リクルートエージェント 変更。 【2019年版】リクルートエージェントはIT転職に強い?評判や悪い口コミを解説

「転職支援サービス利用規約」および「個人情報の取り扱いについて」|転職のリクルートエージェント

リクルートエージェント 変更

多くの人が相性が良いと感じる、いわゆる "仕事のできる担当キャリアアドバイザー"の条件を具体的に挙げると、以下になります。 dodaエージェントで担当者を変更することは可能か では、dodaエージェントで担当者を変更することは可能なのかどうかですが、結論を言うと、 もちろん変更は可能です。 メール・電話、あるいは専用の担当者変更フォームを用いて変更を申し入れることで、担当キャリアアドバイザーを変更することができます。 おそらく担当者変更を申し出た際に聞かれると思うので理由は言わざるを得ない場面になると思うのですが、その際にきちんと、 ・どういう部分が合わないと感じたのか ・次の担当者にはどのようなことを期待するのか 上記2点をきちんと整理して、今の担当者を変更しなければならないことを相手に伝えましょう。 もちろん本人に直接言えるのであればそれに越したことはないですが、中々そうは行かない場合もあるかと思いますので、本人に直接言うのは極力避けましょう。 言い方としては、おそらく電話であれば受電担当者が出るかと思うので、その際に その受電担当者に直接変更を申し出る、メールで言う場合は、 いつも担当者とやりとりしているメールアドレスとは違うアドレスに変更の申し出を書いて送る、 これらの方法が効果的です。 担当者変更を申し出るメール例文は下記のようなイメージで、あくまでも柔らかい伝え方を意識しておきましょう。 理由としては、 ・〜〜〜〜〜〜 ・〜〜〜〜〜〜 上記点となります。 人生において重要な分岐点となる 転職活動を必ず成功させたいと 思っております。 何卒よろしくお願い申し上げます。 担当者変更ではなくdodaを変更するのもアリ 今回はdodaエージェント内で担当者を変更する際について解説して参りましたが、転職エージェントそのものを変える選択肢も検討すべきです。 同じdodaエージェント内で担当者変更を申し出たとしても、あなたが転職したい業界や職種の担当者が、その担当者しかいない場合も十分想定できるからです。 なのでもし転職エージェントを変える場合は、dodaエージェントと同規模か、それ以上の規模と実績を誇る がダントツでオススメです。 リクルートエージェントは業界No. 1の実績と規模を誇るエージェントで一度は耳にしたこともあるかと思いますが、dodaよりも多い 約20万件という圧倒的な求人数を保有しています。 ただし、 「リクルートエージェントの担当者は冷たい」「マニュアル対応しかされなかった」という口コミも散見されるので、他の選択肢としてはパソナキャリアもお勧めです。 はリクルートエージェントやdodaに紹介される求人数こそ少なくはなりますが、担当キャリアアドバイザーの親身さは圧倒的に群を抜いていて、2019年度顧客満足度No. 1を獲得しているんですね。 1を獲得 相性の良い担当キャリアアドバイザーと出会えるまで複数の転職エージェントを併用することは何も悪いことではないですし、むしろ転職満足率を最大化させる効果があります。 というのも、実は転職活動において 「納得のいく転職を実現させた人は転職エージェントを平均4. 2社併用している」というデータもあるくらいなんですね。

次の

リクルートエージェントは担当のキャリアアドバイザーを変更できる?担当者を変更する方法

リクルートエージェント 変更

Contents• 大手転職エージェントの担当者変更方法 転職エージェントとそりが合わない場合、最悪エージェントを変更する事ができます。 特に大手の転職エージェントであれば変更しやすいため、すぐに連絡して変更してもらいましょう。 以下主要転職エージェントの担当者変更方法です。 リクルートエージェントの担当者変更方法 リクルートエージェントの担当者の変更は以下のフォームから可能です。 dodaの担当者変更方法 以下リンクから変更の申請が可能です。 マイナビエージェントの担当者変更方法 マイナビエージェントの変更方法は不明です。 少しハードルが高いですが、担当者に直接連絡して、変更してもらうしか方法はなさそうです。 パソナキャリアの担当者変更方法 パソナキャリアについても問い合わせページは無いようなので、電話での問い合わせ、もしくは担当のキャリアアドバイザーに連絡する形になります。 ちなみに、パソナキャリアの担当者の選定方法が記載されていたので、引用いたします。 今までのご経験業界・お住まいの地域をもとに担当アドバイザーを決定いたします。 業界の事情や仕事内容にも精通していますので、転職に関する疑問・不安などお気軽にご相談ください。 ご経験の業界からの異業界への転職のノウハウも蓄積していますので、他の業界を希望される方もお気軽にご相談ください。 パソナキャリア 担当者を変更するかどうかの判断方法 担当者を変更した方が良い場合 担当者を変更した方が良い場合を以下に列挙します。 エージェントのレスポンスが遅い 担当のエージェントによっては、レスポンスが遅い場合があります。 レスポンスが遅い理由はいろいろあるのですが、主に以下の理由です。 エージェントが転職者をかかえ過ぎている• あなたが転職できないと、エージェントが思っている• あなたとの相性が悪いと、エージェントが感じている まず1. ですが、転職エージェントにも忙しい時期とそうでない時期があります。 原因は転職者の面接がどんどん決まり、仕事が集中するような状況です。 あなたを担当するエージェントがその状況に陥っている可能性があります。 次に2,3の「あなたのことを転職させる気がない」パターンです。 これはあなたがどう思うかではなく、エージェントが一方的にそう思っている可能性が高いので、担当者をすぐに変えてもらうべきです。 いずれにせよ、レスポンスが遅い場合は変えてもらいましょう。 あなたがエージェントの能力を疑っている場合 転職エージェントがあなたの業界についてあまり詳しくない場合というのがもちろんあります。 それは特にリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの総合転職エージェントで起こりやすいです。 あなたより業界に詳しくないということは、良い会社も当然知りませんし、あなたの能力がどれくらい評価されるべきかも判断できません。 転職エージェントがどれくらいあなたの業界に詳しいかは、あなたにとっての死活問題です。 こういう場合はすぐに担当者を変更してもらうか、専門系転職エージェントに変更すべきです。 担当者を変更しない方が良い場合 あなたが「担当者を変えたい」と思った時点で、変更すべきなのですが、ひとつ気をつけないといけない場合があります。 担当者が業界に対して非常に詳しく地方である場合 たとえばあなたが非常にマイナーな業界でさらに地方で働いている場合、転職エージェントが不足している可能性があります。 そこであなたが「転職エージェントを変えてください!」と申し入れたとして、転職エージェント側は「他にエージェントがいません!」となると、そのエージェントとずっと付き合って行かないと悪いうえに、担当変更できないという状態になります。 そういう場合は転職エージェントの会社ごと変えてしまいましょう。 エージェント変更理由別の選び方 変更しても状況が変わらない場合は会社ごと変えてしまうのがオススメです。 状況によって大手転職エージェントにするか、中小のエージェントにするか決めましょう。 連絡が多すぎてついていけない場合 もし、連絡が多すぎて困っている場合は、基本的に大手の転職エージェントがおすすめです。 「リクナビエージェントでダメだったのに、マイナビエージェントに変えても同じだろ。。 」と思うのは当然なのですが、いかんせん小さい転職エージェントは歩合制の場合が多いので、今よりもさらに連絡がくる可能性が高いです。 他の大手転職エージェントを使ってみて、いい担当者が着くのを祈りましょう。。 逆にエージェントの対応が遅くて困っている場合 この場合は大手エージェントでも、小さいエージェントでも問題ないので、とりあえず使っているエージェント以外で登録してみましょう。 総合系のエージェントでもいいですし、専門系(IT特化など)のエージェントを使ってみるのもありです。 エージェントのリスト 総合系転職エージェント• (最大手。 スマホから簡単入力可能。 選ぶのに迷ったらおすすめ)• (CMやっている老舗。 ハイキャリアに強み)• (20代専門。 マイナビに馴染みがある人)• (大手。 スマホからは登録しずらい。 マイナビに馴染みがある人) 専門系• リクナビメディカル: 変更後に転職エージェントに嫌われないように あなたに問題がある可能性も 転職エージェントが嫌う応募者も確実に存在します。 「単純にどこにも受かりそうにない経歴の応募者」だけでなく、性格や態度、振る舞いが無礼な転職者はエージェントに嫌われます。 転職エージェントに嫌われる = いい案件を紹介してもらいにくくなる そうならないためにも、最低限守るべきことをチェックしておきましょう。 来たメールはその日のうちに返信する。 当たり前の事ですが、来たメールについては必ずその日のうちに返信しましょう。 これは担当者から嫌われるだけでなく、案件を紹介してもらいにくくなります。 もしあなたが転職エージェントならすぐに返信が返ってくる人と、ほとんど返信が返ってこない人のどちらにいい案件、会社を紹介したくなりますか?もちろん会社の利益のことを考えてメールのことなど気にせず割り切って仕事をしてくれる人もいるのですが、担当者次第ではきちんと対応してくれなくなります。 エージェントには全て伝えておく あなたが転職エージェントに何かを伝えないことのメリットはほとんどありません。 よくあるのが、 転職エージェントを複数使っている場合に、転職エージェントに言いにくいからといって「1つしか使っていない」という嘘です。 これをやられると、転職エージェントにとっては非常にやりずらく、「紹介数に対して応募が極端に少ないな」など相手から不信感を抱かれる典型的な例です。 「1つしか使っていない」と言えば、確かにそれだけ手厚く紹介してもらえそうな気がしますが、経験豊富なエージェントは簡単に見抜きますし、そうなった場合、常に転職エージェントとの心理戦になります。 基本的には転職エージェントは味方なので、変なところで裏切ると、間違いなく逆効果になります。

次の

リクルートエージェントの面談に断られたときの対処法

リクルートエージェント 変更

リクルートエージェントの担当変更の基準 リクルートエージェントの公式HPには 担当の変更が可能と記載がありますが、状況によっては変更が難しい場合もあります。 希望する業界・職種に詳しいキャリアアドバイザーが他の求職者で手一杯• 転職を希望する地方にキャリアアドバイザーが少ない …など 明確な基準は公表されていないので、担当の変更を希望するなら一度リクルートエージェントに相談してみましょう。 リクルートエージェントの担当を変更するべきかの判断方法 リクルートエージェントでは何度も担当者の変更はできません。 変更を依頼する前に「本当に担当を変更するべきか」もう一度よく考えてみてください。 担当者を変更しない方が良い場合 下記に当てはまる場合は優秀なキャリアアドバイザーの可能性が高いため、 担当変更をしても状況が悪くなってしまうかもしれません。 面談での聞き取り能力が高い• レスポンスが早い• 希望の業界に詳しい 1. 担当者の聞き取り能力が高い 面談時に今までの経歴やスキル、転職に求める条件を十分すぎるほど伝えられた場合は、キャリアアドバイザーの聞き取り能力が高いと考えられます。 ヒアリングに注力してくれるキャリアアドバイザーは、あなたの 希望条件を細部まで理解した上で求人を紹介するため、ミスマッチが少ないです。 担当者のレスポンスが早い リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントで、多くの登録者を抱えています。 キャリアアドバイザーは、1人で抱える求職者の数がどうしても多くなりがちです。 大勢のサポートに追われてレスポンスが遅くなる傾向がありますが、それでもレスポンスが早い場合は、あなたを「すぐに転職が決まりそうな人材」だと優先している可能性大。 求人紹介や面接対策など 他の求職者よりも手厚いサポートに期待できます。 担当者が希望業界・職種に詳しい 転職の希望条件が明確に決まっている場合、キャリアアドバイザーがその業界・職種に詳しいと転職活動が有利です。 会社の内部事情や実際に働いている人の雰囲気など、ネットでは知りえない生の情報を教えてもらえるので、担当変更は踏みとどまった方がいいでしょう。 担当者を変更した方が良い場合• 希望業界に詳しくない• マナー・態度が良くない 1. 担当者が希望業界・職種に詳しくない 希望業界・職種の知識が乏しい場合は 改善は難しいので担当変更を依頼するべきです。 業界・職種に精通しているほど求人のマッチング精度も高くなります。 担当者のマナー・態度が良くない 担当者のビジネスマナーが悪い、担当者が求職者に対して失礼な態度をとるのは問題外。 あまりにもひどいようなら、すぐに担当の変更を依頼しましょう。 複数回の担当変更は難しいですが、正当な理由があれば相談は可能です。 合わせて読みたい リクルートエージェントの担当変更前の注意点 誠実な対応を心がける どうせ変更前だからいいや、と横柄な態度をとるのは避けましょう。 引継ぎ等で、求職者の様子は変更後の担当者にも伝わってしまいます。 今後より良い求人を紹介してもらえなくなる懸念もあるので、リクルートエージェントの不手際があったとしても最後まで誠実な対応を心がけるのが賢明です。 リクルートエージェントの担当変更前に適性診断で効率アップ 自分にどんな仕事が向いているか今すぐ診断しませんか? リクルートエージェントの担当変更前に、「自分にどんな仕事が向いているか」適性を把握しておけば、担当変更後にスムーズな転職活動が可能です。 自分の仕事の適性を今すぐ診断したい求職者は、リクナビNEXTのを利用しましょう。 簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに 仕事の向き不向きの適性をチェックできます。 合わせて読みたい リクルートエージェントの担当変更の方法 リクルートエージェントの担当変更方法は以下の3つです。 メール• 問い合わせフォーム 文字入力が手間な人は電話での変更を、話すのが苦手な人はメールやお問い合わせフォームを利用してください。 電話やメールで簡単に依頼できるとはいえ、内容をおろそかにするのはNGです。 しっかりと変更理由と自分の希望を伝えて、担当者を変更してもらいましょう。 電話での担当変更 あなた: お世話になっております。 大変恐縮ですが担当アドバイザーの変更をお願いしたく連絡致しました。 この後はリクルートエージェント側の指示に従い受け答えすれば問題ないです。 メールでの担当変更 例 お世話になっております。 この度、大変恐縮ですが、担当アドバイザーの変更をお願いしたく連絡致しました。 お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 例 貴社で転職支援サービスを利用しております。 この度、大変恐縮ですが、担当アドバイザーの変更をお願いしたくお問い合わせしました。 お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 リクルートエージェントの担当変更後の転職成功法 新たな担当者に面談を申し込む 前の担当者とすでに面談している場合でも、実際に新しい担当者と会ってどんな人かを知る、自分を知ってもらわないと、求人紹介にミスマッチが起こります。 より良い企業に転職するためにも、再度面談して新しい担当者と希望条件をしっかりとすり合わせましょう。 担当者へのレスはこまめに 担当者から転職活動の状況確認などで電話やメールが頻繁にあります。 担当変更直後には特に意識して早めのレスポンスを心がけると、転職意欲も伝わりより手厚いサポートが受けられるでしょう。 担当者に希望をはっきり言う 「営業はできれば避けたい」など曖昧な表現ではなく、「技術職のみで探している」など、 担当者に希望をできるだけ明確に伝えるとマッチングの制度が上がります。 リクルートエージェントには、自社の都合を優先して求職者の希望から外れた求人を紹介してくる担当者も少なからずいるようです。 希望条件から遠い求人でも担当者からの提案をどんどん受け入れてしまえば的外れな求人ばかり紹介されるかねないので、担当者には常に希望をはっきり伝えてください。 リクルートエージェントの担当変更に失敗した場合の対策 もし要望を伝えて担当を変更しても、新しい担当者と合うとは限りません。 そもそも、あなたが転職に求める希望条件がリクルートエージェントでは実現しない可能性もあります。 転職活動の効率を上げるためにも、担当変更の良し悪しに関わらず他の転職エージェントの利用も検討しましょう。 特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、自分に合う転職エージェントをピックアップしてください。 登録・利用は すべて無料です。 転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。 複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。 リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No. 1のと、専門分野に精通するです。 自分の市場価値がわかるや自分の仕事の適性がわかるも利用すれば転職成功率はさらに上がります。 登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了! 転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。 転職成功実績No. 1!非公開求人多数!! 圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。 特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。 充実の面接対策も人気!.

次の