インフルエンザ 注射 痛い。 インフルエンザの予防注射のあとが痛い

インフルエンザ予防接種はなぜ痛い?注射後の痛みを軽くする方法

インフルエンザ 注射 痛い

・皮下 ひか 注射 ・皮内 ひない 注射 ・静脈注射 ・筋肉注射 の4つです。 他にも関節内注射や髄腔内注射など特殊なところに打つ注射はありますが、基本はこの4つ。 どういう違いか、見ていきましょう。 まず皮膚 ひふ はどんなふうに出来ているのでしょうか。 医師向けの教科書を見てみます。 皮膚の構造 「あたらしい皮膚科学 第二版 」より引用 北海道大学大学院医学研究院・医学部 皮膚科 これだと詳しすぎて難しいので、すごく単純化してみたいと思います。 医者や看護師の頭の中ではだいたいこのくらいの理解でしょう。 筋肉が一番奥で、その奥には骨があります。 だいたい体のどこでも皮膚はこんな構造です。 先ほどあげた4つの注射は、この皮膚のどこに薬が入るかで分けられています。 インフルエンザワクチンは皮下注射 この中で、インフルエンザワクチン注射は 「皮下注射」というものです。 図に描くと、このようになります。 ワクチンで行う皮下注射 この図の肌色の部分が皮下組織と呼ばれる部分で、ここにワクチンを打つことになっています。 この皮下組織は脂肪や血管がある部分です。 もう少し奥に行くと筋肉に入って筋肉内注射になり、浅いと麻酔で使われる皮内注射という注射になります。 点滴はワクチンとは違うところに打つ ところで、病院で行う点滴ってありますよね。 あれはワクチンとは違うところに打つのです。 絵で描きますと、 点滴では、針は静脈の中に入っている このように針の先は 静脈という血管の中に入っています。 静脈の中は絶えず血がびゅうびゅうと流れていますから、静脈に注射したらあっという間に全身を巡ります。 そのスピードは速く、薬を注射して1分待てばほぼ頭からつま先まで、そしてほぼ全ての内臓にまで行き届くほどです。 その一方でワクチンを打つ 皮下注射では、注射を打ったあとすぐに全身を巡ることはありません。 ワクチンの液体は注射したその場所に留まっていますから、こんな風に少しふくらみます。 ふくらむと、痛くなります。 ワクチンを打つと、このように全体がふくらむ 皮下に注入したワクチンは少しずつ吸収されますが、それまでの間はこのようにふくらんでいます。 それが痛みを引き起こします。 このような物理的な痛みに加えて、注射を打った場所には軽い炎症が起きて痛みが少し続くのです。 炎症とはぶつけたり異物が入った時におきるもので、はれたり痛くなったりする現象です。 ちなみに 皮内 ひない 注射はこんな具合です。 麻酔で使う皮内注射 これは、注射する医師としてはとても表面から近いところに針を刺さねばならず、技術的に難しいのです。 また、注射される患者さんはかなり痛みがあります。 しかし、薬が少量で広がる特徴があるため、局所麻酔の時にこの方法はしばしば使われます。 ワクチンを作っている会社に聞きました 少し話は変わりますが、「今年のワクチンは去年より痛い」なんて話を我々医師や看護師さんでもよくします。 でもこれって本当なんでしょうか?その疑問に答えるために、ワクチンを作っている会社にインタビューしました。 ちなみに、インフルエンザワクチンは毎年中身が変わっていて、「ワクチン株」というものだけが違います。 インフルエンザのワクチンは、国内外のデータから「今年の流行はきっとこの種類のウイルスだろう」と専門家たちが予測して中身を決めているのです。 であれば、ワクチン株の違いで痛かったりそうでなかったりするのでしょうか? お話を伺ったのは化学及血清療法研究所、通称化血研 かけつけん というインフルエンザワクチンなどを作っているところです。 すると、 「ワクチン株と痛みの関連性については、確認できておりません」 という回答をいただきました。 ワクチン株によって痛いとか痛くないという差はあまりないのかもしれませんね。 しかし「痛み」は難しい ただ、「痛み」という感覚は個人によって大きな差があることを忘れてはいけません。 筆者は外科医として病院で働いており、毎日毎日似たような手術をしていますが、 たとえ同じ手術の同じ傷の大きさであっても、患者さんの年齢や性別によって痛みの強さは大きく異なるのです。 その差ははっきりしていて、痛み止めを使う回数が全然違うほどです。 傾向としては若い男性は痛みを強く感じ、高齢の女性は痛みを弱く感じる方が多い印象です。 もちろんそこには「我慢」という要素も入ってくるため、痛みの測定は非常に難しいのですね。 以上、インフルエンザワクチンの注射がなぜ痛いのか、注射を打つ場所と注射の中身についてまとめました。 (謝辞) 急な電話取材にもかかわらず丁寧にお答えくださった、化学及血清療法研究所 医薬営業本部 営業推進部 学術情報課の担当者の方に御礼申し上げます。 (専門家の皆さんへ) ワクチン接種部位を皮下にするか筋肉にするかについて、国内では添付文書上皮下注射ですが海外では筋肉注射が一般的です。 これには本邦の筋肉注射の歴史的背景もあります。 本稿ではその点についての議論は据え置き、現状の添付文書での皮下注射について解説しています。

次の

インフルエンザの症状~症状、かぜとの違い~|インフル・ニュース

インフルエンザ 注射 痛い

これからはインフルエンザの予防注射の季節でもありますし、少しでも痛くなく注射を受けられれば、いいですよね。 注射を痛くなく受ける最大のコツは、 「注射さん、歓迎だよ。 注射さん、来てぇ(微笑)」 と心の中で思うことです。 痛みの感覚は、物理的な刺激と、主観的な心の思いの合成だからです。 子供が、このようにリラックして注射が受けられるように、家族も医療スタッフも、様々な工夫ができるでしょう。 このような思いが、痛みを強くします。 緊張し、筋肉がこわばることも、不利に働くでしょう。 怖がれば、針先意識が集中します。 すると、痛みを強く感じます。 たとえば、蚊が人を刺すときには、とても細い針を刺しますし、麻酔成分のような液も同時に出すので、ほんとど気づかないうちに刺されてしまいます。 ところが、蚊が腕にとまるところをじっと見つめていれば、今「チク!」と刺したと感じられます。 反対に何かに夢中になっているときには、蚊に刺されているのに全くわからず、気づいたら何箇所も刺されていたということもあります。 痛みは、意識を向けるほど、強く感じられます。 さらに、痛みは単に部分的な腕の痛みではありません。 恐怖や不安によって注射が恐ろしいと感じられれば、特に子供にとってはとても苦しくて痛い体験になってしまいます。 怖がるほどに、痛みは強く深くなるのです。 そうならないように、大人のリラックスや笑顔、子供の機嫌を良くした上での注射が求められます。 小児科のアンパンマンの絵やミッキーのぬいぐるみも、痛み軽減の役に立っているのです。 ~ 「注射は痛いものだと思い込んでいたので驚いた」 同病院は2016年12月、注射する前に外用局所麻酔剤を使い始めた。 針を刺す部位にクリームを塗ったり、パッチを貼ったりして、30分程度置いてから注射すると、ほとんど痛みを感じない。 出典: 子供の注射の痛みを和らげる医学的な工夫が始まっています。 同記事によると、手間がかかるということで反対もあったそうですが、「恐怖心が取り除け、その後の治療に積極的に取り組むようになる」「本来は予防接種など、子どもが初めて医療に接する場面で痛みを感じさせないようになるのが望ましい」「出生直後に医療処置を数多く受けた早産児は、成長後に痛みに強い反応を示すといった研究報告も』と語られています。 医療を受けるときには、痛みを我慢しなければならないことはありますが、無用な痛いみを受ける必要はないでしょう。 痛みから病院嫌いになれば、将来的にも診察や治療が遅れる恐れも出て来ます。 上記記事の病院では、痛みを抑える処置をしながら、おそらく医療スタッフ全員が優しい雰囲気で子供に注射しているのでしょう。 その相乗効果が、総合的な「痛み」を和らげているのでしょう。 特別な医学的処置がなくても、注射の痛みは軽くできます。 下の動画では、ユーモラスな小児科医のおかげで、赤ちゃんも親も笑顔で注射を受けています(万能ではありませんが)。 子供を甘やかすのはいけません。 同時に不必要に苦痛を与えるのもいけません。 それは、大人自身の人生も同じですが。 なるべく痛くなく、注射を受けましょう。 そして医療でも人生でも、苦しいことはあっても、希望を持って積極的に進んで行きたいと思います。 テレビドラマも、小説も、人の心を描いています。 舞台は江戸時代だったり、未来の宇宙だったりしますが、そこに登場するのは、愛し憎み攻撃し助け合う人々です。 作家は芸術的センスで人間の心を描き出しますが、心理学者は科学的な方法で人間の心の不思議に迫っていきます。 人は「どうするべきか」ではなく、「どうすることが効果的か」を探ります。 心は、人間の一番身近にあって、一番わからないものです。 相手の心もわからないし、何より自分自身の心がわからなくなるときもあります。 心理学を通して、自分を知り、人を知り、をよくして、幸せになりましょう。 心理学者やカウンセラーではなくても、経験や信念があります。 心はとても身近なので、人はみんな「心理学者」なのかもしれません。 それぞれの人が、それぞれの感情と考えを持っています。 世の中にはひどい人がいます。 腹を立てて当然です。 当然です。 こんなに傷つくことがあった、みんな私をわかってくれない、泣くのは当然です。 でも、ちょっと待って。 その考え、そのときのあなたの感情は、正しいのでしょうか。 その考えで、成功するのでしょうか。 その気持ちで、その行為で、仕事が上手くいき、人間関係が改善され、あなたは幸せになれるのでしょうか。 また、一人ひとりがつい陥ってしまう「自動思考」があります。 本当はそうではないのに、すぐにいつもの考えや感情が湧き出て、誤解が誤解を生み、努力も水の泡です。 これでは、とてももったいない! 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」と考えられるようになりましょう。 自分の心、人の行動。 ちょっと立ち止まって考えられると、冷静になれます。 やさしく強くなれます。 愛と勇気がよみがえります。 あなたは、もっと自由に、もっと楽しく生きられるのです。 女は話し合って問題解決しようとし、男は話題にしないことで解決しようとする。 そして互いに相手が解決を望んでいないと思い込む(男女のコミュニケーション)。 人は、問題が発覚したその瞬間に「このことは事前に予測できていたはずだ」と感じる(原因帰属)。 人間は、他者の行動を実際以上にその人の性格のせいにする。 自分自身の時には環境のせいにするのに(原因帰属の基本的錯誤)。 やる気が高すぎる人(結果を重んじすぎる人)は、子どもや部下のやる気を奪う(達成動機)。 うつ病は、もっとも周囲の理解が必要なのに、もっとも理解されにくい病気(精神医学・臨床心理学)。 本当はうつ病ではない自称うつ病の人が周囲を傷つけている(精神医学・臨床心理学)。 自分を信じることは大切だが、自分の意志力を過信する人は失敗する(認知行動療法)。 子どもを愛しているのに、愛が空回りしている親がたくさんいる(子育て・発達心理学)。 人は、自分の意見にあった情報を選び、自分の意見にあったように解釈する(認知的不協和)。 いったん否定的なセルフイメージを持つと、それが性格になってしまう(セルフ・スキーマ)• ネット・コミュニケーションは、愛も憎しみも燃え上がりやすい(社会心理学)。 凶悪事件の犯人は、孤独と絶望感に押しつぶされた人(犯罪心理学)。 心の隙間を埋めるような恋は、破滅へと向かう(恋愛心理学)。 問題があることが悪いことではありません。 悩みのない人はいません。 でも、問題がないふりをしたり、問題は解決不可能だと思い込んだりすることで、事態は悪化していきます。 たとえば…• 「ありがとう」が言える人は幸せになれる(ポジティブ心理学)。 希望は、心を開き、一歩を踏み出したときに生まれる(希望学)。 期待されている子は伸びる(ピグマリオン効果)• 大きな悲しみも、乗り越えられる方法がある(レジリエンス)。 心が張り裂ける出来事を通して、成長することもできる(PTG:外傷後成長)。 あなたは、なりたい自分になれる(新しいパーソナリティー理論)• 愛されるコツは愛すること(好意の返報性)。 「やればできる」の土台は「自分にもできる」(セルフ・エスティーム)。 心に痛みを感じている働くお母さんは大丈夫(社会心理学・役割間葛藤)• お金も腕力もなくても、あなたも人の助けになれる(カウンセリングマインド)• やる気のない部下も生徒も、上司や先生との人間関係でやる気を出せる(内発的動機づけ)• 親や先生に愛されると、やる気がわく(癒しの場と活躍の場・内発的動機づけ)。 人のために行動できる人は。 幸福になれる(ポジティブ心理学)。 ただの気休めや、きれい事ではありません。 近年の心理学は、人間の明るい側面にも目を向け始め、成果を上げています。 でも、あなたの心も癒されます。 過去の事実は変わらなくても、過去の出来事が今のあなたに与えている影響は変えることができます。 家庭や仕事や学校で、悩んでいる人もいるでしょう。 どうしようもないこともあるでしょう。 でも心理学の研究によると、お金や体の健康や容姿や周囲の状況など、環境が幸福に与える影響力は、10パーセントに過ぎません。 私なんか「どうせこんなもの」「しかたがない」と感じているのは、誤解です。 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」「ちょっと待って」と考えられれば、あなたの感情が変わります。 心理学のテクニックを活用すれば、効果的な行動が取れます。 あなたの心は変わり、結果的に現実も変化し始めるでしょう。 ゴールを決めるのは、あなた自身です。 心理学が、そのアシストをいたします。 心理学の基本的な理論とテクニック、ぜひお伝えしたい最新心理学の情報、そして心理学者からの心のメッセージをお送りしていきます。 実は、「メッセージ」は、不特定多数の人には届けにくいものもあります。 このコンテンツを選んでくださったあなたにだからこそ、お送りできるメッセージがあります。 現代社会の「今」を取り上げ、毎日のあなたのニーズに応えます。 心理学の研究によれば、泣くこと苦しむことにも意味があります。 でも、悲しみに押しつぶされ、失敗で無気力になり、時にはやる気が空回りするのが人間です。 希望と成果につながる効果的な方法を、これからお伝えしていきます。 心の傷が癒され、能力が発揮され、もっと優しく、もっと強く、良い親、良い上司、良い友人、良いパートナーになれるように。 あなたが、あなたらしくなるために。 ~~~~~~~~~~~~~~~~•

次の

インフルエンザ予防接種の副作用って?こんな症状には注意!

インフルエンザ 注射 痛い

インフルエンザを予防するには手洗いやマスク、人混みはなるべく避けるなどありますが、予防接種をするという人も多いですね。 予防接種は感染すること自体を予防することはできませんがインフルエンザウイルスの増殖を抑え、発症を抑制して重症化を防いでくれます。 予防するためにはワクチンを打ちたいけど注射がとにかく苦手!という人のためにインフルエンザの予防接種の注射の痛みを少しでも和らげる方法を調べました。 接種後に注射のあとが腫れた時の対処法も一緒に調べているので参考にして下さい。 スポンサーリンク インフルエンザの予防接種が痛い理由 インフルエンザワクチンは不活化ワクチンと言われるウイルスを薬品などで毒性をなくしたものです。 日本では不活化ワクチンは皮下注射という皮膚と筋肉の間に注射する方法でしていますが海外では筋肉注射が主流のようです。 一般的に皮下注射より深く刺す筋肉注射の方が痛くないと言われていますが、深く刺すために針も太く慣れていないため筋肉注射の方が痛く感じる人が多いと思います。 日本でも以前は筋肉注射が一般にされていましたが、筋拘縮症(きんこうしゅくしょう)という筋肉組織の一部が破壊され運動機能に障害が残る疾患で乳幼児期に受けた筋肉注射が原因となってからは皮下注射が行われていました。 予防接種が痛いのはワクチンによる刺激なので全く痛みを感じないようにするというのは無理のようです。 ワクチンに入っている免疫補助剤が痛いという説やワクチンが冷たいと痛く感じるという話しもあります。 スポンサーリンク 予防接種の注射の痛みを和らげる方法 ・注射する場所を圧迫する 注射をする所を 強めに抑えて圧迫しておくと痛みを感じにくいと言われています。 手を離してたらすぐに消毒をして注射をしてもらいましょう。 ・注射する場所を冷やす 氷嚢(ひょうのう)や保冷剤などで注射する場所を冷やすと間隔が麻痺して痛みが感じにくくなります。 この方法は予防接種には向いていますが、 血管が冷えて収縮してしまうので点滴注射などの静脈内注射には向いていません。 ・リラックスする 医師や看護師と方達とお話しをして気を紛らわせたり、深呼吸をしてリラックスするようにします。 リラックスすると筋肉も柔らかくなるので痛みも少しはマシになりますよ! ・消毒のアルコールは乾かす 注射する所を消毒したアルコールが乾かないうちに針を刺すと アルコールが皮下に入り痛みが増すそうです。 「消毒のアルコールが乾いてから注射して下さい」と言いましょう! ・注射する所をつねる 注射する所を強くつねっておくと注射の痛みを感じにくくなるそうです。 注射している時に自分の太ももをつねるという方法もあります。 注射よりも痛い所があると注射の痛みを忘れるという事ですが自分の手で注射より痛くつねるのは難しそうですね。 ・局所麻酔テープを貼る どうしても我慢ができない時には 麻酔テープ【ペンレステープ】があります。 医師や看護師に相談してみましょう。 テープを貼ってから効果がでるまでに20分~30分程度かかるようです。 この麻酔テープは子供が使用する事が多いようで小児科で対応してくれるようですが病院によっては無い所もあるので予約する時に聞いてみるといいですね。 予防接種後の痛みの対処法 インフルエンザの 予防接種の後に注射した所が赤くなったり腫れたり、痛みがあったりする事もあります。 これはワクチンの副作用で接種した人の1割~2割の人にあらわれます。 ほとんどが2、3日のうちに自然に消失しますが、心配な時は病院を受診しましょう。 痒みがある場合もありますが掻いてしまうと余計に腫れてしまう事もあるので保冷剤などで冷やして掻かないようにしましょう。 腫れや痛みが注射した場所だけでなく 上腕部に広がっている時は受診したほうが安心できます。 予防接種後に揉むと腫れる? インフルエンザの予防接種後に揉むと腫れるのか、揉まないと腫れるのかと疑問に思った事はありませんか。 以前はワクチンがしこりにならないようにと揉むように言われましたよね。 最近ではそういう事はないと分かってきているので揉むように言われなくなりました。 揉むと早く体内に吸収されるので体調の変化が起こるかもしれないという理由もあって揉まなくなったようです。 腫れた、腫れなかったの違いは接種後に 揉むか揉まないかには関係がないようです。 スポンサーリンク まとめ インフルエンザの予防接種の痛みをやわらげる方法について調べてみました。 接種後に腫れる人は次の年の予防接種のあとも腫れる事が多いそうです。 副作用は腫れたりする他にも発熱や下痢など風邪のような症状がある場合があります。 ほとんどの場合は2,3日で症状は治るとされていますが長く続いたり症状が強い時は予防接種をした病院に行きましょう。 予防接種した当日は激しい運動は避けて飲酒もほどほどにしましょう。 お風呂も入って大丈夫ですが、接種から1時間以上たっている事と注射した所を強くこするのはやめて下さい。 スポンサーリンク インフルエンザに関する記事一覧 インフルエンザに関連する記事一覧.

次の