ガーミン 45 使い方。 【レビュー】ガーミンForeAthlete45sは軽量なので女性におすすめです|31らん

GARMIN ForeAthlete 45 レビュー 軽くて安くて毎日使えるランニングウォッチは超おすすめ

ガーミン 45 使い方

2019年 8月1日にガーミンから発売されたランニングGPSウォッチ「 ForeAthlete 45」のスペック、計測できること、機能、性能、価格を紹介! 「ForeAthlete 245」との比較・違いも合わせて紹介します。 しかも驚くべきことに「 ForeAthlete 245」との大きな差は「ランニングフォームの分析機能の省略」以外 見当たらない。 ランニングに関しては、GPS搭載でペースと移動距離が計測でき、GARMIN COACHアプリを利用した「パーソナルランニングコーチ」機能も利用できるほか、フィットネス関連では心拍やストレスレベル、VO2 max値、睡眠などが計測でき、ガーミン独自の「Body Battery」 ボディバッテリー 機能も利用できる。 このページ内の目次• 5気圧防水ボディに半透過メモリインピクセル(MIP)液晶、心拍計、最大7日間 駆動するバッテリーを搭載。 ライフログ機能 ステップ数、ムーブバー(一定期間動かないとデバイスに表示。 数分歩くことでリセット)、自動ゴール設定(アクティビティレベルを学習して、歩数目標を毎日設定)、スリープモニタリング(合計睡眠時間、レム睡眠、ノンレム睡眠を監視)、消費カロリー 心拍ベース 、移動距離、週間運動量 、TrueUp、Move IQ、フィットネス年齢(アプリ内)、Body Batteryエネルギーモニター、ストレスレベル計測• ディスプレイ 直径1. 04インチ(26. 3 mm)、解像度 208 x 208 ピクセルの半透過メモリインピクセル(MIP)液晶• バッテリー駆動時間 スマートウォッチモードで最大7日間、 GPSモードで最大11時間• 対応スマートフォン iPhone、Android• 防水 5 ATM(5気圧防水)に対応• 4(奥行)mm 「ForeAthlete 45S」 39. 4(奥行)mm• 重さ 「ForeAthlete 45」 36g 「ForeAthlete 45S」 32g• 本体のカラー 「ForeAthlete 45」 Black、Lava Red 「ForeAthlete 45S」 White、Iris• バンド ストラップ素材 シリコン• なお、「ForeAthlete 245」では上記に加えてフィットネス年齢の計測やトレーニングのパフォーマンス状況を分析して、トレーニング不足や過度のトレーニングも表示できます。 有酸素運動やヨガなど幅広いアクティビティと、日々の健康を向上させる「ライフログ機能」も利用可能で、1日の歩数、距離、消費カロリー、ストレスレベルなどの計測値を時計上で見やすく表示する。 心拍の変動 HRV などに基づいて算出する「Body Battery」 ボディバッテリー 機能で、蓄えた1日のエネルギー量を計測し、アクティビティや休息の時間を活用できるように1日の計画を立てられる。 なお、「ForeAthlete 245」では、別売の「ランニングダイナミクスポッド」とペアリングして、ランニングフォームの分析に対応。 ウォッチのスクリーン上でも分析を確認できた。 スマホ連携 機能 & アプリ スマートフォンとはBluetoothで接続し、連携が可能。 SNSのテキストや通話の通知、天気やカレンダー情報の確認が利用できる。 スマホ&デバイス探索、Garmin Connect、Connect IQ ウォッチフェイス の各機能、スマートフォン音楽再生操作も利用できる。 心拍数や、フィットネスレベルを測る指標のVo2Maxも計測できる。 また、GARMIN COACHアプリのパーソナルランニングコーチ機能を利用することで、5km、10km、ハーフマラソンの中からレース目標を選択することが可能。 専門コーチからのアドバイスが受けられるほか、自分の目標に合わせた無料のトレーニングプランを作成することもできる。 04インチ(26. 3 mm)、 解像度 208 x 208 ピクセルの 半透過メモリインピクセル(MIP)液晶を搭載。 太陽光 直下でも見やすい半透過メモリインピクセル(MIP)液晶で、ランニング中でもアクティビティや通知をはっきりと表示する。 また、ウォッチフェイスは、Connect IQ ストアから無料でダウンロードすることが可能。 何千種類あるウォッチフェイスの中から好みのものを選択して使用できる。 なお、「ForeAthlete 245」は直径1. 2インチ(30. 4 mm)、解像度240 x 240 ピクセルの半透過メモリインピクセル(MIP)液晶を搭載。 液晶表面はゴリラガラス3(Corning Gorilla ガラス 3)で保護されていた。 内蔵メモリには 200 時間分のアクティビティデータを保存できます。 なお、「ForeAthlete 245」のバッテリー駆動時間は、スマートウォッチモードで最大7日間、GPSモード&光学心拍計利用時で最大22時間。 内蔵メモリには200時間のアクティビティ追跡データを保存できます。 シャワーや水遊びでも利用できる。 レンズ素材には化学強化ガラス、ストラップ素材にはシリコン素材を採用する。 GPSセンサーの他に、 Garmin Elevateリスト型心拍計、加速度計 センサーも搭載しています。 衛星測位は GPS、みちびき 補完信号 、GLONASS、Galileoをサポートする。 04インチ(26. 3 mm)、解像度 208 x 208 ピクセルの半透過メモリインピクセル(MIP)液晶を搭載。 一方、「ForeAthlete 245」は直径1. 2インチ(30. 「ForeAthlete 245」の方が約0. 2インチ大きく、解像度も高いことが分かる。 一方、「ForeAthlete 245」のバッテリー駆動時間は、スマートウォッチモードで最大7日間、GPSモード&光学心拍計利用時で最大22時間。 「ForeAthlete 245」の方がGPSモード使用時の駆動時間が11時間長いことが分かる。 4(奥行)mm、「 ForeAthlete 45S」 の39. 4(奥行)mm。 一方、「ForeAthlete 245」のサイズは42. 3 x 42. 3 x 12. 2 mm。 「ForeAthlete 45」は「ForeAthlete 245」とあまり変わらないサイズだが、「ForeAthlete 45S」 は「ForeAthlete 245」よりもサイズが小さい。 また、 「 ForeAthlete 45」 の重さは36gで、「 ForeAthlete 45S」 の重さは 32g。 一方、「ForeAthlete 245」の重さは38. この機能は「ForeAthlete 245」では利用できない。 04インチ(26. 2インチ(30. 「ForeAthlete 245」のようにランニングフォームの分析ができないが、GPSを使ったランニングペースや移動距離が測定でき、心拍やVo2Max(フィットネスレベルを測る指標)も測定できる。 また、 GARMIN COACHアプリのパーソナルランニングコーチ機能も備え、適切なトレーニングメニューや目標を設置できるのも魅力的。 ガーミンスマートウォッチではお馴染みの「Body Battery」 ボディバッテリー 機能やGarmin Connect(データ同期)、Connect IQ ウォッチフェイス変更 も利用でき、必要な機能はほぼすべてそろっているといっていいだろう。 3万円台の「ForeAthlete 245」とは違い、2万円ほどで購入できる価格も魅力的である。 「ForeAthlete 45」の価格は? 「 ForeAthlete 45」は、 Amazonで22,689円、 楽天市場で24,800円〜 税込 、 ヤフーショッピングで24,800円〜、 ビックカメラで24,950円 (税込)、 で販売されています。 Amazonで「 」をチェックする 楽天市場で「 」をチェックする ヤフーショッピングで「 」をチェックする ビックカメラで「 」をチェックする.

次の

シンプルなのに憎いヤツ!ガーミンForeAthlete 45の魅力

ガーミン 45 使い方

まだ、「Garmin Connect」をインストール・設定をしていない方は、こちらを参考にして頂ければと思います。 まず、ガーミンのアプリを起動します。 画面下の「詳細」を押し、「トレーニング」から設定をしていきます。 今回はランニングメニューですが、他にも、バイク、プール、ヨガなど様々なトレーニングメニューを指定することができます。 「ランワークアウト」で、「繰り返しを追加」を押します。 繰り返しを追加することで、 同じ流れを連続して設定してくれます。 繰り返し設定をすると、通常の下に繰り返し用の枠ができます。 初期設定である 「ウォームアップ」「ラン」「クールダウン」(繰り返し設定されていないもの)も削除します。 右の画像(下の図)であるように、距離の指定をします。 今回の練習は400mなので、初期設定を変更していきます。 「ラン」を押し、「時間の設定」で距離を変更します。 続いて、リカバーの設定です。 こちらは、 何分休憩の設定もできますし、ジョグで繋ぐ設定もできます。 「ラン」の距離同様、「リカバー」の距離を200mに設定しました。 最後に繰り返しを2回から10回に変更すれば、設定は完了となります。 右上の「保存」から「ワークアウト名」の入力をし、保存完了となります。 あとは、ガーミンランニングウォッチに登録したトレーニングメニューを同期すれば、ガーミンで利用できます。 この時、 スマートフォンのbluetooth(ブルートゥース)をオンにし、ガーミンウォッチの起動は忘れずに! ガーミンでトレーニングメニュー設定方法 アプリ上で設定したメニューをガーミン上で呼び出す方法について説明していきます。 あとは、一番最後の「上にGPSの文字」が出ている画面で矢印のボタンをクリックすると、トレーニング開始できます。 フルマラソンを完走したい!はもちろんですが、目標タイムを設定している人は「インターバル」は欠かせない練習だと思います。

次の

ガーミン「ForeAthlete 45」最高コスパのランニングGPSウォッチ

ガーミン 45 使い方

箱の中身、内容物はこちら。 本体 ガーミン ForeAthlete45• 充電用USBケーブル• クイックスタートマニュアル• 製品保証書(保証期間1年間)• ステッカー3枚 より詳しいマニュアルは、オンラインでガーミンのサイトで見れます。 充電は本体に直接差し込んで行います。 付けた瞬間軽いと感じる32g 腕につけた瞬間軽いというのが第一印象。 これまで使っていた220Jを測ってみたら44gでした。 それでもそれほど重くは感じ無かったのですが、そこから10g軽いというのがこんなに軽く感じるとは思いませんでした。 付けていることがそれほど気にならないレベルです。 使い方に関しても、5つのボタンが付いていて、これまでと操作的には似ているのですぐに慣れることができました。 普段使いでも耐えうる見た目に 欲しいと思ったのは機能と金額が大きな部分ですが、もう一つは見た目。 これまで使っていた220Jは、普段使いするにはあまりにも見た目が「いかにも」な感じなので、ランニングする時しか使いませんでした。 ForeAthlete 45は普段使いでも全然いけるフォルム。 フォーマルでも主張しすぎないので、ずっと付けてられます。 と言ってもカラーによるところもあるので、黒とか白なら普段使い全然OKだと思いますよ。 画面もウォッチフェイスという機能で色々と表示を替えられます。 アナログっぽい感じや、シンプルなデジタルなど、好きな顔にできるのです。 ウォッチフェイスは内蔵されているものだけでなく、やConnect IQというスマホアプリから好きなデザインをダウンロードして表示することも可能。 わたしは、Data Loverにしてみました。 ForeAthlete 45 の主な機能 GPSランニングスマートウォッチという名称になっているので、ランニングなどのログの記録だけでなく、スマホと同期して電話やメールなどの通知もしてくれます。 ランニング時の自動ポーズ(止まると時計も一時停止になる)• コーチを選んで練習計画がたてられる• ライフログ機能(ステップ数、一定時間動かないとMOVEとデバイスに表示、消費カロリー、移動距離、週間運動量、ボディバッテリーモニター、ストレスレベル)• 心拍計測機能 などなど。 ライフログはついつい見てしまったり、毎日の歩数が気になってカラダ動かそうと思わせてくれたりしますね。 ForeAthlete220Jと比べた使用感 これまで使っていた「ForeAthlete220J」。 ランニング練習で使うのなら、最低限の機能を備えているので、必要十分。 ForeAthlete45は、毎日つけることを前提に作られているので、豊富なライフログ機能がついていて、ついつい見てしまいます。 そして数年経つと技術も向上しているので、同じ機能でもスピードが違います。 220Jは前回終了した地点で再度GPS捕捉する場合は早いのですが、それ以外は長いと数分かかる場合もあります。 ForeAthlete45は体感ですが数秒から30秒以内でGPSを捕らえてくれるので、すぐに走り出すことができます。 心拍計がいい 欲しかった機能の心拍計。 220Jには付いていません。 時計の後ろ側がミドリ色にビカビカ輝いて、一定時間ごとにモニターしてくれますし、走っている最中も画面を変えれば心拍数を見ることができるので、色々と役立ちそうです。 マラソンを始めたばかりの方にも良いモチベーションに ウルトラマラソンやロングトレイル、トライアスロンなどをやる方はもっと高機能な機種がいいですが、フルマラソンを目指すかたにはこれで必要十分だと思います。 マラソンを始めたばかりで、ランニングウォッチが欲しいと思っているかたには、ものすごくおすすめの時計ですね。 ログがモチベーションにも繋がりますし、この価格でこれだけの機能がついているのは他には無いような気がします。 初めてのランニングウォッチとしても、そうでない人にもおすすめします。

次の