クワガタ 赤い。 赤いクワガタムシの毒が危険!触った時の症状や対処方法は?

【赤いクワガタ】ヒラズゲンセイとは?有毒で危ない?生態や分布は?

クワガタ 赤い

8mm-58. 5mm 飼育下最大体長59. 9mm-38. 9mm 飼育下最大体長38. 9mm2010年 で日本産のクワガタムシの中では中型である。 和名の通り、脚 腿節、脛節 の下や腹面が赤みがかっていることが他のクワガタムシにはない本種の特徴となっている。 大型の雄の長い大顎の先端には数個ほどの内歯が付いているが、中型個体では大顎が短くなり、小型の雄となると、内歯がほとんど発達しなくなる。 分布 [ ] を除く全土に分布している。 主に標高1,000m付近のブナ林に生息しているが、場所によっては100mから200mほどの雑木林にも生息している。 生態 [ ] と同様にの高い場所を好む種だが、本州から九州の盆地帯や山沿いの平地にも局所的ながら多数みられ、北海道の平野でも普通である。 また耐寒性も備えており、後述の様に他種の活動が衰える10月ごろまで観察される。 生態はヒメオオクワガタと似ており、成虫は6月から10月ごろにかけて山地のヤナギやケヤマハンノキなどの広葉樹の枝に鈴なりに集まって枝をかじり、その樹液を餌にしている。 ヒメオオクワガタよりも生息場所や餌に融通が利く方で、低山地ではや、、などの樹液も吸う。 やなどと混棲するケースも多いが、基本的に標高が高い地域を好むようであり、混棲種・競合種の多い低山では殆ど見られない。 幼虫はに似ているが、尾端の内容物が青黒っぽく見える。 1-2年ほどで成虫となる。 成虫はとくにブナ帯などだと夜間に灯火にたくさん集まるため採集者などからはバケツにアカアシなどといわれることもある。 (ドルクス属)のクワガタムシでは珍しく、昼行性と飛翔性が強い種であり、灯火にも飛来する。 亜種 [ ] 最近になり、中国から2亜種が記載されている。 アカアシクワガタ(基亜種) Dorcus rubrofemoratus Vollenhoven, 1865 分布:・・・・・・・・・・ アカアシクワガタ D. chenpengi Li, 1992 分布:中国・・ アカアシクワガタ D. miyamai Nagai et Okazaki, 2005 分布:中国 この亜種は小型個体により記載された。 なお幼虫は発酵マットでも菌糸ビンでも材飼育でも飼育できるが大型個体を羽化させるのはやや難易度が高いようである。 本種の野外個体は、その年に全て死んでしまうが、飼育下個体ならば他のオオクワガタ属のように越冬させることもできる。 野外での寿命は数ヶ月ほどだが、前記のように、飼育下では1年以上生きる事がある。 近似種 [ ] 海外のオオクワガタ属には、本種の近似種がいるが、本種のように脚部や腹部が赤い種はいない。 arrowi 北東部、東部、北西部に生息。 体長は最大70mmに達し、前羽根が赤色なのが特徴。 yamadai に生息。 最大体長は65mmになり、本種よりも大型化する。 体色は黒。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

赤いクワガタとは?生息場所や危険な理由!触ってしまった時の対処法も調査!

クワガタ 赤い

赤いクワガタムシとは?どこにいる?生息場所は? 皆さま ご注意を! 危険生物「赤いクワガタ」要注意 生息域が拡大、体液でかぶれ。 体液が有毒で、皮膚につくとかぶれや水ぶくれを引き起こす。 新種のクワガタと間違いやすい。 多様な場所で見られるという。 — ひろ 6YJtuu0VgnbF4ND まずは赤いクワガタムシとはどんな昆虫なのか、また生息場所はどこなのかを調べていきますね。 画像を見ましたが「これクワガタではないの?」というのが第一声でした。 カブトムシ派ではなくクワガタ派の私は、このニュースを知らなければすぐに捕まえると思います。 (実にかっこいい!) 赤いクワガタムシと呼ばれている昆虫は、実は「クワガタムシ」ではありませんでした。 この昆虫は「ヒラズゲンセイ」という種類で、ツチハンミョウの仲間ということがわかりました。 実は大変危険な昆虫で体液に人間が触れたら炎症が起きる、「カンタリンジン」という成分が含まれているんです。 この有毒体液は黄色い色をしているそうです。 もともと「ヒラズゲンセイ」にトサ(土佐)がついてるくらい、四国など温暖な地域で見られる特産種だったのですが、20年前から近畿地方でも見かけるようになりました。 (本州に進出!) 1976年には和歌山県で発見され本州に進出してきているようです。 他にも三重県や大阪府などでも生息が確認され、四国内では香川県にも広がっています。 ちなみに現在は京都府南丹市や滋賀県近江八幡市が、生息北限であると言われています。 スポンサーリンク 赤いクワガタムシの毒は危険!症状は? 【赤いクワガタのような虫にご注意を】 市内で、昆虫「ヒラズゲンセイ」の目撃情報がありました。 体液は有毒で素手で触るとかぶれたり、水膨れができる可能性がありますので、発見しても触らないようにしてください。 復習&追記ですが赤いクワガタムシ改め「ヒラズゲンセイ」は、ツチハンミョウの一種で体長約2〜3cm、赤い外観とクワガタのように大顎が特徴であります。 ちょうどこの時期6〜7月に成虫になる「ヒラズゲンセイ」は、体液が有毒と言われていて人間は触れ体液が皮膚につくと、かぶれて水ぶくれを引き起こします。 水ぶくれと言われるくらいですからいずれは破裂してしまいますが、破裂しますとかゆみが現れますし、ゆくゆくはかさぶたとなり長い間跡が残ると言われています。 スポンサーリンク 赤いクワガタムシに触った時の対処方法は? では赤いクワガタ(ヒラゲンスイ)に触れてしまった時のために、どうしたら良いか?その対処方法について紹介していきます。 対処方法は実に簡単で、「すぐに流水で洗い流すこと」です!その後もし痒みやかぶれというような症状が出たらすぐに皮膚科に向かい、お医者さんに見ていただくことをお勧め致します。 ちなみに世間の反応においては、やはりクワガタの形をしているので「かっこいいから子供は興味を持ち触ってしまいそう」だとか、「新種を見つけたと思い触れてしまう」などど同じような声が聞こえてきました。 なんでも興味を持ち探究心があることは素晴らしいのですが、可愛い子供が痛い目にあわないように、こんな危険な昆虫の存在を教えておくことも、ある意味対処法だと言えますね。 スポンサーリンク.

次の

「赤いカブトムシ」って何?クワガタの赤は危険?

クワガタ 赤い

この記事でまとめたこと• 日本にクワガタは何種類いるの?分類や特徴は? 日本に生息しているクワガタは何種類? 日本に生息しているクワガタの種類は、約13属40種前後と考えられています。 ただ、亜種まで含めると50種類以上になるとされていますよ。 クワガタの分類 クワガタは分類学上8つの亜科に分類されており、多くはクワガタムシ亜科に属しているとされています。 市販されているクワガタは、クワガタムシ亜科やキンイロクワガタ亜科およびそれらに属する種類が多くを占めていますよ。 顎と歯の特徴 クワガタは体の大きな個体ほど大アゴが大きくなる傾向があります。 体長に比例して「大歯」「中歯」「小歯」の3種類に分けられていますよ。 体が大きな個体ほど大歯になりやすく小柄な個体ほど小歯になりやすいといえますね。 短歯・長歯 短歯とはアゴの長さが短く出ること、長歯はアゴが長く出ることをいいます。 短歯・長歯がすべての種類に存在するのかは判っていませんが、アルキデスヒラタやノコギリクワガタの一部種類にみられます。 クワガタ幼虫のオスとメスの見分け方は? 見分け方• 雌斑の有無• 腹部のI字(チン線)• 頭幅の大きさ オスとメスを見分ける方法として、「雌斑 めすはん の有無」、「腹部のI字」、「頭幅の大きさ」があります。 雌斑はおしりから3節目にあるクリーム色で丸い一対の器官 卵巣 のことで、2令以上になったメスの幼虫であれば肉眼で確認することができますよ。 また、3令になるとオスはメスに比べて頭幅が大きくなるので、頭幅の大きさで判断することも可能(栄養状態などによって変わる事もある)です。 日本にいるクワガタ、人気の種類や生息地は? 「オオクワガタ」「ノコギリクワガタ」「ミヤマクワガタ」「コクワガタ」の4種類がよく知られていますが、国内には他にもたくさんのクワガタがいますよ。 オオクワガタ 日本にいる最大級のクワガタで、最も人気が高い種類です。 日本全土、朝鮮半島、中国北東部に生息しています。 がっしりと体格のよいクワガタですが、温厚で臆病な性格のため飼育に適しています。 冬眠を行い、長生きすることも特徴です。 「黒いダイヤ」と呼ばれ大流行しましたが、現在は価格も落ち着き飼育しやすくなりました。 日本の野外では低い山や平地の広葉樹にいますが、見つけるのは困難なので、販売個体はほとんどが人工繁殖なのが現状です。 日本全土、韓国に生息しています。 アゴの突起は成長するとともに力強くなり、立ち上がって威嚇する姿は凛々しくてかっこいいですよ。 平地から山地までの広葉樹の森林に幅広く生息しているポピュラーな種類で、数も多く、郊外の小さな林でも捕まえることができます。 日本全土、中国、台湾、朝鮮半島に生息しています。 涼しく適した湿度のある環境を好みます。 鹿の角のような独特の突起と、こげ茶色のボディが特徴です。 夜行性のクワガタが多いなか、ミヤマクワガタは昼間に行動する性質があるため、採集は簡単です。 人工飼育はやや難しく、温度と湿度の管理がポイントです。 日本全土、中国、台湾、朝鮮半島に生息しています。 産卵数が多く、小さなビンで簡単に飼育できます。 アゴの力も比較的弱いため、クワガタ飼育が初めての方には最も適していますよ。 小型のクワガタではありますが、飼育下では中型サイズになることもあります。 冬眠をして2〜3年間は生きます。 生息地に行って自分でクワガタを取る場合は、ケガをしないように採集してくださいね。 森や山に採りにいったり、ショップに見にいったりしながら、自分自身の好きなクワガタを見つけてみてくださいね。

次の