姑息 と は。 「姑息」の意味を完全に取り違えていてびっくり!

「姑息」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

姑息 と は

「 〇〇さんって姑息 こそく だよね~」 日常会話でたまに耳にする「 姑息 こそく 」。 あまり良いイメージには使用されず、人の陰口や悪口を言うときに使う言葉です。 だいだいのニュアンスはわかるんですが、「 じゃぁ、姑息 こそく な奴って具体的にどんな人なの?」と聞かれるとはっきりと答えるのは難しい …。 今回は、日常的によく使用されるけれど、正確な意味についてはアバウトな部分のある「姑息 こそく 」について紹介していきます。 「姑息 こそく 」の意味とは?語源は? では、さっそく 姑息の辞書的な意味から調べていきましょう。 姑息 こそく : 一時の間に合わせにすること。 また、そのさま。 一時のがれ。 その場しのぎ。 引用元:コトバンク『』より 姑息の「 姑」には「 しばらく」という意味があり、「 息」には「 休む」という意味があるため、「 姑息」の辞書的な意味は「 少しの間の間に合わせをすること」となっています。 みなさん、「しっくり」きましたか? 私自身、少し「?」という感じがして微妙に違和感を感じてしまいました。 ただ、辞書の「姑息」の後に続く部分を読んで、納得しました。 [ 補説 ] 近年、「その場だけの間に合わせ」であることから、「ひきょうなさま、正々堂々と取り組まないさま」の意で用いられることがある。 文化庁が発表した平成 22 年度「」では、「 姑息な手段」を、「一時しのぎ」の意味で使う人が 15. 0 パーセント、「ひきょうな」の意味で使う人が 70. 9 パーセントという結果が出ている。 引用元:コトバンク『』より 「そうそうこれ!」って感じがしませんでしたか? 「一時しのぎ」よりもうちょっとネガティブな意味合いを含んだ「 ひきょうな」というイメージ。 実際、筆者が「姑息」に持っていたイメージはまさに「ひきょうな」というものでした。 でもこれ、実は間違った使い方だったんですね …。 つまり、「姑息な奴」ってどんな性格なの? その場しのぎばかりする人いますよねぇ〜 「 姑息」の本来の意味は、「 一時しのぎ、その場しのぎ」というものです。 そのため、本来「姑息な奴」というのは、「一時しのぎばかりする奴」とか「その場しのぎばかりする奴」という性格を表しています。 「 仕事でミスをしてしまったとき、原因をしっかりと考えて対策を立てようとせず、その場しのぎの対処法ですませてしまうような人」なんかが典型例でしょうか。 しかし、わたしたちが日常的に使う「姑息な奴」という言葉には、もっとネガティブなイメージがありませんか? 例えば同じように仕事のミスをしたとしても、「 誰かのせいにして、自分の責任じゃないような工作をする人」のような。 どうしてこのような違いが生まれてきてしまったのでしょうか。 「姑息 こそく 」と「小癪 こしゃく 」、混ざってない? このような意味の違い・変化が生まれてきたのかには諸説あるのですが、ひとつは「 小癪 こしゃく 」という言葉と混ざってしまったのではないか、という説です。 小癪 こしゃく : こざかしいこと。 生意気なこと。 また、そのさま。 引用元:コトバンク『』より 「 小癪 こしゃく 」という言葉には、「こざかしさ」や「生意気」といった他人の神経に触ってしまうような ネガティブな意味合いがあります。 「 姑息 こそく 」と「 小癪 こしゃく 」、読み方の似ている単語を日常生活のなかで用いているうちに、本来、あまりネガティブな意味合いのなかった「姑息 こそく 」にも、「ひきょうな」というネガティブな意味が込められていったのではと推測されています。 そのため、「姑息 こそく 」と「小癪 こしゃく 」自体の使い分けも難しくなってしまっています。 「姑息 こそく 」と「小癪 こしゃく 」、それぞれ正しい例文をご紹介! 「 姑息 こそく 」には、「一時しのぎ」という本来の意味と「ひきょうな」という派生的な意味、さらには「小癪 こしゃく 」という紛らわしい言葉もあるため、使用には要注意な言葉です。 「 姑息 こそく 」と「 小癪 こしゃく 」、それぞれの正しい例文を紹介するので参考にしてくださいね! 「姑息 こそく 」の例文 「結局、一夜漬けみたいな姑息な勉強法は身にならない」 「借金を返済できないため、ほかからさらに借りるという姑息な手段を使った」 繰り返しになってしまいますが、「 姑息 こそく 」の本来の意味は「 一時しのぎ」。 頭の中で「一時しのぎ」と置き換えて考えると理解しやすくなります。 「小癪 こしゃく 」の例文 「まだ新入社員なのにベテランのように振舞いやがって、小癪な奴だ」 「小さな国なのに、小癪にも大国に戦いを挑んだ」 「 小癪 こしゃく 」は、「 生意気な」とか「 こざかしい」とう意味です。 「思い上がり」や「失敬」が類語になるため、一緒に覚えておくと区別がしやすくなります。 本来の意味をわかった上で使いましょう! 生意気な表情をされると癪にさわりますよね! そんな時は「小癪」です! 「お前は姑息な奴だな!」と言われると凄く嫌な気分になりますよね …。 本来は対応しきれないで一時しのぎをする小人物的な意味なんですが、現在一般化している意味では、手段を厭わない卑怯な奴と言われている感じがしてしまいます。 しかし、「姑息」自体には罪はありません。 また、商談や発表会では誤った使い方はタブーですので、現在の意味を理解しつつ、本来の意味も忘れないようにしてくださいね! ナンスカ編集部 "日常の「何それ?」を楽しむメディア"ナンスカの編集部です。 コメント 0件 この記事にはまだコメントがありません。 related article 関連記事.

次の

姑息とはどいういう意味?姑息の使い方と姑息な人の特徴5つ

姑息 と は

姑息と卑怯の違い 姑息と卑怯の違いを分かりやすく言うと、 姑息とはその場しのぎであることを意味し、卑怯とは物事に正しく取り組もうとしないことを意味するという違いです。 一つ目の姑息を使った分かりやすい例としては、「姑息な手段をとる」「姑息な嘘をつく」「因循姑息な対応なので心配だ」「姑息な策では解決しない」「姑息手術を選択する」などがあります。 二つ目の卑怯を使った分かりやすい例としては、「卑怯な振る舞いは許されない」「卑怯な技を使って勝った」「この裏技を卑怯とは言うまいな」「仲間を裏切るなんて卑怯者だ」などがあります。 姑息と卑怯という言葉は、同じ意味であると思われがちなのですが、二つの言葉の意味は異なります。 姑息は一時逃れやその場しのぎを意味し、卑怯は物事に正しく取り組もうとしないことを意味します。 姑息は卑怯と同じ意味で使わることがあるのですが、実は誤った使い方になります。 上記の例の「姑息な手段」とは、卑怯な手段の意味ではありません。 物事を根本から解決しようとせずに場当たり的にしのげれば良いとする手段、というのが本来の意味です。 ただし、誤用されている場合もあるので、どちらの意味で使われているのかは文脈から判断する必要があります。 姑息を英語にすると「makeshift」「temporizing」となり、例えば上記の「姑息な手段」を英語にすると「temporizing measures」となります。 一方、卑怯を英語にすると「cowardice」「meanness」「unfair」となり、例えば上記の「卑怯な振る舞い」を英語にすると「act like a coward」となります。 姑息の意味 姑息とは、 その場しのぎや、場当たり的に取りつくろって苦境を切り抜けることを意味しています。 姑息を使った分かりやすい例としては、「姑息的治療で様子をみる」「姑息な暗記法で試験に臨む」「それは姑息な手段だと思う」「トンネルの姑息作業が終了する」「姑息な対処法でしのぐ」などがあります。 その他にも、「ごまかすなど姑息な真似をするな」「姑息で場当たり的な判断だった」「姑息な答弁はやめて欲しい」「姑息な手法を案出した」「忙しいので姑息な対応しかできない」などがあります。 姑息という言葉は、本来、一時の間に合わせに物事をすることを意味します。 「姑」は少しの間、「息」は休息を表します。 しばらくの間、息をついて休むことから、「姑息」は「その場しのぎ」の意味になりました。 姑息の意味が「その場しのぎ」であることから、「正々堂々と取り組まないさま、卑怯なさま」の意で用いられることが多くありますが、誤った使い方になるので注意しましょう。 姑息という言葉を用いた四字熟語には「因循姑息」(読み方:いんじゅんこそく)があり、 古い習慣にとらわれて改めようとせず、その場しのぎに終始するさまを意味します。 「因循姑息な政策は時代に合わない失策だ」などと使います。 姑息の類語・類義語としては、仮の措置としてとりあえず定めることを意味する「暫定」(読み方:ざんてい)、その場を切り抜けようとすることを意味する「当座逃れ」などがあります。 姑息の対義語・反対語としては、根本に立ち戻って是正するさまを意味する「抜本的」などがあります。 姑息の姑の字を使った別の言葉としては、夫または妻の母を意味する「姑」(読み方:しゅうとめ)、夫や妻の兄弟姉妹を意味する「小姑」(読み方:こじゅうと)などがあります。 卑怯の意味 卑怯とは、 勇気がなく、物事に正面から取り組もうとしないことを意味しています。 卑怯を使った分かりやすい例としては、「元彼は卑怯な男だった」「背後から攻撃するなんて卑怯な奴だ」「彼はカンニングするような卑怯者ではない」「卑劣かつ卑怯な行為はやめなさい」などがあります。 その他にも、「卑怯極まりないことはするな」「フェイントは卑怯な技ではない」「卑怯未練な言い訳が多い」「卑怯なやり方に腹が立つ」「卑怯な手段のように思われた」などがあります。 卑怯という言葉は、勇気がなく物事に正しく取り組もうとしないことを意味する、マイナスなイメージがある言葉です。 上記の例の「卑怯者」とは、勇気がない者や、自分の利益を得るためにずるい行いをする者を意味します。 卑怯という言葉を用いた四字熟語には「卑怯千万」(読み方:ひきょうせんばん)があり、行動や考えなどが非常にずるいことを意味します。 卑怯はずるくて心がいやしいこと、千万は程度がこの上ないことを表します。 卑怯の類語・類義語としては、人格的に低級であることことを意味する「卑劣」(読み方:ひれつ)、わざと人を困らせたりつらく当たったりすることを意味する「意地悪」などがあります。 卑怯の対義語・反対語としては、態度や手段が正しくりっぱなさまを意味する「正々堂々」などがあります。 卑怯の卑の字を使った別の言葉としては、いじけることを意味する「卑屈」、へりくだることを意味する「卑下」、地位や身分が低いことを意味する「卑賎」などがあります。 姑息の例文と使い方 5.スポーツにおいて勝つことを優先した作戦なのに、卑怯な勝利と言われることがある。 この言葉がよく使われる場面としては、物事に正面から取り組もうとしないことを表現したい時などが挙げられます。 卑怯という言葉は、勇気がなく物事に正しく取り組もうとしないことを意味します。 例文1の卑怯な振る舞いとは、物事に正々堂々と向き合う勇気がない態度を表します。 例文4の卑怯は、「ずるい」「こすい」「不正」という意味で使われています。 姑息と卑怯いう言葉は、同じ意味であると思われがちなのですが、それぞれの意味は異なります。 姑息はその場しのぎを意味し、卑怯は物事に正面から取り組もうとしないことを意味します。 本来、姑息は卑怯と同じ意味ではないことを覚えておきましょう。

次の

姑息の意味!由来は何?よくある誤用にも注意!

姑息 と は

姑息の意味 姑息とは、姑息的な治療といった医療の現場でも一つの方法を表す用語としても用いられている「一時的な間に合わせ、その場逃れ」といった意味を持つ言葉になっています。 なぜ悪い意味で用いられやすいのかについては、「小癪」「狡い」「狡猾」「こそこそ」など、似た語感を持つ言葉に悪い意味を持つものが多いためです。 姑息の由来 この言葉は二つの文字で成り立っている言葉である訳ですが、この「姑」は「一時、しばらく」という意味を表し、「息」という文字は「休息」という言葉表現が元になっているのです。 それを踏まえたこの二つの文字が合わさることによって「しばらくの間、息をつきながらを取る」という意味が転じて姑息という言葉は「その場しのぎ」といった意味を持つ言葉となりました。 姑息の文章・例文 例文1. 姑息な手段に出た。 例文2. この場を脱するため姑息な手に打ってでた。 例文3. これでなんとかやり過ごせればいいが。 例文4. 隣の住人の騒音を耳栓という姑息手段でやり過ごす。 例文5. 姑息にしかならないだろうがコーヒーを飲もう。 これまでの流れを踏まえると、「姑息な手段」という言葉は「一時しのぎの手」という置き換えができるものにもなります。 姑息の類義語 姑息の類義語としては、「間に合わせ まにあわせ 」、「その場しのぎ そのばしのぎ 」などが挙げられます。 姑息まとめ 姑息な手段というと、それまでの言葉のイメージのせいでまるで卑怯でずる賢い、悪い手を使おうとするかのように受け取ってしまう方も多いかもしれませんが、実はそうではなく、むしろ何かぶつかった問題や先に進めなくなった状況に対して少しでも解決し前に進むための一対策を講じてみるような場面で用いられる言葉となっています。 なので「姑息な手段を取ろう」といった発言をした方がいた時はむしろ頑張ろうとしているのだという認識を持つことが正しい認識と言えるものになります。

次の