを潰してはいけないと言われていますが、皮膚科では 「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」という皮脂や膿を取り出す治療法を行う場合があります。 本当は医師の判断で行う方法なので、跡が残るリスクがありますが、早く治りやすいです。 では、早速ニキビを潰すための準備をしましょう。 膿を取り出したあとは患部を水で洗い流してキレイにして、保湿すること。 肌に潤いがあった方が傷が早く治ります。 このときに、 抗炎症作用のあるグリチルリチン酸かビタミンC誘導体の入った化粧水を使った方が、ニキビを潰したあとの赤みを早く抑えることができます。 また、膿を出し終わった後はケガと同じなので、雑菌が入らないようにケアし、オロナインなどを塗って、早く傷口が塞がるようにしましょう。 黄ニキビは潰したあとの処置が超重要! 黄ニキビを潰すことで肌の表面の膨らみがなくなるので目立たなくなります。 でも、潰した場所はまだ炎症が治まっていないので、 赤みが残っているはずです。 この赤みは1日、2日で治すことはできないので、ファンデやコンシーラーで隠す必要が出てきます。 ニキビを正しく潰しても、その後のケアをしないで 放置すると、凸凹は残らないけどシミのような赤や茶色の色素沈着が残ることになります。 そうならないために使いたいのが抗炎症作用のある化粧水。 中でもビタミンC誘導体は 抗炎症作用だけでなく、肌に弾力を与えるコラーゲンを生成したり、シミの原因になるメラニンを抑制する効果もあるのでおすすめです。 つまり、どういうことかというと、膿があるだけで症状自体は炎症した赤ニキビと変わりません。 赤ニキビのときに、しっかり炎症を抑えるケアや汚れや刺激を与えないように対策しておけば、プクッとした黄ニキビになる前に治せたわけです。 先ほど紹介しましたが、潰して膿を取り出すのが一番早く治せる方法になりますが、ニキビを潰すことが不安な場合は、 ニキビ薬の使用や生活習慣、スキンケアの見直しを行ってください。 潰す前にテラ・コートリル軟膏を使ってみる 黄ニキビを早く治すには、まずは膿がない状態にすること。 今すぐ膿をなくしたいなら潰すのが手っ取り早いですが、ニキビ薬を使うことで乾燥してポロっと取れやすくなるので、 「テラ・コートリル軟膏」という塗り薬を試してみましょう。 というのも、できたての黄ニキビにテラ・コートリル軟膏を塗ってみたところ、 1日で膿のあった白い部分がなくなり、赤みだけになったからです。 洗顔と保湿に気を遣う 黄ニキビがあるときの洗顔は、他のニキビ同様、優しく洗うのが基本。 洗顔中に指に引っかかって取れないように、泡を使って洗顔するのがポイントです。 また、化粧水で保湿するときは、 グリチルリチン酸・ビタミンC誘導体などの抗炎症成分が入っている化粧水を使うことで、ニキビの炎症や赤みを抑えることができますよ。 黄ニキビまで悪化するのは、炎症を抑えるケアをせずに長引かせたことが原因。 まだ炎症が続いているようなら、早めにケアしてください。 ビタミンCの摂取と質の良い睡眠を ビタミンCには抗酸化作用があるだけでなく、肌を老化させる活性酵素を分解してくれる効果もあるので、炎症したニキビを抑えるのにピッタリな栄養素。 また、睡眠は肌が生まれ変わるための大切な時間です。 その睡眠時間が短いと、肌のターンオーバーの時間も短くなってしまうため、新しい肌に生まれ変わることができず、ニキビが治りにくくなってしまいます。 最低でも1日6時間以上の睡眠を取るようにしましょう。 大量に黄ニキビができた場合は、皮膚科で治療 黄ニキビが大量にできた場合は皮膚科で治療することも考えましょう。 皮膚科では、抗生物質やディフェリンゲル、ベピオゲルといった薬による治療の他、ホルモン治療や医師による面皰圧出を行ってもらえます。 2~3個程度の黄ニキビなら、自然に治るのを待ったり、自分で治すことも可能ですが、 大量にできた場合は、すぐに治さないとニキビ跡になる可能性が高くなります。 早めに受診して、体の内側と外側の両方からケアするようにしましょう。 まとめ 黄ニキビは治るまで時間がかかるし、目立つので、どうしても数日後に大事な用事があるなら、 多少のリスクを覚悟で潰して治すのも一つの手です。 では、黄ニキビの治し方についてまとめておきます。

次の

一週間でできる大人ニキビの治し方

ニキビ 白 治し方

できたてほやほやのニキビ。 赤みも痛みもなく、毛穴のつまりを解消するだけで簡単に治すことができる初期段階です。 白ニキビが酸化して黒くなってしまったニキビ。 まだ簡単に治せる段階ですが、ケア方法を間違えると悪化してしまうので少し注意が必要です。 ニキビ跡になるかもしれない成熟ニキビの治し方• アクネ菌の増加によって赤く腫れ、痛みもある段階のニキビ。 ニキビの炎症がひどくなり、膿がたまってしまったニキビ。 ニキビ跡になりやすい段階のため、絶対に潰してはいけません。 パーツ別大人ニキビの治し方・ケア方法 顔ニキビの治し方・ケア方法• おでこは顔の中でも皮脂が出やすいパーツです。 洗顔と保湿で、皮脂による毛穴のつまりを改善していきましょう。 鼻は顔の中で1番皮脂が多く、毛穴も目立ちやすいパーツです。 洗顔・保湿・毛穴のひきしめでブツブツイチゴ鼻を改善していきましょう。 頬は外部からの刺激を受けやすく、乾燥しやすいパーツ。 できるだけ触れないことと、保湿によってバリア機能を高めることが大切です。 口まわりは顔の中でも皮膚が薄いため、刺激に弱く乾燥しやすいパーツ。 できるだけ刺激を与えず、しっかりと保湿してあげましょう。 大人ニキビの代表とも言える顎ニキビ。 顎は皮脂が少なく乾燥しやすいため、徹底的に保湿してあげることが大切です。 Uゾーンは雑菌がつきやすく、ニキビができやすいパーツ。 なるべく清潔な状態を保つことがニキビを治す上で大切になります。 頭皮は人間の肌の中で1番皮脂腺が多く、毛穴が詰まりやすいパーツ。 肌の奥まで保湿し、皮脂を抑えてあげることが大切です。 メイクや洗顔料の洗い残しによって、できやすいニキビ。 炎症を抑えつつ、正しいクレンジング・洗顔でケアしていきましょう。 髪の毛の刺激、シャンプーやリンスのすすぎ残しなどによってニキビができやすいパーツ。 洗顔と保湿の見直しで、効果的にケアしていきましょう。 体ニキビの治し方・ケア方法• 背中は皮脂が多い上に通気性が悪いため、体の中でもニキビができやすいパーツ。 保湿ケアと、こまめな汗の処理を心がけることが大切です。 首は皮膚が薄いため、刺激に弱く水分を保持する力も弱いパーツ。 刺激から肌を守ること、保湿で乾燥を予防することが大切です。 胸やデコルテは、体の中で1番皮脂が多く出るパーツ。 保湿ケアで皮脂の分泌を抑え、毛穴が詰まらないようにしてあげましょう。 摩擦による刺激や、洗い残しによってニキビができやすいパーツ。 できるだけ肌に刺激を与えないこと・清潔に保つことが大切です。 おしりは、摩擦による負担を大きく受けているパーツ。 できるだけ刺激を与えないことが早くニキビを治すためのポイントになります。 特別企画• 人気ランキング• 注目コンテンツ• 新着記事• カテゴリー•

次の