あやしいわーるど みさお。 あやしいわーるど

あやしいわーるど@暫定とは

あやしいわーるど みさお

概要 [編集 ] 管理人が認めた少数の利用者が使う以外をすべてアクセス制限している。 その制限の方法も豪快で、以前は制限されたからのアクセスに対してを表示するようにしていた。 そのため、IIのURLを等にコピーペーストする遊びまで起こった。 よって、では、IIというサイトは掲示板ではなくとして知られている。 話題は着せ替え人形や同人誌など、管理人の好む内容だけに限定されており、それ以外の話題を持ち込むとすぐにアクセス制限される。 現状として、この厳しい制限のせいでIIはの中で孤立した立場に有ると言わざるを得ない。 現在は規制が若干緩和されているという見方もあるが、ページのアクセス数は最盛期と比べて著しく減少している。 それでも、においてIIがメインだった時期があることは否めず、またIIの排他政策によって、他の多くの系の掲示板が生まれる結果となったのは事実ではある。 あやしいわーるど ARENA [編集 ] あやしいわーるどIIは、「あやしいわーるど ARENA」 の名称で運営開始された。 この名称は偶然にもを彷彿とさせる。 当時、住人が集中し重くなっていた 「あやしいわーるど REQUIEM」の退避板が乱立していた。 主に無料掲示板で運営されていた「あやしいわーるど退避板」と比べ、初めてともいえるでの運営であった。 激しくリロードを繰り返す住人による掲示板スクリプトへの負荷 が著しく軽減したため、当時メイン級掲示板だった「あやしいわーるどREQUIEM」などからの住人の移動が多数あった。 なお、広報室に掲げられていた運営方針『しばさんの主催する「あやしいわーるど」が復活を遂げる日まで、いかなる事があろうとも掲示板を維持する。 』という言葉が多くの住人の支持を得ることになった。 あやしいわーるどIIへ [編集 ] 午後11時35分頃、不調により一瞬停止する。 再開したときに、「あやしいわーるどII」へと名称が変更されていた。 以後、中止期間はあれど、「あやしいわーるどII」はこの名前で続くことになる。 あやしいわーるどメイン [編集 ] 様々な住人、別の匿名掲示板からの難民などが集まり盛況となった。 管理が厳格なため非常に居心地がよく、ここで生まれた名言、テンプレ、文字絵、習慣などは多い。 特に「リバース系掲示板」は、それぞれにおいて独自の習慣を少なからず受け継いでいる。 の利用、におけるアクセス制限導入はその最たるものであると考えられる。 な雰囲気が強く、大学生など学術系の人も多かったため自由な雰囲気が保たれた。 管理体制 [編集 ] アクセス制限 [編集 ] などによる、、負荷攻撃などが横行したため、AGStarは一部のプロバイダからの接続を弾く、つまりはアクセス規制することで管理するようになる。 このことはのメイン級各板に受け継がれている。 この事での多くは個人板である、との認識が高まった。 NGワード導入 [編集 ] などによる一部の問題行動を制限するため、AGStarはNGワードを導入した。 その他、固定IP識別による強制ハンドル化などもその維持姿勢を顕著に表す。 これらの規制等は等で受け継がれており、などでも導入されている。 文化 [編集 ] アニメホーダイ [編集 ] 地上波放送などにおける、番組などの時間になると、その番組を視聴し感想をで書き込む事が日常化した。 もちろん、当時はにおけるなどの実用的運営がまだであったため、各自がそれぞれを視聴しながらその感想を述べる、化するなどのになった。 これらは日本の全域にまで広がっている。 黎明期におけるの発端の一つであるといえよう。 なお、ホーダイの由来はのに由来する。 萌えホーダイ [編集 ] 萌えホーダイ は元々「あやしいわーるど REBIRTH」の時代、終了間際にる対象を叫ぶ習慣で、「あやしいわーるどII」において劇的進化を遂げた。 これは あやしいわーるどIIと後継のなどで継続されている。 あやしいストリート [編集 ] の一区画をまるごとあやしい住人で埋め尽くし、あやしいストリートとするお遊び。 だがここから色々なが生まれていくこととなる。 関係の住人も多かったことから、活発に動きがあった。 特筆すべきは高槻、無職絵描き、saxyun、えここ、あおいまなぶ、デジカメ空白などによるの同人計画などがあった。 廃墟と化したところ、現存するところと様々である。 なお、このネットは、全体に及ぶものになっている。 ネットラジオ [編集 ] Live365. com などによる無料インターネット放送を利用した初期の 文化。 が海外のため、での等の制約が少なく、主にがあるので取り締まられた。 Live365. comの有料化で衰退したが形を変えて根強く続ける者がいる。 における初期の一例である。 過激な掲示板宣伝工作 [編集 ] Tacticsチャット、あきかん掲示板などに宣伝と称してを行う者も居た。 これらは逆に住人を増やす結果となり、宣伝となったように思われる。 このような動きは各所で多々行われており、などのグループが行ったものではないかと思われる。 その他 [編集 ] その他、メイン級と呼ばれる掲示板がにいたるまでを利用しているのはAGStarに先見の明があったからだと思われる。 なお、色濃く色の残っていた掲示板のためアクセス制限をした事が後のリバース系分裂を招き、同時にあやしいわーるどIIが衰退していく原因になったと考えられる。 各掲示板設立の経緯 [編集 ] リバース系メイン級掲示板の設立の経緯を簡単に説明する。 あやしいわーるど クリスマス島 設立の経緯 [編集 ] 相次ぐトラブル、 アクセス制限などで辟易した住人たちが後の「」を設立。 当初の名称は「とりあえずの退避用」である。 その後「あやしいわーるど ???」となり、住人の意見により「あやしいわーるど わかな」となる。 その後名の時代を経て「」で定着する。 島であるため、管理者は酋長と呼ばれている。 相談君事件 [編集 ] 、AGStarに注意されたが連日電話抗議するという事件が起こる。 この事件がきっかけでAGStarは住人に対して疑念を抱えていく事になる。 このことが後のアクセス制限になったと考えられているが定かではない。 あやしいわーるど みらい 設立の経緯 [編集 ] 、大規模なアクセス制限により退避板が乱立。 この時、に掲示板を設置した町の妖精 '-' ノによって後の「」が設立される。 当初の名前は「あやしいわーるど 暫定」である。 禁止ワード導入、アクセス制限などや、住人の傾向はII時代のものを色濃く残しており、反の傾向は最も強かった。 同時に反AGStar派が最も多かった。 更には一番人の多い掲示板でもあった。 この後、「あやしいわーるどII」ではAGStarとその身内による会話傾向と排他的指向が更に強まり、次第に住人が離反していくこととなる。 あやしいわーるど 暫定 設立の経緯 [編集 ] 、大規模なアクセス制限 により、わんだーぎゃははは主宰の「なぞ掲示板 串弁慶2002」 に強制的に転送されるという事態が起きる。 あまりにも多くの住人が転送されたため串弁慶掲示板の反応が重くなり、退避板の必要性に迫られる。 この時、との相談の上、に退避板を設置した下衆ナッツ、の2人によってに、後のが設立される。 当初の管理を見かねて宇多田レイパーも参画し、3人体制の管理となる。 ごく初期の名前は「nameless」 で、その後、宇多田レイパーによって「あやしいわーるど(暫定名)」 に変更された。 この後住人投票により「」となる。 運営について [編集 ] 住人はほぼ固定メンバーとなりながらも運営は続けられている。 その後の元II難民 [編集 ] II以外のそれぞれの掲示板に多数いる。 通称弾かれ難民。 管理者であるAGStarはそのカリスマ性で時々話題に上ることもある。 これは厳格な管理能力が評価される反面、反感をもかう結果になっているが、みな、おおむね好意的である。 だが徹底的に嫌う住人もいる。 の成立かつ周知、その他善管注意義務周知などの社会的向上により現在では行われていない。 Live365. com• 参考文献 [編集 ]• ばるぼら 『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』翔泳社 2005年5月10日 ISBN 978-4798106571 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]•

次の

あやしいわーるど@みさお 広報室

あやしいわーるど みさお

ご挨拶 皆様こんにちは、アイクリニック大井町院長の愛新覚羅 維(あいしんかくら い)です。 私は2007年に名古屋大学医学部を卒業し、東京大学医学部附属病院で2年間初期臨床研修を受けた後、2009年に東京大学医学部眼科学教室に入局しました。 2009年より東京大学医学部附属病院眼科に勤務し、角膜外来と円錐角膜外来を中心に担当させて頂きましたが、眼瞼下垂、眼瞼けいれん、ドライアイ、緑内障、黄斑変性、糖尿病網膜症、ぶどう膜炎など様々な疾患も数多く経験し、難病指定医に認定されております。 2017年に東京大学医学博士号も取得しました。 その後、東京逓信病院での勤務を経て、2018年よりアイクリニック大井町院長に就任致しました。 長年臨床に携わってきた多くの知識、経験、技術を生かし、患者様の訴えにじっくり耳を傾け、わかりやすい説明を心がけ、一人一人に合わせた最適な治療を提供するように努めて参ります。 また、英語と中国語も対応できますので、目にお困りのことがございましたらいつでもお気軽にお越しください。 土日祝日も平常通り診療を行っております。 温かみや優しさをモットーに、長く愛されるクリニックを目指し、地域の皆様の健康のお役にたてるようにスタッフ一同努力して参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。 受賞歴 アジア太平洋白内障屈折矯正手術学会 Asia-Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons APACRS annual meeting 2016、学会最優秀演題賞を受賞 Wei Aixinjueluo, Tomohiko Usui, Takashi Miyai, Tetsuya Toyono, Satoru Yamagami. 「Transepithelial Corneal Crosslinking for Progressive Keratoconus: Clinical Results of 24 Months」、2016. 2 インドネシア・バリ島• 1 論文• Aixinjueluo W, Furukawa K, Zhang Q, Hamamura K, Tokuda N, Yoshida S, Ueda R, Furukawa K. Mechanisms for the apoptosis of small cell lung cancer cells induced by anti-GD2 monoclonal antibodies: roles of anoikis. J Biol Chem. 2005 Aug 19;280 33 :29828-36• Aixinjueluo W, Usui T, Miyai T, Toyono T, Sakisaka T, Yamagami S. Accelerated transepithelial corneal crosslinking for progressive keratoconus: a prospective study of 12 months. British Journal of Ophthalmol. 2017 Sep;101 9 :1244-1249. Epub 2017 Jan 5. Aixinjueluo W, Usui T, Miyai T, Toyono T, Sakisaka T, Yamagami S. Accelerated transepithelial corneal crosslinking for progressive keratoconus: a prospective study of 12 months. British Journal of Ophthalmol. 2017 Sep;101 9 :1244-1249. Epub 2017 Jan 5. Furukawa K, Aixinjueluo W, Kasama T, Ohkawa Y, Yoshihara M, Ohmi Y, Tajima O, Suzumura A, Kittaka D, Furukawa K. Journal of Neurochemistry. 105 3 : 1057-1066, 2008. Mimura T, Usui T, Mori M, Aixinjueluo W, Funatsu H, Noma H, Amano S. Immunochromatographic assay for measurement of total IgE in tears, nasal mucus, and saliva of patients with allergic rhinoconjunctivitis. J Asthma. 2010 Dec;47 10 :1153-60. Mimura FT, Usui T, Mori M, Funatsu H, Noma H, Aixinjueluo W, Yamamoto H, Amano S. Rapid immunochromatography of total tear immunoglobulin E in allergic conjunctivitis with Allerwatch. J Investig Allergol Clin Immunol. 2010;20 7 :627-8. Mimura T, Usui T, Mori M, Funatsu H, Noma H, Yamamoto H, Aixinjueluo W, Amano S. Relation between total tear IgE and specific serum IgE in seasonal allergic conjunctivitis. Cornea. 2011 Jul;30 7 :790-5. Mimura T, Usui T, Mori M, Funatsu H, Noma H, Yamamoto H, Aixinjueluo W, Amano S. Relationship between total tear and serum IgE in allergic conjunctivitis. Int Arch Allergy Immunol. 2011;154 4 :349-52. 愛新覚羅維、三嶋弘一、唐川綾子、相原一「長期的な外傷性低眼圧症に対して低侵襲小切開経強膜毛様体縫合術が奏効した1例」、『臨床眼科』66巻7号P. 1045-1051 (2012. 07)• 愛新覚羅維、蕪城俊克、臼井智彦、天野史郎「妊娠中に発症したVogt・小柳・原田病に対してステロイドパルス療法を行った症例」、『眼科臨床紀要』5巻10号P. 991 2012. 小畑亮、柳靖雄、愛新覚羅維、辻英貴「孤立性脈絡膜血管腫に対して光線力学療法を行った1症例」、『眼科手術』23巻P. 184 2009. 愛新覚羅維「新しい角膜クロスリンキング治療」、『眼科手術』 Vol. 30 No. 2 P. 281-284 2017. 愛新覚羅維「屈折矯正手術:改良型クロスリンキング」、『あたらしい眼科』 Vol. 34 P. 677-678 No. 05 2017. 愛新覚羅維 「特集 円錐角膜:角膜クロスリンキング」、『IOL&RS』 Vol. 32 No. 1 P. 33-38 2018. 愛新覚羅維 「Dr. 探偵!疾患スクープ:円錐角膜」、『眼科ケア』 Vol. 20 No. 6 P. 94-96 2018. 愛新覚羅維「屈折矯正手術セミナー:Epi-onクロスリンキング」、『あたらしい眼科』 Vol. 35 P. 791-792 No. 06 2018. 坂田礼、三嶋光一、愛新覚羅維、荒木章文、井上達也、高尾宗由之、相原一 「前眼部光干渉断層計を用いた毛様体解離の診断と外科的治療法の選択」、『日本眼科學会雑誌』Vol. 122 No. 11 P875-887 2018. 11 1 国際学会• Miyuki Nagahara, Wei Aixinjueluo, Ayako Karakawa. 「Evaluation of Clinical Outcomes after Side Ports Lensectomy and Intraocular Lens Trans-Scleral Sulcus Suture Fixation in Pediatric Marfan Syndrome. 」the World Ophthalmology Congress 2014, 2014. 3 Japan・Tokyo• 18 USA・San Diego• Wei Aixinjueluo, Tomohiko Usui, Takashi Miyai, Tetsuya Toyono, Satoru Yamagami. 「Transepithelial Corneal Crosslinking for Progressive Keratoconus: Clinical Results of 24 Months」、Asia-Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons APACRS annual meeting 2016, 2016. 2 Indonesia・Bali• Wei Aixinjueluo, Tomohiko Usui, Takashi Miyai, Tetsuya Toyono, Satoru Yamagami. 11 Denmark・Copenhagen• Wei Aixinjueluo, Takashi Miyai, Tetsuya Toyono, Tomohiko Usui. 「Transepithelial Corneal Crosslinking for Pellucid marginal degeneration: Clinical Results of 12 Months」 Asia-Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons APACRS annual meeting 2017、2017. 3 China・Hangzhou 2 国内学会• 愛新覚羅維、吉田祥子、古川圭子、章青、浜村和紀、原和志、古川 鋼一「抗GD2抗体により誘導される小細胞性肺癌細胞のアポト-シスのメカニズム」、『第77回日本生化学会』4P-026、口頭発表、2004. 10、横浜• 愛新覚羅維、三村達哉、臼井智彦、本田紀彦、天野史郎「アレルウォッチを用いた涙液、唾液、鼻汁中の総IgE測定」、『第63回日本臨床眼科学会 』、ポスター発表、2009. 10、福岡• 愛新覚羅維、三嶋弘一、唐川綾子、相原一「長期的な外傷性低眼圧症に対して低侵襲小切開経強膜毛様体縫合術が奏効した1例」、『第65回日本臨床眼科学会』 展示13-16、ポスター発表、2011. 10、東京• 愛新覚羅維、三村達哉、臼井智彦、山上聡、天野史郎「両眼性角膜輪部上皮機能不全に対する自家培養結膜上皮シート移植の1症例」、『第36回日本角膜学会総会』P026 、ポスター発表、2012. 2、東京• 愛新覚羅維、蕪城俊克、臼井智彦、天野史郎「妊娠中に発症したVogt・小柳・原田病に対してステロイドパルス療法を行った症例」、『第774回東京眼科集団会』、口頭発表、2012. 5、東京• 島崎潤、加藤直子、愛新覚羅維、井手武 インストラクションコース「円錐角膜の新しい治療 」、『第29回JSCRS学術総会』インストラクションコース発表、2014. 6、福岡• 島崎潤、加藤直子、井手武、小島隆、愛新覚羅維、許斐謙二 「円錐角膜の新しい治療 」、『第30回JSCRS学術総会』インストラクションコース発表、2015. 6、東京• 愛新覚羅維、臼井智彦、宮井尊史、豊野哲也、山上聡 「Clinical Results of Accelerated Transepithelial Crosslinking 」、『第69回日本臨床眼科学会』 、口頭発表、2015. 10、名古屋• 愛新覚羅維、臼井智彦、宮井尊史、豊野哲也、山上聡 「Clinical Results of Corneal Crosslinking for Pellucid Marginal Degeneration 」、『角膜カンファランス2016』 、口頭発表、2016. 2、軽井沢• 愛新覚羅維、臼井智彦、宮井尊史、豊野哲也、山上聡「角膜クロスリンキングの術後2年の臨床治療成績」、『第120回日本眼科学会総会』、ポスター発表、2016. 7 仙台• 愛新覚羅維、臼井智彦、宮井尊史、豊野哲也、山上聡「角膜クロスリンキングの中期臨床治療成績」、『第31回JSCRS学術総会』、口頭発表、2016. 6、京都• 島崎潤、加藤直子、井手武、小島隆、愛新覚羅維、許斐謙二 インストラクションコース「円錐角膜の新しい治療 」、『第31回JSCRS学術総会』、2016. 6 京都• 加藤直子、小島隆司、脇舛耕一、愛新覚羅維、森秀樹、平岡孝浩、許斐健二 インストラクションコース「一から学ぶ円錐角膜~明日から迷わない対処方法」、『第70回日本臨床眼科学会』、2016. 4 京都• 愛新覚羅維、臼井智彦、宮井尊史、豊野哲也、山上聡「角膜クロスリンキングの長期臨床治療成績」、『第70回日本臨床眼科学会』、口頭発表、2016. 6 京都• 愛新覚羅維、宮井尊史、豊野哲也、臼井智彦「ペルーシド角膜辺縁変性に対する角膜クロスリンキングの術後1年治療成績」、『角膜カンファランス2017』2016. 18 福岡• 愛新覚羅維、宮井尊史、豊野哲也、臼井智彦「角膜クロスリンキングの治療成績に影響する因子の解析」、『第121回日本眼科学会総会』、2017. 6 東京• 島崎潤、加藤直子、井手武、愛新覚羅維、神谷和孝、許斐謙二、小島隆司 インストラクションコース「角膜クロスリンキング 急性水腫・角膜移植0を目指して!」、『第32回JSCRS学術総会』2017. 23 福岡• 許斐謙二、前田直之、森秀樹、脇舛耕一、愛新覚羅維、神谷和孝 シンポジウム「円錐角膜の診断と治療・角膜クロスリンキングの実力と限界」、『第32回JSCRS学術総会』2017. 25 福岡• 加藤直子、小島隆司、井手武、戸田郁子、森秀樹、愛新覚羅維 インストラクションコース「円錐角膜治療ABC 」、『第71回日本臨床眼科学会』2017. 12 東京• 許斐謙二、小島隆司、愛新覚羅維、戸田郁子、神谷和孝、加藤直子 インストラクションコース「角膜クロスリンキング 基礎から最近の話題まで」、『第33回JSCRS学術総会』2018. 1 東京• 加藤直子、小島隆司、戸田郁子、愛新覚羅維、東原尚代 インストラクションコース「円錐角膜治療ABC 」、『第72回日本臨床眼科学会』、2018. 11 東京.

次の

あやしいわーるど@Links

あやしいわーるど みさお

あやしいわーるど@転載 退避 あやしいわーるど@転載 退避 投稿者 メール 題名 内容 (適当に改行を入れてください。 タグは使えません。 過去の情報と精査し、悪質な書き込み者の情報公開をさせていただきます。 投稿元IP:182. 251. 118. 9remote host:KD182251118009. au-net. jp投稿元IP:222. 147. 4remote host:p1528004-ipbf1318akatuka. ibaraki. ocn. jpこの書き込みについて、個人の特定をしていきます。 eonet. jp、ngn. ppp. infoweb. bbtec. 矢鮒に大憎悪。

次の