グラン セゾン 一条。 アイスマートとグランセゾンの違い・・・

【2020年】一条工務店・グランセゾン良いところまとめ

グラン セゾン 一条

在来工法 セゾンタイプ のどちらにするか?だと思います。 i-smartを建てたかっただけにショックはありましたが、セゾンタイプでも他メーカーと比べると性能が良いので、最終的には納得して一条工務店と契約することに。 ただ、セゾンタイプに納得する過程ではたくさんの悩みもありました。 そのあたりの葛藤も一条工務店を検討してる方には参考になるかと思い、 工法の違いなどの基礎知識とともに記事としてまとめました! 目次• シンプルモダンと言われるi-smartやi-Cubeのデザインが好みではない• 総2階建て、総3階建てルールによって間取りの自由度が制限される• 実際、我が家の場合は、土地の前にクレーン車を停めることができずに、第一希望であったi-smartを建てることができませんでした i-smart、i-Cubeには「さらぽか」を付けられる 一条工務店では 「さらぽか」という床暖房ならぬ床冷房のような装置を付けられます。 i-smartお宅訪問で、実際に 「さらぽか」を使用しているご家族に話を聞いたところ、暑くてジメジメした日本の夏でもエアコンをほとんど使用せずにすごせているとのことでした。 ですが、同じ一条工務店でも在来工法で建てるセゾンタイプに「さらぽか」は付けられません。 夏のたりして管理が面倒なので、僕は最初「さらぽか」を絶対に付けたいと思っていました。 ですが、 「セゾンタイプに試験的に設置している例は数件あるが、i-smartほどの断熱気密性能がないので、あまりお勧めはしない」とハッキリ言われてしまいました。 内断熱• 外断熱 の二重断熱が採用されます。 これが断熱性能の差につながってくるのですね。 在来工法とは?(グランセゾン、セゾンF、Aの良さは性能とデザインのバランス) 在来工法(木造軸組構法)は従来どおりの大工さんの手によって家を組み上げていく工法です。 それをクレーン車ではなく、大工さんの手によって組み上げるのが在来工法です。 セゾンタイプは二重断熱ではなく内断熱のみで、i-smartと比べると断熱性能が落ちるからです。 ですが、冷静になって考えてみると 一条工務店の場合セゾンタイプでもかなりの高断熱高気密です。 「さらぽか」を付けられないのは全館空調でカバー 一条工務店のような高性能な家に住むなら、 各部屋エアコンの考え方は卒業して、むしろエアコンを使わないくらいの考え方で家全体の設計をするべきだと思います。 エアコン不要を実現させてくれるのが、 「全館床暖房、さらぽか(床冷房)」です。 ですが、セゾンタイプの場合、冬は良くても夏に「さらぽか」が使えないので、 夏の暑さ対策はやはりエアコンを使用しなければなりません。 そこで参考になるのが 「エアコン1台による全館空調」です。 僕もセゾンタイプで全館空調を実現すべく、ネットのブログを読み漁りました。 そこで全館空調の現実としてわかったのは、• 平屋ならエアコン1台でも大丈夫そう• 2階建てでも階段上にエアコンを設置して、階段下にリビングがあれば何とかなりそう(一応1階にもエアコンは設置)• 3階建てだと各フロアに1台エアコン設置が現実的 ということです。 うちは3階建ての予定なので、 各階1台エアコンを「さらぽか」の代替とすることで、セゾンタイプに納得したという感じです。 2019年に販売開始されたグランセゾンの登場で、i-smartと悩む人が増えるかも 2019年までは 「一条工務店と言えばi-smart」と言っても良いくらいi-smartが大人気でした。 ですが、2019年後半に在来工法の最上位モデルである グランセゾンが登場しました。 そのグランセゾンの内装デザインが、想像している以上にとても素敵なのです。 もちろん在来工法で建てるセゾンタイプなので、性能はi-smartより少し落ちますが、それを 補って余りあるデザインの良さになっています。 なぜなら、• グランセゾンデザインを見るとアイスマートが見劣りしてしまう(かも)• 北海道や東北、北陸地方でなければ、セゾンタイプの性能で十分 といった理由が考えられるからです。 さらにグランセゾンは外壁オプションのハイドロテクトタイルが標準装備 10年目と20年目の壁のメンテナンスが不要になるので、長期で見たら絶対に付けておいた方が良いオプションが ハイドロテクトタイルです。 ですが、セゾンタイプの最上位モデルである 「グランセゾンでは標準装備」となりました。 標準装備となったおかげで坪単価を少し安くできるのが嬉しいですね。 カッコよくない• オシャレじゃない(ダサい)• 高級感がない という評価を受けることもあるということです。 僕はi-smartのデザインはまったく気にならなかったし、むしろ良い方だと思っていましたが、 グランセゾンを見た後は正直かなり見劣りして感じるようになってしまいました。 うちの場合は条件面でi-smart、i-Cubeを選べなかったのでグランセゾンを選んだのですが、もし 両方とも選択肢としてあったら選ぶのにかなり困っていたと思います。 長く住む家なので、僕の性格的に絶対に性能派なのですが、その判断基準を緩めて「グランセゾンにしたいな」と思わせるほどに、 グランセゾンのデザインが良すぎると思います。 もし北海道や東北、上越、北陸地方などの大雪が積もるエリアに住んでいたら、もちろん 性能を重視して「i-smartかi-Cube」を選ぶと思います。 ですが、それ以外のエリアなら、悩みに悩んで、 性能的にも十分満足レベルにあってデザインが素晴らしすぎるグランセゾンの方を選ぶような気がします…が、いざそうなってみないとわからないというのが本音です。

次の

パねぇ家・・・グランセゾン

グラン セゾン 一条

自由度がi-smartより高い! i-smartは間取りに制限がつきがちですが、グランセゾンは自由度が上がります。 これは工法が違うからです。 グランセゾンは家を柱で支える軸組工法です。 ( ) 対してi-smartは家を壁で支える木造枠組壁工法 です。 () 柱で支えるのと、壁で支えるのと、壁の方が間取りに制約が出てきてしまうのは何となく想像できると思います。 壁の位置が建物の構造、耐震性に関わってきますからね --; この工法のために、i-smartは総2階なんですよね。 総2階というのは、簡単に言うと1階と2階は同じ面積、同じ形になるような間取りでないといけません。 このせいで間取りを考える際に苦労します。 キッチン グラリオカウンターについて グランセゾンでは標準でグラリオカウンターというものを採用することができます。 グラリオカウンターはですね。 一条工務店はPanasonicと仲良しw 照明も一条のオリジナルという名のPanasonicの型番替えも結構ある気が 笑 i-smartでは採用できないこのグラリオカウンターをグランセゾンでは選べます。 硬度 傷のつきにくさ グラリオカウンターは傷のつきにくさをウリのひとつにしていますが、実際数値としてどのくらいなのでしょうか? より抜粋 上記によると、硬度が9Hだそうです。 では、このグラリオカウンターの「9H」というのはだいたいどのくらいの硬度なのでしょうか?御影石より硬いんでしょうか? まず、硬度を表す尺度には、モース硬度と鉛筆硬度という2種類があります。 この二つはどちらも引っ掻いた時の傷のつきにくさを表しています。 ただ、別の尺度ですので、数値が表すものも当然変わってきます。 より抜粋 上の図を見るとわかりますが、例えば、同じ9という数値を比べた場合、「モース硬度」の方が圧倒的に傷つきにくいことが分かります。 肝心のグラリオカウンターですが、その硬度は9Hというふうに表記されています。 Hという単位を使ってることから、鉛筆硬度を用いて硬度を表記してるかと思います。 間違ってたらごめんなさい なので、グラリオカウンターの硬度はモース硬度に置き換えると5程度で、プラチナ以上ナイフ以下くらいの硬度ということになります。 ダイヤモンドのモース硬度10とグラリオカウンターの鉛筆硬度9Hを比較してしまっている記事をちょくちょく見かける…… それでは、御影石とグラリオカウンターはどちらが硬い 傷つきにくい んでしょうか? 御影石のモース硬度は6〜7程度です。 グラリオカウンターは鉛筆硬度で9H、モース硬度にしてだいたい5くらいです。 ただ、グラリオカウンターも元は同じ人造大理石ですので、そうめちゃくちゃは変わらないのでは…?と思うのですがどうなんでしょう。 コーティングがある分やはりグラリオカウンターの方が傷が目立ちにくいんですかね? ただ、グラリオカウンターは柄が選べますから、傷を目立たせないようにすることは充分可能なのではと思います。 柄が選べるという点ではi-smart標準の人造大理石よりも優秀なのではないでしょうか。 シンク位置 グラリオカウンターを採用すると、シンクの位置を変えることができます。 個人的にシンクの端寄せはありがたいと思いました。 御影石だとできないみたいですが --; 作業スペースを広く取りたい場合、非常に役に立ちます。

次の

一条工務店 新商品「グランセゾン」のコストパフォーマンス

グラン セゾン 一条

引用:一条工務店ホームページ 一条工務店「グランセゾン」の屋根には、• 太陽光パネル• パラペットルーフ• スレート材(コロニアルクァッド・コロニアルグラッサ) の3つが使用されます。 今まで一条工務店で主流であったアイスマートに比べ、グランセゾンではパラペットルーフでデザイン性を高めているのが特徴になります。 そのため、家のデザインによっては、パラペットルーフの面積が広くなるため、そのメンテナンス費用が気になるところです。 また、パラペットルーフを変更し勾配屋根にする場合には、スレート材を使用した屋根になります。 スレート材には、コロニアルクァッドとコロニアルグラッサの2種類があり、その2つの耐用年数やメンテナンス費用も気になるところです。 「太陽光パネル」の耐用年数・メンテナンス費用 「太陽光パネル」の耐用年数は、20年程度と言われています。 ただ、この耐用年数は、太陽光で発電する力が年々落ちていくと考えたときの計算上の数値になります。 そのため、「20年後に使用できなくなる」ということではないみたいです。 実際、京セラが、40年ほど前から実験を行っている太陽光パネルも、効率は落ちてはいるものの、今も発電し続けているみたいです。 一条工務店の太陽光パネル 「一条工務店オリジナル太陽光パネル」は、屋根一体型のもので、国から屋根材として認定を取得しているものです。 太陽光の発電は将来0になったとしても、そのまま屋根として使用が可能で、塗り替えも必要ないみたいです。 太陽光パネルは「パワーコンディショナー」の交換が必要 太陽光パネルのメンテナンスとしては、太陽光で発電した電気を家庭内で使用可能にする 「パワーコンディショナー」の交換が必要になります。 交換目安は15年ほどで、交換費用は15万円~20万円が想定されます。 「パラペットルーフ」の耐用年数・メンテナンス費用 「パラペットルーフ」は、表面上に 「FRP防水」という防水膜を施工しています。 ちなみに、FRP防水というのは、ガラス繊維などの強化剤(補強材)で補強されたプラスチックで、屋上や屋上駐車場・工場床・温泉施設・プールなどに使用されているものです。 もちろん、防水膜なので、 定期的に塗り替えが必要になります。 一条工務店の無償点検 一条工務店では、家の引き渡し後に 「無償点検」をしてくれます。 前項の無償点検の説明で確認して欲しいところは、 「必要ならば・・・」という部分です。 つまり、 点検業者が必要ないと判断すれば塗り直しは行わないということです。 無償点検があるから、すべて新しい状態に改善されるということではないことを頭に入れておきましょう。 パラペットルーフは面積の確認が大切!! 「パラペットルーフ」は、さきほど説明しましたとおり、グランセゾンの特徴といえる部分です。 そのため、家の間取りによっては、広い面積をとることになる可能性があります。 アイスマートと違い、総2階(1階と2階の面積が同じ)にする必要がなく、間取りの自由度が高いグランセゾンは、 家々で間取り図が異なる分、パラペットルーフの面積も異なることになりそうです。 設計の段階から、その広さに合わせて、どのくらいのメンテナンス費用がかかるのか予測を立てていた方がいいと思います。 「スレート材」の耐用年数・メンテナンス費用 グランセゾンのスレート材には、 「コロニアルクァッド」と 「コロニアルグラッサ」の2つのものが用意されています。 そして、コロニアルクァッドは標準で使用できますが、コロニアルグラッサを使用する場合には、オプション費用がかかります。 この2つのスレート材の違いは、単純に性能であり、オプション費用がかかるコロニアルグラッサの方がメンテナンス費用がかかりません。 まとめ 一条工務店の設備は、他のハウスメーカーに比べ、丈夫でメンテナンス費用もそれほどかからないようなものが多いのが特徴です。 ただ、それでも、家づくりをするにあたっては、しっかりランニングコストとして、どの設備にどのくらいのメンテナンス費用がかかるのかは考えておいたほうがいいと思います。 特に、屋根材は、しっかりメンテナンスをしておかないと雨漏りなどの原因にもなってしまいます。 いくら一条工務店の家がしっかりしているとはいえ、メンテナンスを怠れば、それなりの被害は起こってしまいます。 ご自分と大切な家族が暮らしていくマイホームです。 良い家づくりを進めていきましょう。 これから家づくりを始める方へ 家づくりをするにあたって、何も知識のないところから進めていくのは本当に大変です。 特に、皆さんしてしまうのは、いきなり住宅展示場に足を運んでしまうこと・・・。 どのハウスメーカーを見学しても、よく見えるし、説明を受けても意味がわからないし、結局、大量のパンフレットと大きな疲労感を得るだけです。 そうならないために、まずはインターネットの力を存分に利用しましょう!! 最近では、家づくりに関するとても便利なサイトが増えてきました。

次の