ネスカフェアンバサダー ネスプレッソ。 『ネスカフェアンバサダー』の口コミ評判!オフィス・職場でコーヒーマシン無料レンタルプラン

「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」の違いを比較!理想の機種を探すコツ

ネスカフェアンバサダー ネスプレッソ

「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」のスペック比較 ネスカフェバリスタ ネスカフェドルチェグスト ネスプレッソ 機種名 バリスタ50 ジェニオアイ エッセンサミニ 色 赤 赤・白 白 サイズ 15. 6cm D 16. 5cm D 重量 3. 4kg 2. 6kg 2. 3kg タンク容量 0. 8L 0. 65L 0. ネスカフェバリスタ・・・別売りのネスレブライトが必要• ネスプレッソ・・・別売りのが必要 ネスカフェバリスタとネスプレッソは、マシン単体ではミルク系メニューを作れません。

次の

ドルチェグストとネスプレッソを比較!どっちがおすすめか値段やカプセルの違いを解説!

ネスカフェアンバサダー ネスプレッソ

「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」のスペック比較 ネスカフェバリスタ ネスカフェドルチェグスト ネスプレッソ 機種名 バリスタ50 ジェニオアイ エッセンサミニ 色 赤 赤・白 白 サイズ 15. 6cm D 16. 5cm D 重量 3. 4kg 2. 6kg 2. 3kg タンク容量 0. 8L 0. 65L 0. ネスカフェバリスタ・・・別売りのネスレブライトが必要• ネスプレッソ・・・別売りのが必要 ネスカフェバリスタとネスプレッソは、マシン単体ではミルク系メニューを作れません。

次の

「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」の違いを比較!理想の機種を探すコツ

ネスカフェアンバサダー ネスプレッソ

毎日コーヒーを5杯以上飲んでいる実際アンバサダーの「コーヒー主食」です。 『 ネスカフェアンバサダー』で 無料レンタルできるマシンは、全部で5種類! この5種類のマシンは、 「それぞれ、どんな『使い方』をするのかなぁ?」 「どれが一番、簡単に使えるのかなぁ?」 「どのマシンを選ぶのがいいのかなぁ?」 などなど。 気になりますよね。 全部のマシンをいっぺんにレンタルするわけにもいかないので、 「 どのマシンをはじめにレンタルするか?」 選ぶポイントにもなります。 今日は、 『ネスカフェアンバサダー』で使える「各マシン5種類」の使い方についてお話したいと思います。 逆に言えば、 『ネスカフェアンバサダー』だけで、 「 すべてが、ことたりる!」ということです!! でも、 さすがに、すべてのマシンをいっぺんにレンタルする人は少ないと思います。 5種類もあっても、全部使いきれませんもんね。 「 まずは、どのマシンにしようかなぁ?」 なんて考えている人も多いのではないでしょうか? そこで、選ぶポイントの一つが『 使い方』! 簡単で便利な方がいいですもんね! めんどうなマシンは、仕事の邪魔になるだけですから。 ちなみに、 ネスカフェゴールドブレンド バリスタは、 日本一売れてるコーヒーメーカー。 1杯あたり「約20円」で美味しいコーヒーが手軽に飲めるのが特徴です。 ちゃめちゃ簡単ですよね。 これでも十分簡単なんですが、 『バリスタ』だと、 ボタンを押すだけなのでもっと簡単です。 さらに、最近は、ポットで常にお湯をわかしておく人って少ないのでは? 電気代もかかりますもんね。 コーヒーを淹れるたびに「湯沸かし器」でお湯をわかす人も多いのではないでしょうか? それだと、 お湯が沸くまで「数分」かかってしまいますね。 でも、『バリスタ』なら、 トータルで「1分」かかりません。 インスタントを作るより、全然簡単で早いので、忙しい人にも最適です。 バリスタ専用の詰め替えコーヒー(エコ&システムパック)を、 コーヒータンクに差すだけOK! コーヒー粉が飛び散ることも、手が汚れることもないので、超便利です。 補足情報 詰め替えコーヒー(エコ&システムパック)は、「スーパー」や「ドラックストア」など、どこでも売っているので、急に無くなっても安心。 すぐに買いに行きことも出来ます。 「内部の掃除」は、半年に1回ぐらいでいいと思います。 ちなみに、私は、 ほとんどまともに掃除もお手入れもしていないですが、全然問題ない感じです。 アプリを使えば、 コーヒーの「量」や「濃さ」が簡単にアレンジ可能。 アレンジした内容を登録することで、「マイレシピ」を作ることもできるので、毎回調整する必要はありません。 「濃さ」を調整したい時はアプリを使ってるんですが、 それ以外は、マシンのボタンを押して作った方が、早いし簡単なんです。 ドルチェグストも、バリスタに次いで売れているコーヒーマシンです。 バリスタとの違いは「カプセル式」なところ。 20種類以上の豊富なメニューが、1杯あたり「約50~」飲めるのが特徴です。 バリスタほどではありませんが、 こちらもめちゃめちゃ簡単ですよね。 どっちも超簡単です。 2つのマシンの最大の違いは、 『 作れるメニュー』の違いです。 もちろん1杯あたりの値段も違いますが、 私は、どんなメニューが飲みたいかによって使い分けています。 ちなみに、 私は、ドルチェグストもほとんど掃除してないです。 たまに、トレイを水ですすぐ程度です。 『スペシャルT』は、17種類以上のお茶が楽しめるカプセル式マシン。 ドルチェグストの『 お茶版』という感じですね。 おそらく、コーヒーのようにお茶や紅茶が楽しめるティーマシンは、 数あるマシンの中で『スペシャルT』だけだと思いです。 『スペシャルT』は、ドルチェグストと違い、 「カプセルの目盛り」を合わせる必要がないので、 ドルチェグストよりもさらに簡単です。 アイスコーヒーサーバーは、ボトルコーヒーをマシンにセットして、マシンで常時コーヒーを冷やし、いつでもアイスコーヒーが楽しめるマシン。 最大の特徴は、 クレマ(泡)でドラフトコーヒーが作れるところです。 イメージとしては、『ビールサーバー』のような感じですね。 これも、めちゃめちゃ簡単ですよね。 ちなみに、 アイスコーヒーサーバーは、他のマシンと違い、 電源は常時ONの状態。 ですので、注ぐ時の操作は レバーのみです。 ネスプレッソは、「ジョージ・クルニー」のCMでもおなじみですよね。 ネスレのマシンの中でも、 最高級ブランド。 1杯あたり「約76円~」と少しお高め。 それでも、コンビニコーヒーよりかは安いです。 コーヒー豆の産地からこだわるような人におすすめのマシンです。 もし、どのマシンからレンタルしようか迷ったら、 とりあえず、 『バリスタ』と『ドルチェグスト』を選べば間違いありません。 この2つがあれば、ほとんどのコーヒーが網羅できます。 紅茶も飲みたい人は、 『バリスタ』と『スペシャルT』でもいいかもしれません。 もちろん、 全種類レンタルしてもOKです。

次の