台風 を 消す おまじない。 台風がそれる!消えるおまじない!強力な「カムイ パパイヤ アホーイヤ」

台風が発生した時に消す…為の研究はされてるか

台風 を 消す おまじない

〇『台風』 渡辺博栄/著 数件出版 2005年 〇『1億人の気象学入門』 道本光一郎/著 三天書房 2000年 〇『台風のついせき竜巻のついきゅう』 かこさとし/作 小峰書店 2001年 〇『気象ハンドブック』 新田尚/編集 朝倉書店 2005年 〇『地球大異変』日経サイエンス編集部/編 日本経済新聞社 2006年 また、以下の新聞記事とウェブサイトにも台風の防止・抑制に関する情報の記載があります。 〇『気になる天気の話146』 水沢周・藤井幸雄/編著 講談社 1994年 P158「台風の進路を変えることは可能か」の項目に、 「飛行機でドライアイスやヨウ化銀を撒いて水蒸気凝結の種とし、そのエネルギーの幾分かを削減しようとする実験が昭和36年ごろ、シンプソンとラングミューアという学者をリーダーにおこなわれた」と記載があるが、その実験の成功・不成功については明記されていない。 〇『調べて学ぶ 』9 村松照男/著 岩崎書店 1998年 P60「台風をつくりかえる」の項目に、 台風の周囲に臭化銀の粒をまき、雨を誘因させることで気圧を下げて風を弱めようとする実験について記載がある。 しかし、その成果については判定が困難とされている旨の記載あり。 〇『世界の災害の今を知る 水と風の災害』2 クリス・オクスレード/著 市澤成介/監訳 文溪堂 2006年 P43「台風をコントロールする」の項目に、 専門家のアイデアの一つとして、台風に塩か氷を落として台風の眼を大きくして風を弱める方法の記載あり。 理論上可能でも、台風の制御によって起こるであろう水不足や二次被害などの問題を考慮すると、台風の消滅あるいは制御は現状の科学のレベルでは現実的ではないとの記載が見られる。 〇『台風』 渡辺博栄/著 数研出版 2005年 P187「台風制御を巡る2つの問題」の項目に、 台風の制御について「可能性の光明はなくもない」が「あまり現実的ではない」、「現在、台風制御計画は国際的には凍結されたままとなっている」と記載あり。 〇『1億人の気象学入門』 道本光一郎/著 三天書房 2000年 P83 Q&Aコーナー 「Q.台風を人工的に消滅させることは可能なのでしょうか?」 「A.費用対効果の面を考慮しなければ、ある程度可能」だが、人工的な消滅に伴う難題として水不足や他の自然災害の誘発が懸念される旨の記載あり。 〇『台風のついせき竜巻のついきゅう』 かこさとし/作 小峰書店 2001年 P16「台風をふせげるか、つぶせるか」の項目に、 「台風をふせぎ暴風雨をおさえるには、それ以上の力がいります。 (中略)台風などのもっている力(エネルギー)がどのくらいか計算してみると、およそ10の18乗ジュールであることがわかります。 それはマグニチュード8という大きな地震の力と同じくらいです。 そしてそれは原子爆弾(広島型)の10万発分、水素爆弾の100発分となります。 ですから、台風のなかまをつぶそうとしてもかえってちがう災害をおこし、むだをうむことになります。 」と記載あり。 2、本館参考室による追加資料 〇『気象ハンドブック』 新田尚/編集 朝倉書店 2005年 P924~925 「台風の人口制御」の項目に以下のとおり記載あり。 「米国において1962年から商務省米国気象局とアメリカ海軍省が共同して大規模なハリケーン人工制御研究プロジェクト(Stormfuryプロジェクト)が始まった。 (中略)結局、実験結果が自然変動かもしれないこと、また、ハリケーンには想定したほどの過冷却水が存在しないという理由でハリケーンの人工制御は終止符を打った。 現在のところ、ハリケーンや台風の人工制御については有効な仮説や技術があるとは考えられていない。 いくつかのアイデアが提案されているが実用化の可能性はきわめて低い。 たとえば、台風のエネルギー源である水蒸気の流入を抑えるために、台風が通過する海上の海面温度を下げる方法が考えられる。 深層水をくみ上げ温度を下げる方法、氷山を極地方から曳航する方法があるが経済的に実用化は困難である。 上空にヨウ化銀などを散布し巻雲を発生させ日射をさえぎることにより海面水温を下げることも考えられる。 しかし、大気はいつも巻雲が発生する状況にないこと、海水の熱容量の大きさに比べて巻雲による海面の冷却効果は小さいことから、これもまたアイデアの段階である。 」 〇『地球大異変』日経サイエンス編集部/編 日本経済新聞社 2006年(川口市立図書館所蔵資料) P76~83 「台風をあやつる 夢ではない制御 R. ホフマン」に、 1960年代に行われたハリケーンを弱める方策「クラウドシーディング(雲へのたねまき)」についての解説 著者であるR. ホフマンが所属する大気環境研究所(AER)が進めている実験と、その実用性について記載あり。 【ヨミダス歴史館】 キーワード:台風、ヨウ化銀 〇1991年9月14日 東京夕刊 P1「よみうり寸評 台風の人工変換は可能?」 「米国では一九六一年から七一年にかけ四回、ヨウ化銀をまいて、人工変換の実験をした。 」と記載あり。 ただし、実験結果の判定は困難で、費用もかかるため、近年、積極的な実験は行われていないとの記載もあり。

次の

台風がそれるおまじない!効果てきめん試してみて!

台風 を 消す おまじない

お酒を使ったおまじないは、世界でもよく使われることが多いそうです。 神様にお願いをするときにお酒を供えるという儀式があります。 そのことから、祈るだけではなくさらに効果を高めることで強力なおまじないとなります。 お酒を使うことで、祈っておまじないするよりもさらに効果を高めます。 これで、台風がそれること間違いなしです! おまじないは、台風の前日に行います。 用意するものは、お酒ですが「神酒」というものがあります。 なければ「日本酒」でも大丈夫です。 やり方は、前日の夜に杯にお酒を並々いれます。 供える場所は、南側の窓際におきましょう。 両手を合わせ「台風がそれますように」「台風はなくなりますように」と唱えます。 これでおまじないは完了です!.

次の

台風が来なくなるおまじないがあるんですよ♪その呪文とは…

台風 を 消す おまじない

自然現象は人間に気配りしてくれない ザンネンながら、自然現象は 人間に気配りしてくれません。 日頃の天気もそうですし、 台風もそうですし、地震や雷も 人間の都合など、一切考えてはくれません。 そのため「何で今日に限って!」みたいな風に 思うこともあるかと思います。 台風によって、自分の予定が 台無しにされたりすると腹が立つものですよね。 ですが、地球からすれば、 人間が地球に勝手に住みついているだけ、 というのも事実であり、 地球は人間が作ったわけではないので 思い通りに行かないことがあるのも 仕方のないことなのです。 …とは言え、むかつくものはむかつく、 という気持ちも十分に分かります。 そんな場合はどうすれば良いのでしょうか。 自然現象に怒ったところで 自然現象が謝ってくれるわけでもなければ 台風が消えてくれるわけでもありません。 自分の体力と時間を無駄にするだけです。 また、イライラした様子を周囲に 見せることで、周囲に嫌な印象を 与えてしまったりだとか、 自分にとってマイナスになることしか ありません。 台風によって、嫌な思いをしているのに さらにマイナスな思いをすることになるだけですから 台風に怒ったところでどうにもならない! ということは覚えておきましょう。 どうしても自分のイライラが…という場合 怒るのは「誰も見ていない場所で」に しておくことが大事です。 わざわざ台風に対して怒っているような場面を 他の人に見せびらかしたりだとか、 そういうことをする必要は全くもってないと 思いますし、無意味な行動です。 注意するようにしましょう。 当たり前のことですが 怒れば台風が今後気にくくなる、だとか そういったこともありません。 冷静に考えてみれば、台風に対して 怒っても何の意味もないことは分かるかと思います スポンサーリンク 八つ当たりは厳禁 周囲の人間に八つ当たりをするようなことは 上でも少し書きましたが マイナスにしかなりませんから 絶対に控えるようにしましょう。 周囲に嫌な思いをさせるだけですし 余計なトラブルの原因になる可能性もあります。 「自分だけが台風の影響を受けているわけではない」と いうことはしっかりと覚えておき、 例えイライラしていたとしても それを周囲にぶつけたりだとか、 そういったことはしないようにしましょう。 台風に対する怒りをぶつけられても 正直、どうにもなりませんからね…。 お店などの臨時休業に対する怒り! 台風の影響により、お店などが 臨時休業することもあります。 台風の中、苦労してようやくたどり着いたのに 利用しようとしたお店が休んでいた… 確かに「くっそ~…」と思ってしまう気持ちは 分かります。 しかしながらお店をやっているのもロボットではなく 人間ですから、こればっかりは仕方がないです。 「台風でも営業しろよ!」みたいな逆ギレの 人も時々いますが、 自分が逆の立場になって考えてみれば分かるはずですし 台風の場合は本当に仕方のないことです。 お店が悪いのではなく台風が悪いのですし、 その台風には怒ってもどうにもなりませんから その点は、しっかりと覚えておき、 理不尽なクレームをつけないように注意です。 配送の遅れなどに対する怒り 台風の影響により、ネットで注文した商品の 発送などが遅れたりする可能性も 充分に考えられます。 欲しいものがなかなか届かない。 しかも、それが台風のせいとなれば 余計にイライラしてしまうでしょう。 ですが、これは仕方のないことです。 注文した商品や届くはずのモノは、 何もワープしてくるわけではありません。 人間が車などで運んでくるわけです。 そうなってくれば当然、台風の影響により 車が思うように走れなかったりと 輸送には大きな影響が出ます。 時折、運送会社にやつあたりとも言えるような 酷いクレームを入れる人もいますが、 それは、全くの見当はずれであり、 やってはいけないことなので注意しましょう。 運送会社が台風を起こしているわけではありませんし、 当然、発送元が台風を引き起こしている わけでもありません。 台風による遅延でクレームをいれられても 本当にどうにもなりませんし、 運送会社が悪いわけでもないですから 運送会社に迷惑をかけるだけになってしまいます。 くれぐれも、配送が遅れたりしても、 怒りを運送会社にぶつけないようにして下さい。 冷静に考えてみれば分かるはずですが 台風発生時に遅延することは 運送会社は何も悪くありません。 そう、何ひとつ、です。 スポンサーリンク 無性にイライラしてしまう場合は? 台風がやってきた時に無性に イライラしてしまう… 意味もなくイライラしてしまうという場合は 台風の気圧などの影響により 精神的に不安定になっている可能性も0では ありません。 ただ、どのような原因であったとしても そのイライラを他人にぶつけたり どこかにクレームをいれたりすることは 筋違いですから、そのようなことは 絶対にしないように注意をしていく 必要があります。 誰かにイライラをぶつけても、 台風が消えるわけでもなければ 台風が弱まるわけでもありません。 誰かにクレームをぶつけても、 そのお店や業者が悪いわけではありませんし 相手からしても困ってしまうだけです。 台風が来ている時に無性に イライラしてしまう場合は 台風のことをなるべく考えないようにして 何か自分なりのリラックスできるものを 見つけるようにし、台風が過ぎ去るのを 冷静に待つのが一番良いかと思います。 結局のところ、台風に怒りをぶつけたところで どうにもならないわけですからね。 頑固にならずに身を守る 時々、台風に対して頑固に なってしまい、危険な行動を取ったり、 自分の予定を強行しようとしたり する人もいますが、 そのようなことは大変危険なので、 台風の日に危険とされているようなことを しようとしているのであれば、 絶対にそれは、避けるようにして下さい。 台風になんか負けるか!みたいな頑固な考えで 危険な行動をすれば、 最悪の場合、命を落としてしまう可能性だって 考えられます。 頑固は自分の寿命を結果的に縮めてしまうだけの 行為ですから、自分の身の安全を優先し、 危険な行動をとるようなことはないようにしましょう。 人間は、台風をはじめ、自然災害に 打ち勝つことはできません。 知恵を使って、身の安全を確保する、 人間に出来るのはこれだけです。 台風に勝つことなんてできません。 怒りのあまり、元々の予定を 強行して事故にあってしまう!だとか そのようなことは絶対にあっては ならないことですから、しっかりと 注意をしていくようにしましょう。 まとめ 台風に対して怒りをぶつけても 正直なところ、どうにもならないことです。 全く意味のない行動ですし、 それを他の人やお店などにぶつけることは 絶対にしてはならないことです。 確かに、自分の都合を潰されたりすると 腹も立ちますが イライラしていると余計に自分にとって マイナスが降りかかってしまうだけですから 自分なりにイライラした気持ちを抑える方法を 見つけて、対応していくことをおすすめします。

次の