低気圧 酸欠。 「低気圧」が招く体調不良を徹底解明!対処法は意外とカンタン

低気圧は生理に影響!?雨の時期のだるさと生理の関係を徹底解説!対策法も教えます

低気圧 酸欠

みなさんの周りに、 雨の日や天気が悪い日に見るからに体調が悪そうな人っていらっしゃいませんか? 私の周りにも一定数います。 「大丈夫、大丈夫。 ちょっと今日気圧低いからさ」 なんかすごく具合悪そうなオーラ出してますがそもそも 気圧が低いという天候上の変化だけで、本当に頭痛がするのでしょうか? もし頭痛なんてしないのであれば、仕事にも非常に影響を与えているのでやめて欲しいと思います。 そこで今回は低気圧による頭痛が本物かどうか、医学的な観点も踏まえて本気出して調べてみました。 調べるのに使ったのは、主に 「」 というなんとも専門的な書籍(WEB版)。 amazonで紙の本も販売されてますが、普通にインターネットで読めるのでこちらを中心に調べました。 一次性頭痛と二次性頭痛 まず、頭痛は大きく二つにわけられるということが分かりました。 一次性頭痛 他の病気を伴わない頭痛で、頭痛の9割が該当する。 偏頭痛や緊張型頭痛(緊張性頭痛)、群発頭痛などが該当する• 二次性頭痛 脳や身体などに何らかの病気が潜んでいて、それが原因で起きる頭痛。 くも膜下出血や脳出血、脳腫瘍などで頭痛が生じる。 ……二次性頭痛の原因になる病気がけっこう 致死的ですね。 低気圧によってくも膜下出血が引き起こされ、それで頭痛が生じている可能性も全く無くは無いのかも? でももしも低気圧で二次性頭痛が引き起こされる(=くも膜下出血とか脳出血がおきる)なら、 ニュースで女子アナに台風ロケなんてさせるわけないですよね。 というわけで、ここでは一次性頭痛に絞って調べてみることにしました。 一次性頭痛の種類と原因 一次性頭痛は、更に 4つに分類されます。 後頭部や両側のこめかみから、 頭全体がギューっと締め付けられるような痛みが起こります。 原因は主に 精神的、または肉体的なストレスと考えられています。 ストレスが加わることで肩や背中、頭の筋肉の緊張状態が続き、それによって生じた 老廃物が周囲の神経を刺激することで痛みを感じるようです。 重症になると痛みが頭全体に広がり、嘔吐を引き起こすなど頭痛以外の症状も出てきます。 原因ははっきりとわかっていない部分もありますが「 頭の中の血管が拡張することで周囲の神経を圧迫することが原因」という説が有力です。 あまりの痛みで窓から飛び降りるなどしてしまうために、「自殺頭痛」ともよばれている非常に怖い病気です。 群発頭痛について調べてみましたが、低気圧で起きるような病気ではなさそうです。 三叉神経・自立神経性頭痛 三叉神経は顔面に走っている神経です。 なんらかの原因で三叉神経を 血管が圧迫することがあり、その刺激を脳が痛みとして認識したとき頭痛のような症状が出ます。 一瞬の 走るような激しい突発的な痛みを顔面付近に感じることが多いようです。 自律神経は睡眠時などのリラックスした状態と、仕事や運動しているときなどの活発化した状態とのバランスを整える役割を持っています。 このバランスが崩れた状態を「 自律神経失調症」といいますが、活発化した状態が長く続くと、 筋肉が首や肩などの筋肉が硬直してしまいます。 これによって、上述した緊張性頭痛が生じることがあるようです。 多くの頭痛が当てはまるので、頭痛の感じ方もさまざまです。 多くは緊張型頭痛と同様、 身体的・精神的ストレスが原因で生じるようです。 低気圧は通常よりも気圧が低い状態 頭痛がどんなもので、なぜ起きるのかが分かりました。 そこで次は低気圧ってどんなものなのかについて調べてみます。 大気の重さによる地表面にかかる圧力のことを気圧と呼びます。 気圧の単位はhPa(ヘクトパスカル)を用いて表し、同じ気圧の地点を結んだ線が等圧線です。 この等圧線の「等圧」の値はいくつでもかまいません。 周囲より気圧の高い部分を等圧線で囲んだところが高気圧、一方、周囲より気圧の低い部分を等圧線で囲んだところが低気圧です。 引用元: 「こっから下は低気圧」ということはなく、周囲よりも相対的に気圧が低ければ、低気圧と呼ぶようです。 台風は低気圧の塊 ちなみに台風は低気圧の塊といえます。 これはを見たら一発で解決しました。 引用元: 気圧が低い状態で、かつ 風とかが強めな感じのを「台風」と呼ぶみたいです。 低気圧(台風)が原因で頭痛はするのか? ここでようやく本題。 頭痛は低気圧(台風)で起きるのか? 気圧が下がるということは、わたしたちの身体を圧迫する空気の力が弱まることを意味します。 仮に低気圧が原因で頭痛がするのなら、この 圧力の変化が関係しているはずです。 それを踏まえて、3つの仮説を立ててみました。 山の上に持ってったポテチの袋が膨らむ現象ですね。 こんなイメージです。 このとき、身体と一緒に 血管も膨張している、つまり大きくなっているはず。 そのいつもより 大きくなった血管が神経を圧迫して刺激を与えれば、頭痛の原因となりそうです。 ホースで水を撒くとき、指で潰したほうがシュバーって勢い良く出ますよね。 もしそうなら、 頭は心臓よりも上にあるので余計血液を送りづらくなるはずですよね。 しかも、 体内の血液の量は気圧が下がったからといって増えるわけない。 常に一定のはずです。 血管が膨張すれば、とうぜん1箇所に必要な血液量が増える分、末端に行くほど血液が届かなくなるのでは? つまり、これらの理由から脳に十分な酸素が送られず、 自律神経とかその辺がうまく動かなくなる。 これによって、頭痛という症状であらわれるのではないでしょうか。 気分がどんどんどんよりしていきますよね。 気分がどんよりすることによって感じるストレスで、自律神経があれしてなんやかんやで頭痛が生じている可能性もあると思います。 低気圧による頭痛の予防法・対処方法 どうやら低気圧で頭痛が生じるというのは 十分ありえそうです。 では、この頭痛をどうにかする方法は無いのでしょうか。 さすがに天気が悪くなるたびに仕事のパフォーマンスを下げられると、業務に支障が出てしまいます。 低気圧の時に具合が悪そうな方にちゃんと仕事をしてもらうために、低気圧で生じる頭痛の予防方法・対処方法を考えたいと思います。 なお、素人が考えたものなのでその 効果を保証するものではありません。 また、体温が上がることにより血流がいい感じになるため、脳が酸欠状態になるのも防げる感じがします。 そしてリラックス効果もあるため、自律神経のバランスもいい感じになりそうです。 懸念としては、一般的にはお風呂に入ると血管が拡張されると言われていること。 長湯しすぎて水分を失うと、血液もどろどろになって酸素が脳にうまく届かなくなるリスクもありそうです。 適度な感じに入浴するのと総合的に良い感じになると思います。 したがって、コーヒーを飲むことで膨張した血管を元に戻す効果が期待できる気がします。 身体が酸素を吸収しやすい状態になりますので、脳が酸欠状態になる心配もありません! 「どこで買えるの?」 という方もいることでしょう。 わたしもそう思いましたので、調べてみたところ amazon で買えます。 (すごい時代だ……。 ) 頭痛でお悩みの方はぜひポチってみましょう! 「ちょっとお値段が……」 という方は、下の酸素ボンベではいかがでしょうか。 気圧は上がりませんが、酸素吸入によって脳の酸欠状態はいくぶんかマシになるかもしれません。 低気圧で頭痛になることはありえそう 今回まじめに考えてみて、低気圧によって頭痛が引き起こされることはありえそうだと感じました。 しかし、わたしのように低気圧になっても全く頭痛にならないという方のほうが圧倒的に多いです。 たぶん低気圧で頭痛になる方は、 血管が気圧の影響を受けるほど繊細だったり、 神経との距離が近かったりするんだと思います。 今度から、天気の悪い日に誰かがあからさまに体調が悪そうな時は 予め用意しておいた酸素ボンベをスッと手渡すようにしたいと思います。 【2016. 30 追記】 川村先生から「コーヒーのほうがいい」というコメントをいただいたので、最後の画像を変更させていただきます! 今度からはスッとコーヒーをいれてあげられるようにがんばります。

次の

「低気圧」で体調不良を起こしやすい人の特徴

低気圧 酸欠

まずは、低気圧とは何か?から解説していきます。 上記のイラストのように、天気図には曲線が多く描かれています。 この曲線を等圧線と呼び、等圧線が丸く閉じられていて、なおかつその中心の気圧が周囲より低いものを低気圧と指します。 気圧の強さはhPa(ヘクトパスカル)で表されていますが、いくつ以上になる低気圧というような決まりはありません。 低気圧は北半球(赤道から北側)の地帯では、反時計回り(左回り)で風が発生します。 低気圧の中心部から上昇気流が起こり雲ができると、雨が降りやすくなるのも特徴です。 この現象により、住んでいる地域に低気圧が来ると、天気が崩れることが多いです。 低気圧が生理に与える影響は? なぜ生理と関係があるのか 出典: では、なぜ低気圧になると生理に影響が出るのでしょうか。 その原因と言われているのが『自律神経』です。 私たちの体に備わっている自律神経には、交感神経と副交感神経の2つが存在します。 交感神経は、興奮・緊張作用を持ち、副交感神経は鎮静などのリラックス作用を持っています。 この2つの神経が交互に優位になっている状態が、自律神経のバランスが良い状態といえます。 すると、体を休息させようと自律神経が働き、日中に活発になるはずの交感神経ではなく副交感神経の働きが活発化します。 副交感神経はリラックス作用があり、一見良いように思えますが、どちらか一方だけに偏っている状態は自律神経のバランスが崩れているといえるのです。 自律神経は生理周期と関わりが深いホルモン分泌の働きにも関係があるため、低気圧によって崩れた自律神経の影響で、生理のスタートが遅れるトラブルが出る人もいます。 低気圧はその他の不調も引き起こす… やる気の低下も低気圧のせいかも… 出典: 低気圧の影響は生理が遅れるだけではありません。 低気圧は周囲の酸素が薄くなってしまい、脳や体に必要な酸素が足りず酸欠状態になるケースがあります。 すると、あくびよく出る、眠気が強くなるなどの症状が現れます。 雨の時期にだるさを感じやすい、やる気がでない人は、低気圧が関係している可能性が高いです。 また、ひどい場合は頭痛や吐き気を引き起こすこともあります。 さらに、自律神経の乱れは代謝機能を低下させる恐れがあります。 代謝機能が落ちてしまうと、体に有害な物質を外に出す力も落ちてしまうので、むくみや血行不良につながり、生理痛、古傷が痛む、肩こりというような症状が出やすくなります。 低気圧が発生しやすい時期って? 季節の変わり目や梅雨の時期 出典: 低気圧もできやすく、雨が多い時期といえば『梅雨』が代表的です。 梅雨とは6月〜7月中旬頃の、よく雨が降る時期を指します。 この梅雨前線上にも低気圧は発生しやすいので、梅雨の時期も自律神経のバランスは崩れやすいといえます。 また、季節の変わり目も注意が必要です。 日本には春夏秋冬の4つの季節がありますが、春と秋は低気圧と高気圧が頻繁に繰り返し発生するといわれています。 特に注意したいのが春の梅雨です。 春は発達した低気圧が発生しやすい時期で、1週間ほど天気が崩れやすくなる『菜種梅雨』と呼ばれる時期が存在します。 この期間の気温も冷え込みも、自律神経のバランスを崩す原因です。 低気圧で体調を崩さないためにも、次の項目から低気圧の時期の対策方法をご紹介します。 まずはいつ来るかを把握:低気圧アプリ いつ来るかわかれば心の準備ができる 出典: 低気圧は自然が引き起こす現象なので、止めることはできませんが、いつ来るかを予想して心構えができます。 低気圧が発生することがわかれば、生理周期の遅れや体のだるさ、やる気の低下、頭痛などに備えることができるでしょう。 低気圧が発生しやすい時期というのは大体予想されていますが、地域によって発生するタイミングが異なります。 自分の住んでいる地域の気圧情報がわかるアプリを使うのがおすすめです。 『頭痛ーる』は日本の各主要都市の天気と気圧予報が見られるアプリです。 頭痛が起きやすくなるとプッシュ機能で知らせてくれます。 日頃から自律神経のバランスを整えておく:生活習慣 1日始まりは自律神経もスタートさせる 出典: 低気圧が自律神経に影響を与えますが、崩れやすくない体にするためにも、日頃から自律神経を整えることを意識しておきましょう。 生活習慣でのポイントをご紹介します。 【自律神経を整える生活習慣のポイント】 ・起床後はコップ1杯の水を飲む 自律神経の活動をスタートさせる ・朝食はきちんと摂る 体内時計と自律神経がリセットされる ・深呼吸をする 酸素をたくさん取り入れて、酸欠状態を防ぐ。 自律神経を整えることにもつながる ・体をよく動かす 血行がよくなってだるさが緩和される ・背中や腰を温める 背中や腰を温めると、血管や神経に温熱刺激が伝わって自律神経の乱れを防ぐ ・湯船に浸かる 体を温めて睡眠の質を高める ・睡眠不足を改善する 睡眠不足でストレスがたまると、自律神経のバランスを崩してしまう ・大声を出す、笑う、泣く ストレス緩和効果が期待できる 自律神経のバランスを整えておく:食事 自律神経に良い栄養素を摂ろう 出典: 次は、自律神経を整えるための食事のポイントをご紹介します。 自律神経に良い影響を与える栄養素を積極的に摂りましょう。 【自律神経を整える食事のポイント】 ・食物繊維、発酵食品 この2つは腸内環境を整える。 腸内環境が改善されると自律神経に良い影響を与える ・ギャバ(アミノ酸の一種) 神経伝達物質として、脳のあらゆる機能を調整する ・ビタミンA・C・E 抵抗力の向上、免疫力の向上、自律神経のコントロールに作用する ・カルシウム カルシウム不足は神経系に悪影響を与える。 また、頭痛や生理痛、肩こりなどを引き起こす原因ともいえます。 低気圧でも元気に過ごすためには、まず、アプリなどを使っていつ低気圧が発生するのかを事前に把握しておきましょう。 そして、日頃から自律神経のバランスを整える行動を取ることが大切です。 What me and my family associates love is to perform rock and roll and now I have time to get on new factors. Texas is the place her household is. Managing persons has been his job for some time and his salary has been really fulfilling.

次の

雨の日って本当に気圧が下がっているの?天気によって体が痛くなるという明確なデータは存在せず

低気圧 酸欠

「低気圧」の影響:酸欠状態の原因• 「湿度」の影響:体内に熱がこもったり、酸欠状態になったりする原因• 「気温上昇」の影響:体内に熱がこもる原因 ひとつひとつ詳しく説明していきましょう。 1.低気圧の影響 梅雨の時期には「 低気圧」による影響を受けやすくなります。 梅雨の時期になると日本付近には梅雨前線が停滞し、その前線上を低気圧が通過していきます。 気圧とは、空気の重さによる圧力のこと。 「低気圧」のときには、「高気圧」のときよりも空気の密度が薄く、軽くなっています。 飛行機や山など、地表より気圧が低いところに行くと、ポテトチップスの袋がパンパンになってしまう経験をした人もいるのではないでしょうか。 まったく同じ現象が体にも起こります。 普段から空気の圧力によって押されている体は、低気圧になると膨張しやすくなり、血管やリンパ、脳、臓器など、 身体のあらゆる部位が膨らんでしまいます。 血管が膨張すれば、血流が悪くなり「酸欠」や「むくみ」といった症状を引き起こしてしまいます。 肺が膨張すれば、酸素が血液に送られにくくなり、全身への酸素の供給量が通常時よりも少なくなってしまいます。 酸欠状態では体全体がだるくなったり、脳の働きが鈍化したりしてしまうので、結果的に低気圧が眠気が生じる原因となるのです。 また、人間には、体に起こる変化を妨げようとする「 恒常性」があります。 上記の通り、梅雨の時期は普段とは違う気圧によって身体の部位が膨らんでいます。 体をいつもの状態に戻そうとして、体を活発にし、血流の流れを戻す「交感神経」が働こうと活動。 また、雨が降っていて暗いときには、リラックスを促す「副交感神経」も働こうとします。 その結果、相反する働きをする交感神経と副交感神経からなる 「自律神経系」が乱れてしまうのも、眠気の原因です。 2.湿度や温度の影響 季節の変わり目になると体調を崩した経験がある人も多いのではないでしょうか。 原因は、 湿度や温度の急激な変化です。 湿度が高いと体内の水分が汗として出て行きにくくなり、体に水が溜まってしまいます。 そうすると、むくんでしまったり体がうまく働かなくなったりします。 また、温度が高くなると軽い熱中症になりやすくなります。 熱中症になると、血液の流れが悪くなって酸素が全身に巡りにくくなり、酸欠状態になります。 温度や湿度の変化も自律神経系の乱れを引き起こし、体をだるくさせたり、眠くさせる原因になるのです。 梅雨の眠気に困ったときの対処法 前述した通り、 眠気は低気圧や湿度、温度によるものです。 梅雨の眠気の原因を解決するためには「 頭を冷やすこと」が効果的だといわれていいます。 頭を冷やすことで、脳を除熱することができ、脳を冷やすと酸素消費量を抑えることができます。 すぐにでも辛い眠気をどうにかしたい人は、応急処置として、冷たい飲み物を頭や首筋に当ててみることをおすすめします。 梅雨の眠気を未然に防ぐ3つの方法 梅雨の時期に眠気が強くなることは、「やる気」や「根気」の問題ではなく、 自然現象です。 「気がゆるんでいるのでは?」と悩んでいる方もいらっしゃると思いますが、みんな同じような悩みを持っているので安心してくださいね。 梅雨による眠気の原因は酸素不足や血行不良であるため、それらを改善すれば、眠気自体も解消されるでしょう。 まずは酸欠状態を未然に防ぐための方法を見てみましょう。 1.ウォーキング、深呼吸 酸欠を防ぐためにおすすめなのは、 ウォーキングや深呼吸です。 ウォーキングは体全体の血行をよくする効果があります。 また、呼吸量が増えるため、座っている状態よりは多くの酸素を吸収することができます。 とはいえ、仕事中に一定の時間ウォーキングするわけにはいきませんよね。 そこでおすすめしたいのが、仕事中の「プチ」ウォーキングです。 30分、1時間で仕事を区切って、オフィスの中を歩くようにしましょう。 より短時間で酸素を取り込む方法は、「深呼吸」をすることです。 深呼吸すると、たくさんの酸素が体に入ってきて、脳が活性化します。 また、何度もあくびが出る人は要注意!あくびは、体が酸欠になっている証拠です。 「今日何度もあくびが出るなぁ」と思ったらいつもより深い呼吸を心がけるようにしましょう。 2.ストレッチ ずっと座りっぱなしのデスクワーク、腰が痛くなったり、だるくなったりしますよね。 原因は、座り続けていると、下半身があまり動かなくなってしまうことです。 下半身には人体の70%の筋肉がついています。 筋肉が動かないと、血流が悪くなり、代謝機能も悪くなってしまいます。 血流が悪くなると、足がむくんだり、冷たくなったりします。 さらに梅雨の時期の低気圧が加わるので、血の流れがさらに悪くなってしまいます。 あまり動かしていなかった下半身の筋肉をストレッチで引き伸ばし、少しでも血行を改善するようにしましょう。 立ってウォーキングができると尚いいですが、何度も立つと周りの目が気になる人もいるでしょう。 ストレッチは椅子に座ったままでもできるのでおすすめです。 例えば、貧乏ゆすりをするように足を震わせてみたり、ウォーキングをするように足を動かしてみたりするといいでしょう。 3.半身浴 帰宅後は、 ぬるめのお湯で20分〜30分半身浴をすることをおすすめします。 半身浴の適温は 夏は38度前後、冬は40度前後です。 半身浴は体の深層まで温めるとともに、 発汗機能を高めるため、血行改善の効果が期待できます。 湿度が高くなったことにより、汗をかきにくくなってしまった体には、特におすすめです。 半身浴によって汗をかき、体に溜まった水を排出しましょう。 また、半身浴には副交感神経を刺激し、リラックスできる効果があります。 乱れてしまった自律神経系を正常に戻す効果もあり、まさに一石二鳥です。 眠い梅雨の時期の不調を乗り越えよう.

次の