ドル ウォン 推移。 外国為替計算

米ドル円の見通しと過去10年間の為替レート推移(最高値・最安値)【2020年最新版】

ドル ウォン 推移

ジンバブエ準備銀行が発行していた法定通貨でもあった。 には公式に通貨としての廃止が決定され、2015年6月から回収を開始し同年9月には回収を終えた。 通貨発行が停止した後の数年間はやといった、他のが発行した法定通貨での商取引が行われた。 2019年6月に暫定通貨 ()が唯一の法定通貨と指定され、現在に至っている。 概要 [ ] によってほとんど価値を失い、をもって発行が停止された。 2016年当時、法定通貨として、、、、、、、、の9種類が認められていた。 なお、街中で実際に使われていたのは主に米ドルとランドである。 、ジンバブエ準備銀行は通貨としてのジンバブエ・ドルを廃止、同時に17. 5ジンバブエ・ドル以内の銀行口座預金を5米ドル、それを超える場合は、3. 5京ジンバブエ・ドル=1米ドルので交換すると発表した。 同年9月の回収終了をもって、ジンバブエ・ドルの歴史は正式に幕を閉じた。 歴史 [ ] 最初のドル [ ] 最初のジンバブエ・ドルは、1980年にに代わって導入された(ローデシア・ドルと等価交換)。 登場当初ジンバブエ・ドルは、より価値が高く、為替レートでは、ZWD 0. 00だった。 二番目のドル [ ] 2005年10月、ジンバブエ準備銀行のギデオン・ゴノ総裁は、「ジンバブエは来年新通貨に移行する」と発表した。 旧通貨は新しい紙幣と硬貨に置き換えられた。 ゴノ総裁は、新通貨に新しい名前をつけなかった。 2006年6月、新通貨発行にあたってデービッド・チャプリカ副蔵相はマクロ経済の安定化を成し遂げなければならないと述べた。 2006年8月1日、が行われ、ジンバブエ・ドルは3桁切り捨てられた。 ゴノによって"日の出作戦 Operation Sunrise " と名づけられた、通貨価値向上キャンペーン(一種の)は問題を抱えていたものの、2006年8月21日に完了した。 その他の問題として、• 道路の封鎖や1日の預金限度額を超えて、銀行に預金をした人に対する取締を行っていた、警察や青年軍人の振る舞い。 通貨の押収のための、企業や家庭への家宅捜索。 新しい持参人払式小切手(期限付き紙幣)の不足。 多くの人や企業が、古い持参人払式小切手の受け取りを拒否したこと。 両替するための小額紙幣の慢性的不足。 急速に変更したため、特に遠方の町では情報伝達が遅れ、持参人払式小切手の交換が間に合わなかった。 殆どの経済学者は、この動きは政治的なものに過ぎないと激しく非難した。 彼らは、準備銀行の劇的な方針転換なくしては、は収まらないと主張した。 人々は、古い紙幣を使い切るためにパニックになり、証券を買い漁ったので、ジンバブエの証券取引所の株価指数は、世界中のどのマーケットよりも上昇した。 これはジンバブエの物価上昇率よりも高い水準 である。 2006年12月12日、ゴノは銀行やその他金融機関に対して、「日の出作戦2」という次の金融改革を2007年1月に発表するとメモで仄めかした。 ただ、そのメモが1月から新しい通貨を発行するという銀行に対するアドバイスだったのかどうか、ゴノの事務所から直ちに確証を得ることはできなかった。 しかし、ジンバブエ最大手の銀行の一つの最高経営責任者は、「産業界は来月新しい通貨が発行されるという意味だと解釈した。 」と話した。 また、新通貨の名前として、で「土」という意味のある ivhuが挙がっていた。 2007年2月2日、第三のドルが近いうちに発行されるということと、新しい紙幣についての詳細がいくらか発表された。 2007年2月、ジンバブエ準備銀行はインフレーションは「違法行為」だと宣言し、2007年3月1日と7月30日に特定の必需品の値上げを一切禁止した。 また、当局はいくつかの会社の経営者を「製品を値上げした」という理由で逮捕した。 しかし経済学者は、そのような処置が長期的に問題解決をすることはありえないと批判した。 商業や産業は混沌が支配し、それらを担当する部門は半狂乱状態である」と報告した。 2007年6月25日、アメリカの雑誌『フォーリン・ポリシー』に、の、の、の、のとともに、ジンバブエ・ドルが「世界で最も価値が低い通貨」に選定された。 2008年5月5日、ジンバブエはからに移行した。 三番目のドル [ ] 2008年8月1日、再びデノミネーションが行われた。 ジンバブエ・ドルは10桁切り捨てられ、100億ジンバブエ・ドルを新1ジンバブエ・ドルにした。 これに伴い、紙幣も刷新された。 四番目のドル [ ] 2009年初頭からおよびでの国内決済を可能にした。 前回のデノミネーションからの半年後の2009年2月2日、1兆ジンバブエ・ドルが新1ジンバブエ・ドルになる12桁のデノミネーションを実施した。 2009年2月18日、政府は公務員に対して米ドルによって給与を支払うと発表。 これによりジンバブエ・ドルは公式には流通しなくなった。 2009年4月12日、政府の経済計画改革大臣のエルトン・マンゴマは、「最低1年間は、ジンバブエ・ドルは流通しないだろう。 現時点で価値を抑える早急な手立てがないため、(新たな)ジンバブエ・ドルの発行ができない。 」と現地の新聞に答え、政府としてジンバブエ・ドルの無期限発行停止を発表した。 なお、一連のとジンバブエ・ドルの度重なる通貨改革によって、ゴノは2009年の受賞となった。 理由は「1セントから100兆ジンバブエ・ドルまでの幅広い額面の銀行券を印刷させることによって、非常に大きな数字にも対応できるようになるための、簡単で毎日できるトレーニング法を国民に与えたことに対して」。 と経済の崩壊は、ジンバブエ・ドルの貨幣価値を大幅に下落させた。 初頭、ジンバブエはを経験した。 2007年7月にはさらにこれを超える前年比7634. 2007年7月13日、ジンバブエ政府はインフレ率の公式発表を一時停止すると発表した。 評論家はこれは先例のない経済崩壊を象徴する、青天井のインフレから人々の目を逸らすためだと評している。 2007年9月、ジンバブエ準備銀行と中央統計局は2007年8月のインフレ率を6,592. 2007年11月27日、中央統計局長Moffat Nyoniは、これ以上インフレ率を計算することは不可能であると発表した。 これは、基本的な物品が入手困難でインフレ率を計算するための情報が不足したためである。 2008年2月14日、中央統計局は2007年12月のインフレ率が66,212. また、非公式レートは1USドル710万ZWDだった。 2008年2月20日、中央統計局は2008年1月のインフレ率が100,580. 2008年4月4日、Financial Gazetteは2008年2月のインフレ率は164,900. 2009年1月、非公式ながら、インフレ率は年率6. この数字は、24. 7時間 約1日 ごとに価格が2倍になっている計算である。 2009年3月25日、ジンバブエの中央統計事務所は、2009年2月の物価は前月比-3. インフレ率を米ドルで推算すると、常に下落しているという見解を示した。 マネーサプライ [ ] 2006年2月16日、政府のジンバブエ準備銀行のギデオン・ゴノ総裁とジンバブエ政府は、への未払い金を清算するために、20兆5000億ジンバブエ・ドルを発行し、外貨を買うと発表した。 2006年5月の始め、ジンバブエ政府は、さらに60兆ジンバブエ・ドルを発行すると発表した。 それらの金銭は、その年の予算に組み込まれておらず、ジンバブエ政府は、どこからその金銭を持ってきたのか話さなかった。 5月29日、準備銀行当局は に対し紙幣を印刷するためのインクや特殊用紙を確保するのに失敗したため、約60兆ジンバブエ・ドル(公式レートで5億9290万米ドル)の発行が少し遅れたと述べた。 2007年7月28日、ムガベ大統領が「政府は地方の事業の資金が足りないなら、いくらでも金を発行するだろう」と話したと報じられた。 2007年8月30日、50万の荷車と80万の牛鍬と牛(頭数不明)を購入するために3兆ジンバブエ・ドルを発行したと発表した。 この道具と牛は、2008年の選挙買収に使われるといわれている。 2007年9月3日、ジンバブエの闇市場が価格統制にもかかわらず再び勢いを伸ばしていると報告された。 以前月11米ドル(200万ジンバブエ・ドル)で雇われていた人々は、闇取引を通して166米ドル(3000万ジンバブエ・ドル)を手に入れているという。 2007年11月24日、マネーサプライが58兆ジンバブエ・ドル(闇レートで4100万USドル)に達したと報告された。 しかし、ジンバブエ中央銀行は1兆 - 2兆ジンバブエ・ドルしか現金を保有できなかった。 これは、一般に流通する現金が56兆 - 57兆ジンバブエ・ドルに達していたことを示す。 2008年1月4日、マネーサプライは33兆 - 100兆ジンバブエ・ドルに達したと報告された。 さらに、20万ドル紙幣の廃止は保留されたためマネーサプライの増加に拍車をかけた。 2008年1月18日の新券(100万・500万・1000万ドル)の発行は、未知の量だがマネーサプライ増加に寄与した。 2008年1月21日ゴノ ジンバブエ銀行総裁が、マネーサプライは12月の中ごろから170兆ジンバブエ・ドルに増加したと発表した。 更に、ゴノ総裁は2008年1月28日には800兆ジンバブエ・ドルに達すると予想していた。 Date 2006-07 マネーサプライ ZWD 45兆 Date 2006-08 2006-09 2007-11 2007-12 2008-01-21 2008-01-28 2008-03 2008-06 2008 - マネーサプライ(デノミ後ZWD) 450億 350億 58兆 67兆 100兆 170兆 800兆 2京5000兆 90京以上 - 硬貨 [ ] 1980年には、1・5・10・20・50セントと1ドル硬貨が発行されていた。 1セント硬貨はで、その他の硬貨はだった。 1989年、青銅メッキを施した鋼鉄は青銅に置き換わった。 2ドル硬貨は1997年に登場した。 2001年、10・20・50セントと1ドル硬貨のニッケルメッキの鋼鉄は白銅に変わり、合金の5ドル硬貨が登場した。 これらコインは 、法定通貨ではあるが余りに額面価格が低すぎて、カジノの賭博用のコインぐらいにしか使えない。 ジンバブエ準備銀行の計画では、新たに5,000ドルと10,000ドル硬貨を2005年6月に流通させるという発表があったものの 、発行されなかった。 三番目のドルにおいてジンバブエ準備銀行は、1・10・25ドル硬貨の新規発行、および旧硬貨の10・20・50セントおよび2・5ドルへの価値の変換を発表した。 紙幣 [ ] 10000ドル持参人払式小切手(2003年版) 1980年、ジンバブエ準備銀行は2・5・10・20ドル紙幣を発行した。 また1994年には50ドル、1995年には100ドル、2001年には500ドル、2003年には1000ドル紙幣を発行した 2003年、インフレーションが激しくなり、準備銀行は1,000・5,000・10,000・20,000・50,000・100,000ドルのを発行した。 初めは1,000・5,000・10,000・20,000ドルだけだったが、2006年中に50,000ドルと100,000ドルが追加された。 さらに同じ年、これらは後で持参人払式小切手に置き換わった。 二番目のドル [ ] 2008年7月発行・1000億ドルの特別アグロ小切手 2006年8月1日、新通貨が登場して、1・5・10・50セント、1・10・20・50・100・1,000・10,000・100,000ドル紙幣(持参人払式小切手)が発行された。 また、準備銀行の広告では見かけないが、5ドル紙幣も存在する。 5,000ドル(2007年2月1日付)と50,000ドル(2007年3月1日付)の持参人払式小切手は2007年3月に発行された。 200,000ドル(2007年8月1日付)は、2007年8月に発行された。 さらに2007年12月20日には250,000ドル・500,000ドル・750,000ドル、2008年1月18日には1,000,000ドル・5,000,000ドル・10,000,000ドルが発行された。 2008年4月4日、新たに25,000,000ドル・50,000,000ドル紙幣が発行された。 さらに、2008年5月5日、100,000,000ドル・250,000,000ドル紙幣が発行され 、同月15日には500,000,000ドル紙幣が発行された。 なお、5月15日には持参人払式小切手とは別に、5,000,000,000・25,000,000,000・50,000,000,000ドルの特別アグロ小切手 Special Agro Cheques が発行された。 同年7月19日には1000億ドルの特別アグロ小切手が発行された。 三番目のドル [ ] 100兆ジンバブエ・ドル紙幣 2008年8月1日、新通貨が登場して、1・5・10・20・100・500ドル紙幣が発行された [ ]。 9月17日には1000ドル紙幣を発行 [ ]。 9月30日には2万ドル紙幣を発行。 10月14日には5万ドル紙幣が発行。 11月3日に10万・50万・100万 1million ジンバブエ・ドルを発行。 12月3日には1000万 10million ・5000万 50million ・1億 100million ドル紙幣を発行。 12月12日に2億 200million ・5億 500million ドル紙幣を発行。 12月19日にこの年30 - 32番目の紙幣となる10億 1billion ・50億 5billion ・100億 10billion ドル紙幣を発行。 2009年1月12日に、200億 20billion ・500億 50billion ドル紙幣を発行。 1月16日に、10兆 10trillion ・20兆 20trillion ・50兆 50trillion ・100兆 100trillion ドル紙幣を発行した。 四番目のドル [ ] 2009年2月2日、12桁のデノミネーションに伴って、1・5・10・20・50・100・500ドル紙幣を発行した。 三番目のドルは2009年6月30日を以て無効となった。 印刷 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2008年11月) 100万ジンバブエ・ドルなどの超高額紙幣は、過去にハイパーインフレーションを経験した国家の紙幣に比べて、印刷物としては高品質で、などの防止処理も、的に通用するレベルの物が施されている。 ジンバブエ政府は毎週50万ユーロ超を紙幣の印刷費として支出しており、貴重な外貨収入のかなりの額が、紙幣の印刷代に消えていることになる。 (電)は電子決済。 (現)は現金。 8925 - 0. 9140(12月) - ZWDは16. 96135(1月) 最高3. 1983(8月) - 1993(12月) 0. 96135 - 6. 82(1月) 8. 1995 8. 26(1月) 8. 85(10月) 公定レート変動; 二重レート; 1998年12月統一 1996 9. 13(1月) 10. 52(10月) 1997 10. 50(1月) 12. 00(1月) 25. 00(11月) 1998 18. 00(1月) 16. 65(6月) 19. 00(7月) 23. 50 1999 36. 23(1月) 38. 同年12月に再び平行レートが登場する。 このとき51 ZWDから最終的に55 ZWDになった。 非公式レートは大幅ZWD安。 11月、外国為替取引所閉鎖。 2001 55 70(1月) 80(2月) 100(3月) 120(4月) 140(5月) 160(6月) 250(7月) 300(8月) 400(9月) 300(10月) 320(11月) 340(12月) 6月、公定レートはクローリングペッグ制になった。 2005 5,730(1月) 6,200(3月) 9,000(5月) 10,800(7月18日) 17,600(7月25日) 24,500(8月25日) 26,003(9月) 26,003(10月) 60,000(11月) 84,588(12月30日) 6,400(1月) 14,000(3月) 20,000(5月) 25,000(7月18日) 45,000(7月25日) 45,000(8月25日) 75,000(9月) 80,000 - 100,000(10月) 90,000(11月) 96,000(12月30日) 8月24日、ZWDは最も価値の低い通貨となった 2005年11月、準備銀行は通貨の競売を停止して、「市場要因」が為替相場を動かすと発表した。 2006 to July 31 85,158(1月3日) 99,202(1月24日) 101,195. これは効果的に公定レートを固定させた。 第2のドル [ ] 2006年8月1日、デノミにより通貨が3桁切り捨てられた。 年 月 日 公式レート 非公式レート 備考 キャッシュレート OMIRによるレート 2006年 8月 250 550(1日) 650(3日) 650 - 700(24日) 8月1日 - 準備銀行はジンバブエ・ドルのデノミを行った。 3月は報告されたレートが様々で闇レートは不安定になった。 2月 4,800(2日 ) 5,000(12日 ) 6,600(23日 ) 7,000(26日 ) 7,500(28日 ) 3月 8,000(1日 ) 10,000(8日 ) 11,000(11日 ) 12,000 - 17,500(16日 ) 16,000(19日 ) 20,000(21日 ) 24,000(22日 ) 25,000(26日 ) 26,000(29日 ) 4月 30,000(1日 ) 15,000(6日 ) 20,000(8日 ) 25,000(11日 ) 35,000(15日 ) 5月 28,000(10日 ) 32,000(17日 ) 38,000(18日 ) 40,000(22日 ) 45,000(23日 ) 50,000(29日 6月 55,000(2日 ) 60,000(12日 ) 75,000-100,000(13日 ) 120,000(15日 ) 205,000(19日 ) 300,000(21日 ) 400,000(22日 7月 270,000(5日 ) 300,000(14日 8月 200,000(21日 9月 30,000 250,000(6日 ) 280,000(14日 ) 340,000(17日 500,000(26日 ) 600,000(29日 9月7日、公定レート30,000へ切り下げ。 10月 750,000(17日 ) 100万(18日 11月 120万(1日 ) 140万(24日 ) 150万(30日 12月 180万(1日 ) 400万(3日 ) 註 2008年 1月 30,000 190万(3日 ) 300万(8日 ) 600万(25日 ) 2月 750万(12日 ) 1600万 - 2000万(20日 3月 2400万(1日 ) 2500万(5日 ) 4600万(11日 ) 7000万(19日 4月 8000万(17日 ) 8500万(24日 ) 1億(26日 ) 5月 1日 30,000(1日 - 4日) 1億9000万 5日 168,815,333. 33 5月5日公定レート変更。 以降変動相場制へ。 公式レートの出典: キャッシュレートの出典(注釈がない場合): OMIRによるレートの出典(注釈がない場合): 6日 187,073,022. 88 2億 7日 190,429,449. 18 8日 204,565,727. 39 9日 210,389,632. 00 12日 216,528,794. 21 13日 224,832,332. 83 14日 236,706,849. 48 2億5000万 15日 246,433,371. 43 16日 255,771,415. 67 3億1500万 19日 275,335,294. 12 20日 303,753,731. 48 21日 337,341,911. 76 22日 369,632,426. 29 4億4900万 23日 405,870,411. 18 27日 434,449,294. 12 28日 486,485,294. 12 5億8000万 29日 529,336,764. 71 7億0300万 30日 580,678,132. 35 7億7750万 6月 1日 9億7150万 2日 647,863,191. 18 967,480,942 3日 718,489,852. 94 11億2300万 1,746,899,809 4日 843,884,558. 82 12億2150万 3,047,030,834 5日 969,647,058. 82 19億6450万 6日 1,105,887,222. 22 21億5900万 7日 26億0100万 9日 1,365,130,333. 33 30億2200万 10日 1,679,946,944. 44 43億7300万 11日 2,150,078,888. 89 49億1200万 12日 2,904,111,111. 11 51億3100万 13日 3,524,550,000. 00 61億6450万 16日 4,276,736,111. 11 72億6300万 17日 4,952,500,000. 00 92億8850万 18日 5,817,192,485. 76 139億9900万 19日 171億6900万 16,044,776,323 20日 7,437,184,423. 78 17,039,490,724 21日 194億5600万 23日 8,260,031,632. 83 218億8800万 34,910,587,875 24日 9,005,149,886. 88 220億3100万 78,479,941,887 25日 9,801,839,921. 51 62,024,868,786 26日 10,594,701,303. 45 317億2050万 64,575,990,281 30日 11,378,472,550. 24 409億2800万 164,312,344,622 7月 1日 12,226,034,516. 65 2日 13,350,764,705. 88 530億4950万 129,140,850,245 3日 14,345,060,331. 82 4日 15,183,703,996. 98 7日 16,204,996,229. 26 8日 17,066,529,677. 98 9日 17,883,023,378. 58 10日 18,681,527,512. 36 11日 19,489,294,117. 65 14日 20,170,317,159. 13 1930億1450万 194,840,848,150 15日 21,460,313,914. 03 16日 23,356,231,572. 65 241,421,049,361 17日 25,389,017,580. 37 3120億7800万 18日 27,164,677,690. 87 3593億1900万 404,332,849,598 21日 30,201,803,133. 32 5764億3250万 502,683,475,196 22日 34,749,797,812. 59 687,860,375,011 23日 39,129,724,504. 88 24日 43,319,583,395. 92 25日 48,679,445,871. 90 26日 7243億4600万 28日 54,036,639,077. 74 29日 58,886,562,526. 04 30日 63,761,761,010. 94 31日 69,484,070,056. 18 第3のドル [ ] 2008年8月1日、デノミにより通貨が10桁切り捨てられた。 年 月 日 公式レート 非公式レート 備考 キャッシュレート OMIRによるレート 2008 8月 1日 7. 58 38 49. 23 8月1日 - 準備銀行はジンバブエ・ドルのデノミを行った。 4日 8. 11 38. 35 5日 8. 94 39 34. 36 6日 39. 41 7日 64. 19 8日 48. 13 13日 13. 19 14日 14. 52 138. 46 15日 15. 80 61 121. 43 18日 17. 49 168. 84 19日 18. 84 204 161. 24 20日 20. 08 185. 33 21日 21. 55 297. 21 22日 23. 29 393. 30 25日 25. 34 992. 02 26日 27. 66 462 749. 47 27日 29. 91 672 868. 71 28日 31. 10 1,330. 10 29日 1,352 9月 1日 37. 15 1,999 3,362. 11 4日 4,493 5,085. 06 5日 48. 79 4,800 11,814. 65 8日 52. 71 9日 58. 10 10日 62. 47 14,936. 19 11日 67. 52 18,750 25,383. 96 12日 71. 40 19,787. 90 15日 77. 69 31,515 18,888. 01 16日 83. 57 17日 88. 70 22,832. 27 18日 92. 97 34,605. 60 19日 96. 43 37,997. 15 22日 103. 60 79,816. 45 23日 105. 43 131,237. 14 24日 109. 48 131,500 270,794. 07 25日 114. 61 26日 118. 76 255,500 29日 125. 75 557,362. 26 30日 132. 25 521,000 592,415. 96 10月 1日 138. 14 1,418,021. 35 為替闇取引を止めるため、準備銀行による命令で銀行間電子取引が一時停止された。 2日 145. 62 3日 153. 10 6日 160. 46 1,715,117. 70 7日 167. 68 2,305,439. 89 8日 176. 33 2,045,021. 39 9日 183. 19 3,161,380. 57 10日 183. 19 4,183,564. 08 13日 198. 93 7,667,425. 91 14日 208. 65 10,706,801. 88 15日 217. 72 20,129,926. 60 16日 229. 90 66,418,944. 44 17日 244. 05 121,013,052. 12 20日 266. 40 333,500,824. 86 21日 290. 12 1,220,071,642. 61 22日 316. 56 3,178,696,865. 25 23日 345. 18 26,867,910,901. 71 24日 98,339,944,470. 24 27日 70,547,871,951. 66 28日 250,783,986,568. 30 29日 507. 24 916,918,295,244. 55 30日 619. 52 3,949,870,500,674. 00 31日 11,851,630,480,952. 00 11月 3日 769. 68 35,179,473,949,600 11月13日 - 準備銀行は一時停止していた銀行間電子取引を復帰させた。 11月20日 - 準備銀行はジンバブエ証券取引所に詐欺的な小切手取引をした口座を凍結。 以後OMIRは算出されずに停止。 4日 851. 74 100,000 216,162,327,532,185 5日 922. 96 225,497,447,368,896 6日 1,024. 63 134,838,399,549,100 7日 2,850. 37 663,325,716,143,026 10日 4,651. 33 22,410,101,039,302,100 11日 6,626. 39 27,157,406,063,618,700 12日 8,399. 31 400,000 12,981,054,269,303,500 13日 10,788. 70 41,974,524,821,395,400 14日 13,469. 56 650,000 183,025,618,461,867,000 17日 17,398. 16 642,371,437,695,221,000 18日 25,593. 66 447,591,739,042,251,000 19日 30,320. 43 439,481,070,796,885,000 20日 34,912. 83 12,617,983,349,233,500 21日 38,128. 72 24日 44,182. 50 1,200,000 25日 49,237. 71 26日 56,197. 60 27日 62,761. 43 28日 70,197. 01 12月 1日 67,901. 50 2日 84,901. 50 2,000,000 3日 92,501. 50 4日 100,330. 21 5,300,000 5日 111,126. 89 8日 128,734. 67 10,000,000 9日 140,085. 70 25,000,000 10日 154,661. 25 11日 226,954. 13 12日 404,294. 50 62,500,000 16日 150,000,000 17日 925,825. 00 200,000,000 18日 1,151,656. 00 19日 1,423,462. 00 600,000,000 21日 1,000,000,000 23日 1,748,530. 00 9,000,000,000 24日 2,133,117. 00 29日 2,772,250. 00 30日 3,641,246. 00 31日 4,894,167. 00 2009年 1月 2日 5,601,509. 00 あまりので、外貨であるやが広く使われるようになり、事実上為替レートが存在しなくなった。 5日 6,386,667. 00 11,160,000,000 7日 8,042,778. 00 8日 8,676,674. 00 9日 9,326,444. 00 12日 10,148,113. 00 40,000,000,000 13日 11,171,474. 00 14日 13,856,763. 00 15日 15,273,676. 00 333,000,000,000 16日 16,744,890. 00 18日 1,250,000,000,000 19日 18,683,139. 00 21日 25,599,608. 00 22日 30,577,532. 00 23日 36,844,444. 00 13,000,000,000,000 26日 44,796,944. 00 27日 415,888,889. 00 28日 1,407,917,306. 00 40,000,000,000,000 29日 3,429,836,806. 00 30日 7,039,188,034. 00 2月 2日 12,336,416,667. 00 300,000,000,000,000 第4のドル [ ] 2009年2月2日、デノミにより通貨が12桁切り捨てられた。 年 月 日 公式レート 備考 準備銀行 Exchange-Rates. org 2009年 2月 3日 22. 00 2月2日 - 準備銀行はジンバブエ・ドルのデノミを行った。 4日 24. 51 5日 28. 54 6日 32. 19 9日 35. 34 10日 38. 80 11日 42. 32 12日 46. 07 13日 49. 87 16日 53. 00 17日 58. 04 18日 62. 70 19日 66. 49 20日 71. 33 23日 76. 22 24日 81. 58 25日 86. 15 26日 91. 39 27日 95. 42 3月 2日 99. 67 3日 103. 29 4日 108. 01 5日 113. 12 6日 117. 26 9日 121. 85 10日 126. 11 11日 131. 00 12日 134. 92 13日 138. 58 16日 143. 42 17日 150. 52 18日 156. 69 19日 163. 34 20日 170. 39 23日 177. 25 24日 186. 61 25日 193. 52 26日 199. 76 27日 206. 74 30日 209. 62 31日 213. 07 4月 1日 221. 29 2日 225. 83 3日 230. 68 6日 238. 94 7日 244. 81 9日 249. 40 14日 255. 19 15日 259. 10 16日 263. 94 17日 266. 64 20日 271. 04 24日 294. 18 29日 306. 68 30日 309. 31 5月 4日 315. 23 5日 319. 13 306. 00 6日 328. 36 7日 320. 02 322. 355 8日 326. 26 11日 329. 65 12日 332. 26 13日 336. 46 14日 345. 12 15日 350. 30 341. 40 18日 344. 00 19日 354. 58 347. 00 20日 357. 48 350. 00 21日 360. 64 353. 70 22日 363. 14 357. 10 25日 364. 90 26日 368. 10 28日 373. 70 6月 1日 380. 40 2日 384. 80 4日 390. 10 5日 392. 00 8日 394. 00 10日 400. 40 11日 401. 60 17日 407. 70 19日 409. 70 23日 414. 00 24日 415. 40 25日 416. 90 26日 419. 00 29日 421. 10 30日 423. 50 7月 1日 426. 50 2日 429. 50 7日 434. 50 8日 436. 00 9日 437. 10 13日 440. 00 14日 441. 55 15日 442. 70 17日 445. 50 21日 448. 10 22日 449. 60 27日 356. 50 29日 357. 00 30日 359. 00 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 「」2008年10月9日、Bloomberg。 2008年10月23日閲覧。 「」2008年11月14日、Cato Institute。 「」2009年1月21日、Forbes ASIA。 2015年6月12日. 2015年10月21日閲覧。 2019年6月25日. 2019年7月15日閲覧。 加藤 出 2014年3月3日. ダイヤモンド・・オンライン. 2016年11月29日閲覧。 2006年7月27日、The ZIMBABWE Situation。 The ZIMBABWE Situation。 2007年9月21日閲覧。 2007年6月7日、Bloomberg. 2006年12月14日、The ZIMBABWE Situation。 2006年12月14日、VOA news。 2007年2月7日、The New York Times。 2006年12月1日、BBC NEWS。 2007年6月15日、The ZIMBABWE Situation。 「」2007年6月25日、Foreign Policy。 2007年9月7日、The Times。 2008年8月19日時点のよりアーカイブ。 2008年8月7日閲覧。 「」、2009年2月2日、cnn. 「」、2009年2月19日、AFPBB。 「」、2009年4月12日、The ZIMBABWE Situation。 2007年7月31日、日本経済新聞。 2007年5月17日、The ZIMBABWE Situation。 2007年6月22日、The Guardian。 「 」。 2007年7月14日、The ZIMBABWE Situation。 2007年7月27日、The ZIMBABWE Situation。 2008年5月18日閲覧。 2007年9月21日、The ZIMBABWE Situation。 2007年7月16日、The Guardian。 2007年11月27日、BBC。 2008年5月18日閲覧。 2008年2月14日、BBC。 2008年5月18日閲覧。 「」2008年2月21日、The ZIMBABWE Situation。 2008年5月18日閲覧。 2008年4月4日、The ZIMBABWE Situation。 2008年5月18日閲覧。 2008年5月17日、The ZIMBABWE Situation。 2008年5月18日閲覧。 2008年8月20日、AFP通信。 2008年9月23日閲覧。 ロイター通信。 2008年11月14日、CATO Institute。 2008年11月19日閲覧。 「」2009年1月21日、Forbes ASIA。 「」2009年3月25日、AFPBB。 2006年2月21日、The Guardian。 2006年5月4日、ParaPundit。 2007年6月28日、The ZIMBABWE Situation。 2007年7月28日、The ZIMBABWE Situation。 2007年8月30日、The ZIMBABWE Situation。 2007年9月3日、Los Angeles Times。 2007年11月24日、The ZIMBABWE Situation。 2008年5月18日閲覧。 2008年1月4日、The ZIMBABWE Situation。 2008年5月18日閲覧。 2008年1月22日、The ZIMBABWE Situation。 2008年5月18日閲覧。 2005年6月10日時点のよりアーカイブ。 2005年6月10日閲覧。 毎日新聞、2008年1月19日。 2008年1月27日閲覧。 「」、2008年4月4日. The Zimbabwe Situation• 、2008年5月6日、The Australian。 2008年5月15日、ロイター通信。 2008年5月18日閲覧。 2008年7月19日、CNN。 2008年7月22日閲覧• AFPBB News 2008年7月19日「」• 「」2008年10月1日、AFP。 「」2008年10月15日、AFP。 2008年12月3日、The Zimbabwe Times。 2008年12月3日、AFP通信。 「」、2008年12月13日、The ZIMBABWE Situation。 」、2008年12月19日、The ZIMBABWE Situation。 、2009年1月13日、The ZIMBABWE Situation。 「」、2009年1月16日、The ZIMBABWE Situation。 「」G. LABARRE GALLERIES, INC. 「」2009年2月2日、AFP通信。 「」2009年2月2日、CNN。 「 2007年6月16日, at the. 2006年7月31日、the Reserve Bank of Zimbabwe。 2007年10月27日閲覧。 Peta Thornycroft「」。 2006年7月11日、Telegraph Blogs。 2007年10月27日閲覧。 Violet Gonda「」。 2006年7月28日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2006年9月8日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 The Zimbabwean「」。 2006年9月14日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 Zim Independent, Dumisani Ndlela「」。 2006年9月29日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 ANDnetwork. com「」。 2006年10月12日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 Zim Online「」。 2006年11月6日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2006年11月19日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 Zim Online「」。 2006年11月29日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2006年12月25日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 The Zimbabwean「」。 2007年1月11日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年1月18日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年1月20日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年1月23日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年1月26日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年4月27日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年2月2日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年2月12日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年2月23日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年2月27日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年3月1日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年3月2日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年3月8日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年3月12日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年3月16日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年3月19日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年3月21日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年3月22日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年3月27日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年3月29日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年4月1日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年4月7日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年4月8日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年4月11日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年4月15日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年5月10日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年5月18日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年5月20日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年5月22日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 「」2007年5月24日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年5月29日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年6月3日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年6月12日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年6月13日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年6月16日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年6月20日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年6月22日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年6月23日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年7月5日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年7月14日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年8月21日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年9月7日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年9月14日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年9月18日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年9月26日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年9月29日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年10月17日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年10月19日、The ZIMBABWE Situation。 2007年10月27日閲覧。 2007年11月1日、The ZIMBABWE Situation。 2007年12月2日閲覧。 2007年11月24日、The ZIMBABWE Situation。 2007年12月2日閲覧。 2007年11月30日、The ZIMBABWE Situation。 2007年12月2日閲覧。 2007年12月1日、The ZIMBABWE Situation。 2008年1月27日閲覧。 2008年1月27日、The ZIMBABWE Situation。 2008年1月27日閲覧。 2008年1月4日、The ZIMBABWE Situation。 2008年1月27日閲覧。 2008年1月9日、The ZIMBABWE Situation。 2008年1月27日閲覧。 2008年1月25日、The ZIMBABWE Situation。 2008年1月27日閲覧。 2008年2月13日、The ZIMBABWE Situation。 2008年3月4日閲覧。 2008年2月21日、The ZIMBABWE Situation。 2008年3月4日閲覧。 2008年3月2日、The ZIMBABWE Situation。 2008年4月12日閲覧。 2008年3月6日、The ZIMBABWE Situation。 2008年4月12日閲覧。 2008年3月11日、The ZIMBABWE Situation。 2008年4月12日閲覧。 2008年3月19日、The ZIMBABWE Situation。 2008年4月12日閲覧。 2008年4月17日、The ZIMBABWE Situation。 2008年5月18日閲覧。 4月24日、The ZIMBABWE Situation。 2008年5月18日閲覧。 2008年4月26日、The ZIMBABWE Situation。 2008年5月18日閲覧。 2008年5月1日、The ZIMBABWE Situation。 2008年6月3日閲覧。 2008年5月6日、The ZIMBABWE Situation。 2008年6月3日閲覧。 2008年5月14日、The ZIMBABWE Situation。 2008年6月3日閲覧。 2008年5月16日、The ZIMBABWE Situation。 2008年6月3日閲覧。 2008年6月6日、The Zimbabwe Situation。 2008年7月1日閲覧。 2008年10月4日、FINANCIAL TIMES。 2008年10月9日閲覧。 「 2008年12月30日, at the. 」2008年11月13日、SW Radio Africa Zimbabwe news。 「」2008年11月20日、The Zimbabwe Times。 「」、2008年11月4日、The Zimbabwe Situation。 「」、2008年11月12日、VOA news。 「」2008年12月10日、The ZIMBABWE Situation。 「 」、2008年12月12日、CNN. 「」、2008年12月19日、CNN. 「」、2008年12月21日、The ZIMBABWE Situation。 「」、2008年12月23日、The ZIMBABWE Situation。 「」、2009年1月2日、The ZIMBABWE Situation。 「」、2008年12月30日、The ZIMBABWE Situation。 「」、2009年1月4日、The ZIMBABWE Situation。 「」、2009年1月8日、The ZIMBABWE Situation。 3南アフリカランドから算出。 「」、2009年1月13日、The ZIMBABWE Situation。 「」、2009年1月16日、cnn. 「」、2009年1月19日、The ZIMBABWE Situation。 「」 、2009年1月23日、The ZIMBABWE Situation。 「」 、2009年1月28日、REUTERS UK。 「」、2009年2月2日、cnn. 参考文献 [ ]• Krause, Chester L. ; Clifford Mishler 1991. : 1801—1991 18th ed. Krause Publications. Pick, Albert 1994. : General Issues. Colin R. Bruce II and Neil Shafer editors 7th ed. Krause Publications. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 Microsoft Excel format ニュース [ ]• 2006年3月10日. 2006年10月2日閲覧。 2006年5月12日. Thornycroft, Peta 2006年7月15日. 2006年10月2日閲覧。 zimbabwesituation. com 2006年7月27日. 2006年10月2日閲覧。 zimbabwesituation. com 2006年7月31日. 2006年10月2日閲覧。 zimbabwesituation. com 2006年9月15日. 2006年10月2日閲覧。 zimbabwesituation. com 2006年11月4日. 2006年11月5日閲覧。 zimbabwesituation. com 2006年11月17日. 2006年11月17日閲覧。 zimbabwesituation. com 2006年11月29日. 2006年11月29日閲覧。 zimbabwesituation. com 2007年6月22日. 2007年6月22日閲覧。 Retrieved on 1-08-2007. Retrieved on 25-08-2007. 高尾具成 2008年3月28日. の2008年3月31日時点におけるアーカイブ。 ロイター. 2015年11月6日. 2016年9月25日閲覧。

次の

米ドル円の見通しと過去10年間の為替レート推移(最高値・最安値)【2020年最新版】

ドル ウォン 推移

0971 0. 0989 0. 0997 0. 0971 0. 0998 0. 0980 0. 0992 0. 0971 0. 0977 0. 1000 0. 1025 0. 1039 0. 0998 0. 0990 0. 1007 0. 1019 0. 1004 0. 0992 0. 0991 0. 0999 0. 0996 0. 1006 0. 0971 0. 0982 0. 0982 0. 0977 0. 0927 0. 0921 0. 0921 0. 0879 0. 0898 0. 0913 0. 0932 0. 0939 0. 0921 0. 0879 0. 0881 0. 3752 0. 3237 0. 3405 0. 3063 0. 2946 0. 2748 0. 1911 0. 1758 0. 1754 0. 2055 年 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 ウォン 0. 2047 0. 1838 0. 1623 0. 1386 0. 1272 0. 1219 0. 1352 0. 1295 0. 0942 0. 0958 年 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 ウォン 0. 0953 0. 0941 0. 1002 0. 0973 0. 0945 0. 1076 0. 1218 0. 1267 0. 0960 0. 0736 年 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 ウォン 0. 0760 0. 0721 0. 0709 0. 0892 0. 1006 0. 1071 0. 0937 0. 0993 0. 1003 0. 0936 年 2020 ウォン 0.

次の

外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表

ドル ウォン 推移

しかしになって一転、KDBは出資協議を打ち切った。 そして最終的に、は同年に(日本のに相当)の適用を連邦裁判所に申請しした。 総額は6,130億(以下ドル。 当時ので約64兆5000億円)と米国史上最大の倒産となった。 その余波でなどの金融機関が急激に経営危機に陥った。 「」および「」を参照 ドル不足と韓国の国際収支 [ ] それに伴い、がクレジットクランチ()に見舞われると市場でドルの流通が滞り、ではドル不足を招いた。 その結果、最もドル不足の影響を受けたのが韓国の通貨、ウォンであった。 この理由として、韓国の(資本収支・経常収支)が頃より悪化しており、特ににおける短期対外の比率が急速に高くなっていたことがあげられる。 その短期対外債務の多くが償還時期を迎えた2008年9月に、先述のドル不足と相まってウォン相場は急落した。 韓国は2008年に資本収支・経常収支共に赤字(の取り崩し)となっており、金融危機によるで外需の低下により、赤字に陥っていた。 2008年10月のウォン下落 [ ] 2008年、ウォンが大幅に下落するに伴い、韓国ののなかで「KIKO ノックイン・ノックアウト 」と呼ばれるを契約していた企業のうち、6割以上が多額の損失を被った。 特に1ドルが1,200ウォンを超えた辺りからそれは化し、韓国政府はその救済に8兆3000億ウォン 5,810億円 の金融支援を行う。 韓国のにおける外貨の需給関係の逼迫は高まり、2008年、韓国政府は企業の海外の自粛などの厳しい外貨規制を敷いた。 しかしその後もウォン相場の下落は止まらず、には終値が1ドル=1465. 9ウォンと以来の安値を記録。 ウォン安はその後も進行し、一時は1ドル=1500ウォンを超える水準まで下落した。 ドル・ウォン通貨スワップ協定 [ ] その後、とのドル・ウォンの締結、およびそれを利用したによって短期的に持ち直し、2008年末における相場は1ドル=1,259ウォンまで回復した。 2009年2月のウォン下落 [ ] しかし、2008年第4四半期のは大幅なマイナス成長となり 、持ち直していた相場が再びウォン安に転じ始めた。 そして、2009年には再び1ドル=1,500ウォンを突破し 、通貨スワップの限度額300億ドルのうち200億ドル以上を既に使い果たすなど、予断を許さない状況となった。 韓国からの日本の対応批判 [ ] 「」も参照 は韓国に対して300億ドルのを2008年(平成20年)12月に締結したが 、アメリカは10月に、は12月に韓国と締結していたため、大韓民国長官のは、日本メディアの取材に対し、「韓国が最も厳しい時に外貨を融通してくれたのは、アメリカ、中国、日本の中で日本が最後だ。 日本は出し惜しみをしている気がする。 アジア諸国が日本にふがいなさを感じるゆえんである。 日本側がもう少し譲歩し、配慮すれば早く締結できるのではないか」と述べた。 なお、後日に2008年の 韓国通貨危機による韓国の傷は深かったが、大統領の指示を受けてとしてが日本の政治家や政府高官などにを展開させ、スワップ締結に難色を示していた対韓強硬派の財務大臣(当時)に日本国内のから圧力を掛け、をようやく成立させた話が報道されている。 もっとも日本には韓国へ外貨を融通する義務があるわけではなく、韓国側からは感謝するどころか「恩着せがましい」と逆に日本をする声が政府だけで無く、マスメディア、の声として報道され、日本側を大いに憤慨させた。 大統領の強硬な対日政策による日韓の軋轢により、韓国側から協定の延長を依頼することが政治的に困難になったことや、中国と3,600億規模の通貨スワップ協定を結んでおり、日本政府内からも特段延長すべき理由がないことから、日韓通貨スワップ協定も2015年2月23日で終了した。 脚注 [ ]• この件に関して、韓国では短期の償還期限が9月上旬であった事と、実際にこの件について韓国がアメリカから外債回収の援助等を受けていた事とが重なり、短期外債期限を乗り切った直後に出資協議を打ち切っている事から、外債のやり過しの目的()、またKDBによるといわれる• 韓国のでは「9月危機」との報道がなされた。 07JPY計算• 2008年10月2日10時49分配信• 2008年10月13日7時38分配信• 2008年11月20日17時5分配信• 2008年12月31日9時18分配信• 2009年1月22日10時26分配信• 2009年2月20日11時42分配信• 二国間の通貨スワップ協定自体は(平成17年)に締結済み。 中央日報 2009. - (2017. 25 16:00版)2017年9月28日閲覧 関連項目 [ ]• 1997年- この項目は、に関連した です。 などしてくださる(、)。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の