炭治郎 カナヲ 子供。 【悲報】鬼滅の刃、炭治郎がカナヲ殺害

【鬼滅の刃】炭治郎と栗花落カナヲがなんだかいい感じ!恋かしら?

炭治郎 カナヲ 子供

Contents• 炭治郎が鬼になる!人間に戻れるか? 『鬼滅の刃』の現在は202話。 無惨を陽の光によって焼き尽くしたのもつかの間、何と炭治郎の細胞内に無惨が憑りついてしまっていました! そしてヒノカミ神楽を操り、縁壱にまで匹敵するような限界突破を見せつけ、無惨を死の淵にまで追いやり、さらには陽の光を克服する妹の禰豆子がいる血縁、いろいろな要素を無惨は考え抜き、炭治郎ならこの先完全なる鬼になってくれるに違いないと捉えたのです。 そして炭治郎に自身の力や血をすべて注ぎ、鬼へと変えたのでした!! 無惨との戦いで全ての力を使い果たしていた炭治郎は、その精神をあっけなく無惨に取り込まれてしまいます。 そして無惨の血が炭治郎を支配し、鬼へと変化! そばにいた義勇、善逸、伊之助をも簡単に吹っ飛ばしてしまう衝撃波を放ち、万事休すかと思われていました。 しかしその前に兄である炭治郎のもとにようやくたどり着いた禰豆子が、しがみつきながら必死で炭治郎を説得するのです。 炭治郎に爪でひっかかれても、噛みつかれても、元に戻ってと、一緒に帰ろうと、どうしてお兄ちゃんだけがこんな目に遭うのかと、心の底から震えながらも兄を取り戻そうと必死で声をかけ続けたのでした。 そんな姿を見たカナヲ。 無惨による傷で満身創痍でしたが、炭治郎を必死に説得する禰豆子の姿を見て、大切な妹を兄が泣かせてはいけないと、そして何より仲間の炭治郎を取り戻したいという想いで、両目失明の危険性があるにもかかわらず花の呼吸終ノ型・彼岸朱眼を使用! 鬼化して間もない炭治郎に瞬時に近づき、まだ残っていた珠世の薬を炭治郎に注入させることに成功するのです。 カナヲ自身は炭治郎の攻撃で倒れながらも…。 そして炭治郎が意識を取り戻すか否かが注目されていました! スポンサードリンク 炭治郎が鬼になるも人間に戻る!カナヲの薬と藤の花に死亡した柱たちが炭治郎を生かす! 炭治郎が人間に戻れるかが描かれたのが ここで舞台は炭治郎の精神世界へと入ります。 炭治郎は眠ってはいますが、何とか意識を取り戻すことには成功していました。 もしかしたら無惨が血を注いでからも意識はあったのでしょうが、無惨の支配によってほぼ動けずにいたのでしょう。 しかしおそらくカナヲが注入した薬の効果によって、徐々に目覚めていく炭治郎。 禰豆子や善逸、伊之助が叫ぶ、帰ろう、戻ってこい、などをしっかりと感じ取り、戻りたいよ…と切ない思いを吐露するのです。 そんな炭治郎を絶対に逃さないと細胞で抑え込んでいるのが無惨。 つい数時間前まで死闘を繰り広げていた相手なのに捉え方が変わり、完全に我が物にしたいのか、炭治郎を鬼の王にすべく無惨は躍起になっていました。 しかし炭治郎も徐々に、帰りたいという想い、無惨の手から抜け出したいという想いが強くなり、絡みついていた無惨の細胞から少しずつ解き放たれ、まだ残っている右腕を上へと伸ばしていくのです。 その先に見えるは、藤の花が天井いっぱいに広がっている風景。 あしかがフラワーパークにありそうな藤の絶景。 そこに吸い寄せられるように手を伸ばすと… スポンサードリンク 死亡した仲間たちが炭治郎を上へと送る! なんと鬼の手によって殺されてしまった仲間の玄弥、煉獄、悲鳴嶼、しのぶ、無一郎、伊黒、甘露寺、そして炭治郎の家族が、炭治郎の意識を取り戻すため、再び人間に戻すために炭治郎を天の藤の花の方へと送るべく押し出したのです! こんな奇跡があるでしょうか…藤の花の薬の効果なのでしょうが、炭治郎が身をもって体感しているのでしょう。 これには無惨も、死者が何をする!とだんだん怒ってきますが、そんなことは関係なく炭治郎のために、既に死亡した仲間たちが力を注ぎこみます。 そして炭治郎が伸ばした右手の先にある藤の花の奥からは、現世で生きている禰豆子、善逸、伊之助、義勇、他の大勢の隊士たちの手が炭治郎を掴もうと待っていたのです! 炭治郎はこれらの手によってどんどん天の方へと… これには無惨も焦りっぱなしで、炭治郎を逃がすまいと必死で炭治郎にしがみつきます! その滑稽さが…無惨は本当に哀れに思えてしまうほど! しかし、無惨の手を払いのけ、炭治郎はそのまま藤の花の中へと消えてしまうのでした…。 スポンサードリンク カナヲが持っていた藤の花が無惨を遮る 無惨は炭治郎を追っていけるなら、まだ炭治郎を鬼の王にすることは可能だったでしょう。 しかし、藤の花が広がっている中に入り込もうとしている炭治郎を、無惨は追うことができなかった。 藤の花は鬼の天敵ともいえる存在ではありますが、珠世の薬で抗体もできてはいなかったのか、たとえ無惨であっても藤の花の中へと手を進ませることはできず…。 そのまま、まるで親にわがままを言う駄々っ子のように、逃げていく炭治郎に向けて手を伸ばし、待ってくれ!!と叫ぶのでした…。 カナヲは相当ファインプレーでしたね! いまだ薬を忍ばせておき、いざというときのために取っておいたのですから。 『鬼滅の刃』は完全に無惨戦は珠世の薬がなければ鬼殺隊の勝利はなかったでしょう…。 ここで炭治郎を取り逃がしてしまった無惨の表情があまりにも切ない…。 自分のすべてをかけて、血液も細胞もすべて注いで炭治郎を鬼の王にしようとしたのに、止められてしまう形に。 最終的に無惨は誰からも認められることなく、その存在を亡くならせていくのでした…。

次の

竈門炭治郎は栗花落カナヲと結婚する?炭カナ公式カップルは恋人同士に?【鬼滅の刃最終回】|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

炭治郎 カナヲ 子供

鬼になった炭治郎は強い ということで『鬼滅の刃』の感想に戻りましょう。 宿敵・鬼舞辻無惨は消滅する寸前に、自身の血をすべて炭治郎に送ることで彼を最強の鬼として生まれ変わらせました。 日光が効かない• 赫い日輪刀も効かない• 鬼舞辻無惨の血をたくさん持っているので、相当強い 彼は鬼として破格のスペックを持っている人材です。 おそらく上弦どころか鬼舞辻無惨より強い可能性だって考えられます。 今回から鬼になって鬼強くなった炭治郎がさらに暴れだすのです。 彼は妹・禰豆子が説得しても正気に戻らなかった 帰ろう ね 家に帰ろう 禰豆子のセリフより 今回ようやく戦場に出てきた禰豆子は、鬼になってしまった炭治郎の意識を戻そうとします。 彼女が兄を庇う姿は、本作第一話を連想してしまいます。 このまま意識が戻るのかなと思ったが、そんなことはありませんでした。 鬼になってしまったお兄ちゃんは、妹の説得を無視して破壊行為を続けます。 運が悪いことに炭治郎は、禰豆子(=人間)の血を吸収してしまったため、人間の血の美味さを知ってしまいます。 どうしても血が欲しいと思ってしまい、鬼になった当初よりも攻撃能力が増してしまうのです。 どうして一生懸命生きている優しい人たちが いつもいつも踏み付けにされるのかなあ 禰豆子のセリフより 禰豆子のこのセリフこそ、炭治郎および鬼殺隊の人生を物語っています。 彼は鬼舞辻無惨という悪を滅ぼすために戦っているのですが、立ち上がれば立ち上がるほど、家族や仲間などの大切な人を奪われています。 その上鬼舞辻無惨を倒したと思ったら、炭治郎まで鬼になってしまう… 誰かのために一生懸命になった人ほど不幸になってしまう。 鬼殺隊の人生は理不尽ですよ… これもすべて鬼舞辻無惨が悪い。 骨が出てきた 禰豆子の血を飲み血の味を覚えてしまった炭治郎は、姿が大きく変わってしまいます。 背中から骨のようなものが無数に出てきていました。 それぞ自由に操り、鬼殺隊の隊員たちに攻撃を行います。 その凶暴さのあるデザインはなんとなく腕を変形させた鬼舞辻無惨を連想してしまいますね。 ビーム攻撃? そしてエネルギーらしきものを貯めて打ち出す攻撃まで習得してしまいました。 基本的に刀しか持っていない鬼殺隊の隊員にとって、遠距離攻撃を繰り出されるのはきついはずです。 それも破壊力抜群の攻撃だったら防ぎ様がありません。 今回は禰豆子が防いでくれたものの、次のビーム攻撃はどうしたらいいのでしょうか? カナヲ… 炭治郎に鬼に戻す薬を投与して重症 「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」とは、自分の眼球に負荷をかけることで、動体視力を極限まで上げる技です。 しのぶ様から鬼を人間に戻す薬を渡されたカナヲは、彼岸朱眼を使い炭治郎に薬を打ち込む決心をします。 彼岸朱眼を使っても炭治郎の攻撃全てを避けるのは不可能だったようです。 鬼を人間に戻す薬の投与には成功したものの、」カナヲ本人は首元に炭治郎の攻撃を受けてしまいます。 このままですとカナヲは死んでしまうでしょう。 炭治郎、お前さぁ…。 炭治郎は人間に戻ったとしても死んでしまうかも もしも禰豆子が人に襲い掛かった場合は竈門炭治郎及び 鱗滝左近次 冨岡義勇が腹を切ってお詫び致します 『鬼滅の刃』6巻より.

次の

【悲報】鬼滅の刃、炭治郎がカナヲ殺害

炭治郎 カナヲ 子供

概要 『』に登場する、とのカップリング。 の同期隊士という間柄。 鬼に家族を殺されながらも、親や兄弟姉妹との温かな記憶を持つ長男坊の炭治郎と、 実の親に虐げられそれにより兄弟姉妹を亡くし、心も思考も閉ざしてしまったカナヲという、ある意味で対照的な境遇をそれぞれに抱えている。 身長差は9cmで、カナヲの方がひとつ年上。 最終選別編 鬼殺隊へ入隊するための命懸けの 「最終選別」を終え、は、を除く同期隊士三名(、、栗花落カナヲ)とともに、説明会に集められる。 その際、炭治郎は案内役の童子に対して手を上げた玄弥と揉め事を起こしてしまうが、同じ場にいたカナヲは全く興味を示す様子がなく、蝶と戯れているだけであった。 なお、死に物狂いで選別を潜り抜けて土埃に塗れていた男子三名に対して、カナヲは選別前と変わりなく身綺麗なままだったが、これは選別当時の彼女の力量が頭一つ抜きん出ていたため。 那田蜘蛛山編 に数えられるの一党が巣食う那田蜘蛛山にて、累との激闘を経て満身創痍の炭治郎は、鬼である妹・が、筋金入りの鬼殺隊士たちに容赦なく狙われるという状況にはじめて直面する。 竈門兄妹の事情を知る隊士・の助けを受けて、実力者であるの手を逃れた炭治郎と禰豆子だったが、今度は増援の一人として駆けつけていたカナヲに捕捉されてしまう。 炭治郎は禰豆子に斬りかかるカナヲを引き止めようとするものの、脳天に踵落としを一撃を食らって気絶。 禰豆子が逃げ回っている間に「竈門兄妹を確保、移送せよ」との伝令が到着したことで、カナヲは刀を納め、「隠」の収容作業の補佐へと向かう。 明確な敵意を持って禰豆子を狙ったしのぶに対して、カナヲの殺意は鬼殺の使命感と見るにしても機械的なものであり、「鬼を殺さず連れ帰れ」という伝令を受けた際には特に訝る様子もなく従っている。 そんな彼女の異質さの背景が明かされるのは、もう少し先のこと。 蝶屋敷(機能回復訓練)編 怪我人としてしのぶの蝶屋敷に担ぎ込まれた炭治郎は、改めて相対したカナヲを最終選別時に見かけていたことを思い出す。 傷の癒えた炭治郎は、同じく療養していた・と共に、蝶屋敷の面々を相手に機能回復訓練(リハビリ)に臨む。 剣士としての圧倒的な差をカナヲとの間に感じる炭治郎は、見かねた屋敷の娘たち(きよ・すみ・なほ)の助言を受けてを始めとした身体強化に取り組み、やがて訓練の結果もカナヲと拮抗するようになる。 第53話。 療養を終え、新しい刀も届いた炭治郎たちに、「無限列車」への増援として出陣の指示が下る。 蝶屋敷を離れる前に挨拶して回っていた炭治郎に声をかけられ、カナヲは初めて彼と言葉を交わすことになる。 ようやく返事をしてくれたことに感激する炭治郎は、お別れを言って会話を切り上げようとするカナヲに構わず隣に腰を下ろす。 何もかもがどうでもいいから自分一人では何も決められないこと、指示されていない事柄に関しては銅貨を投げて決めていること、いま話をしているのもそうして決めたことだと話すカナヲ。 炭治郎は 「どうでもいいことなんてない」「カナヲの心の声が小さいのでは」と暫し逡巡し、彼女から銅貨を借りると、表側に 「カナヲは心の声をよく聞くこと」と賭けて天高く放る。 受け止めた銅貨の面は表。 飛び上がって喜んだ炭治郎は、銅貨を返す形でカナヲに近づき激励する。 「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 」 どうして表を出せたのかと不思議がるカナヲに、「表が出たのは偶然」「裏が出ても表が出るまで何度でも投げ続けようと思っていた」と答え、炭治郎は笑って立ち去る(アニメでは、ネット上で「人が恋に落ちる瞬間を見た」等とコメントされた)。 彼を見送った後、カナヲは銅貨を胸元に当てて握りしめ、直後に自らの行いに動揺。 すみに背後から声を掛けられた際には驚いて縁側から転げ落ちている。 この一連のやり取りが、カナヲの何かを変えていくのだった。 遊郭編 上弦の陸である・との戦いを終え、仲間達と共に蝶屋敷に戻った炭治郎は二ヶ月間の昏睡状態を経た後に意識を取り戻す。 病室に花を活けた花瓶を持ってきていたカナヲは驚きのあまり花瓶を落とし割り、炭治郎に話しかけ自発的に彼の安否を気遣う。 そして安堵の言葉を漏らすカナヲの目には涙が浮かんでいた。 カナヲは他の相手には殆ど無言のままであったが、炭治郎が眠りについたときは大声を挙げて周囲を静かにさせている。 番外編 上述した銅貨の一件が収録された単行本第7巻には番外編も収録されており、そこにてカナヲの過去が明らかになっている。 人買いに連れられていたところを・姉妹に引き取られたカナヲは、育った環境の過酷さゆえ自分で考えて行動することができなくなっていた。 カナヲの行く末を危惧するしのぶに対して、カナエは銅貨を投げて決めればよいと暫定的な対処法を提案。 「根本的な解決にならない」としのぶに怒られるも、鷹揚なカナエは「切っ掛けがあれば大丈夫」と返す。 番外編は「 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」とのカナエの言葉で締め括られるが、その台詞が書かれたコマには 炭治郎の姿が描かれている。 これが何を意味するかはもう言うまでもないだろう。 (2020年5月13日時点での最新刊は20巻) 無限城決戦編 が各々のやり方で自分のを赫刀にしてに挑むも、無惨の一撃により柱や善逸、伊之助は吹き飛ばされ負傷する。 かろうじて吹き飛ばされなかったカナヲだが、腹部を負傷し足がすくみ動けない。 無惨がカナヲに攻撃を繰り出した瞬間、炭治郎が間一髪で助けに入る(離れたところにいた(恐らく)のところまでカナヲを運ぶ)。 以下、さらにネタバレ(201話以降、特に注意) 無惨を討伐するも、を経て鬼となった炭治郎の攻撃を止めるため、カナヲはしのぶから預かった藤の花から作られた薬(禰豆子用に作られたが、人間化薬は珠世が3つも作っていたために使用されなかったもの)を打ち込もうとする。 結果、カナヲは薬を打ち込むことには成功したが、攻撃を受けてしまい「 炭治郎だめだよ 早く戻ってきて 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ…」と言い残し炭治郎の側で倒れてしまう。 なおこの時、戦にてカナヲの右目は既にほぼ見えない状態になっていた。 鬼になったばかりなら片目でも炭治郎の攻撃を掻い潜ることができると見込み、残された左目で「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」を使用した。 なお、炭治郎はカナヲが倒れるときに発した言葉に反応を見せた。 実は、カナヲに打ち込まれた薬の効果が現れ人間の意識が覚醒し始めていたからである。 関連イラスト.

次の