ある日お姫様になってしまった件について 73話 ネタバレ。 アシガール 最新 73話 ネタバレ 感想 ココハナ2018年5月号

彼女が公爵邸に行った理由75話ネタバレ

ある日お姫様になってしまった件について 73話 ネタバレ

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、アルフィアス公爵と話していた黒髪の男性の瞳に、宝石眼のようなきらめきを見つけるアタナシアだが、その人物はすぐ姿を消し、彼女は見間違いだと思う。 デビュタントの女の子のダンスに混ざる際、クロードにお別れのような挨拶をしてしまうアタナシア。 その後、その集団でジェニットに声をかけられ、足を踏んでしまう。 思わぬジェニットの登場に、アタナシアは慌ててその場を離れる。 今度はイゼキエルに出会ってしまい、いつのまにか一緒にダンスをすることに。 ここでも彼の足を踏んでしまう。 クロードはものすごい形相でイゼキエルを睨むのだった。 詳しくはにてまとめてあります 登場人物一覧は 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」32話のネタバレ クロードが用事で不在になったため、アタナシアはフィリックスと一緒にいることに。 もしかしてジェニットと会っているのかと思い、真っ青な顔になる彼女。 フィリックスは、すぐ戻られるから心配ない、お姫様のデビュタントですしきっと最後まで参加されると言う。 そして私とも一曲お願いしますと言うので、フィリックスとダンスを始める。 またも足を踏んでしまう彼女。 しかも両足をかなり踏んだので、フィリックスは自分が何か気に食わないことをしたのではと聞く。 彼女は、知っててダンスを申し込んだのではないのか、私さっきパパの足踏んだの見たでしょうと答える。 陛下の足までもと目を丸くして驚くフィリックスだが、自分だけ足が痛いわけじゃなくて良かったと言う。 アタナシアは、ジェニットとアルフィアス公爵、イゼキエルがパーティーホールに集まっているのに気が付く。 ならばクロードの用事はジェニットと無関係なのかなと思いつつ、アタナシアは暗い気持ちになり視線を落とす。 フィリックスは落ち込んだアタナシアを見て、実はさっき陛下が私に、これ以上変な虫けらがお姫様に近づかないようにと、そばで守るように伝えられたのですよと話す。 そのお気持ちは理解できるのですが、今日はお姫様のための日だから仕方ありません、私は見守っていますので楽しくお過ごしくださいと、アタナシアを群集の中に押し出した。 いつのまにかアタナシアに近づこうと、大勢の令息令嬢が集まっていた。 代わる代わる挨拶されるのでパニックになる彼女。 一通り終わり、ヘトヘトの彼女はようやく会場の外にいたクロードと合流できた。 まだデビュタントは終わってないだろうと言われるも、もうほとんど終盤だから休みたいアタナシア。 あれほど楽しみにしていたデビュタントなのに何故もう戻るというのか、面倒なやつでもいたのかと聞かれ、クロードの鋭さに驚く彼女。 しかし、まさか誰かがお前を傷つけたのかとクロードは勘違いし、俺がいない間守れといったはずだとフィリックスを叱り始めた。 私の力不足ですと、跪いて謝罪するフィリックス。 会場に戻りアタナシアを傷つけた者を成敗する、舌で傷つけた者は舌を焼きつつくし、無礼な振る舞いをしたものは手足を切り落とし、城門の前に見せしめとして吊るすと、物騒なことを目を光らせて言い始めた。 アタナシアをエメラルド宮に連れて行くようフィリックスに言いつけるクロード。 アタナシアは慌てて、怒らないで私は傷ついていない、私はパパの娘なのにそんなことする人なんていないと言いしがみつく。 ではなぜ会場から戻ったのだというクロードに、パパがあまりにも長い間いないから会いたくなっただけ、それなのにパパが戻ったら意味がないと、アタナシアは喚く。 その言葉に、さきほどまでクロードから禍々しく放たれていた殺気がすーっと消えた。 私と一緒にエメラルド宮に行こう、会場は騒がしくて再び入るのは疲れるからと話す彼女。 クロードは、仕方ない、エメラルド宮に戻ろうかと言う。 急な仕事が入ったのではとフィリックスが聞くと、こんなに望むなら時間を作ってやってもいいだろうと言う。 ホッとするアタナシアは、同時にこのまま戻ったらジェニットと会わないで済むのではと気づく。 するとフィリックスが、アタナシアの腰のリボンが無くなっていることを指摘する。 クロードはフィリックスに見つけてこいと言うが、もうダンスホールで踏まれてもみくちゃになっていると思い、アタナシアは断る。 これで終わりかと思いきや、アタナシア姫様、と彼女を呼ぶ声がする。 固まるアタナシア。 ゆっくり振り返るクロード。 これを落としましたかと言い、アタナシアのドレスのリボンを持ったジェニットが現れたのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」32話の感想 アタナシアは足を踏んでばかりですね。 クロードとイゼキエルは平然としていましたが、フィリックスの反応を見ると相当痛いようです。 あれほど練習したのになぜこんなことになってしまったのか。 アタナシアは面白いですね。 クロードはなんだかんだ、アタナシアを溺愛しているようです。 彼女が傷つけられたかと思い、誰かを殺しそうなぐらい怒っていました。 それでも彼女は、まだ原作の設定に捕らわれてしまうのではと気掛かりです。 そして原作と同じく、アタナシアのデビュタントで、ジェニットはクロードと会うことになりました。 状況は違いますが、アタナシアにとってショックな出来事でしょう。 運命を変えようとあれこれしてきたのに、結局こうなるのかと。 クロードはどんな反応をするのか、次回が待ち遠しいですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 翻訳

ある日お姫様になってしまった件について 73話 ネタバレ

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、ジェニットは見知らぬ黒髪の男性に話しかけられる。 クロードに似た雰囲気のその男性は、ジェニットの贈り物選びを手伝う。 その頃、イゼキエルから逃げたアタナシアは、書店に迷い込む。 突然その店主らしき老人から、呪いをかけられたようだと声をかけられる。 以前黒魔法使いだったというその老人から、黒魔法は必ず代価が必要、黒魔法で生まれた子は必ず呪われると聞く。 店を出たアタナシアは、小説はハッピーエンドだったが、完結後は違うのだろうかと疑問を持つのだった。 詳しくはにてまとめてあります 登場人物一覧は 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」42話のネタバレ ルーカスがアタナシアのためのアイスクリームを手に、彼女を迎えにきた。 アタナシアは無意識に彼と手を繋ぐので、何故そうすぐ手を繋ぐのかとルーカスは手を払う。 瞬間移動するのに必要かと思ったという彼女。 いいよ、戻るぞと言い、ルーカスはまた手を繋ぎ直し、皇宮へ戻る。 アタナシアの部屋には、おかえりなさいと喋るもう一人のアタナシアがいたので、本人はドッペルゲンガーかと驚く。 万一のため、ルーカスが人形を作って部屋に置いておいたのだという。 天才だからざっと作ってもこれぐらいはできるという彼。 ではなぜダンス練習の時はあんなペラペラだったのか。 アタナシアは人形をまじまじ眺め、本物そっくりにつくったのかと聞く。 その通りだと言う彼に、私はこんなに綺麗なのと言うと、もちろんと言いかけて黙るルーカス。 さすがに引っかからなった。 アタナシアは、このような本物そっくりの人形を作るなんて、ルーカス様はすごいと誤魔化す。 しげしげ眺めるアタナシアだが、ルーカスが少しも似てないからと言い、さっさと消してしまった。 先ほどまで似せて作ったと自慢げだったのにどうしたのか、しかもドレスまで元に戻っている。 ルーカスはアタナシアをじっと見つめると、多少醜くても本物の方が良いなと言い、部屋から出て行った。 とある日、アタナシアはジェニットとボートに乗っていた。 誰がアタナシアとボートに乗るかで令嬢達が争っている間に、ジェニットがさっさと乗り込んだからだ。 お姫様の瞳が湖のような深い青に見える、私の瞳も似たような色です、と言うジェニット。 デビュタントで初めてお姫様と陛下にお会いしましたが、あの時の二人はとても仲睦まじく見え、思わず目で追ってしまったと言い、朗らかに笑う。 アタナシアは、マグリタさんもアルフィアス公爵家との仲睦まじい姿が微笑ましかったと言う。 もし本物のアタナシアだったら、今のジェニットの好意を、本当の友情だと感じただろうか。 ジェニットは、公爵家は私にとって家族のような方達だと言う。 なんだか探っているようにみえるので、この話題は止めようと思うアタナシア。 するとジェニットが、サテンのリボンですが受け取ってもらえますかと言い、小さなギフトボックスを差し出した。 デビュタントのとき、お届けしたリボンが痛んでいたのではないかと気になっていた、偶然でかけたときに、偶然お姫様に似合うリボンを偶然見つけたのだと説明する。 アタナシアは、それがこの前話していた彼女の目的の商品かと気づく。 ジェニットはクロードの冷たい眼差しを思い出し、そんなにすごい物ではないので、お姫様は気にいらないかもしれないと言い、萎縮して小さく震え始めた。 アタナシアは、どうもありがとう、次回の集まりに着けてみますねと言い、笑顔で受け取った。 ジェニットは喜ぶ。 あの老人の言ったことは本当だろうかと気掛かりだ。 藤のような花木の脇を通り、令嬢達はボートを楽しむ。 純粋に楽しみ、これほど幸せと思ったことはないと言うジェニットを見て、やはりあの老人はインチキだと思うアタナシア。 このような愛らしい子が不幸になるわけないのだ。 その後、フィリックスと庭園を歩いていると、クロが駆け寄ってきた。 可愛がってあげたいが、接触時間が限られているため、アタナシアはルーカスに何とかできないか聞いてみることに。 ルーカスは、ペットのように扱っているから本当の犬のように思っているのだろうが、ただ存在しているだけで生きているわけではない、だからそう情を与えてはいけない、どうせあとで吸収されいなくなるのだからと話す。 アタナシアはルーカスにクッションを投げつける。 納得しないアタナシアに、どうせ消えるものに未練を残しても後悔するだけだと言う。 言い方ってものがあると、クッションで叩き続けるアタナシアを、足で転がすルーカス。 ブサイクな癖にと嘲笑しつつ、ルーカスはアタナシアの額に触れ、魔力整理をする。 そして、のんびりとお前に付き合うのも今日までだ、しばらく留守にすると、突然彼は言うのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」42話の感想 ルーカスがしばらく不在になるようです。 前回、アタナシアが呪われていると言われたばかりなのに、これは心配ですね。 アタナシアはこのことを、ルーカスに教えなかったのでしょうか。 彼さえいれば一安心だったのに、アタナシアがピンチになりそう。 ジェニットが持ってきた贈り物も怪しいですよね。 ジェニット本人は知らないでしょうが、あの男はあのリボンを選ぶよう誘導していました。 しかもあのような渡され方をしたら不憫に思い、思わず受け取ってしまいますよね。 で、アタナシアやクロードに殺意を持って近づくものがいれば、苦しみ死ぬ保護魔法がかかっていると、クロードが話していましたが、この呪いは反応しないのでしょうか。 不幸になることを願っているだけで、殺意があるわけではないので反応しないのですかね。 それとこのプレゼントを受け取ったことで、アタナシアに影響がなければいいのですが。 不幸になることを願っているのは、以前のクロードも同じなので、誰がかけた呪いか全くわからないですよね。 不幸を望みつつも守りたい、そんな歪んだクロードの思いが、呪いのような保護魔法になったのかもしれません。 だからあの老人は巧妙だと言ったのかもしれないし、やっぱりあの黒髪の男の力かもしれません。 ルーカスはあれほど意識していたアタナシアを置いて、何処に行くのかも気になります。 しばらくいなくなるから、アタナシアを市場デートに連れ出してくれたのですかね。 ルーカスが不在の間、誰が彼女を守ってくれるのでしょう。 クロードでしょうか。 それともイゼキエルでしょうか。 イゼキエルにとってはチャンス到来ですね 笑 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」20話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について 73話 ネタバレ

『私ったら』 むすっとした表情でソファーに寝転がるアタナシア。 それをフィリックスは不安そうな表情で見ています。 『ジェニットをそれほど気に入ったなら,ジェニットだけ呼べばいいのに。 覚えてもいないのに、どうして私を呼び出して…』 『パパ憎い…』 『お姫様』 そう言い、フィリックスは膝をつきアタナシアに目線を合わせます。 『そうではありません。 陛下はお姫様を差別されたのではありません。 マグリタさんは、アルピアス公爵家の客ではありませんか。 陛下は本来感情を表に出さない方です。 それはお姫様もよくご存知ではないですか。 そんな陛下が率直に感情を露にしたのは、お姫様との時間を安らかに感じたからです。 以前のようにです。 まだ記憶が戻りませんが、きっとすぐよくなるでしょう。 』 そう言われて少し赤くなるアタナシア 恥ずかしいな 『うん…』 『ぶつぶつ言ってごめんね。 ありがとう、フィリックス。 私が敏感すぎたみたい』 『とんでもございません』 そう言われ,フィリックスは胸を撫で下ろします。 リリアンさん,私やり遂げました! リリー:私がいないときはお姫様をよろしくお願いします 数日後 『お姫様!お姫様!』 そう言い,急いで走ってくるアンナ。 『アルピアス家の公子が謁見を要請しました! 』 アタナシアはちょうどイゼキエルからの青い鳥を世話してました。 『事前連絡もなしにこんなに急に? 』 『私達も困るといいましたが、折り入って姫様に申し上げたいことがあると… やっぱり断りましょうか。 』 お世話になったのに、去ってから連絡もできなかったな ちなみにハンナはイゼキエル推しのようです。 『ううん、謁見を許可するよ。 すぐ行くと伝えて』 『あらあら! お姫様、じゃ急いで侍女達を呼んで新しいドレスを…』 『いいよ,そのまま行くね』 『お姫様,じゃあこれも…』 それをリリーは少し青ざめた表情で見ています。 リリー:お,お姫様… 『謁見を許していただきありがとうございます。 お姫様』 イゼキエルは右手を胸の前に置き,貴族らしく挨拶をします。 『お元気でしたか?公子』 イゼキエルに笑顔を向けるアタナシア。 『お久しぶりですね。 どうしてこんなに何の知らせもなく訪ねて来たんですか?』 『父について入宮しましたが…。 もしやと思って伝言を送りました。 』 部屋の外では野次をしていたメイド達がリリーに追い出されています。 リリー:出て行きなさい 左メイド:酷いです! 右メイド:あらら 『皇帝を通じて許可を得ることは永遠に不可能のようですから。 』 アタナシアは鬼のようなクロードを思い出します。 『この前は本当にありがとうございました。 心の余裕がなくてすぐ連絡できませんでしたね。 ごめんなさい』 『いえいえ。 お元気そうでなによりです。 』 そう言い,キラキラの笑顔をアタナシアに向けるイゼキエル。 『はい、公子も元気に過ごしましたか? 』 『そうですね』 今更ながら,本当にハンサムだな お屋敷の中にいたときは余裕がなくて気づかなかったけど,一段と大人っぽくなったよね 『ジェニットにお姫様がよくいらっしゃると話は聞きましたが…陛下はまだ完全に回復されたのではないそうですね。 色々と大変でしょう。 とても優しいと』 話題があまりないからかもしれないけど イゼキエルは少し遠くを見つめ,カップを机に置きます。 『ジェニットは…いい子です。 実の妹のように思っています。 』 … … … …? しばし、二人の間に沈黙が生まれます。 『そういえば、公子は雇用人たちにもいつも親切でしたね。 私がアルピアス邸で過ごしていた時、それがすごく印象的でした。 』 『当然のことです。 忙しいところ、私に細心の注意を払って…あ、もちろん私に対してでなくともそうしたと思います』 表情がよく見えないイゼキエル。 『…いえ。 誰にでも親切、と言うわけではありません』 そう言い,イゼキエルはまっすぐアタナシアを見つめます。 《ストレート》 『もちろん、困っている人を助けることは当然のことですが』 まさかと思ったけど。 イゼキエルは私が好きなの? ある程度好感があることはわかっていたけど。 こんなに露骨にアピールを… 『あ…あの』 (あ、どうしよう? 『公子,私は…』 少し照れ下をむきアタナシアが何が言おうとすると物音が聞こえます。 二人とも音のした方を見ました。 『お歓談中失礼します』 『お姫様,約束の時間になったのでお迎えにまいりました』 そこには大人の姿のルーカスが… 『約束?』 ハッ! 『しましたよね!そうです!』 (ナイス,ルーカス! 『私ったら。 またせてごめんなさい、ルーカス。 公子、残念ですが、今日はもう帰ります。 ごめんなさい。 また会いましょう』 驚く表情のイゼキエル。 『お送りします,お姫様』 『大丈夫です。 私がいますから』 アタナシアを守るようにローブを広げるルーカス。 『公子はそのままお帰りください』 去り際,お互いに睨み合うイゼキエルとルーカスなのでした。

次の