ボブショートヘア。 ボブの簡単ヘアアレンジ集│お仕事や学校に◎なハーフアップやくるりんぱなど♪

【2020年夏】だれでも似合う♡絶対かわいくなれる!ショートボブ37選

ボブショートヘア

自分に似合うショートボブの選び方 ショートボブを選ぶ時に大切にしたいポイントについて解説します。 顔型に合わせる ショートボブは、髪が短めになるので顔の輪郭が目立ちやすく、顔型に合わせてヘアスタイルを選ぶ必要があります。 大きく分けて「丸顔」と「面長」の場合、似合う髪型が大きく異なるのでこちらを解説します。 丸顔に似合う髪型 丸顔の人は、 顔の出る範囲を縦長に強調する髪型が理想。 例えば、前髪が長めのスタイルです。 長めの前髪を耳にかけずに下ろせるスタイルだと、フェイスラインを前髪でカバーできるので丸顔が目立ちにくくなります。 その他のポイントは、 サイドはタイトにし、トップのボリュームをだすスタイルがおすすめです。 面長に似合う髪型 面長の人は、 顔の出る範囲を丸く強調する髪型が理想。 例えば、フェイスラインに沿ってラウンドするような前髪は、顔の出る範囲が丸くなるので面長が目立ちにくくなります。 その他のポイントとしては、 サイドのボリュームが出るようなひし形シルエットのスタイルがおすすめです。 なぜなら、ショートボブはボリュームが出しやすいヘアスタイルだからです。 逆に毛量が多めの人にとっては、ボリュームが出すぎて扱いにくくなる事もあります。 毛量が多めの人におすすめのショートボブは、 ウェイトが低め(重め)でレイヤーがあまり入っていないスタイルです。 一般的に言われる、「ワンレンボブ」「切りっぱなしボブ」と呼ばれるショートボブが、膨らみにくく、まとまりが良いのでおすすめです。 前髪の長さ 前髪に長さも印象が大きく異なるので、ショートボブにする時には選ぶポイントとなります。 前髪ありは、丸いシルエットのなるので可愛らしさがでやすい。 オン眉だと個性的でオシャレな人におすすめです。 前髪なしは、クールで大人っぽい雰囲気になりやすいですよね。 なりたい理想の女性像に合わせて選ぶようにしましょう。 【パーマ】ショートボブ ショートボブのパーマスタイルを紹介します。 ふわふわカールのショートミニボブ ふわふわカールのショートミニボブ。 短めのカットライン、リバースカールのパーマスタイルです。 オーガニックワックスを揉み込むだけの簡単スタイリングショートボブ。 透明感のあるアッシュブラウンカラーが髪を柔らかくみせてくれます。

次の

TAKUMI DESIGNS

ボブショートヘア

ショートのヘアカタログ。 大人こなれショート&ショートボブから丸顔さんにおすすめの小顔効果抜群ショート、40・50代にハマるショート、パーマスタイル、ベリーショートのヘアアレンジなどたっぷりとご紹介します。 ・サイドは、あごラインに沿うように前下がりに。 ・上部にはグラデーションを入れて丸みを強調。 ・前髪は目が隠れるくらい、下ろしながら流せる長さを残し、シースルーバングになるよう、内側を毛量調整。 ・カラーは、全体を10レベルのベージュでカラーリングした後、立体感を加える13レベルのイエローベージュでハイライトを重ねる。 ・ベージュは赤みを抑え、軽さと透明感を引き出す色。 ・ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れる。 ・前髪は、サイドよりやや短めにカット。 ・カラーは、13レベルのカーキアッシュ。 ・マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味。 ・間引きセニング&スライドカットをmixさせながら毛量調整することで、ニュアンスのある束感を作る。 ・さらに、トップにはレイヤーを入れ、動きを出しやすく。 ・カラーは、ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色であるオリーブアッシュ(10レベル)をオン。 ・ハイライトによりメリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感を演出する。 ・動きを出すために表面の長さは残しつつ、トップからレイヤーとグラデーションで繋ぐ。 ・前髪は、眉下くらいでカット。 ・8レベルのスモーキーマットアッシュは、寒色系でしっかり赤みを抑えながら柔らかいイメージに。 ・トップにレイヤーを入れているので、ボリュームや動きが思いのままに。 ・ペタっとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイル。 ・ショートでありながら女性らしいソフトな表情を作り、面長の骨格をカバーする効果も。 ・前髪は、流しやすくするため斜めにカットした後、内側を毛量調整するのが抜け感と束感を再現するポイント。 ・カラーは、9レベルのシアーベージュ。 ・グレーがかった色味で、柔らかさを引き立て、透明感のあるカラー。 ・耳を全部見せず、耳たぶに毛がかかるくらいの長さが女っぽく見えるポイント。 ・襟足はすっきりカットし、トップのボリューム感を引き立てる。 ・前髪は目にかからない長さでカット。 ・フェースラインは曲線を描くようにマッシュラインにカット。 ・全体の低い位置にレイヤーを入れ、動きを出しやすくしつつトップの長さは残す。 ・カラーは8トーンのブラウンベージュ。 ・ショートは暗いと個性的に見えがちなので、ツヤのある暖色系カラーで軽さを演出。 ・トップと正面にレイヤーを入れ、丸さとふんわりした立体感を出しやすく。 ・襟足は長めに残さずすっきりさせ、丸いシルエットを強調。 ・また襟足はくびれさせるとクールに見えがちなので、丸みを出すグラデーションカットに。 ・前髪はかなり深めからフルバングで取り目の上ギリギリでカット。 ・サイド表面の毛流れと自然と繋げる。 ・カラーは8トーンのアッシュグレージュ。 ・落ち着いたカラーですが透明感があるので重たくなり過ぎず、ふんわりした質感を演出しやすい。 ・バックは丸みが出るように長さを残し、襟足はタイトにして丸みを強調させる。 ・輪郭を包みやすくするため、もみあげより前の毛束にレイヤーを。 ・さらにふわとしたひし形シルエットを作りやすくするため、ハチ上にもレイヤーを入れる。 ・前髪は目にかかる長さでカットし、サイドは自然に繋げて。 ・カラーは8トーンのブルーアッシュにフォギーベージュを入れて、赤みを消しつつ柔らかな色味に。 ・サイドはアゴラインに合わせた前下がりでカットして、バックは延長線上に繋げる。 ・トップには、ボリュームが出るようにレイヤーを入れ、中間はグラデーションで重みを出す。 ・襟足はすっきりまとまるようにカット。 ・カラーは、8レベルのブルーアッシュ。 ・退色してもキレイな色味が持続し、赤みを抑えてツヤと透明感をプラス。 ・輪郭は隠さず、思い切ってラインを出した方が丸顔をカバーできする。 ・トップにはレイヤーを入れて、襟足はタイトに。 ・レザー(カミソリ)でカットすることで、毛先がソフトな質感に。 ・カラーは、9トーンのフォギーベージュ。 ・ややくすみのあるベージュブラウンで、赤みを消しつつ、透明感のあるカラー。 首元に沿うようにレイヤーを入れ襟足はすっきりさせる。 ・後頭部は、横から見たとき鼻のラインでボリュームが出るようにグラデーションカットを。 ・サイドはやや前下がりで、顔周りはエラが張った部分に毛先を落ちるようにカット。 ・耳の周りに毛束がたまると野暮ったく見えるので、耳が透けるくらいに軽くするとおしゃれな印象に。 ・トップには動きが出るようレイヤーを入れる。 ・前髪は目にかからないくらいの長さでカットし、自然にサイドに流れるよう毛量調整を。 ・カラーは10トーンのベージュブラウン。 ・赤みを抑えた柔らかなツヤの出るカラーで、毛束の動きを軽やかに見せる。 ・バックは襟足を短めにカットし、グラデーションカットでリップラインのサイドに繋げていく。 ・表面に動きを出しやすくするため、顔周りを中心にしっかりレイヤーを。 ・カラーは9トーンのフォギーアッシュ。 ・くすみ過ぎないアッシュカラーで自然な軽さを演出。 ・前髪はリップラインからサイドに繋げてカット。 ・長め前髪でおでこにヌケ感を作ると重たくならず、大人かわいい印象に。 ・トップにボリュームが出るようにレイヤーを、襟足をタイトにカットするとひし形シルエットが作りやすくなる。 ・カラーは9トーンのフォギーベージュ。 ・にごりのない透明感のあるカラーなので肌が健康的にキレイに見える。 ・また落ち着いたカラー色なので輪郭が膨張して見えない。 ・サイドは前下がりになるようリップラインでカットし、バックは耳上のラインに丸みが出るようグラデーションにカット。 ・スタイリングで毛先をふわっと巻くことを想定し、気持ち長めにカットするのがポイント。 ・カラーは10トーンのフォギーアッシュ。 ・程よいヌケ感があるカラーなので毛先の立体感が強調され、女性らしい柔らかさを引き出す。 ・表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれる。 ・前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットする。 ・カラーは、アッシュ寄りのベージュ。 ・暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。 ・バックから耳上までレイヤーを入れ、耳下のラインをすっきり見せる。 ・顔周りは前下がりにカットしレイヤーを。 ・全体のトップに向かってグラデーションカットにしひし形のシルエットを作りつつ、トップは短くなり過ぎないように注意。 ・トップに長さを残すと、表面にふわっとした毛束を作りやすくなる。 ・前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げて。 ・カラーは10トーンのフォギーベージュ。 ・表面のふわっとした毛束が透けやすいカラーなので、重たくならず垢抜けた印象に。 ・サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残す。 ・襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってシャープな毛流れになるようグラデーションカット。 ・表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作る。 ・正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。 ・この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見える。 ・カラーは8トーンのブラウンベージュ。 ・好感度の高いツヤのある落ち着いたカラー。 ・短くても軽く見えず上品な印象に。 ・動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカットする。 ・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。 ・赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできる。 ・襟足は短めにカットし、レイヤーを入れてキュッとタイトなシルエットに。 ・耳上はグラデーションでカットし、前髪からサイドにかけて重みを残す。 ・カラーは、6トーンのフォギーベージュ。 ・赤みを抑え、髪に柔らかい質感と透明感を与えるカラー。 5cmの前下がり、動きが出やすいよう長めにカット。 ・後頭部は目のラインにボリュームが出るようカットすると、毛量が少なくても気にならず頭の形がキレイに見える。 ・襟足は首に沿うようにカット。 ・前から見たとき襟足が少し見えた方がおしゃれな印象に。 ・顔周りは小鼻と口の間でサイドに流れるようにカットし、長めの前髪を作る。 ・カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。 ・落ち着いた色ですが、透明感があり重たく見えない。 ・サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。 ・前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。 ・サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。 ・カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。 ・耳のすぐ前のサイドの毛束は長めにし、やや前下がりにカット。 ・前髪は耳かけができる頬にかかる長さでスライドカットし、自然とサイドに繋げる。 ・ショートのシルエットを丸くするため全体はグラデーションカットに。 ・トップをふんわりさせ、耳周りにはニュアンスが出やすくなるようレイヤーもプラス。 ・カラーは7トーンのブラウンベージュ。 ・ツヤがしっかり出るカラーで、落ち着いた大人の雰囲気を出す。 ・そこからサイドに繋げ、顔周りは頬ラインで前下がりになるようカット。 ・トップに動きが出るよう軽くレイヤーを入れ、表面に束感を作るようにところどころレザーで間引きカットを。 ・カラーは7トーンのフォギーアッシュ。 ・赤みを消しつつ透明感を出し、柔らかな印象に。 ・ファッションやメイクをジャマしない落ち着いたカラーですが、透け感があるので重たく見えない。 ・あごと耳下の延長線上にボリュームがくるようにカットすると、丸いシルエットを作りやすい。 ・また襟足をタイトに作ることも後頭部を丸く見せるポイント。 ・ふわっとした立体感を作りやすくするため、表面に軽くレイヤーを入れる。 ・前髪は厚め、顔周りを包むようにややマッシュっぽくカットすると小顔効果にも。 ・カラーは11トーンのシナモンベージュ。 ・退色してもギラつかないやや明るめのカラーで、女性らしい柔らかさをプラスする。 ・目の下でカットし、サイドは耳下までラウンドカット。 ・フェースラインを包むように毛束はやや長めに残す。 ・後頭部は丸みが出るようにグラデーションカット、重さを残すのが女っぽく見せるカギ。 ・トップを動かしやすくするよう、ハチ上にレイヤーを入れる。 ・カラーは8トーンのオリーブアッシュ。 ・毛先全体に28mmの細めのロッドで、平巻き1. 25回転のパーマを。 ・ドライヤーで根元からしっかり乾かし、顔周りの毛束は後ろから前に向かってフェースラインを包むように流してスタイリング。 ・軽めのワックスを毛先全体にもみ込み、さらにところどころ毛先をラフに動かせば完成。 ・顔周りは鼻ラインでカットし、前髪の中央は薄めに取り目の上ギリギリでカット。 ・後頭部は裾が丸いシルエットになるようグラデーションカットに。 ・カラーは7トーンのカシスブラウン。 ピンク系のカラーは最近のトレンドです。 ・ツヤがしっかり出つつ、どんな肌色もきれいに見せる。 ・24㎜のロッドでバックを上から3段、サイドを上から2段に分け、それぞれ平巻きパーマをかける。 ・顔周りは毛先が軽くリバースになるようパーマをプラス。 ・スタイリングは、乾かすときトップの毛束は持ち上げるように乾かし、サイドは後頭部に向かって流すように乾かす。 ・パーマは乾燥しやすいので、仕上げにオイルをもみ込んでツヤを与えつつふわっとした束感を作れば完成。 ・耳周りやハチ周りなど、髪がたまりやすい部分の毛量を取り、毛先は柔らかくなじませる。 ・低温デジタルパーマでワンカールにくせづけて。 ・レイヤーは入れず、裾を一直線の切りっぱなし風にすることで今っぽい仕上がりに。 ・表面に細めのロッドでスパイラル巻きのパーマをかけて。 ・ワンカール以上の動きが出るように巻くと猫っ毛でもボリュームが出やすくなる。 ・カラーは6トーンのブルーアッシュ。 ・落ち着いたトーンの中に透明感がプラスされ知的な印象に。 ・パーマの軽やかさとカラーの落ち着き効果で、どんなシーンでもサラッと決まるスタイルが完成。 ベリーショートヘアでも簡単!アレンジテク 大人っぽ前髪アレンジ 【使用アイテム】 ザ・プロダクト|ヘアワックス 42g ¥1,980 【How to】 <STEP1> ・大豆ひと粒分のワックスを、両手によく伸ばしてから、前髪を持ち上げるようにしっかり揉み込む。 <STEP2> ・前髪をざっくりと7:3分けにして、7側の髪を上向きにねじる。 ・その際、生え際の髪を少し残しておくと、こなれた印象に。 <STEP3> ・ねじった前髪の毛先近くをアメピンで固定。 ・コーディネートに合わせて、カジュアルな日はカラータイプを、フェミニンな日は黒いアメピンを選ぶのがおすすめ。 <STEP4> ・逆サイドの髪は、こめかみ上で内側にねじってアメピンで固定。 ・同様に生え際の髪を少し残しておく。 <STEP5> ・仕上げにトップ部分を少し引き出してねじり目をゆるませる。 ・高さとルーズ感を出すことで、こなれた感がアップ。 完成! ピンを使っておしゃれにアレンジ 【使用アイテム】 ミルボン|ニゼル ジェリー M 90g ¥1,800(サロン専売品) 【How to】 <STEP1> ・ワンプッシュ分のジェルを手に広げ、フロントから髪をかきあげるようにしながら全体になじませる。 <STEP2> ・9:1の横分けにして、髪が多い方はかきあげながらふんわり、少ない方はタイトに押さえてピンを飾る。 完成! スタイリッシュに!アシメシルエットアレンジ 【How to】 <STEP1> ・トップの根元に、コームで逆毛を作る。 ・前髪を横分けにし、逆毛の上からふわっとかぶせて立体感を演出。 <STEP2> ・少ない方のサイドの髪をタイトに押さえてピン留め。 ・逆サイドはボリュームを出してメリハリシルエットに。 完成! *価格はすべて税抜きです。

次の

ボブの簡単ヘアアレンジ集│お仕事や学校に◎なハーフアップやくるりんぱなど♪

ボブショートヘア

街で見かけるおしゃれな女の子や、テレビで見かけるタレントさんたち、なんだか最近、みんな髪が短いような気がしませんか? なんだかちょっと気になったので、 ヘアドレ認定美容師の小谷準さん(神戸merci店長)に聞いてみました。 すると、 「そうですね。 水原希子さんが出てきたあたりから、短めのレングスが流行ってきたように思います。 」 とのこと。 やっぱり! ショートレングスの中でも圧倒的に人気なのがボブスタイル。 これを読んでいるみなさんの中にも、 「ロングはそろそろ飽きてきたし、短くしたいかも……。 」 なんて、考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 こんにちは。 ショートボブが似合う素敵な女の子を見るたびに、挑戦したい衝動にかられているのになかなか踏み出せないヘアドレ編集部の和谷です。 「ショートボブにしてみたいけど、似合わないかも……。 」 「スタイリングが難しそう」 切ろうかな?と思うたびにそんな不安が胸をよぎります。 同じように思っている方も多いのではないでしょうか。 ショートって初めての人にはちょっとハードルが高いですよね。 そんなみなさん(私)に朗報です! 前出の小谷さんにこの不安をぶつけたところ、• 印象自在のショートボブ まずはなりたいテイストを知ろう! 上品・キュート・カジュアルなど、その振り幅の広さが魅力のショートボブ。 カットの仕方はもちろん、カラーやパーマ、スタイリングの違いでイメージががらりと変わってしまうので、まずは 自分がどんなイメージになりたいかを考えてみましょう。 ナチュラルなショートボブ ナチュラルな可愛らしさが引き立つショートボブ。 上品ショートボブ 毛先にゆるくかかったパーマで 程よく力の抜けた、知的な雰囲気の上品ボブ。 カジュアルショートボブ クールでカジュアルなアシメボブ。 一言でショートボブといっても印象はまったく違いますね。 あなたが目指すのはどんなイメージでしょうか? まずはたくさんのスタイルの中からイメージを固めてみましょう! 1-2. そもそもボブってどんなスタイル?基本の定義を知ろう! 「ボブ」や「ショートボブ」というワードでスタイルを検索すると、いろいろな髪型がでてきますよね。 あまりに色々ありすぎて、ボブの定義って一体なんやねん?!と、わからなくなったところで、またまた小谷さんの登場です。 そうなんです。 だから カウンセリングがとっても大切なんです! 2. 自分にぴったりなスタイルに導くために大切なのは「カウンセリング」だった! 小谷さんのアドバイス通り、いろいろなスタイルがあるからこそ、大切になってくるのが美容師さんとの意思疎通。 そう、カウンセリングです。 初めての美容院だとカウンセリングって結構緊張しますよね。 小谷さんいわく 「ヘアカタログなどの写真を見せてもらえるのはわかりやすくて助かります。 」 とのことなので、ヘアカタログなどの気に入った写真を持っていくのはよさそうです。 また、ちょっとはずかしいですが、 好きな芸能人の写真もOK。 どんな女性像を目指しているのかがわかるので、イメージの共有がしやすくなるそうです。 ただ、写真を見せるのはあくまで最初のワンステップ。 そこから、 そのスタイルのどこが好きなのかなどをじっくり話し合って決めていくことが理想のスタイルを叶えるためには重要です。 もはや 美容師さんとの共同作業ですね。 なかなか自分の想いを伝えるのは難しいですが、小谷さんにカウンセリングのコツを聞いてみました。 初めてカウンセリングを受ける時のポイント• 自分のなりたいスタイルの写真を用意しておく• なりたいイメージに近いファッションで美容室に行く• コンプレックスを正直に伝える• 普段の生活スタイルを伝える(会話のなかで) 2-1. なりたいイメージに近いファッションで美容院にいく カウンセリングを重視している美容師さんは、ケープをかける前にお客様のファッションをチェックしているそうです。 そうすることでできるだけイメージや好みに近いスタイルを提案できるとのこと。 美容院へは、できるだけなりたいイメージに近いファッションで行くことをおすすめします。 2-2. 勇気を出してコンプレックスを伝える 鉢が張っている、顔が大きい、背が低い・高い、目が小さい・離れている・寄っているなど、コンプレックスは人それぞれ。 人に話すのはちょっと恥ずかしいかもしれませんが、 ヘアスタイルで解決できることって意外と多いんです。 また、小谷さん曰く 意外とご本人が コンプレックスと思っていることって、他人が見るとそうでもなかったり、 むしろチャームポイントだったりすることってあるんです。 美容師に話すことで今までの呪縛が解けることもありますよ。 もちろん基本的には気になるところをカバーして、いいところを強調するようなヘアスタイルを提案します。 なのだそうですよ! やはり、コンプレックスはしっかり伝えておくべきですね。 2-3. ライフスタイルも重要な情報! 仕事はオフィスワークなのか、外に出ることが多いのか、子育て中、スタイリングにあまり時間をかけない、休日はインドア・アウトドアなど普段のライフスタイルを把握することで、ベストなスタイルをできるだけ長くキープできる提案ができるとのことです。 「お休みの日は何してるんですか〜?」 という美容師さんのちょっとメンドくさい質問も、日常会話に見せかけて実はいろんなヒントを探っている可能性があるようです。 カウンセリングでスタイルの明確な希望や理想のイメージを伝えるのはなかなか難しいですが、 よい美容師さんはカウンセリングを大切に考えているため、必ずしっかりと聞いてくれるはず。 もし、 カウンセリングを軽視しているように感じたら、大きなイメチェンを任せることはやめた方がいいかもしれませんね。 いそがしい朝もラクちんなスタイリングの秘密はカットにあり! ロングよりもスタイリングが難しそうなショートボブ。 忙しい朝、スタイリングの時間はできるだけ短くしたいですよね。 「起きたら寝グセが!」 「寝ている間に髪がペタンコに!どうしよう(泣)」 そんなときでも、カットがしっかりしていれば、実は意外と簡単にスタイリングできちゃうんです! 3-1. カットがちゃんとしてれば、 くしゃくしゃっとしただけで「こなれ感」がでるのだそう。 3-2. ぺたんこヘアは水+ドライヤーでふんわり感が復活 ペタンコのショートボブってちょっと悲しいですよね……。 パーマをかけるというのも手ですが、ストレートでも水スプレーで髪を濡らして、髪の内側からドライヤーで熱をいれるだけでふんわりが復活します。 こちらもやはり 大切なのはカットのやり方。 カットの後に日常のスタイリングについて聞いてみるといいですよ。 絶対かわいくなれる!おすすめショートボブ37選 冒頭でお伝えした通り、ショートボブの種類はとっても豊富。 とくにこの夏におすすめのスタイルを紹介します。 4-1. ストレートショートボブ ナチュラルなストレートのショートボブは好感度抜群。 年齢や顔の形を選ばないのでチャレンジしやすいスタイルです。 カラー次第でイメージも自在。 ダークトーンのモードボブ シンプルな切りっぱなしボブです。 4-2. 大人に人気!前下がりショートボブ 幅広い年代から支持を集めるスタイル。 特にシャープになりすぎない、女性らしいラインが大人世代から人気です。 洗練された大人のボブスタイル シャープな中に女性らしい柔らかさがあります。 シンプルフォルムの大人ショートボブ 前下がりラインのショートボブがベース。 耳にかける仕草や、さらりと顔にかかる毛は自然体で品があります。 襟足はすっきりと短く切ることで冬服をさらにかっこよく着こなせます。 濡れ髪&動きのあるスタイルで今年っぽく こなれた印象の眺めのバングは少しシースルーにすることで軽やかに。 4-4. また、伸ばしかけの中途半端な長さでもかわいくキマるので、スタイルチェンジの際にもぴったりです。 クールなウェーブ クールだけれど女性らしさも感じるウェーブボブ。 パーマ+カラーで華やかさも感じる ラベンダー系のカラーにパーマを。 ふんわりゆるめのパーマでスイートな雰囲気に ハイライトをいれて、動きに立体感とムラ感をプラス 可愛さとほんの少しのセクシーさが、見る人をドキっとさせます ルーズなミディアムスタイル ラフな雰囲気が伸ばしかけにぴったり ラフに動いてくれて心地の良いパーマスタイル 暗めのカラーに 毛先にゆるくパーマを加えることで、 程よく力の抜けた知的な雰囲気に ! 4-5. 2017 at 4:02午前 PST モデルのサラカミングから火がついたジェンダーレスなボブスタイルがかっこかわいい! ミニマムですっきり爽やかショートボブ ミニマムなショートスタイル。 ハイトーンカラーとの相性バッチリです。 前下がりボブをベースに、少し軽さを加えた重軽スタイル 全体にランダムなハイライトを散りばめて黒髪ベースでも動きの見えるカラーに。 抜け感のある今っぽいスタイルが完成します。 長めの前髪がアンニュイな抜け感ショートウルフ - 1月 26. 2018 at 8:42午後 PST カジュアルなショートウルフ 重めのトップスに、外ハネで軽やかに。 ショートウルフなら自由自在。 ベリーショートウルフ もみあげ、襟足にデザインを残したショートウルフです。 パーマとハイライトで動きを出したウルフスタイル 軽快な動きが出るように顔まわりにハイライトと全体的に緩めのパーマを施したウルフスタイルです。 簡単・かわいい!ショートボブのアレンジテク 「ショートレングスにすると、アレンジが楽しめなくてつまらない……」 そう思っていませんか? ショートボブでもほんのちょっと手を加えるだけで随分印象が変わりますよ。 ショートでもいろんなスタイルを楽しみましょう! 5-1. パーティーやイベントのときはヘアアクセや大ぶりのピアスをプラスすると華やかな雰囲気になります。 - 1月 29. 2018 at 6:41午後 PST 5-2. チャレンジしてみたくなったのではないでしょうか? お伝えした通り、スタイルチェンジをするときは美容師選びとカウンセリングがなによりも大切です。 厳選された美容師のみが掲載されているヘアドレなら、間違いなくあなたの理想のスタイルを実現できますよ。 ショートボブスタイルもたくさんのっていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

次の