白血病 あざ。 白血病 アザだけですが、初期症状?

白血病の症状「あざ」の色と特徴

白血病 あざ

白血病であざができやすい場所やどこなのでしょう。 がんは、がん細胞が増えることで、正常な細胞の割合が減っていくという病気です。 そして血液のがんと言われている白血病でも、同じような現象が血液において起こります。 がん細胞が増殖するにつれて、正常な赤血球や白血球が減少していくことになるのです。 スポンサーリンク 血液の中には、血液を固める力を持つ血小板もあります。 怪我をして出血した時に、血液は徐々に固まってかさぶたとなりますが、それは血小板の働きによるものなのです。 この血小板も、白血病になると少なくなります。 そのため白血病を発症すると、血液が固まりにくくなります。 つまり、出血した場合には、なかなか止まらず流れ続けるということです。 また、あざも治りにくくなります。 あざは、皮膚の内部で起こる出血なので、これも通常は血小板の働きによって、徐々に治っていきます。 しかし血小板が少ないと、なかなか治らないのです。 また、白血病が原因となっているあざには、特にできやすい場所や部位があります。 具体的には、太ももから膝にかけての内側や裏側です。 スポンサーリンク 下半身の血管は、上半身の重みによって圧迫されがちです。 その中でも特にこれらの場所や部位は、柔らかい分、重みの影響を受けやすいのです。 そのため圧迫された血管から内出血が起こりやすく、しかも出血が止まりにくいので、目立つあざとなるわけです。 もちろん、何かにぶつかったりした場合にも、内出血が生じることがあります。 しかし特にそのような記憶がないにもかかわらず、これらの部位や場所に赤色や紫色のあざが多くでき、なおかつそれがなかなか治らない場合には、念のために血液検査を受ける方が良いとされています。 その結果、仮に白血病だったとしても、早期発見だった場合には、負担の少ない治療で完治させることが可能です。 スポンサーリンク.

次の

大至急‼答え、よろしくお願いします‼白血病は、初期症状では...

白血病 あざ

派手な転び方をしたわけでもないのに、膝のアザが2週間ほど治らない。 みみず腫れのようなものもあったのですが、「治りが遅いのは年齢のせいか。 もう若くないしな〜」と特に気にせず過ごしていました。 忘れもしない、2017年3月23日。 その日も、いつものように仕事を終えて帰宅。 お風呂上がりにパンツ一枚で部屋を歩いていると、僕の後ろ姿を見た友人が「 二の腕にアザがある よ」とひと言教えてくれました。 しかしこれが、自分ではどうにも確認できない位置だったので、写真を撮ってもらうことに。 よく見ると、たしかにそこには500円玉ほどのアザが…。 二の腕なんてぶつける場所でもないし、ぶつけた記憶もない。 おかしいな?と思いつつも、深くは考えていませんでした。 ちょうど母からLINEがきていたので、面白半分で「 なんか全身アザだらけになってる(笑)」と送ったほど、軽い気持ちで考えていたのです。 しかし、検査を終えた先生の反応は想定していなかったものでした。 「炎症を抑える軟膏を出すことはカンタンなのですが…ちょっと待ってください」と、ずいぶん慌てた様子の先生。 内線電話を取りだし、なにやら「今、すぐに見ていただきたい方がいまして…よろしくお願いします」とボソボソ伝えている…。 「 病院の先生ってこんなに慌てるもの?」「 もしかして大変なことになったのか?」という嫌な予感を、この時はじめて感じました。 そして、言われるがままに血液検査などひと通りの検査を終えると、内科の診察室に呼ばれました。 先ほどとはうって変わって、こちらの先生は落ち着いています。 でも、やはり様子がおかしい。 次の瞬間、先生が涙をこらえながら血液データを見せ、ゆっくりと口を開きました。 「 通常の方の数値に対して白血球数が15倍、血小板数は10分の1、ヘモグロビンも基準値以下です。 次の瞬間「この病気はですね…」と言いながら、分厚い冊子を机の上に置き、先生は教えてくれました。 「 急性リンパ性白血病です」 「蝦名さんの今後を考えて率直に申し上げますと、 白血病の末期、つまりかなり深刻な状態です」 この後は会社に行くはずだったし、今日は打ち合わせの予定でビッシリ。 一体、僕はこれから、どうすればいいのだろう? 考えれば考えるほどに、頭の中は真っ白になっていきました。 とはいえ、何も持たずにパジャマのまま病院にきていたので、「自転車でPCと充電器だけ取りに帰ってもいいですか」と気軽な気持ちでたずねると、先生は必死の形相でこう訴えたのです。 「 今の蝦名さんが自転車で転んだりしたら、即死します! 絶対にダメです」 即死…この言葉にショックを受けた僕は、もうなにかを言い返す余力は残っていませんでした。 これが、生まれて初めて経験する病の宣告でした。 約5ヶ月 に及ぶ治療を終え、 無事 寛解。 しかし、白血病という病はそんなに優しいものではありませんでした。 治療後、 わずか104日。 定期健診の後、僕は先生に呼ばれます。 それは、 再発の宣告でした。 初発と再発では治る確率が天と地の差の白血病。 つまり、再発してしまったということは、完全に諦めるしかない状態であることを意味します。 ここまで、治療も耐え、会社を休み、またいつもの毎日を過ごせることを楽しみに頑張ってきたのに…。 白血病発症以来、できるだけ前向きに考えようと心がけていた僕ですが、この時ばかりはそうもいきませんでした。 「 残された時間はあと3ヶ月。 本当に他に方法はないのだろうか…」 そう思った僕は、迷わず主治医以外の見解を知りたいと思いました。 つまり、 セカンドオピニオンを受けてみようと考えたのです。 しかし、僕はこの小さな無菌室から出ることができません。 こんな状態で、一体どうやって病院を回ればいいのか…。 そこでサポートしてくれたのが、家族でした。 とはいえ、僕も家族も、白血病という病と向き合うのははじめて。 病気に関する知識なんてないに等しいのです。 この状態では、どれだけ権威と呼ばれる先生に話しを聞いたとしても、高度なディスカッションをするのは不可能でした。 そこで、まずは 僕自身で白血病についての治療方法や、自分の血液データをすべて調べ、家族に勉強してもらうための資料を作ることにしました。 この資料を読んでもらい、白血病を理解してもらう。 そして、無菌室から出ることのできない僕の代わりに、病院に行ってもらうという計画を立てたのです。 家族は寝る間も惜しんで勉強し、病院を回ってくれました。 兄のアイデアで、僕は 無菌室からすべてのセカンドオピニオンに電話で参加することに。 ところが、セカンドオピニオンの見解は想像よりも、残酷なものでした。 電話越しで両親の泣く声が聞こえるたびに、「 親不孝者で本当にごめん」と、悔し涙が止まりませんでした。 父や兄には、これ以上仕事を休んでもらうわけにはいかない…。 でも、僕は生きつづけることを諦めたくない。 そんな絶望と葛藤のなか、ある情報を入手しました。 それは、 関西のとある病院であれば助かる可能性があるかもしれないということ。 もしかしたら、これが本当に最後の希望かもしれない。 そう感じた僕は、7回目のセカンドオピニオンを家族に託すことにしたのです。

次の

白血病でできるあざ。そのあざには何か特徴がある?

白血病 あざ

白血病でできるあざの特徴とは?いつもの打ち身のあざとはちがうの? 白血病の症状のひとつに、出血傾向と言われる、血に関する症状があります。 その中に、「あざ」がありますが、どのように現れるのでしょうか。 最初はきっと「あれ?ぶつけたっけな?」ぐらいにしか感じないかもしれません。 その時触ってみても痛くありません。 打ち身ではないからです。 白血病のあざは、大変長く治らないので、青あざの状態が続きます。 発症部位は太ももの内側や、ひざの裏側などの、体重のかかりやすいところから出来始めます。 最初のあざが治る前に、次のあざが出来て、それはどんどん増えて行きます。 特に足に多く出ます。 それだけ多数のあざがあるのに、ひとつも身に覚えがないので、さすがにおかしいと思うでしょう。 そして、そのころには、鼻血や歯茎からの出血も起こって来ます。 鼻血は出だしたら止まらず、救急車を呼ぶほど出ることがあります。 そして、そのほとんどの人がそのまま入院になります。 参考: このような、出血傾向の症状とともに、関節の痛みや高熱が出始め、喉の痛みを訴える方もいます。 白血病ってそもそもどんな病気なの? 白血病は4つの種類に分かれる血液のガンです。 スポンサーリンク• 急性白血病• 慢性白血病• 骨髄性白血病• リンパ性白血病 それぞれ、症状や病気の進行の仕方が違います。 白血病は、いつもは血液を作っている骨髄の中に、ガン化した細胞が異常繁殖してしまい、血液を作る場所がなくなることで、赤血球、白血球、血小板などの正常な血球が減少してしまう病気です。 以前は不治の病と言われた白血病ですが、今は化学療法や造血幹細胞移植の進歩によって、完治することも可能なガンとなりました。 5年生存率 急性白血病 50~60% 5年生存率 小児 80% 子供の方が、治る確率が高いのです。 白血病の症状には、ほかにどんなものがあるの? 初期症状の中には、女性の月経にかなりの出血過多が見られます。 ナプキンから溢れるほど出血し、大きな血の塊が出ることもあります。 感染症状として、風邪のような症状が出ます。 高熱が出たり、喉の痛み、咳や下痢などがあります。 他にも貧血症状として、顔面蒼白、倦怠感、疲労感などがあります。 そのほかには、急激な体重の減少、肝臓や脾臓が腫れるため、腹部の膨満感があります。 これらは、全部現れるわけではありません。 白血病の種類によって、出やすいものがあります。 また、白血病で怖いのは、合併症です。 免疫力の低下から、風邪ひとつでも肺炎を起こす可能性があり、またそれが悪化し最後は敗血症を起こして白血病の治療より先に死にいたる場合もあるのです。 白血病の治療はどんな治療法があるの? 白血病の治療法は3段階に分けて行います。 寛解導入法 とても強い抗がん剤で、骨髄の中のガン化した細胞を5%未満にまで減らします。 患者さんは強い副作用に苦しみます。 脱毛、貧血、発熱、嘔吐などです。 地固め療法 体内のすべてのガン化した細胞を死滅させるため、数か月にわたって、抗がん剤で治療します。 寛解維持療法 ガン化した細胞がいなくなった状態をいじするために、1~2年にわたって弱い抗がん剤で治療します。 この治療は、通院治療となります。 参考: まとめ 足に、心当たりのないあざが複数できたら、念のため病院にいきましょう。 白血病でなくても血小板に関する病気の可能性もあります。 万が一、白血病だとしても、早期発見は完治のカギとなります。 あざは、軽視してしまいがちですが、怖い病気が隠れている場合もあるということを忘れてはいけません。 カテゴリー•

次の