ブロック チェーン ウォレット。 BlockchainWallet(ブロックチェーンウォレット)の登録方法

BlockchainWallet(ブロックチェーンウォレット)の登録方法

ブロック チェーン ウォレット

Blockchain. info(ブロックチェーン)のウォレットを作成すれば、ビットコインの送受金といった基本的な機能は使えるようになります。 使えるようになった後は、アカウントのセキュリティを高めたり、利便性を高めたりすることができますので適宜利用環境に合わせて設定しましょう。 スポンサーリンク 設定 ウォレット情報 — ウォレットID 図で解説されておりますが、あなたが作成したビットコインのウォレットを識別するためのIDですので、他人に知られることがないようにしてください。 ウォレット情報 — モバイルアプリ・ペアリングコード 「ペアリングコードを表示する」をクリックすることで、あなたのアカウントとスマホを連携させることができます。 QRコードをスキャンする前に文中にある「iOSアプリ」または「Androidアプリ」をダウンロードしてアプリ内のQRリーダーで読み取ってください。 読み取った後ログインすれば、スマホからでも送金することができるようになります。 環境設定 — メールアドレス 認証されたメールアドレスは、不審もしくは通常と異なるアクティビティが検出された際、ウォレットログインIDのリマインダーとして、そして資金を受信した際にビットコイン決済通知の送信のためのログインコード送信に使用されます。 メールアドレスは、販売目的のため使用されることはありません。 メールアドレスの変更はこちらですることができます。 環境設定 — 携帯電話番号 携帯電話は2段階認証を有効にする際に使用でき、不正なアクセスからウォレットを保護します。 携帯電話の番号が変わった場合はこちらから変更することができます。 環境設定 — ウォレットの言語 日本人は日本語にしましょう。 環境設定 — 地域通貨 画面上で保有しているビットコインが表示されていますが、そのビットコインがいくらなのかわかりにくいのでJapanese yenにしておけばいくら持っているのかわかりやすいでしょう。 環境設定 — ビットコイン単位 通常の設定は「BTC」となっておりますが、「mBTC」、「bits」単位で表示させることができます。 通常の設定のままの方が見慣れている方が多いと思いますので、そのままでも構いません。 仮に1BTCを保有していた場合に単位を変更すると mBTC : 1,000mBTC bits : 1,000,000bits という感じに表示されるようになります。 小数点以下の表示から変わるので増えた感じがするかもしれませんが、もちろん変わりませんw 環境設定 — 通知 ビットコインを受け取った際に通知を受けることができるようにまります。 選択肢は、「Eメール」、「SNS」の2つなので必要に応じてチェックボックスにチェックを入れましょう。 環境設定 — ビットコインリンク管理 これを有効にすると、ブロックチェーンウォレットがビットコイン決済リンクをウェブブラウザから管理できるようになります。 これにより、オンライン取引がより便利になります。 環境設定 — 自動ログアウト 所定の時間が経過した後はウォレットから自動的にログアウトされます。 設定する分数は自分で決めることができます。 基本的には、他人に使われることがない環境で使用するのがベストですが、万が一を考えて短めの設定にしておくのが良いでしょう。 セキュリティ メインとなる部分は下記の記事で紹介しているのでご参照ください。 「ウォレットのパスワード」は、パスワードを変更する際はこちらからですね。 クレジットカード決済をする際に、似たようなセキュリティがあるので何となくわかる方がいるかもしれません。 要するに、ログインIDとパスワードを盗まれても、もう一段階パスワードの設定をして勝手に送金できないようにする設定です。 「2段階認証を記憶させる」は、お使いのブラウザが短時間記憶され、再度認証することなくログインできるようになります。 これを無効にするとログイン時に毎回完全な認証が必要になります。 全てのCookieを削除しない限り、これにより現在のブラウザが影響を受けることはありません。 自動ログアウトの設定時間が短いと、再度ログインするときに面倒なので利用したブラウザを閉じない限り余計な工程を省くことができます。 自分専用のPCで他人が触れることがない環境であれば設定しておいたほうが便利でしょう。 用途を分けて受金したい場合に利用しましょう。 アドレスは異なりますが、すべてそのアカウントのウォレットに紐づいていますので、各アドレスに送られてきたビットコインはウォレットに集約されます。 アドレス — アドレスのインポート クリックすると何やら警告文が出てきますがクリックしてみましょう。 ホーム画面のにある「受信」をクリックすると受け取り用のアドレスが表示されますが、たまに違うアドレスが表示されることがありますよね? これは、一つのアドレスにいくら動いたかどうかをわからなくするためのセキュリティ上の仕組みらしいのですが、「アドレス — 追加」でも記載しておりますがあなたのウォレットに紐づいているのでどれに送金してもあなたのウォレットに反映されるものです。 で、作成してから定期的に受け取り用のアドレスは変化しているので、そのアドレスの履歴を見れるのがここというわけです。 作成されたアドレス毎にいくら受け取ったかがわかるようになっています。 より強固にあなたのビットコインを保管するためにハードウェアウォレットも検討してみましょう。

次の

ブロックチェーン(Blockchain)のセキュリティ設定

ブロック チェーン ウォレット

ビットコイン(bitcoin などの仮想通貨をやり取りするときに、保管する場所が ブロックチェーンウォレット(wallet,財布)というものです。 ここではブロックチェーンウォレットの 作り方と 保管方法、そして セキュリティー設定についてご紹介します。 これは銀行口座のようなもので、 ビットコインのやり取りで相手にあらかじめ自分のウォレットの番号を通知しなくてはいけません。 他にも何かの報酬でビットコインを貰う場合にも自分のウォレットの番号を通知する必要があります。 現在ウォレットとして有名で多くのユーザーがいるのが、 ブロックチェーンインフォ(Block Chain info)と言われるサイトです。 ) 基本的にメールアドレスを使った認証を行いますので、 メールアドレスを 用意する必要があります。 *(重要)最近パソコンの不慣れな方から、ウォレットの作成が上手くいかないなどの問い合わせがあります。 知らずにウォレットを複数作成して、前に作ったウォレットのアドレスにコインを送金したけど、ログインのパスワードがわからずに資金を取り出せない事例などが発生しています。 念のため送金はまずは少額で行い、ちゃんとウォレットがその後ログインして使用できるかを確認してください。 トップページからウォレットを作成する。 こちらがブロックチェーンウォレットの画面なります。 上のボタンに「 SIGN UP」とありますので、そこをクリックすると上の画面になります。 左下の赤枠で囲った緑のボタンが新しくウォレットを開設するところになります。 メールアドレス、パスワードの設定 緑のボタンを押すと上の画面になりますので、 メールアドレス(1番上)と パスワード(2番目・3番目)を入力します。 ちなみに3番目のConfirm passward(パスワードの確認)とは、2番目で入力したパスワードを再度入力する項目です。 その後「 利用規約」にチェックを入れて「 続行ボタン」をクリックします。 * (重要!)また ウォレットのID、パスワードは厳重に管理して他の人が使用できないようにしてください。 またパソコンの自動記憶だけでなく、 必ず別でメモなどを取り パソコン上で紛失した以外でもアクセスできるように管理を行うことを強くお勧めします。 メールを受信し認証を行う 以上のようなメールが送られてきますので、画面中央のURL「 Verify Email メール認証する)」 をクリックして認証作業が完了です。 この画面の「 お客様のビットコイン財布識別子」は「 ログインのID」になりますので、大切に保存をしてください。 そしてブロックチェーンウォレットでIDとパスワードを入力してログイン出来ます。 ブロックチェーンウォレットでログインを行う。 再度ブロックチェーンウォレットのログイン画面に戻ります。 トップページの上にある「 今すぐログイン」のボタンをクリックします。 上の画像のような画面が出ますので、ここで「 ウォレットID」と「 パスワード」を入力します。 その後上の画像のように確認メールが送信されますので、 メールの中のリンクボタンを押すことでログインできるようになります。 (*画像の下になります。 この画像ではリンクは写っていません。 ) メールのURL(ページのリンク)をクリックすると上の図のようにログインが成功したページに移動します。 その後、そのログインの成功と書いてあるページから、 ログイン情報を入力したページへ戻るとログイン後のウォレットの画面になっています。 ブロックチェーンウォレットのログイン画面から自分のウォレットの口座番号を確認 ビットコインなどの仮想通貨をやり取りするときに、 相手に自分の口座番号を通知する必要があります。 それが上の画面の赤枠で囲った「 受信」ボタンです。 このボタンを押すと、口座番号が数値またはバーコードで表示され好きな方を相手に通知することが出来ます。 口座番号を確認 こちらが口座番号の画面になります。 口座番号(アドレス)を 文字(コピーしてシェアと書いてある箇所)またはバーコード(スキャンと書いてある箇所 )で相手に通知することが出来ます。 *(重要) 仮想通貨を守る2段階認証設定について ウォレットを作成したら、そのままでのセキュリティは不十分です。 携帯電話番号を登録し、 携帯電話での認証を合わせて行う「 2段階認証」が重要になります。 ビットコインなどの仮想通貨を守る上でも重要なことですので、必ず設定することをオススメします。 ウォレットに仮想通貨を送付するには〜取引所を利用する。 ウォレットを開設したままでは、その中に仮想通貨は入っていません。 ウォレットにビットコインなどの仮想通貨を保管するには、 まず「取引所」で日本円から仮想通貨(ビットコイン等)を買い、その後取引所からビットコイン等の通貨を自身のウォレットに送付します。 取引所に入れている場合は、それは取引所のウォレットに預けていることになります。 なので取引所についてはたくさんの仮想通貨が保管されているため、ハッカーに狙われる可能性もあるためご自身のウォレットに移すことが大切です。 ビットコインの支払いで使用したいウォレットとしてはブロックチェーンウォレットは使用ができますが、 取引をしばらくしない大きな金額は「 ハードウェアウォレット」というオフラインで管理できるウォレットが主流となっています。 USBタイプのもので、PCから外せばネットがつながっていないため、ハッカーが手を出せないということです。 ハードウェアウォレットでは有名なものに「」などがあります。 現在英語表記になっているので、慣れないところもあるかもしれませんが、 作成は簡単にできますので、ぜひお気軽に作成をしてみてください。 またウォレットのID、パスワードは厳重に管理して他の人が使用できないようにしてください。 またパソコンの自動記憶だけでなく、必ず別でメモなどを取りパソコン上で紛失した以外でもアクセスできるように管理を行うことを強くお勧めします。

次の

ブロックチェーンウォレットの登録と簡単な使い方を解説│Coin Life Blog

ブロック チェーン ウォレット

Contents• ブロックチェーン(Blockchain)ウォレットのアカウント作成方法 下記リンクから登録画面を開きます。 「利用規約を読了し、同意します」のチェックボックスに チェックを入れて 「続行」ボタンを押します。 先程、入力したメールアドレス宛に 「確認メール」(認証メール)が届きます。 メール内のURLリンクをクリックすると ブロックチェーン(Blockchain)ウォレットのアカウント作成が完了します。 ログインは、 「確認メール」(認証メール)内にあるウォレットID =「お客様のビットコイン財布識別子」を使います。 アプリ検索で「Blockchain」で出ます。 提供元がblockchain-infoのものを入れましょう。 PCのブロックチェーン(Blockchain)ウォレットと スマホのアプリの「ペアリング」が完了したら スマホでQRコードをスキャンすることで bitcoin(ビットコイン)の送金(支払い)をすることができます。 bitcoin(ビットコイン)の送金(支払い)も受け取りも スマホ・アプリでQRコードをスキャンすると アドレスの入力が不要なので「楽」で確実です。 【まとめ】 下記リンクから登録画面を開きます。 「続行」ボタンを押す。 メールを確認。

次の