ボサノバ カサノバ。 ボサノバ・カサノバ/TRIP~時の彼方に~

ジャコモ・カサノヴァ

ボサノバ カサノバ

「お客様に多大なご迷惑をかけた」 ヘアスタイルをすっきりとアップにし、深々とこうべを垂れて謝罪したカサノバ社長だが、後で触れるトラブル発覚時の初動対応のまずさは、すでに経営数字に表れている。 日本マクドナルドの1月売り上げは前年同月比38. 6%減、2014年通期連結決算で過去最大の218億円の大赤字という、壊滅的な状況だ。 この数字は、日本マクドナルドに対する信用失墜という単純な表現では片づけられない。 トップも含めた広報対応のまずさから、商品だけでなく、日本マクドナルドそのものが「信用できない企業」として、多くの消費者から見放されつつあることが、すでに表面化してきているのだ。 残ったのは不信感だけ カサノバ社長は当初の会見で、「トップクラスの安全性と品質管理を行っている」と胸を張ったが、会見後に残ったのは、増幅された「マクドナルド」ブランドへの不信感だけだった。 ここまで傷口を大きくしたカサノバ社長と広報スタッフは、何を間違えたのか。 発端となったのは、期限切れ鶏肉問題で開いた昨年(2014年)7月の会見だ。 問題発覚後、カサノバ社長が約10日間も謝罪会見を開かず、決算会見にタイミングを合わせて陳謝したことは、マクドナルドが「商品の安全性を軽んじている」との印象を世間に与えた。 この対応の遅さは致命的であり、悪夢の始まりだったと言える。 当時の会見でカサノバ社長は「マックはだまされた」と訴え、被害者を装ったが、消費者からは責任転嫁と受け取られ、「申し訳ないことをした」という気持ちが全く伝わらなかった。 カサノバ社長の強気の姿勢は、報道関係者や消費者に、一番嫌悪される内容で、2000年に発覚した雪印乳業の大量食中毒事件における、「私は寝ていないんだよ」という石川哲郎社長の失言を彷彿とさせるものであった。

次の

マクドナルドの「謝罪」は、何を間違えたのか

ボサノバ カサノバ

BOSSANOVA CASSANOVA 出身地 ジャンル 活動期間 - レーベル イースタンゲイル ( - ) ( - ) パパラギレコード ( - ) メンバー Sho1(・) 吉澤 秀人(ボーカル・ギター) BOSSANOVA CASSANOVA(ボサノバ・カサノバ)は、SHO1(田村庄一)と吉澤秀人による日本のである。 パパラギレコード所属。 愛称は「ボサカサ」。 正式記載表記はアルファベットの大文字で「BOSSANOVA CASSANOVA」。 カタカナの場合「ボサノヴァ・カサノヴァ」が正しい。 しかし商業的に明解に「ボサノバカサノバ」と使用している。 を始め、様々なアーティストへの楽曲提供・ライブサポートを行い、としても活動している。 この節のが望まれています。 1980年頃 SHO1:群馬県前橋市在住。 群馬県立前橋工業高校金属工業科在学中は主にギター弾き語りスタイルにて活動。 主にさだまさし、松山千春、井上陽水などの第二次日本フォーク世代のカヴァーをたしなむ。 吉澤秀人:群馬県前橋市出身。 現在は神奈川県藤沢市在住(2013年現在)。 群馬県私立東京農大ニ高在学中は中学時代の友人(石田修身、原田雅俊)らとチューリップのコピーバンド「地球塵(ちきゅうじん)」を結成。 主なメンバーにはのギタリスト香川誠(当時ドラムス)がいた。 ちなみにSHO1はROGUEの(VO,)と高校三年間同じクラスであったのは有名である。 1982〜1984 SHO1と吉澤は、時同じくして別の場所にてバンド活動。 吉澤秀人は神奈川県私立横浜商科大学在籍中になどさまざまなカヴァーバンドを渡り歩き、後に東京のロックバンド「モダングレイ」のベースを担当。 1986 SHO1 本格的にソロ活動を開始。 当時周りのミュージシャンはカヴァー演奏が流行するにも、自分はオリジナルで勝負したいと創作活動、及び編曲を独学しはじめる。 同じ頃、当時 神奈川にいた吉澤秀人もSHO1と同じくオリジナル曲をひとりに勤しむ。 SHO1 当時コミュニティFMの先駆けとなるFM西武のジングルや当局のレギュラー番組も担当。 SHO1の当時好きだった、さだまさしなどのトークの影響からか、その頃から喋りの才能の頭角を現してきている。 SHO1と吉澤 お互い高校を卒業後、音信不通だったふたりだったが、SHO1が当時演っていた「ひとりアカペラライヴ」のゲストに吉澤秀人を呼んだことが後のボサカサの結成のきっかけとなった。 その時、一緒に演った曲は、PINK CLOUD「SWEET MY BABY」、佐野元春「情けない週末」。 これをきっかけに、お互いのオリジナル曲を聴かせ合うようになる。 これは吉澤も当時カヴァー曲を演奏するのにも飽きており、オリジナル曲を創作していたことが「時同じくして別の場所で相重なったということが不思議な縁だった」とその後、SHO1は語っている。 1988 7月7日、現在のメンバーであるSHO1(田村庄一)と吉澤秀人の2人にて「BOSSANOVA CASSANOVA」結成。 結成当時のグループ名称は「庄一と秀人」。 ファーストカセットアルバム「SEA SIDE SHE SAID」リリース。 瞬く間に地元界隈にて完売。 同年 クリスマス限定カセットアルバムをリリース。 1991年夏 彼らの共通の友人であった石田修身(パーカッション)を迎え、2本組セカンドカセットアルバム「ISONO」リリース。 1991年冬 サードカセットアルバム「DONA-DONA」リリース。 後の「キューピー」に収録される「ボサカサショー」の前身とも取れる「ボサカサショー」が収録されている。 その頃、群馬を拠点とするオルタナティブロックバンド「キタマクラ」のメンバーだった、それもまたよし(道木正之(BASS)) をヘッドハンティング。 1992年 ライヴカセットアルバム「ボサカサ(通称:キャラメル)」(前橋ガーシャレーベル)よりリリース。 メンバーも増え、この頃から、ライヴの拠点を関東全域に伸ばす。 主な定期ライヴ出演は「渋谷TAKE OFF 7」「前橋ガーシャ」。 前橋ガーシャでは徐々に動員を増やす。 1992〜1994 巷では「アマチュアコンテスト荒らし」と呼ばれる。 YAMAHA、KAWAI、または、FM群馬「ロッカーズ」などにも選抜され数々のおいしい伝説を残す。 同年、リクルート主催のアマチュアコンテストにて優勝。 メジャーデビューへの切符を手にする。 その手引きをしてくれたのが現(有)パパラギ代表取締役の神田道広(通称:ピューピュー道広)である。 1991 神田とボサカサの出会い。 神田は群馬県前橋市の「夢スタジオ」の第一回アマチュアバンドコンテストの審査委員長。 そのコンテストで優勝したのがボサカサだった。 神田は当初審査委員長をする者が欠席になり、その代役だった。 まさにボサカサと神田の「運命の出会い」となる。 その打ち上げの席で神田はSHO1に「うちの主催する東京のコンテストに出てみないか」と声をかける。 そして前記「リクルート主催 バンドバッカース」アマチュアバンドコンテストにておよそ1000組の中から奇跡的に優勝を果たす。 1994年3月 石田修身、それもまたよし 脱退。 1994年4月21日、「恋のゆくえ」でイースタンゲイルから現在のメンバーにて。 販売元• 1995年 森山良子の旦那経営の「メタフォーン」に移籍。 2000年〜 パパラギレコード所属。 販売元「夢街名曲堂」。 2012年 SHO1 1984年以来休んでいたDJを再開。 地元群馬や静岡などでDJとしても活躍している。 また、吉澤はソロとして数々のミュージシャンのサポートとしても活躍中。 Tacoske Records) メンバー [編集 ] Sho1(田村 庄一、たむら しょういち) 、。 生まれ、血液型は。 愛称は「しょうちゃん」「しょういち」など。 吉澤はSHO1を「しょうべえ」「たむたむ」と呼ぶ。 「歌を唄えば女が騒ぐ 歌をやめれば事務所が騒ぐ」 吉澤 秀人(よしざわ ひでと) ボーカル、ギター。 群馬県前橋市出身。 生まれ、血液型は。 愛称は「ひでくん」。 SHO1は吉澤を「ひでひで」「髭旦那」と呼ぶ。 「ギター持たせりゃ朝までOK ギターはずせばナマケモノ」 ディスコグラフィ [編集 ] アルバム [編集 ]• (1994年8月24日、イースタンゲイル)• (1995年7月21日、イースタンゲイル)• (1995年11月22日、イースタンゲイル)• (1996年7月24日、)• (1997年7月24日、ビクターエンタテインメント)• (2002年1月1日、パパラギレコード)• (2004年7月7日、パパラギレコード)• (2004年12月16日、パパラギレコード)• (2008年6月21日、パパラギレコード)• (2010年7月7日、パパラギレコード)• LOVE 'N' LOVE(2018年4月4日、タコスケレコーズ) シングル [編集 ]• 恋のゆくえ(1994年4月21日、イースタンゲイル) - 真夏の太陽• 思い出にならない(1994年8月3日、イースタンゲイル)• Be Happy (1995年5月24日、イースタンゲイル) の番組テーマ曲として使用された。 今夜はふたり水入らず(2005年11月5日、パパラギレコード) この曲は彼らがDJを担当しているの内の企画から生まれた。 星の数ほど抱きしめて(2009年7月7日、パパラギレコード) 静岡県内の「アートビューティ」のCM曲として使用。 広瀬川ろまん(2017年、タコスケレコーズ) 出演番組 [編集 ] ラジオ [編集 ] メンバーの出身地であるの他に、のFMでも長年に渡って番組を担当していた。 また、末から初頭にかけてののオープニングとクロージングテーマを歌唱していたこともある。 現在 2019年4月現在。 ボサノバカサノバSHO1の〜ギリギリアウト!〜(2018. 9〜現在)共演・神宮八重、おっきりこみぞー(下仁田ウェブラジオ) 過去• ボサノバカサノバ〜うーんFEEL SO GOOD〜()• ボサノバカサノバのセカンドキッス()• ボサノバカサノバ タイトル不明()• ボサノバカサノバのレインボープールサイド()全国19局ネット• ボサノバカサノバ MUSIC シュラスコ()• ボサノバカサノバ~今夜はフリー・フォー・オール()• ボサノバカサノバ・LoungeAffair (K-MIX)• 初老無情の響きあり(K-MIX)初老太郎・次郎名義、パーソナリティ番組ディレクター久保田克敏• ボサノバカサノバ グレートギャッピー(K-MIX パーソナリティ• ボサノバカサノバのフォー・ユア・ラブ()• (K-MIX、2003年4月-2013年3月30日・土曜11:00-12:55)共演・• FRIDAY CAFE(FMぐんま)パーソナリティ SHO1、織田亜希子(2006. 7 、(2010. ゴールド72(FMぐんま)パーソナリティ SHO1、旭夏子(2009. ()パーソナリティ 里村衣美、(FMぐんまアナウンサー)2011. 8 山岸あきか(2012. 3) テレビ [編集 ] 過去• サンタドリーム(静岡第一テレビ) 関連項目 [編集 ]• - 作品「」に参加。 「夢の扉」、「twelve seasons 〜4度目の春〜」他。 竹内トオル 2002・10・14、以前より高崎駅西口界隈で飲み遊んでいた竹内を美容師・新井昇司が営む高崎駅西口にある美容室「TRIP」にて行われたBOSSANOVA CASSANOVAのライブに竹内は観客として招かれる。 (ライブサポートメンバーはそれもまたよし) この日、竹内は新井より「持ってる楽器、全部持ってきてよ」と言われ、竹内はキーボードと二胡を持参。 次月からの「マンスリー・デュフォレライブ」に出演することになる。 脚注 [編集 ]• 2003年2月20日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年5月6日閲覧。 外部リンク [編集 ]• 2003年2月12日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年5月6日閲覧。 (K-MIXの旧・プロフィール) Sho1• Sho1tacoske -• 2013年1月26日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月27日閲覧。 2005年3月6日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月29日閲覧。 2013年1月26日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月27日閲覧。 2005年4月8日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月29日閲覧。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

高波動スペース「築地マデイラ」│ボサノバ、ジャズ│スペースレンタル│インターネットラジオ局

ボサノバ カサノバ

BOSSANOVA CASSANOVA 出身地 ジャンル 活動期間 - レーベル イースタンゲイル ( - ) ( - ) パパラギレコード ( - ) メンバー Sho1(・) 吉澤 秀人(ボーカル・ギター) BOSSANOVA CASSANOVA(ボサノバ・カサノバ)は、SHO1(田村庄一)と吉澤秀人による日本のである。 パパラギレコード所属。 愛称は「ボサカサ」。 正式記載表記はアルファベットの大文字で「BOSSANOVA CASSANOVA」。 カタカナの場合「ボサノヴァ・カサノヴァ」が正しい。 しかし商業的に明解に「ボサノバカサノバ」と使用している。 を始め、様々なアーティストへの楽曲提供・ライブサポートを行い、としても活動している。 この節のが望まれています。 1980年頃 SHO1:群馬県前橋市在住。 群馬県立前橋工業高校金属工業科在学中は主にギター弾き語りスタイルにて活動。 主にさだまさし、松山千春、井上陽水などの第二次日本フォーク世代のカヴァーをたしなむ。 吉澤秀人:群馬県前橋市出身。 現在は神奈川県藤沢市在住(2013年現在)。 群馬県私立東京農大ニ高在学中は中学時代の友人(石田修身、原田雅俊)らとチューリップのコピーバンド「地球塵(ちきゅうじん)」を結成。 主なメンバーにはのギタリスト香川誠(当時ドラムス)がいた。 ちなみにSHO1はROGUEの(VO,)と高校三年間同じクラスであったのは有名である。 1982〜1984 SHO1と吉澤は、時同じくして別の場所にてバンド活動。 吉澤秀人は神奈川県私立横浜商科大学在籍中になどさまざまなカヴァーバンドを渡り歩き、後に東京のロックバンド「モダングレイ」のベースを担当。 1986 SHO1 本格的にソロ活動を開始。 当時周りのミュージシャンはカヴァー演奏が流行するにも、自分はオリジナルで勝負したいと創作活動、及び編曲を独学しはじめる。 同じ頃、当時 神奈川にいた吉澤秀人もSHO1と同じくオリジナル曲をひとりに勤しむ。 SHO1 当時コミュニティFMの先駆けとなるFM西武のジングルや当局のレギュラー番組も担当。 SHO1の当時好きだった、さだまさしなどのトークの影響からか、その頃から喋りの才能の頭角を現してきている。 SHO1と吉澤 お互い高校を卒業後、音信不通だったふたりだったが、SHO1が当時演っていた「ひとりアカペラライヴ」のゲストに吉澤秀人を呼んだことが後のボサカサの結成のきっかけとなった。 その時、一緒に演った曲は、PINK CLOUD「SWEET MY BABY」、佐野元春「情けない週末」。 これをきっかけに、お互いのオリジナル曲を聴かせ合うようになる。 これは吉澤も当時カヴァー曲を演奏するのにも飽きており、オリジナル曲を創作していたことが「時同じくして別の場所で相重なったということが不思議な縁だった」とその後、SHO1は語っている。 1988 7月7日、現在のメンバーであるSHO1(田村庄一)と吉澤秀人の2人にて「BOSSANOVA CASSANOVA」結成。 結成当時のグループ名称は「庄一と秀人」。 ファーストカセットアルバム「SEA SIDE SHE SAID」リリース。 瞬く間に地元界隈にて完売。 同年 クリスマス限定カセットアルバムをリリース。 1991年夏 彼らの共通の友人であった石田修身(パーカッション)を迎え、2本組セカンドカセットアルバム「ISONO」リリース。 1991年冬 サードカセットアルバム「DONA-DONA」リリース。 後の「キューピー」に収録される「ボサカサショー」の前身とも取れる「ボサカサショー」が収録されている。 その頃、群馬を拠点とするオルタナティブロックバンド「キタマクラ」のメンバーだった、それもまたよし(道木正之(BASS)) をヘッドハンティング。 1992年 ライヴカセットアルバム「ボサカサ(通称:キャラメル)」(前橋ガーシャレーベル)よりリリース。 メンバーも増え、この頃から、ライヴの拠点を関東全域に伸ばす。 主な定期ライヴ出演は「渋谷TAKE OFF 7」「前橋ガーシャ」。 前橋ガーシャでは徐々に動員を増やす。 1992〜1994 巷では「アマチュアコンテスト荒らし」と呼ばれる。 YAMAHA、KAWAI、または、FM群馬「ロッカーズ」などにも選抜され数々のおいしい伝説を残す。 同年、リクルート主催のアマチュアコンテストにて優勝。 メジャーデビューへの切符を手にする。 その手引きをしてくれたのが現(有)パパラギ代表取締役の神田道広(通称:ピューピュー道広)である。 1991 神田とボサカサの出会い。 神田は群馬県前橋市の「夢スタジオ」の第一回アマチュアバンドコンテストの審査委員長。 そのコンテストで優勝したのがボサカサだった。 神田は当初審査委員長をする者が欠席になり、その代役だった。 まさにボサカサと神田の「運命の出会い」となる。 その打ち上げの席で神田はSHO1に「うちの主催する東京のコンテストに出てみないか」と声をかける。 そして前記「リクルート主催 バンドバッカース」アマチュアバンドコンテストにておよそ1000組の中から奇跡的に優勝を果たす。 1994年3月 石田修身、それもまたよし 脱退。 1994年4月21日、「恋のゆくえ」でイースタンゲイルから現在のメンバーにて。 販売元• 1995年 森山良子の旦那経営の「メタフォーン」に移籍。 2000年〜 パパラギレコード所属。 販売元「夢街名曲堂」。 2012年 SHO1 1984年以来休んでいたDJを再開。 地元群馬や静岡などでDJとしても活躍している。 また、吉澤はソロとして数々のミュージシャンのサポートとしても活躍中。 Tacoske Records) メンバー [編集 ] Sho1(田村 庄一、たむら しょういち) 、。 生まれ、血液型は。 愛称は「しょうちゃん」「しょういち」など。 吉澤はSHO1を「しょうべえ」「たむたむ」と呼ぶ。 「歌を唄えば女が騒ぐ 歌をやめれば事務所が騒ぐ」 吉澤 秀人(よしざわ ひでと) ボーカル、ギター。 群馬県前橋市出身。 生まれ、血液型は。 愛称は「ひでくん」。 SHO1は吉澤を「ひでひで」「髭旦那」と呼ぶ。 「ギター持たせりゃ朝までOK ギターはずせばナマケモノ」 ディスコグラフィ [編集 ] アルバム [編集 ]• (1994年8月24日、イースタンゲイル)• (1995年7月21日、イースタンゲイル)• (1995年11月22日、イースタンゲイル)• (1996年7月24日、)• (1997年7月24日、ビクターエンタテインメント)• (2002年1月1日、パパラギレコード)• (2004年7月7日、パパラギレコード)• (2004年12月16日、パパラギレコード)• (2008年6月21日、パパラギレコード)• (2010年7月7日、パパラギレコード)• LOVE 'N' LOVE(2018年4月4日、タコスケレコーズ) シングル [編集 ]• 恋のゆくえ(1994年4月21日、イースタンゲイル) - 真夏の太陽• 思い出にならない(1994年8月3日、イースタンゲイル)• Be Happy (1995年5月24日、イースタンゲイル) の番組テーマ曲として使用された。 今夜はふたり水入らず(2005年11月5日、パパラギレコード) この曲は彼らがDJを担当しているの内の企画から生まれた。 星の数ほど抱きしめて(2009年7月7日、パパラギレコード) 静岡県内の「アートビューティ」のCM曲として使用。 広瀬川ろまん(2017年、タコスケレコーズ) 出演番組 [編集 ] ラジオ [編集 ] メンバーの出身地であるの他に、のFMでも長年に渡って番組を担当していた。 また、末から初頭にかけてののオープニングとクロージングテーマを歌唱していたこともある。 現在 2019年4月現在。 ボサノバカサノバSHO1の〜ギリギリアウト!〜(2018. 9〜現在)共演・神宮八重、おっきりこみぞー(下仁田ウェブラジオ) 過去• ボサノバカサノバ〜うーんFEEL SO GOOD〜()• ボサノバカサノバのセカンドキッス()• ボサノバカサノバ タイトル不明()• ボサノバカサノバのレインボープールサイド()全国19局ネット• ボサノバカサノバ MUSIC シュラスコ()• ボサノバカサノバ~今夜はフリー・フォー・オール()• ボサノバカサノバ・LoungeAffair (K-MIX)• 初老無情の響きあり(K-MIX)初老太郎・次郎名義、パーソナリティ番組ディレクター久保田克敏• ボサノバカサノバ グレートギャッピー(K-MIX パーソナリティ• ボサノバカサノバのフォー・ユア・ラブ()• (K-MIX、2003年4月-2013年3月30日・土曜11:00-12:55)共演・• FRIDAY CAFE(FMぐんま)パーソナリティ SHO1、織田亜希子(2006. 7 、(2010. ゴールド72(FMぐんま)パーソナリティ SHO1、旭夏子(2009. ()パーソナリティ 里村衣美、(FMぐんまアナウンサー)2011. 8 山岸あきか(2012. 3) テレビ [編集 ] 過去• サンタドリーム(静岡第一テレビ) 関連項目 [編集 ]• - 作品「」に参加。 「夢の扉」、「twelve seasons 〜4度目の春〜」他。 竹内トオル 2002・10・14、以前より高崎駅西口界隈で飲み遊んでいた竹内を美容師・新井昇司が営む高崎駅西口にある美容室「TRIP」にて行われたBOSSANOVA CASSANOVAのライブに竹内は観客として招かれる。 (ライブサポートメンバーはそれもまたよし) この日、竹内は新井より「持ってる楽器、全部持ってきてよ」と言われ、竹内はキーボードと二胡を持参。 次月からの「マンスリー・デュフォレライブ」に出演することになる。 脚注 [編集 ]• 2003年2月20日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年5月6日閲覧。 外部リンク [編集 ]• 2003年2月12日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年5月6日閲覧。 (K-MIXの旧・プロフィール) Sho1• Sho1tacoske -• 2013年1月26日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月27日閲覧。 2005年3月6日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月29日閲覧。 2013年1月26日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月27日閲覧。 2005年4月8日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2013年4月29日閲覧。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の