韓国 フッ 化 水素 その後。 【日韓経済戦争】韓国企業が逆襲? 国産化と他国調達が進み「日本外し」が着々 韓国紙から読み解く: J

韓国がフッ化水素国産化のその後

韓国 フッ 化 水素 その後

100%日本依存の素材国産化に続々と成功 の J-CASTニュース会社ウォッチ編集部では、2019年8月30日付「」で、韓国では日本の輸出規制の標的にされた半導体素材を中心に「国産化」の動きが高まるなか、韓国核融合研究所が日本に100%依存してきた半導体素材の開発に成功したと報道した。 その後も「国産化に成功した」というニュースが続々と飛び込んでいる。 中央日報(2019年9月2日付)「日本から輸入していた『高純度フッ化水素』、LGディスプレーが国産化に成功」はこう伝えている。 「韓国のパネルメーカー大手LGディスプレーが、日本から輸入してきた『高純度フッ化水素』の国産品代替に成功した。 LGディスプレーは国内のある企業が供給したフッ化水素安定性テスト過程を終えて今月(9月)中に生産工程に適用する予定だ」 フッ化水素は半導体やディスプレー洗浄工程に必要な重要素材だ。 日本は7月4日、韓国に対する輸出規制強化を発表して「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「フォトレジスト」の3品目を規制対象に指定していた。 ただ、国産品代替に成功したといっても、問題が解決したわけではもちろんない。 この国産フッ化水素は生産量が充分ではないため、当分は日本産輸入と併行する方針だ。 その日本産がいつ入ってくるのかは、日本政府の審査次第なのだ。 そして、フッ化水素の国産化に成功したのは、LGディスプレーだけではない。 サムスン電子グループのサムスンディスプレーも9月中に国産化テストを終わらせるという。 中央日報(9月2日付)「サムスン・SK、2か月ぶりに半導体材料供給安定... 年内『克日』可視化」がこう伝える。 「サムスン電子用の国産フッ化水素の試作品が、今月(9月)内に登場する。 韓国企業ソルブレインは今月内にDRAM・NAND型フラッシュメモリー工程に使われる高純度フッ化水素の試作品を量産する計画だ。 日本企業に劣らない『ファイブナイン』(99. 999%)の高純度のフッ化水素液状形態製品だ。 中国産の原料(無水フッ酸)を使って生産した。 今月内に工場増設を終えると同時に量産に入る」 サムスン電子に続く半導体業界2位のSKハイニックスも子会社であるSKマテリアルズを通じ、年末までにフッ化水素の試作品を生産する計画だ。 一方、「ファイブナイン」(99. 999%)ほどではなく、半導体よりも低純度のフッ化水素を使うディスプレー業界では、これよりも早く日本産材料の代替作業が進んでいる。 前述の中央日報が、こう伝える。 「すでにLGディスプレーは液晶(LCD)だけでなく、有機発光ダイオード(OLED)テレビ生産工程で、国産フッ化水素製品を活用して日本製品の代替に成功した。 サムスンディスプレーも現在の工程ラインに投じて進行中の国産フッ化水素の一斉テストを今月中に終えるという計画だ」 どんどん「日本外し」が進んでいるのだ。 日本に依存してきた製品の国産化だけでなく、他国からの調達も進んでいる。 中央日報が、こう報じている。 「日本が核心材料3品目に対する輸出規制を始めて2か月、韓国企業の供給先多角化と国産化戦略が相当な成果を上げている。 サムスン電子やSKハイニックスなどの『脱日本』を通した材料供給が支障なく進行されたことを受け、むしろ日本の素材メーカーの市場での存在感が薄れるだろうとの分析が多く出ている」 日本企業の海外拠点から調達する「迂回作戦」 ほぼ今年の12月末までの素材確保は完了しているという。 そこでおもしろい現象が起きている。 「(日本の規制3品目の一つ)フォトレジストの場合、サムスン電子、SKハイニックスともにベルギー現地に生産工場を置いている日本企業JSRとの提携に道筋がついた。 JSRとベルギー研究センターIMECは2016年に合併法人を設立して極端紫外線(EUV)用フォトレジストを生産しているからだ」 皮肉なことに韓国の半導体企業は、日本企業の海外拠点(韓国内を含む)を通じて、日本政府が輸出規制をしている3品目を巧みに調達しているのだ。 「仁川松島(インチョン・ソンド)に工場がある東京応化工業(神奈川県川崎市)も、増産までしながらサムスン電子納品量を合わせる計画だ。 日本政府が最近、フッ化水素輸出を承認する前にフォトレジストの輸出を先に2件承認したのも自国企業のこのような動きのためだ。 SKハイニックスDRAM研究所出身であるNH投資証券のト・ヒョンウ研究員は『日本政府の規制は初めから韓国政府との政治交渉のための用途だった。 グローバルプレーヤーであるサムスン電子とSKハイニックスの半導体生産に打撃を与えるのは難しかった』と話した」 日本の半導体素材企業は、インテルと並び世界の半導体業界のビッグスリーであるサムスン電子とSKハイニックスのグローバル素材供給システムに組み込まれている。 たとえ日本にある本社が日本政府に「規制」されても、海外の拠点は両社の支配下にある。 だから、日本政府がどこまで本気で韓国半導体メーカーに打撃を与えるつもりだったか、疑問だというのだ。 なぜ日本政府はサムスンの品目ばかりに許可を出す? こうしたなか、韓国経済(9月2日付)「日本の素材輸出許可物量がすべてサムスン向けの理由...... 」は、興味深い謎解きを報道している。 「日本政府が輸出規制措置以降3回にわたり半導体素材の韓国向け輸出を許可したが、すべてサムスン電子に納品されるものだった。 サムスンと違いSKハイニックスは2か月間物量を確保できておらず、背景に関心が集まる」 「日本の経済産業省は7月に韓国をホワイト国から除外する方針を明らかにしてから韓国向けの半導体素材輸出を3回許可した。 8月7日と19日にそれぞれ極端紫外線(EUV)用フォトレジスト(感光液)の輸出を許可した。 続けて同月29日には規制措置以降初めてフッ化水素の輸出を許可した。 韓国に輸入されるフォトレジストとフッ化水素はいずれも韓国国内の協力会社を通じてサムスン電子に納品されるものだった。 サムスン電子に続きメモリー半導体世界2位であるSKハイニックス向けの素材はなかった」 「これはなぜだ?」と、韓国経済記者は疑問を投げかける。 理由の一つに、同じ半導体業界でもSKハイニックスの事業構造が、サムスン電子と違っていることが考えられるという。 フォトレジストを使う工程が、両社では違うのだ。 また工程の中でフッ化水素を必要とする量も、サムスン電子がSKハイニックスよりはるかに多いという違いがある。 こうした違いを考慮したうえでも、韓国経済記者は、世界経済に与える影響を日本の経済産業省が「忖度」したのではないかと推測する。 「サムスン電子が(SKハイニックスと違って)メモリー半導体をはじめ、スマートフォンやテレビなどで世界1位のグローバル企業という象徴性のために、日本政府がサムスン電子向けに物量をまず配分したという分析も出ている。 ただ日本が現在のように半導体素材輸出を制限的に許容すれば、近く物量を確保する可能性が大きいというのが業界の観測だ。 業界関係者は『SKハイニックスも近く日本製フッ化水素の納品を受けられるだろう』と話した」 「サムスンをつぶせば、世界経済に大打撃を与えてしまう」という配慮から日本政府が少しずつ規制を緩めていくなら、いずれSKハイニックスにも素材が許可されるだろうと、韓国業界は読んでいるのだ。 (福田和郎).

次の

日本が譲歩した?韓国への「フッ化水素」輸出再開に批判が殺到

韓国 フッ 化 水素 その後

日本政府によるフッ化水素など3品目の韓国への輸出優遇措置撤廃を受け、韓国は激震に見舞われている。 「不当だ!」との怒りや、「国内生産すべき!」という勇ましい対策案、「対応が遅い!」との韓国政府批判、「日本製品不買」のPR、「次の制裁はこれかも」との悲観論など、メディアは上を下への大騒ぎだ。 本質はあくまで「輸出管理の優遇措置撤廃 」 今回の日本政府の措置の本質は、あくまでフッ化水素などの韓国向け輸出管理優遇措置撤廃である。 そして撤廃の理由について経産省は「日韓間の信頼関係が著しく損なわれた」事と、「大韓民国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案が発生した」事の2点を挙げている。 経産省はいわゆる徴用工を巡る問題での韓国政府の対応なども引き合いに出しているので、信頼関係の改善に向けて韓国政府がすぐに対応するのは難しいだろう。 だが、「輸出管理の不適切な事案」について国際社会が納得するような反論が出来れば、日本の措置が不当だという韓国の反論が力を持つことになる。 実は「ザル」な韓国の輸出管理 緊急会見する韓国の成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源相 「不適切な事案が発生した」との日本の主張に反論するには、「日本から輸入した3品目は全て適切に管理され、韓国国外に密輸出などされていない。 韓国の輸出管理は信頼できる」という事を証明すれば良いだけの話だ。 韓国の成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源相は7月9日緊急会見し「日本から輸入されたフッ化水素が北朝鮮を含む国連決議制裁対象国に流出したという、いかなる証拠も発見されなかった」「(韓国の)関連企業らが国内法令により輸出許可を受けて、最終使用者報告など各種義務も適法に履行していることを再度確認しました」と述べた。 日本から輸入したフッ化水素は北朝鮮に渡っておらず、韓国から輸出される物資は管理がしっかりしているとアピールしたのだ。 しかし、そんな韓国にとって「不都合」なデータを記したリストを我々は入手した。 そのリストとは、韓国の国会議員が産業通商資源省から入手したもので、我々はこの議員から提供を受けた。 リストには「戦略物資無許可輸出摘発現況」というタイトルが付けられている。 内容は驚くべきものだ。 2015年から2019年3月まで、韓国から戦略物資が無許可で流出した不正輸出案件は、何と156件もあったと記されているのだ。 不正輸出されたのは、いずれも、NSG 核兵器製造・開発・使用に利用可能な物品を統制する多者間国際体制 、AG 生物化学兵器製造・開発・使用に利用可能な物品を統制する多者間国際体制 などを通じ国際社会が厳しく統制・監視している物資だ。 FNNが入手した韓国政府が作った不正輸出摘発リスト。 戦略物資がズラリと並ぶ 専門家も驚くリストの中身 リストの不正輸出品目を見てみる。 サーモカメラや炭素繊維、熱交換器など、兵器への転用が可能な物品が並んでいる。 生物兵器の製造にも使われる遠心分離機も、ロシアとインドネシアに不正輸出されていた。 2017年10月には、核燃料棒の被膜として使われるジルコニウムが中国に不正輸出され摘発されていた。 代金は1346万ドル(約14億6600万円)と高額な取引だ。 リストには化学物質も含まれている。 ジイソプロピルアミンという化学物質は北朝鮮の金正恩委員長の実の兄、金正男氏がマレーシアで暗殺された時に使われた神経剤VXの原料だ。 2017年の8月にベトナムとスリランカに、10月にはパキスタン、中国、マレーシアに向けて、韓国から不正輸出されたとして、輸出業者が摘発されていた。 生物・化学兵器拡散を防止する枠組みである前出のAGのハンドブックによると、韓国はジイソプロピルアミンの製造国に入っていない。 つまり別の国から輸入したものを、第三国に不正輸出した可能性が考えられる。 さらに注目されるのは、「フッ化水素酸」という品目だ。 フッ化水素酸は、今回日本が輸出管理優遇措置を撤廃した3品目の1つ、フッ化水素を水に溶かしたものだ。 フッ化水素酸の不正輸出が摘発されたのは2017年12月にベトナム向け、2019年1月にはUAE向けの2件だ。 フッ化水素は韓国でも少量製造されているので、日本産かどうかは分からない。 摘発日時に目を向けてみる。 2015年は14件、2016年は22件、2017年は48件、2018年 は41件、2019年はわずか3か月の間に31件の不正輸出が発生している。 明らかに増加傾向だ。 また2017年5月の文在寅大統領就任前後で発生件数を比較すると、就任前は年平均約18件だった不正輸出が、就任後には年平均約60件ペースに急増している。 これが何を意味するのかは分からない。 このリストを、国連安保理北朝鮮制裁委員会のパネル委員だった古川勝久氏に分析してもらった。 古川氏は 「大量破壊兵器関連の規制品を巡る輸出規制違反事件がこれほど摘発されていたのに、韓国政府がこれまで公表していなかった事実に驚いている」と話し、驚きを露わにした。 Q危険な物質はリストに入っていますか? 古川氏「もちろんです。 インドネシアに不正輸出されていたシアン化ナトリウムは金属メッキ工程でも使用されますが、化学兵器タブンの製造にも使用されます。 危険だからこそ大量破壊兵器不拡散のための国際レジームで、有志国がリスト規制に基づいて規制しています。 もちろん産業用途はありますが、兵器転用されるので、しっかりと輸出先を確認することが義務付けられていなければなりません。 」 Qフッ化水素も不正輸出されていた 古川氏「 フッ化水素の輸出先であるUAEは密輸の主要経由地として各国が見張っています」 Q韓国では不正輸出を企図する人が多いのか、それとも輸出管理が徹底されていないのか 古川氏「両方が原因だと思います。 韓国企業は中国に似て、輸出管理面での管理体制の緩さがかねてより問題視されてきました。 また、 韓国政府による制度運用も徹底されていません。 その証拠が今回のリストにある事案の数の多さと、その事実を公表していなかった点に見られます。 」 Q不正輸出先には北朝鮮に関係の深い国はあるか。 第三国経由で北朝鮮に物資が入った可能性は? 古川氏「これまでに北朝鮮が拠点を有していた、あるいは北朝鮮の制裁違反に関与していた国々の中で、リストに記載されていたのは中国、台湾、香港、東南アジア諸国のほぼ全て(ブルネイを除く)、ロシア、インド、パキスタン、スリランカ、UAE、イラン、シリア、赤道ギニア、トルコ、イタリア、ドイツ、日本です。 北朝鮮以外にも懸念すべきは、中国やロシア、中東やアフリカの紛争地域もいろいろと密輸に関係しています。 韓国企業は全方向的に緩いのではないかと思います。 」 「これらの韓国企業名が公表されていない以上、 知らずにこれらと取引してきた日本企業は必ずあるのではないかと思います」 Q氷山の一角なのか、韓国の税関や役所が優秀だから摘発出来ているのか 古川氏「氷山の一角と思われます。 現に、日本政府が説明しているようなフッ化水素の大量発注事案が含まれていません。 」「この情報を見る限り 韓国をホワイト国として扱うのは難しいのではないでしょうか」 「政治目的だ!」と叫ぶ前に、やる事があるのでは? 韓国のトップ企業30社の経営陣と懇談した文在寅大統領 7月10日文在寅大統領は韓国のトップ企業30社の経営陣を呼び、日本側の措置を「政治目的」と批判した。 そして政府が輸入先や国内の生産の拡大に支援する方針を示し、事態の長期化に備えて、企業側の協力を呼びかけた。 韓国経済の根幹である半導体部門を守るために必死なのは分かる。 このリストの事案は日本政府が主張する「不適切な事案」と一致するとは限らないが、韓国政府は大量の戦略物資が不正輸出されている現状と向き合うべきだ。

次の

韓国LGディスプレー、高純度フッ化水素の「国産化成功」報道に疑問の声

韓国 フッ 化 水素 その後

100%日本依存の素材国産化に続々と成功 の J-CASTニュース会社ウォッチ編集部では、2019年8月30日付「」で、韓国では日本の輸出規制の標的にされた半導体素材を中心に「国産化」の動きが高まるなか、韓国核融合研究所が日本に100%依存してきた半導体素材の開発に成功したと報道した。 その後も「国産化に成功した」というニュースが続々と飛び込んでいる。 中央日報(2019年9月2日付)「日本から輸入していた『高純度フッ化水素』、LGディスプレーが国産化に成功」はこう伝えている。 「韓国のパネルメーカー大手LGディスプレーが、日本から輸入してきた『高純度フッ化水素』の国産品代替に成功した。 LGディスプレーは国内のある企業が供給したフッ化水素安定性テスト過程を終えて今月(9月)中に生産工程に適用する予定だ」 フッ化水素は半導体やディスプレー洗浄工程に必要な重要素材だ。 日本は7月4日、韓国に対する輸出規制強化を発表して「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「フォトレジスト」の3品目を規制対象に指定していた。 ただ、国産品代替に成功したといっても、問題が解決したわけではもちろんない。 この国産フッ化水素は生産量が充分ではないため、当分は日本産輸入と併行する方針だ。 その日本産がいつ入ってくるのかは、日本政府の審査次第なのだ。 そして、フッ化水素の国産化に成功したのは、LGディスプレーだけではない。 サムスン電子グループのサムスンディスプレーも9月中に国産化テストを終わらせるという。 中央日報(9月2日付)「サムスン・SK、2か月ぶりに半導体材料供給安定... 年内『克日』可視化」がこう伝える。 「サムスン電子用の国産フッ化水素の試作品が、今月(9月)内に登場する。 韓国企業ソルブレインは今月内にDRAM・NAND型フラッシュメモリー工程に使われる高純度フッ化水素の試作品を量産する計画だ。 日本企業に劣らない『ファイブナイン』(99. 999%)の高純度のフッ化水素液状形態製品だ。 中国産の原料(無水フッ酸)を使って生産した。 今月内に工場増設を終えると同時に量産に入る」 サムスン電子に続く半導体業界2位のSKハイニックスも子会社であるSKマテリアルズを通じ、年末までにフッ化水素の試作品を生産する計画だ。 一方、「ファイブナイン」(99. 999%)ほどではなく、半導体よりも低純度のフッ化水素を使うディスプレー業界では、これよりも早く日本産材料の代替作業が進んでいる。 前述の中央日報が、こう伝える。 「すでにLGディスプレーは液晶(LCD)だけでなく、有機発光ダイオード(OLED)テレビ生産工程で、国産フッ化水素製品を活用して日本製品の代替に成功した。 サムスンディスプレーも現在の工程ラインに投じて進行中の国産フッ化水素の一斉テストを今月中に終えるという計画だ」 どんどん「日本外し」が進んでいるのだ。 日本に依存してきた製品の国産化だけでなく、他国からの調達も進んでいる。 中央日報が、こう報じている。 「日本が核心材料3品目に対する輸出規制を始めて2か月、韓国企業の供給先多角化と国産化戦略が相当な成果を上げている。 サムスン電子やSKハイニックスなどの『脱日本』を通した材料供給が支障なく進行されたことを受け、むしろ日本の素材メーカーの市場での存在感が薄れるだろうとの分析が多く出ている」 日本企業の海外拠点から調達する「迂回作戦」 ほぼ今年の12月末までの素材確保は完了しているという。 そこでおもしろい現象が起きている。 「(日本の規制3品目の一つ)フォトレジストの場合、サムスン電子、SKハイニックスともにベルギー現地に生産工場を置いている日本企業JSRとの提携に道筋がついた。 JSRとベルギー研究センターIMECは2016年に合併法人を設立して極端紫外線(EUV)用フォトレジストを生産しているからだ」 皮肉なことに韓国の半導体企業は、日本企業の海外拠点(韓国内を含む)を通じて、日本政府が輸出規制をしている3品目を巧みに調達しているのだ。 「仁川松島(インチョン・ソンド)に工場がある東京応化工業(神奈川県川崎市)も、増産までしながらサムスン電子納品量を合わせる計画だ。 日本政府が最近、フッ化水素輸出を承認する前にフォトレジストの輸出を先に2件承認したのも自国企業のこのような動きのためだ。 SKハイニックスDRAM研究所出身であるNH投資証券のト・ヒョンウ研究員は『日本政府の規制は初めから韓国政府との政治交渉のための用途だった。 グローバルプレーヤーであるサムスン電子とSKハイニックスの半導体生産に打撃を与えるのは難しかった』と話した」 日本の半導体素材企業は、インテルと並び世界の半導体業界のビッグスリーであるサムスン電子とSKハイニックスのグローバル素材供給システムに組み込まれている。 たとえ日本にある本社が日本政府に「規制」されても、海外の拠点は両社の支配下にある。 だから、日本政府がどこまで本気で韓国半導体メーカーに打撃を与えるつもりだったか、疑問だというのだ。 なぜ日本政府はサムスンの品目ばかりに許可を出す? こうしたなか、韓国経済(9月2日付)「日本の素材輸出許可物量がすべてサムスン向けの理由...... 」は、興味深い謎解きを報道している。 「日本政府が輸出規制措置以降3回にわたり半導体素材の韓国向け輸出を許可したが、すべてサムスン電子に納品されるものだった。 サムスンと違いSKハイニックスは2か月間物量を確保できておらず、背景に関心が集まる」 「日本の経済産業省は7月に韓国をホワイト国から除外する方針を明らかにしてから韓国向けの半導体素材輸出を3回許可した。 8月7日と19日にそれぞれ極端紫外線(EUV)用フォトレジスト(感光液)の輸出を許可した。 続けて同月29日には規制措置以降初めてフッ化水素の輸出を許可した。 韓国に輸入されるフォトレジストとフッ化水素はいずれも韓国国内の協力会社を通じてサムスン電子に納品されるものだった。 サムスン電子に続きメモリー半導体世界2位であるSKハイニックス向けの素材はなかった」 「これはなぜだ?」と、韓国経済記者は疑問を投げかける。 理由の一つに、同じ半導体業界でもSKハイニックスの事業構造が、サムスン電子と違っていることが考えられるという。 フォトレジストを使う工程が、両社では違うのだ。 また工程の中でフッ化水素を必要とする量も、サムスン電子がSKハイニックスよりはるかに多いという違いがある。 こうした違いを考慮したうえでも、韓国経済記者は、世界経済に与える影響を日本の経済産業省が「忖度」したのではないかと推測する。 「サムスン電子が(SKハイニックスと違って)メモリー半導体をはじめ、スマートフォンやテレビなどで世界1位のグローバル企業という象徴性のために、日本政府がサムスン電子向けに物量をまず配分したという分析も出ている。 ただ日本が現在のように半導体素材輸出を制限的に許容すれば、近く物量を確保する可能性が大きいというのが業界の観測だ。 業界関係者は『SKハイニックスも近く日本製フッ化水素の納品を受けられるだろう』と話した」 「サムスンをつぶせば、世界経済に大打撃を与えてしまう」という配慮から日本政府が少しずつ規制を緩めていくなら、いずれSKハイニックスにも素材が許可されるだろうと、韓国業界は読んでいるのだ。 (福田和郎).

次の