ジョーンズ ラング ラサール 株式 会社。 株式会社丹青モールマネジメントの完全グループ会社化およびリブランドについて|ジョーンズ ラング ラサール株式会社のプレスリリース

株式会社丹青モールマネジメントの完全グループ会社化およびリブランドについて|ジョーンズ ラング ラサール株式会社のプレスリリース

ジョーンズ ラング ラサール 株式 会社

同日付で、丹青モールマネジメントは社名をJLLモールマネジメント株式会社とし、役員体制も変更いたしました。 旧・丹青モールマネジメントは、マルチテナント型ショッピングモールを中心に商業用不動産のプロパティマネジメントを手掛けており、これにより、JLLは日本市場における商業施設運営管理サービスを拡充していきます。 今後、JLLの強みであるグローバルなサービス体制と数多くのバリューアップ実績、旧・丹青モールマネジメントが有する多様なリテール機能と専門性の高いマネジメントスタッフを融合し、より柔軟で質の高いリテールサービスを提供して参ります。 代表取締役社長 飯尾 太一 JLL不動産運用サービス副事業部長 兼 リテールグループヘッド 取締役 戸田 裕二 JLL CFO 監査役 森峰 晋平 JLL法務部長 JLLについて JLL(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、包括的な不動産サービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。 フォーチュン500に選出されているJLLは、世界80ヵ国、従業員約70,000名、280超拠点で展開しており、総売上高は60億米ドル、年間の手数料収入は約52億米ドルに上ります(2015年12月31日時点)。 2015年度は、プロパティマネジメント及び企業向けファシリティマネジメントにおいて、約3億7,200万㎡(約1億1,200万坪)の不動産ポートフォリオを管理し、1,380億米ドルの取引を完了しました。 JLLグループで不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネジメントは、総額597億米ドルの資産を運用しています。 JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッドの企業呼称及び登録商標です。 www. jll. com JLLのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在16ヵ国、94事業所で36,000名超のスタッフを擁しています。 JLLは、2016年インターナショナル・プロパティ・アワード・アジア・パシフィックにて、合計15の賞を受賞しまし、リアル・キャピタル・アナリスティックスより、アジア太平洋地域のトップ投資アドバイザーに選出されています。 www. jll. com JLL日本法人の詳細な情報はホームページをご覧下さい。 www. joneslanglasalle.

次の

JLLについて| JLL日本

ジョーンズ ラング ラサール 株式 会社

ジョーンズ ラング ラサール(JLL)の日本法人は5月26日、国内外の投資家を対象にしたアンケート「新型コロナウイルスによる不動産市場への影響」の結果を公表した。 それによると、新型コロナ禍にありながらも、投資家の67. 2%が「価格調整があれば新規投資を積極的に行う」、また、7. 7%が「物件のクオリティさえよければ新型コロナウイルス発生前と変わらぬ価格で新規投資を積極的に行う」と回答し、不動産投資に積極的な考えを示している。 <投資セクターで「物流」が3位に> 投資分野を問う質問では、「物流」と回答した割合が全体の17%と、「オフィス」の22. 6%、「レジデンシャル(賃貸住宅)」の22. 3%に次ぐ3位にランクインした。 物流施設は、テナントとの契約形態が長期であることや、景気後退局面に強いインフラ系不動産であることに加え、新型コロナウイルスの影響による生活必需品の需要増加などが追い風となり、関心度が向上したようだ。 投資ロケーションを問う内容への回答では、「東京都心5区」が16. 5%、「首都圏全域」が14. 7%、「東京23区」が14. 3%とトップ3を占め、約5割の投資家が首都圏への投資に意欲を見せた。 首都圏以外では、「福岡」が11. 7%、「大阪都心3区」が11. 1%、「名古屋圏」が10. 5%と、地方都市への投資意欲の高さも伺える。 中でも、福岡はアジア主要都市や九州全域への地理的優位性や、職住近接の環境、中心部から1時間以内でアクセスできる物流拠点の存在などから投資家の注目を集めている。 この調査は、4月20~27日にかけて、デベロッパーや、AM・資産管理会社、国内ファンド、J-REIT・私募REIT、不動産賃貸業、海外ファンド、ビルオーナー、事業会社、金融機関、保険会社などを対象に行われたもの。 最新ニュース• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日).

次の

JLL、日系不動産鑑定会社の株式を取得 多様化する国内外からのニーズに対応 ..(ジョーンズ ラング ラサール株式会社 プレスリリース)

ジョーンズ ラング ラサール 株式 会社

2019年5月31(金)現地約定分から、米国に上場している300銘柄の取扱いを開始します。 また、お客様より取扱いのご要望をいただいていた銘柄も多数取扱い開始します。 2009年に設立された植物性たんぱく質人工肉を製造する食品テクノロジー会社。 近年、ビーガンやベジタリアンと呼ばれる菜食主義者の人口が欧米を中心に増加しており、その菜食主義者も食べることができる代替肉の製造を手掛ける新興企業として注目を集めている企業です。 世界的大手総合不動産サービス会社。 1783年設立のJones Lang Woottonと、1968年設立のLaSalle Partnersが1999年に合併し、同社が誕生しました。 現在では、世界80ヶ国で事業を展開しています。 同社は、リース、不動産施設管理、不動産開発、ホテル、アドバイザリー・コンサルティング、インベストメント・マネジメントなど不動産に関わる様々なサービスを提供しています。 今後も随時、取扱い銘柄を追加していきますので、ご期待ください! 外国株式のリスクと費用について 外国株式等の取引にかかるリスク 外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。 また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。 上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。 外国株式等の取引にかかる費用 1回のお取引金額で手数料が決まります。 分類 取引手数料 米国株式 約定代金の0. 45%(0. 495%)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:20米ドル(22米ドル) 中国株式 約定代金の0. 5%(0. 55%)・最低手数料:500円(550円)・上限手数料:5,000円(5,500円) アセアン株式 約定代金の1. 00%(1. 詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。

次の