白血球数 変動。 聴力が変動するメニエール病。 : 白血球数にこだわっています。

聴力が変動するメニエール病。 : 白血球数にこだわっています。

白血球数 変動

白血球は、身体の組織に侵入した細菌や異物を取り込み、消化・分解したり、免疫の働きをしています。 つまり白血球が増加したり、減少したりするということは、身体のどこかに細菌などが入り込んだり、炎症を起こしたりしていることを示しています。 そのため多少の変動はあまり気にする必要はありません。 基準となるのは、男女ともに、1ミリ立方メートルのなかに4000〜9000個。 また上下一割程度は許容範囲と考えていいでしょう。 ただ基準値内でも、同じような状態で検査をして、以前の検査値と大きく変動した場合は注意が必要です。 特に恐ろしいのが白血病で、白血球数が10万個以上になることも珍しくありません。 逆に数値が低い場合には、膠原病、再生不良性貧血、悪性貧血、敗血症やウイルス感染などが考えられます。 できれば午前中に検査することが望ましいでしょう。 また、運動やストレスによっても白血球数は増えるので、心身共に安静にし、落ち着いた状態で検査を受けてください。

次の

白血球数(WBC)の読み方|「細菌感染症の有無・重症度、 敗血症の有無」を読む検査

白血球数 変動

高値時 低値時• 扁桃炎• 急性虫垂炎• 腎盂炎• 胆嚢炎• 白血病• 心筋梗塞• 再生不良性貧血• 敗血症• 急性骨髄性白血病• 抗がん剤の投与• 薬剤障害• 全身性エリテマトーデス 肺炎などの感染症にかかると白血球数は増えますが、症状が治まるとともに白血球数も減っていきやがて正常値に戻ります。 なかでも直ちに対応すべきなのは白血病と敗血症です。 敗血症は、腎盂炎や肺炎などもともとあった疾患の病原菌が血液に入り込んだもので、それが増殖すると重症化するおそれがあるため、早急な対応が必要です。 ケアはこうする 激しい運動や喫煙は白血球数が増えることがあるため、白血球が増加しているときはできるだけ行わないでください。 また、栄養状態が悪いと衰弱してしまうため、高カロリーかつ高たんぱくの食事を摂るようにしましょう。 白血球数が少なくなったときは感染症にかかりやすくなっているため、食事は十分に加熱し、生ものなどはできるだけ避けましょう。 また感染しないように患者さん、介助者とも清潔を保ち、介助者はできればスタンダードプリコーション(標準感染予防策)を実施したほうがよいでしょう。 白血球数が少ないと、通常ならすぐに無害化してしまう細菌なども無害化できず、身体に大きな影響を及ぼしてしまいます。 その点に留意してケアにあたることが、とても重要になります。

次の

白血球数(はっけっきゅうすう)とは

白血球数 変動

眠気 、 不眠 、 手指振戦 、 物忘れ 、 しびれ 、 顔面潮紅 、 動悸 、 熱感 、 心電図異常 、 ST低下 、 T波逆転 、 血圧低下 、 胸痛 、 心胸郭比上昇 、 頻脈 、 房室ブロック 、 冷感 、 期外収縮 、 徐脈 、 嘔気 、 嘔吐 、 腹痛 、 便秘 、 腹部膨満感 、 口渇 、 歯肉肥厚 、 胸やけ 、 下痢 、 過敏症 、 発疹 、 発赤 、 そう痒感 、 光線過敏症 、 白血球数変動 、 好中球変動 、 ヘモグロビン変動 、 赤血球数変動 、 ヘマトクリット変動 、 好酸球変動 、 リンパ球変動 、 浮腫 、 顔浮腫 、 下肢浮腫 、 全身倦怠感 、 頻尿 、 血清コレステロール上昇 、 CK変動 、 CPK変動 、 尿酸変動 、 血清K変動 、 血清P変動 、 脱力感 、 腓腸筋痙直 、 眼周囲乾燥 、 目充血刺激感 、 味覚異常 、 尿糖陽性 、 空腹時血糖変動 、 総蛋白変動 、 血清Ca変動 、 CRP変動 、 咳嗽 、 耳鳴• 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 2).血小板減少:血小板減少が現れることがあるので、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。 2).腎臓:(頻度不明)クレアチニン上昇・尿素窒素上昇、尿蛋白陽性、尿沈渣陽性。 3).精神神経系:(頻度不明)頭痛、頭重感、眩暈、立ちくらみ、肩こり、眠気、不眠、手指振戦、物忘れ、しびれ。 4).循環器:(頻度不明)顔面潮紅、動悸、熱感、心電図異常(ST低下、T波逆転)、血圧低下、胸痛、心胸郭比上昇、頻脈、房室ブロック、冷感、期外収縮、徐脈。 5).消化器:(頻度不明)嘔気・嘔吐、腹痛、便秘、腹部膨満感、口渇、歯肉肥厚、胸やけ、下痢。 6).過敏症:(頻度不明)発疹、発赤、そう痒感、光線過敏症[このような症状が発現した場合には、投与を中止する]。 7).血液:(頻度不明)白血球数変動、好中球変動、ヘモグロビン変動、赤血球数変動、ヘマトクリット変動、好酸球変動、リンパ球変動。 8).その他:(頻度不明)浮腫(顔浮腫、下肢浮腫等)、全身倦怠感、頻尿、血清コレステロール上昇、CK変動(CPK変動)・尿酸変動・血清K変動・血清P変動、脱力感、腓腸筋痙直、眼周囲乾燥、目充血刺激感、味覚異常、尿糖陽性、空腹時血糖変動・総蛋白変動・血清Ca変動・CRP変動、咳嗽、耳鳴。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。 (慎重投与) 1.重篤な肝機能障害のある患者[血中濃度が上昇する可能性がある]。 2.カルシウム拮抗剤による重篤な副作用発現の既往のある患者。 3.高齢者。 (重要な基本的注意) 1.カルシウム拮抗剤の投与を急に中止したとき、症状が悪化した症例が報告されているので、本剤の休薬を要する場合は徐々に減量し、観察を十分に行う。 なお、5mg投与より休薬を要する場合には他剤に変更する等の処置をとる。 また、患者に医師の指示なしに服薬を中止しないように注意する。 2.降圧作用に基づく眩暈等が現れることがあるので高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させる。 (相互作用) 本剤は、主として薬物代謝酵素CYP3A4及び一部CYP2C19で代謝される。 併用注意: 1.降圧作用を有する薬剤[血圧が過度に低下する恐れがある(相加的あるいは相乗的に作用を増強することが考えられている)]。 2.ジゴキシン[他のカルシウム拮抗剤<ニフェジピン等>でジゴキシンの血中濃度を上昇させることが報告されているので、ジゴキシン中毒症状<悪心・嘔吐・頭痛・視覚異常・不整脈等>が認められた場合、症状に応じジゴキシンの用量を調節又は本剤の投与を中止するなど適切な処置を行う(機序は完全には解明されていないが、ジゴキシンの腎及び腎外クリアランスが減少するためと考えられている)]。 3.シメチジン[他のカルシウム拮抗剤<ニフェジピン等>の作用が増強されることが報告されている(シメチジンが肝血流量を低下させ、カルシウム拮抗剤の肝ミクロソームでの酵素代謝を抑制する一方で、胃酸を低下させ、カルシウム拮抗剤の吸収を増加させるためと考えられている)]。 4.リファンピシン[他のカルシウム拮抗剤<ニフェジピン等>の作用が減弱されることが報告されている(リファンピシンにより誘導された肝薬物代謝酵素(チトクロームP450)がカルシウム拮抗剤の代謝を促進し、クリアランスを上昇させるためと考えられている)]。 5.アゾール系抗真菌剤(イトラコナゾール、ミコナゾール等)[本剤の血中濃度が上昇する恐れがある(アゾール系抗真菌剤が本剤の薬物代謝酵素のCYP3A4を阻害するためと考えられる)]。 6.グレープフルーツジュース[本剤の血中濃度が上昇することが確認されている(発現機序の詳細は不明であるが、グレープフルーツジュースに含まれる成分が本剤の薬物代謝酵素のCYP3A4を抑制するためと考えられる)]。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では、過度の降圧は好ましくないとされていることから、高齢者に使用する場合は、低用量(例えば5mg)から投与を開始し、経過を十分に観察しながら慎重に投与することが望ましい。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない[動物実験(ラット)で、胎仔毒性並びに妊娠期間延長及び分娩時間延長が報告されている]。 2.授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を中止させる[動物実験(ラット)で、母乳中へ移行することが報告されている]。 (小児等への投与) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (保管上の注意) 遮光、開封後防湿。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の